マイナス思考 類語。 マイナス言葉をプラス言葉に変える【言い換え方一覧】

「楽観的」の意味とは?「楽天的」との使い分けや類語・対義語も

マイナス思考 類語

マイナス思考な人の特徴とは? まずはじめに、マイナス思考に陥りやすい人の特徴や考え方について見ていきましょう。 なんでもかんでも自分の責任だと思い込みすぎてしまう マイナス思考な人の特徴の1つに、何か揉め事や失敗があった時に 「全て自分のせいなんだ」と深く思いこんでしまうことが挙げられます。 日常の出来事の全てにおいて、自分が責任を感じられる部分と、同時に外的な要因が関わっている部分が存在します。 1つの側面から見れば「自分のせいなんだ」と捉えられるかもしれませんが、出来事を深く見れば偶然が重なっていたり自分の力ではどうしようもないことだって含まれていることがあるのです。 ハプニングに対して『不幸だ』と感じやすい マイナス思考な人は、起きた出来事に対してネガティブな捉え方をします。 特に事故や失敗に対してすぐに 『不幸な出来事』という視点でのみ捉えてしまいます。 病気にあったり事故にあうことはもちろん避けたい出来事ではありますが、マイナス思考な人はよりネガティブな感じ方、時には人生が終わってしまう、もう何をしても自分はどうにもならない、というような考え方に陥りやすいのです。 自分のことを卑下しやすい傾向にある 自分を卑下するような考え方や言葉を使ったりしやすいのもマイナス思考な人の特徴の1つです。 例えば、 「どうせ自分には無理なんだ…」「どうせ失敗してしまう」といった風に、「どうせ…」という消極的な言葉を口に出したり考え方をしやすいのです。 言葉の力とは良くも悪くも強力なもので、ネガティブな言葉を使ったりイメージしたりするだけで自分自身に無意識のうちにネガティブな考え方が染み付いてしまいます。 自分を卑下する考え方や言葉が自分をマイナス思考にさせて、行動することができなくなってしまってますますマイナス思考になる悪循環に陥ってしまうのです。 人生にネガティブな出来事があってはならないと考えている 人生において、不幸だと感じることやネガティブに感じる出来事が全く無いということはありません。 人によって出来事の捉え方に差異はありますが、辛いと思うことや悲しいと思うことは避けることはできません。 しかし、 マイナス思考に陥りがちな人は人生で辛いと感じることや悲しいと感じることがあってはいけない、自分の人生は思い通りに完璧でないといけないと感じていることがあります。 そのため、不本意な出来事があったり悲しいと感じる出来事に遭った時に必要以上に自分のことをダメな存在だと感じてしまうのです。 マイナス思考になってしまう原因とは? マイナス思考の人は、どういったことが原因でそのような考え方になってしまうのでしょうか。 小さい頃の体験が考え方を形作る マイナス思考に陥りやすい人は、 過去の教育や経験がきっかけとなってネガティブよりな思考回路を形成してしまっていることが多いです。 特に親の教育やしつけというものの影響は大きく、小さい頃から親から否定的な言葉をかけられたり受け入れてもらえる経験が少なければ自然と物事に対してマイナスな考え方をしてしまうようになります。 自分が自信をもって作ったものや取り組んだことに対して褒められたり喜ばれることがなく、親の言うことに反発すれば怒られるような体験を繰り返していれば、自分の行動に喜びを見出だせず「自分のしたいことをしてもムダなんだ」「どうせ自分は認められない存在なんだ」という風に感じてしまいます。 もちろん親にそのような意図がなくとも幼少期には親の存在は絶対的なもので、親から受け入れてもらえなかったと感じたことを消化できずにいるといつまでも人生に対して消極的な考え方を持ちやすくなってしまうのです。 心の中で不幸を望んでしまっている 人間は、心の中で信じていることや考えていることを現実の出来事を通して再確認することがあります。 わかりやすく言えば、 『自分は不幸なんだ』と考えていたり信じていたりすると少しネガティブな出来事に遭遇した時に「あぁ、やっぱり自分は不幸な人間なんだ」と無意識の内に確認するようになってしまっているのです。 そこがポジティブな人との大きな違いで、「自分は幸せだ」と考えながら生活するのと「自分は不幸だ」と考えて生きているのとでは物事の見え方が大きく変わってきてしまいます。 