ベトナム 旅行。 『世界遺産の町ホイアンへ』ホイアン(ベトナム)の旅行記・ブログ by CAKEさん【フォートラベル】

『世界遺産の町ホイアンへ』ホイアン(ベトナム)の旅行記・ブログ by CAKEさん【フォートラベル】

ベトナム 旅行

今回の記事では• ベトナムにひとり旅した感想• 事前に知っておきたかったこと を これから旅行する初心者向けに、まとめたいと思います。 先に絶対おすすめしたい場所を言ってしまうと 断トツでホイアン! でした。 東南アジアで一人旅の旅行先を探してる女性は• とりあえずホイアン行けば、楽しい と断言できるくらい、魅力的な観光地でした。 ベトナムといえば• ハノイ• ホーチミン が2大都市が有名なので• ホイアンってどこにあるの? と感じた方もいると思いますが、ベトナム行くなら絶対におすすめですね。 以下ホイアンの魅力も含めて、詳しくベトナム3泊4日一人旅レポをまとめたいと思います。 当記事が、ベトナム旅行に興味がある方の参考になれば幸いです。 もくじ• 1、今回のベトナム旅行の日程 最初に今回のベトナム旅行は、全部で3泊4日• 1日目:ダナン~ホイアン• 2日目:ホイアン• 3日目:ホイアン~ハノイ• 4日目:ハノイ という旅程でした。 旅の目的はホイアンに足を運ぶことだったので、フエやホーチミンには足を運びませんのでご了承ください。 ダナンも空港を利用しただけです。 日数的には「 もう少し長ければ遠方の世界遺産にも足を運べたかな」と感じましたが• フライト時間は5~6時間• 片道1万円から航空券あり なので、 2泊3日でも手軽に楽しめる旅行地だなと思いました。 (時期にもよりますが)LCC使えば、国内旅行よりも安価に旅行できると思います。 時期やセールによって値段は異なるので、早めの予約がおすすめです。 CHECK NOW 2、事前に、ベトナムの通貨を知っておく 今回旅行して感じた、ベトナム旅行最大注意点は• お札の単位 ですね。 これだけは、 絶対に事前に知っておいた方が良いと思います。 ベトナムの通貨単位は「 ドン」なのですが、この写真を見てください。 え? じゅうまんドン…??? と感じるのが普通の反応だと思います。 そう、 ベトナムの紙幣はゼロが非常に多いんです。 私自身、初日は少々パニックになってしまい• 一体これは、いくらなんだ… と考えながら、花咲じいさんのようにお金をばらまいてしまった気がします。 なのでベトナム入りする前に• 10万ドン= 約 500円 と、必ず知っておきましょう。 10万ドンは使う頻度がとても多いので、これだけ覚えておけば基本どうにかなります。 ぜひ、参考にしてください。 3、ハノイは観光地ではない 実際行ってみるまでわからなかったですし、私個人の意見なのですが• 首都ハノイは観光地ではない と思いました。 これは決して悪い意味ではありません(笑) 本当に人が生活している、息づいた発展途上中の活気ある都市という感じでした。 つまり• 外国人観光客がバカンスでのんびり• 異国情緒に目を輝かす という場所ではないです。 もうとにかく バイクの街 って感じなんです。 すごいんですよ、 とにかくバイクバイクバイクで道を渡るのも冷や冷やモノ!!! 個人的に、ハノイ街歩きは• ベトナムに住んでいる人たちの生活が垣間見れて楽しい と感じました。 ただ、 旅行用パンフレットに載っているような「ハノイ」を想像していくと、かなり肩透かしを食らうと思います(笑) もし• いかにも絶景という旅行地• 異国情緒のある「ベトナム」 を望むのであれば、ツアーを利用して 世界遺産のハロン湾に足を運ぶことを強くおすすめします。 私は日程の都合上、足を運ぶことができませんでしたが、とても有名な絶景世界遺産の1つです。 それかハノイだけではなく、次に紹介する• ホイアン(もしくはダナン) という町を拠点にして、旅行することをおすすめします。 4、世界遺産の古都、ホイアンが美しい ホイアンというのは 町全体が世界遺産に登録されているベトナムの古都です。 ここが本当に良かったです。 旧市街は徒歩で回れる大きさ• お土産屋も多い• かわいいカフェも多い 見どころが多く、1日ぼんやりと散歩をしているだけでも贅沢で楽しい時間を過ごすことができました。 ホイアンは夜の風景が有名なんですが、昼間も十分に愛らしい街でした。 夜になると• 毎晩、ランタンが灯って美しい ので、観光客はいつ訪れても満足する景色を見ることができるでしょう。 