秋元 康 の 奥さん。 秋元康の実力

秋元康の娘の写真が無いので嫁の顔と合成したら超美少女にw

秋元 康 の 奥さん

年収資産と長者番付? 最近ではすっかり秋元康さんといえばAKBや乃木坂・欅坂などの姉妹グループの作詞作曲家として非常に有名なのですが、実は60歳を迎える年齢で、お父様世代に大人気の「おニャン子クラブ」や大物歌手・美空ひばりさん・とんねるず・小泉今日子さんなどの作詞作曲までを手がけていてこれまでのヒット曲と呼ばれる作品には秋元康ありと言った感じなわけですが、気になるのはその年収や資産などですよね。 では早速、最近の年収を調べていきましょう。 結論から言うとその年収は『50億円以上』と言われています、その内訳は主にアイドルグループのプロデュースであると考えられますが、執筆した本の印税などもそこに入ります。 参考までに2017年の大体の売上金額について書くと、この年のCDの売上などが200億円以上でその印税は十数億円、そこに権利収入が加算されますのでそれだけでも50億円は超えることでしょう、さらにパンチンコ台を発表すると、1台が30万から40万円と見積もったとして、25万台以上を売り上げたというヒットとなり、単純計算しても900億円も売り上げたことになります。 パチンコ台の権利収入はおおよそと言うことにはなりますが、数%取ったとしても40億は余裕で超えるでしょう。 つまりこの年の年収は100億円を超えてしまっています、庶民にはまったくご縁のない数字ですね。 長者番付はよく著名人が登場しているイメージですが、これだけ稼いでいる秋元康さんもきっと長者番付に登場しているに違いありません。 しかし、この調査において個人を特定することは難しいそうです、おそらく秋元康さんは上位に君臨されていると思われます。 子供の画像・娘の写真・アスペルガー? AKBなど秋元康さんが手がけるアイドルグループはルールがありその代表的なものとして「恋愛禁止」がありますよね、メンバーの恋愛が取り沙汰されると卒業だの何だのと大きくニュースになるのですが 秋元康さん自身手がけたアイドル「おニャン子クラブ」のメンバー・高井麻巳子さんと1988年5月23日に突如として結婚を発表されました。 当時は秋元康さん32歳・高井麻巳子さん21歳という年齢差もありファンからはかなり叩かれたようですが、ご存知の通り秋元康さんは現在でも活躍されているプロデューサー、才能がある人はなんだか許されちゃうんでしょうかね。 そんな高井麻巳子さんと結婚した秋元康さんですが結婚から13年後の2001年3月に第一子となる女の子が誕生しました。 お子さんのお名前は「秋元せり」さんというそうで、2018年5月現在で17歳ということになりますね。 お嬢さんのお写真はさすがにどこを見てもありませんでした、この人がお子さんですといったようなお写真はありましたが、その根拠はなく別人である可能性の高いものばかりでした。 また、お子さんがアスペルガーという障害があるというのがネット上でも大きな話題になっていました、最終的にはそれが原因で夫婦の離婚問題にまで発展しているとまで言われていました ところが、これについてもその後なんの続報もなく、デマの可能性が高い事が判明、才能があるといろいろ言われてしまいますね。 そんな中、AKBの中にもお子さんがいるという情報が! 才加? 秋元康さんのお子さんが実はAKBのメンバーの中にいるという情報が流れました。 そのメンバーが秋元才加さんです。 現在は卒業され女優さんとして活躍されている秋元才加さんですが、秋元康さんのお子さんなのではないかというのです、しかし全くそんなことはございません、秋元つながりでそのように連想されたのではないかと思います。 というわけで、今回は現在のアイドル人気はこの人にあり!言っても過言ではない天才プロデューサー・秋元康さんについて調べてきました。 その資産は一般庶民ではまったくお目にかかることのないような金額の資産をお持ちで、奥さまは自身が手がけた元アイドルのメンバー、お子さんもいますがプライベートを大事にされることとこれだけの方なのでさすがにお顔のお写真などは公開されていません。 今後もまた様々な形で次世代のアイドルをプロデュースされていくことでしょう。

次の

秋元康の妻,年収,娘は?作詞はゴーストライターがやっている?