マイナス思考な人は心の底で 『自分は不幸だ』と信じてしまっていると言えるでしょう。 スポンサーリンク マイナス思考の改善方法とは? 次に、マイナス思考の改善方法についてご紹介していきましょう。 マイナス思考になる自分を許してあげる マイナス思考になった時に、「なんで自分はマイナス思考になってしまうんだ」「早くマイナス思考をやめないと」と焦って自分の気持ちに蓋をしたり無理やり止めようとすることがあるかもしれません。 しかし、マイナス思考な気持ちを無理に止めようとすることは自分の素直な感じ方を無視すること、つまり自己否定とも取れる行動になってしまうのです。 もともとマイナス思考な人は自分の意見や考え方に自信が持てない傾向がありますが、そこにさらなる自己否定を重ねてしまうとますます自信を喪失してマイナス思考を改善することが難しくなってしまいます。 マイナス思考を改善しようと考えるのならばまず、 「自分はマイナス思考になっているな」ということに気づいてあげて、さらに「マイナス思考になってしまっても構わないんだよ」という言葉を自分自身にかけてあげることから始まるのです。 後悔していることや傷ついたままの過去を癒やそう ネガティブな思考回路は小さな頃を含めた過去の出来事対するネガティブな印象から生まれていきます。 いくらポジティブ思考になろうと思っていても、昔の出来事に対しての心のわだかまりやモヤモヤを解消していかないとなかなか根本的な改善には向かいにくいでしょう。 そこで、記憶に残っている悲しい出来事や辛かった出来事、後悔している出来事などに対するイメージを書き換えていく必要があります。 そのためにはまず 辛かったことや悲しいことをノートやメモ帳に書き出してみて、客観的な視点から改めてなぜそのような出来事が起きたのか、何が悲しかったのか、そこから何か得られるものはなかったかを考えてみましょう。 特に、ただただ悲しい・辛いという感情で止まっている場合には、辛かったことや悲しかったことはそのまま感情を受け止めた上で、その出来事が自分を成長させてくれたり気づかせてくれたことは無かったかを見つけることが大切です。 ただ辛くて悲しかったことに対してポジティブな意味を見つけられるだけで過去のモヤモヤとした気持ちもスッキリしますし、これから起きることに対してもポジティブな意味を見つけることが上手になっていきます。 物事のポジティブな側面を見つける癖を付けておく マイナス思考に陥っている時は視野がネガティブな方向にばかり向いています。 そのため、起きた出来事に対して多面的に捉えたり良かった部分について感じ取ることができなくなってしまっているのです。 全ての出来事にはネガティブな側面とポジティブな側面が共存していることを認識した上で、両方の捉え方を考えるようにしてみましょう。 例えば病気にあったり事故にあったときには、 「人の命について考えるきっかけになった」「これから気をつけるための教訓になった」と考えてみたりすることだ大切です。 例えば、 「どうせうまくいく」「どうせ愛されている」「どうせ大丈夫」といった具合です。 半ば諦めがちな言葉に見えるかもしれませんが、無理をしなくても、何もしなくても大丈夫な人間なんだ、何があっても大丈夫なんだという肩の力を抜いた姿勢になれる考え方なので、 いくら頑張っても報われないというマイナス思考から「なんとかなるだろう!」というポジティブ思考になりやすくなります。 まとめ いかがでしたでしょうか。 マイナス思考に陥っている時は人生の全てに対して悲観的になったりネガティブな捉え方をしやすくなります。 ネガティブな捉え方に偏っていると、どのような幸せな出来事もポジティブに受け取ることができなくなってしまい、いわば人生の粗さがしとも言える状態になってしまうのです。 マイナス思考そのものは危機感やリスクに対してしっかりと考えることができる良い部分もあるので、無理をして止めようとする必要はありません。 大切なのは、ネガティブな考え方をしっかりと認識して受け止めてあげて、その次にポジティブな側面も見つけてあげることです。 人生の出来事には両方の側面があることを忘れずに、マイナス思考に偏りすぎないバランスの良い考え方・捉え方ができればより豊かな毎日を過ごすことができるようになるでしょう。 スポンサーリンク•

次の

マイナス思考を克服する方法!ネガティブ思考の改善・治す方法とは?