ぶわっと花が咲き誇るように、そこかしこでランタンが灯り、大げさではなく夢の世界のようだなと感じました。 ホイアンは俗にいうインスタ映えスポットですが• 写真よりも実際の景色はもっと綺麗 と思いました。 特に 女性は気に入る方が多いと思うので、一人旅だけでなく友だちとの旅行先として選ぶのもおすすめです。 旧市街は観光地として活気があり、観光客が非常に多いです。 夜も明るくのんびりと安心して、女性1人でも街歩きができました。 で、おすすめのカフェや宿選びのコツも詳しくまとめていますので、よろしければ参考にして下さい。 5、都市間の移動は「飛行機」がベスト? 海外旅行に訪れたときは• できるだけ色々な都市に行きたい と考える人も多いと思います。 なのでぜひ知っておきたい点なのですが、ベトナムは 縦にひょろっと長い国 です。 見ていただくと判るように• 北:ハノイ(首都)• 中部:ダナン(フエ、ホイアンに行ける)• 南:ホーチミン という位置関係で各都市が離れているため、移動は基本「 飛行機」を推薦します。 というのもハノイ~ダナンまで移動するだけで• 鉄道( 16時間)• バス( 18時間) かかるんです(汗) 飛行機だと1時間半もかからず、片道航空券は2000円ほどの値段でした。 事前に航空券をチェック• =移動できるように準備しておく のがおすすめです。 ちなみにダナンは、 近頃はリゾート地として開発も進んでおり、観光地として注目を浴び始めています。 個人的にはベトナム旅行は案外に• ダナン+ホイアン のセット旅行が満足度高めなのではないかなと思います。 のんびりビーチでくつろぎたい人はぴったりの場所だと思いますし、安いリゾートホテルも多いのでぜひチェックしてみてください。 6、ベトナム料理はおいしい?マズイ? 気になるベトナム料理に関してですが、噂通り• 美味しいともマズイともいえない味 でした。 とてもさっぱりしていて、癖がないけど、パンチもないという感じでしょうか。 気づいたら食べていた、でもなぜか味を覚えていないという感じでした。 ホイアンはオールドマーケットもあり、屋台で色々と買って食べることもできます。 100円くらいで買えます。 量が多いので、1人旅の人は注意です。 隣国のタイは食事が本当に美味しいので、比較すると• 良くも悪くも普通だ と感じましたが、1つだけ「 これはウマイ」と思った食べ物がありました。 その名は バイン・ミー ハニーチキンロースト味をセレクト。 パクチー好きなので、食がすすむすすむ! バイン・ミーはうまい と食べた瞬間に舌が覚える味でした。 ちなみに私が食べたのはハノイで一番人気があるといわれている• パンがさくさくで軽い• 味付けがしっかりしてて美味しい• しかも安い(300円ほど) 手軽で安くてランチにぴったり、お腹いっぱいになるベトナム名物だと思います。 ハノイに訪れるならぜひ食べてほしい味なので、ぜひ参考にしてください。 7、ベトナムの物価は安い ベトナムの物価は、基本的に安いです。 1泊3000円ほどで• 個室の良い宿に宿泊できる と思いますので、色々とチェックしてみるのがおすすめです。 私の場合は• ホイアン(2泊・個室)• ハノイ(1泊・ホステル) で宿泊しました。 ホイアンで宿泊した宿は、こんな感じです。 1泊3300円ほどのお値段でした。 ドライヤーやタオルといった必要最低限のものもあり、何より ホイアン旧市街まで徒歩2分という立地の良さが魅力でしたね。 ハノイで宿泊したゲストハウスは• 1泊約834円 と激安でした。 普通のゲストハウスという感じでしたが、少し狭くて人が多かったです。 これなら• もう少しお金払って個室の方がいい と感じたので、宿選びの参考にしてください。 8、女性の一人旅で気になる治安 ハノイに関しては、夜の出歩きはしていません。 観光地を歩く分には• 治安が悪いと感じる場面はなかった ですが• とにかくバイクの交通量が多い• =交通事故に注意! と強調しておきます。 スマホを見ながら歩いていたら、間違いなくバイクと激突してしまうような路地が多くあるので、ケガのないようにお気を付けください。 ホイアンに関しては• THE観光地という感じ• =夜も人だらけ で、 女性の1人旅でも夜景を見に行けると感じました。 私は宿が旧市街と近かったことも、良かった点だと思います。 ただし観光中心の旧市街から離れると辺りは真っ暗でしたので• 夜景を見に行きたい女性• またスリや置き引きに関しては、以前出会った女性が スマホを見ながらハノイを歩いていたら、いきなり男が走ってきて、スマホをひったくて逃げて行った。 と仰っていたことがありました。 iPhone使用者はスマホの管理に気を付けて、対策をとると良いかもしれません。 現金に関してもあまり大金を持ち歩かず、 安全第一で観光するのをおすすめします。 海外旅行保険に関しては、加入しませんでした。 というのも保険が付いている無料クレカを3枚もっているので(場所にもよりますが)東南アジアの短期旅行では加入しません。 ちなみに私が持ってる中でおすすめのカードは• 無料クレカの中で海外旅行保険の額がトップクラスということもあり、 海外旅行好きに非常に人気の高い1枚です。 CHECK NOW これから海外旅行に出かける方は必ず海外旅行保険付帯の有無と金額を確認して、カードの審査申込することをおすすめします。 おすすめ無料クレジットカードは、以下の記事でまとめていますので宜しければ参考にしてください。 まとめ|女ひとり旅でベトナムに行ってみた感想 ということで今回の記事では• 人生初めてのベトナム女一人旅 をさくっとまとめてみました。 ベトナムはずっと旅行に行きたい国だったので、今回やっと足を運べて良かったです。 個人的な感想としては• ホイアンがおすすめ• 食事は普通(バイン・ミーうまい)• ハノイはバイクに注意• 都市間は飛行機移動• スリに注意 という感じでした。 私の中では ホイアンが本当に魅力的で、この街に足を運ぶためだけにベトナム行きを決めても良いレベルだと感じました。 カフェやアートギャラリーが多く街並みも愛らしい。 ちなみにタイと違って、 ベトナムは車か徒歩での移動が主になります。 私の場合は、事前に宿を通して観光地~空港までのタクシーを予約してもらいました。 隣国と合わせて旅行するのもおすすめ ベトナムに関しては、ぶっちゃけ• 隣国のタイが快適すぎる• 料理が美味 ということもあって、ベトナムが霞んでしまうところもありましたね。 タイでは見れない風景あり• 食事のテイストも異なる ので、 2国合わせて旅行に行くと面白いのではないかなとも思いました。 どちらの国も短期間で安く旅行できるので、学生さんにもおすすめですね。 タイ1人旅の記事もいくつか書いていますので、よろしければ合わせて参考にしてください。 ぜひ気になる方は足を運んでみてください。 それでは当記事がベトナム旅行に興味がある方の参考になれば幸いです。 最後まで記事を読んで下さり、ありがとうございました! 現地での移動について ちなみにベトナム旅行に限らず、私は無料オフラインマップを愛用しています。 ネット環境なしで• 現在地• 周辺地図• ルート がわかる優れモノです。 私が旅行手配に利用しているおすすめサービス一覧 最後に、実際に私が海外旅行の個人手配に利用しているものをまとめておきます。 「自力で安く海外旅行してみたい」と思っている方の参考になれば幸いです。 【航空券手配】スカイキャスナー 旅好きお馴染みの。 簡単に航空券の値段を比較できる。 月ごとに一括検索もできるので海外周遊時など、次の訪問国を決めるときにも便利。 なお、にまとめています。 【宿検索・予約】Booking. com いつも利用してる宿検索比較サイト。 簡単に予約を管理ができ、他のサイトよりアプリの使い勝手が良いと感じている。 登録されている宿の数も多く、絞り込み検索しやすい。 ゲストハウスの登録件数も多く、日本語の口コミも比較的ある。 【宿検索・予約】アゴダ 東南アジアの宿を検索するときは、を使うことが多い。 宿の登録件数が豊富で、他サイトより安いことが多いと感じる。 日本人の利用者も多く、口コミも多い。 ただし欧米圏での知名度は低いので、東南アジア限定のイメージ。 【宿&航空券セット割】エクスペディア は、航空券とホテルのセット割が強い。 バラで買うより安くなることがあるのでチェックする価値あり。 実際にタイの5つ星ホテルに安く宿泊したことがある。 高めのホテルに格安で宿泊したい人向け。 【海外保険&無料クレカ】エポスカード 手持ちの1枚、海外旅行保険が付いてくる。 永年無料クレジットカードの中で保険金額トップクラスなので、は旅好きの間で有名。 最短即日発行。 旅行直前にクレジットカードを発行したい人にもおすすめ。 保険でお金を使う前に、と思う。