マイナス思考 類語

そう思えば思うほど、プレッシャーを感じてしまい、結局失敗してしまう。 スポーツや仕事、勉強で、そんな経験をしたことがあるという人は多いのではないだろうか。 完璧主義なゆえに、 プレッシャーに押しつぶされてしまう。 そうならないためにはどうしたらいいのだろう。 本書では、プレッシャーをうまく自分で乗り越える方法を紹介している。 水島さんは、「完璧主義」は2つのタイプに分けることができるという。 完璧主義が人生の質を高めていくようなタイプの「プラスの完璧主義」と、完璧主義のために燃え尽きたり心を病んだり、不安やプレッシャーを感じて消耗してしまうタイプの「マイナスの完璧主義」だ。 この2者の違いは、実はそんなに大きいものではない。 少し視点を変えるだけで、「マイナスの完璧主義」を「プラスの完璧主義」にすることができるというのだ。 そのためにも、「マイナスの完璧主義」がどのような特徴があるのか、そこを知る必要がある。 やるならとことんやる、とことんできないなら、やらないほうがまし。 そんな自分に疲れ切っているのに、そこから抜け出せないのだ。 そして、例えば散らかった部屋を見るたびに、「片づけられない自分は本当にダメだ」と自己否定を強めてしまう。 完璧主義は不器用なのだ。 なぜこうなるのか。 とことん掃除をするということは、やるべき仕事側の事情だ。 やる人間側には疲れているし、時間も取れないという事情がある。 ならば自分の事情に合わせて掃除を進めればいいのだが、完璧主義は「きれいに片づけなくてはいけない」という事情に合わせて動いてしまう。 生き物としての限界を超えたことを、自分に課してしまうのだ。 しかし、それでは身も心ももたない。 「やるべき仕事」と「やる人間」の事情は合わないと考えるべきなのだ。 目標を思い通りに達成できないダメな自分に、イライラや焦りばかりが募ってしまう。 そんな自分を「ダメな自分」ととらえていると、本来やるべきことに割くパワーも減ってしまう。 自分の現状を「限界」として受け入れるだけでは消極的すぎる、もっと何かしたい、と感じる人がいたら、今の「限界」から一歩一歩前進していくイメージを持ってみてほしい。 「今はここまでが限界。 次はこの部分を改善して、もう一歩前進してみよう」と考えられれば、「自分の理想」に近づけると水島さんはアドバイスする。 「完璧主義」の人は、自分に対して厳しい人が多い。 「自分はこうあるべき」という考えにとらわれすぎて、自分で自分を苦しめてしまう人も少なくない。 では、どうしたらいいのか。 まず、自分ができることの「最低限」を見つけること。 そこで満足するか、調子が良ければ、もう少しプラスに進むという考え方をする。 この考え方が「プラスの完璧主義」につながるのだ。 完璧を目指すあまり、プレッシャーに押しつぶされてしまう。 今やるべきことに集中できない。 周囲から自分がどう見られているか、自分の評価はどうなるか、そんなことばかり気にしてしまう。 それでは、「マイナスの完璧主義」からは抜け出せない。

次の

ネガティブ思考を変える方法はたったこれだけ!

マイナス思考 類語

20200716. 0","os":"Windows","osVersion":"5. 1","interfaceName":"WEB","interfaceVersion":"2. 20200716. 20200716. 0","os":"Windows","osVersion":"5. 1","interfaceName":"WEB","interfaceVersion":"2. 20200716. 20200716. 0","os":"Windows","osVersion":"5. 1","interfaceName":"WEB","interfaceVersion":"2. 20200716. 20200716. 0","os":"Windows","osVersion":"5. 1","interfaceName":"WEB","interfaceVersion":"2. 20200716. 20200716. 0","os":"Windows","osVersion":"5. 1","interfaceName":"WEB","interfaceVersion":"2. 20200716.

次の