次の

ベトナム観光の定番スポット20選。世界遺産などエリア別に紹介|海外旅行の予約ならエアトリ

ベトナム 旅行

写真:インディカ マイ ベトナムへの旅行はいずれの都市も3泊4日程度の滞在が一般的です。 渡航に際し航空券と滞在費用がいくらほどかかるのか、金額を調べてみました。 <航空券代> ホーチミン、ハノイ、ダナンの3都市に直行便が就航しています。 FSC フルサービスキャリア のベトナム航空・日本航空・全日空の他に、LCC ローコストキャリア のベトジェットとジェットスターパシフィック航空も。 FSCだと約50,000円から、LCCなら30,000円 諸税含む 程度で往復する事ができちゃいます。 上海や台北、香港乗り継ぎも可能ですが、LCCの直行便とお値段はさほど変わりません。 価格重視の方は日付を前後して格安航空券を探してみましょう! <宿泊代> 宿泊代金はホテルのグレードと宿泊エリアによって異なりますが、一般的に下記のようなお値段設定になります。 インターコンチネンタルやシェラトン、ハイアット等の世界的ブランドホテルも、こんな安い値段で泊まれるなんてお得!と感じて頂けます。 また、スタンダードクラスのホテルもお値段の割に部屋が広く、朝食もしっかりしてますよ。 スタンダードとスーペリアとデラックスの決定的な違いは、水回りにあり。 デラックスホテルの方が、お湯の出ている長さや温度、シャワーの水圧が日本の感覚に近づきます。 もっと安く抑えたいという方は、ドミトリーや民泊を利用すれば、1泊1,000円の宿泊料金も可能です。 ベトナムツアー代金の相場 写真:インディカ マイ 航空券とホテルを自分で組み合わせる個人手配が不安な方は、航空券とホテルがセットになったパッケージツアーを選ぶと安心です。 パッケージツアーには航空券とホテルだけが付いたフリープランや、現地ガイドが同行し観光や食事がセットになったプランがあります。 希望の日付とフライトが合えば、個人で手配するよりもツアーに申し込んだ方が断然お得。 そこで、格安ツアーのお値段を調べてみました。 <フリープランの場合> 旅行時期や滞在都市によっても異なりますが、最安値でホーチミン4日間、34,800円からツアーが用意されています。 グレードの高いホテルを選んだり、オプショナルツアーを追加する場合は別途料金が発生するため、フリープランは自由行動が容易なホーチミンの滞在にお勧めです。 <観光付プランの場合> 最安値だとホーチミン4日間、45,800円からツアーが用意されています。 旅行代金に観光地の入場券や食事代、移動費が含まれているため、現地で発生する費用の計画が立てやすいですね。 お得なツアーを探すなら、チャーター便や新規就航便利用のキャンペーン商品を狙ったり、お休みの融通が利けば間際でセール商品が出ないか待つのもおすすめ。 タイミングが大事ですので、「LINEトラベルjp」をこまめにチェックしてみましょう! そんなに安いの!? ベトナムの物価情報 提供元:shutterstock 日本と比べたら、高いものは輸入品だけではないでしょうか。 ラグジュアリーホテルもエステもフレンチも、衣食住すべてが安いベトナムでは格安セレブ旅行が夢ではありません。 ベトナムの通貨は「ドン」といいます。 1円は約200VND(2018年10月現在 ですので、ゼロを2つ取って2で割ると日本円の目安になります。 タクシーも車タイプとバイクタイプがあり、タクシー配車アプリのGrabが大活躍。 値段が安いため一人旅には重宝します。 主要空港から市内への7人乗りタクシー代金目安 *ホーチミン空港からホーチミン市内 約30分 :150,000VND 約700円 〜 *ハノイ空港からハノイ市内 約50分 :400,000VND 約2,000円 *ダナン空港からダナン市内 約15分 :80,000VND 約400円 〜 同じ商品でも、コンビニや高級ホテル、空港、路上ではお値段に大きな開きがあります。 ベトナムドンは桁が多いため慣れないと大変です。 故意に一桁多く言われることもありますので、冷静に注意深くお支払いをしましょう。 写真:インディカ マイ 滞在プランを仮定し、1日にどれほどお金がかかるかを見ていきましょう!ここでは、ホーチミンの「ゴージャス旅」と「ローカル旅」を一例に滞在費用の目安を紹介いたします。 【1日 ゴージャス旅】16,500円〜 ホテルで優雅に朝食後、シクロに乗ってサイゴン大教会と中央郵便局とドンコイ通りを観光。 午後は5つ星ホテルのアフタヌーンティーと120分のスパ。 夕食はこちらも5つ星ホテルにてシーフードブッフェ(伊勢海老と蟹の食べ放題)。 昼食はフォーとベトナムおやつのチェー、バインミーを食べ歩き。 午後はお洒落カフェのベトナムコーヒーで一息入れながら、ベンタンマーケットと雑貨屋巡り。 アオザイを試着して記念撮影も忘れずに!夕食は屋台通りでビールとローカル料理を大満喫。 提供元:shutterstock 日本と比較すると何でも安いベトナムですが、特にお得なので試して頂きたいものを紹介いたします。 *海老と蟹 海老と蟹の食べ放題が4,000円ほどで楽しめます。 しかも、海老はロブスター!レストランによってはビールやワインの飲み放題付です。 *フランス料理 フランス植民地であった影響もあり、フランス料理店が多いベトナム。 日本では高いフレンチフルコースも、ベトナムでは4,000円ほどで大満喫できちゃいます。 *マッサージ&スパ天国 街スパであれば、240分15,000円!指圧系マッサージも90分1,750円という安さです。 当たり外れがありますので、評判のいいところを口コミでチェックしてお試しあれ。 *タクシー乗り放題 タクシー代金も安いベトナム。 なんと2時間乗っても4,000円ほど。 3人で割り勘すれば1人当たり1,350円ほどです。 *ラグジュアリーホテル 5つ星ホテルにも関わらず、1泊12,000円ほどで泊まれてしまうベトナム。 2名1室であれば、1人6,000円でプールにジム、セレブな朝食が待っています。 自分好みにアレンジできちゃうベトナム! 最後に両替について、ベトナムではUSDも日本円も使えるお店は多いですが、換算レートが悪いためベトナムドンでのお支払いがベターです。 ドンへの両替はベトナム市内で行いましょう。 日本の空港や銀行、ベトナムの空港はレートが悪い傾向にあります。 ベトナムでは金を売っているお店を目にする機会が多いと思いますが、そちらも両替所でありレートは比較的良好です。 せっかく物価の安い国に行くのだから、普段できない贅沢三昧をするもよし。 少ない予算でベトナムの雰囲気を楽しむもよし。 予算に合わせた旅のスタイルで楽しめるのがベトナムの醍醐味です。 LINEトラベルjpでは、海外航空券やパッケージツアー、ホテルまで検索・比較することが可能です。 上手に活用して、お得に楽しくベトナムを旅行しましょう。 それぞれのプランによって旅行条件、価格などは異なります。 また、滞在費用などは一例となりますので、あくまでも目安としてご覧ください。

次の

ベトナム旅行・ツアーなら「旅工房」

ベトナム 旅行

ベトナム航空のチェックインカウンターへ向かい、荷物を預けます。 その後、保安検査で手荷物などの検査、その後、出国審査を行い、出発ロビーへ。 さて、成田空港を朝の9時30分に発つベトナム航空に乗り込んでベトナム・ホーチミンへ出発です。 ベトナム航空、快適です。 機体は最新のボーイング787「ドリームライナー」です。 窓がボタンで暗くなったり明るくなったりする曇りガラスになるアレです。 今回はもちろんエコノミークラスですが、各座席には大型のモニターが付いていて、日本で未公開の映画やドラマ、音楽、ゲームなども楽しめます。 モニターにはUSBポートもついてるので、スマホやケータイの充電でもしておきましょう。 機内食も朝食兼昼食みたいな時間で出てきますし、ドリンクの種類も豊富です。 もちろんLCCじゃないので全部タダです。 タダというか航空券代金に含まれてます。 そして約5時間30分くらいでしょうか。 ベトナム・ホーチミンに到着。 タンソンニャット国際空港に降り立ちます。 入国審査を受け、荷物を受け取ります。 その後、空港にて日本円からベトナムドンへの両替を行います。 両替の話は別途しますが、ベトナムドンへの両替はベトナムでしましょう! 今回はツアーということもあり、空港まで日本語が話せるベトナム人ガイドさんが迎えに来てくれています。 しかし、空港から一歩出ると、ものすごい人だかり。 迎えに来ている人だけじゃないよね?ってくらい人が多いので、慎重にガイドさんを探します。 ちなみに、ガイドさんがいない旅行者の方は、タクシーを利用しましょう。 迎えのワゴンに乗り込みホテルへ向かいます。 今回宿泊したホテルは、ホーチミン中心部からは少し離れたウィンザー・プラザ・ホテルです。 ウィンザー・プラザ・ホテルには空港から車で30分くらいで到着しました。 この時点で午後の4時くらいでしょうか。 ウィンザープラザでウェルカムドリンクをいただきながらチェックイン。 デポジットで150ドル請求されるので、クレジットカードにてお支払い。 これはホテルでなにかやらかさなければチェックアウト時に返ってくるものなので、びっくりしないように。 ここでガイドさんとはお別れ。 部屋に着くとまもなくポーターさんがスーツケースを部屋に届けてくれます。 ベトナムにはチップの文化が無いというガイドブックを事前には見ていたものの、一応20000ドン(100円程度)をありがとうって渡します。 部屋はとてもきれいです。 心配していたトイレも、ちゃんとトイレットペーパーの備え付けもあるし、さすがちゃんとしたホテルです。 アメニティもリンスインシャンプー、ボディソープ、ボディローション、石鹸、歯ブラシ、綿棒などひと通り揃っています。 ドライヤーももちろんついてます。 無料のミネラルウォーターもあります。 さて、いよいよベトナム・ホーチミンの観光に出かけます。 まずは、タクシーでフォーがおいしいというお店へ。 その後は水上人形劇を見に行きました。 そしてカフェでシントーをいただき、体を冷やします。 その後はナイトマーケット。 そこにあった屋台で生春巻き、チャーハン、酢豚?的なものをいただきます。 そろそろいい時間なので、タクシーを捕まえホテルへと帰ります。 ホテルの前にはサークルK、1分くらい歩けばファミリーマートがあります。 ここでお菓子屋ジュースを買い込んで部屋に戻ります。 1日目はこれで終了。

次の