秋元 康 の 奥さん

きょう5月2日は、作詞家でプロデューサーの秋元康の62歳の誕生日である。 言うまでもなく、40年近く第一線で活躍を続けるヒットメーカーだが、40代の筆者には彼に対してどうも肯定と否定とがないまぜとなったアンビバレントな思いがある。 そういう同世代は案外多いのではないか。 「雨の西麻布」(85年)「川の流れのように」(89年)……秋元康はどこまで本気か? 私がそんな思いを抱くのはまず、秋元の仕事には、どこまで本気でやっているのか計りかねることが多々あるからだ。 何しろ、とんねるずの「雨の西麻布」(1985年)で演歌・歌謡曲のパロディをやったかと思えば、その数年後には、同じく作曲家の見岳章とのコンビで歌謡界の女王・美空ひばりの「川の流れのように」(1989年)を手がけているのだ。 とんねるずにはその後、「情けねえ」(1991年)や「一番偉い人へ」(1992年)といったメッセージ色の濃い曲も提供しているが、これまた本気なのかパロディなのか受けとめかねてしまう。 記事全文は より引用しました• 佐久間「こういう機会じゃないと聞けないので聞いてみたいんですけど。 坂道なんですけど、乃木坂が先にあったじゃないですか?上品な。 欅っていきなりロック調だったじゃないですか?」• 秋元「うん」• 佐久間「あれってコンセプトが先だったのか、それとも集まったメンバーを見て…秋元さんって人見て企画思いつくパターンもあるじゃないですか?」• 秋元「でもさ、佐久間と仕事してて分かると思うけどさ、ほとんど何も考えてないよ」• 佐久間「はい、それは分かってます 笑 」 中略• 秋元「何か面白いことやらなきゃいけないと思ったんで、AKB48公式ライバルっていう肩書にして」• 佐久間「あー、はいはい」• 秋元「その時には何も決めてなかった。 佐久間「そこまでしか決めてなかったんですか?」• 秋元「決めてない。 だから別にそこにAKBが公立の高校でこっちが私立のとか何も決めてない。 ただなんとなくその時に集まったのが…」• 佐久間「白石さんとか」• 秋元「生田とか、それでたぶんファンの人がそういう風に決めていったんだと思う」• 佐久間「なるほど。 集まった人とファンの流れで」• 秋元「そうそう」• 佐久間「どんどんあの乃木坂の上品というか私学っぽいものが出て来たんですか」• 秋元「うん」• 佐久間「じゃぁ、欅坂は募集した中で人を見て、ロック調のサイレントマジョリティーとか…僕はてっきり曲が先にあってとか思ってたんですけど」• 秋元「ううん。 欅坂46のオーディションやった時に本当になんだろうな…明るくないのよ」• 佐久間「なるほど 笑 」• 秋元「大人たちを睨みつけてるわけみんな。 佐久間「はいはい」• 秋元「だから大人たちが嫌いな人たちなんだなーって思って、だから大人たちに支配されないみたいなのはなとなく言葉としては思ってたんだけど」• 佐久間「はい」• 秋元「それが、メチャカリっていう」• 佐久間「はいはい」• 秋元「ファッションのサブスクのコマーシャルソングだから、明るい曲でお願いしますって言われてて」• 佐久間「そうですよね普通」• 秋元「ぱーっと華やかなのって言った時に、出来ちゃった曲がサイレントマジョリティーだったから 笑 」• 佐久間「 笑 」• 秋元「どうしようかなって思ったら、そこの石川さんっていう社長が良いですねって言ってくれて、それが決まらなかったらたぶんあそこまでヒットしてなかった」• 佐久間「そうかそうか。 先に決まってたけど違う曲が出来ちゃったのをOKしてくれたから代打的に出せたってことなんですね」• 秋元「だいたいそういう、プロデュースするのって0のものを1にするって思われてるけどそんな事はあり得ないんだよね。 1を1にする」• 佐久間「なるほど」• 秋元「だから何か兆しみたいなものがないと、何か種みたいなものがないと作れないじゃん」• 佐久間「はい」• 秋元「だから例えば欅坂を見てると色々ね…普通はグループは一つにまとまるんだけど、この子たちはまとまらない何か面白さがあるなーって…なんかまとまらない…これは不協和音で面白いなとか」• 佐久間「おー、なるほど」• 秋元「それが不協和音って曲に結びついたり、だからその時によって」• 佐久間「目の前の本人たちにある0.1みたいなものを見つけて曲にするっていう」• 秋元「そうそうそう。 だから欅坂46が凄い勢いになったんだけども、ここから大変だよと。 つまり凄く良い環境で、デビューしてすぐ紅白とかなったじゃん。 佐久間「そうですね」• 秋元「だからガラスを割れに行くとか」• 佐久間「あーなるほど。 それは逆に言うとその子達へのメッセージだったり」• 秋元「そうそう、AKBでいうとリバーみたいな、こっから大変だぞっていう川を渡れみたいな」 引用元: , 日向坂46の記事はこちら• カテゴリー• 5,232• 2,934• 2,038• 1,445• 987• 691• 4,502• 357• 736• 493• 608• 664• 569• 1,000• 495• 366• 684• 1,426• 541• 678• 644• 464• 1,705• 850• 341• 785• 1,105• 1,169• 100• 101• 106• 267• 152• 133• 214• 156• 355• 205• 313• 193• 593• 528• 411• 308• 265• 166• 195• 251• 164• 483• 187• 236• 180• 195• 160• 329• 209• リンク• [ アンテナサイト ]• [ まとめサイト ]•

次の

秋元康さんに「なぜ若い女の子に共感される歌詞が書けるのか?」と聞いた結果・・・

秋元 康 の 奥さん

私よりも一歳年上になりますが これまでに成し遂げてきたことには 大分差があるようです。 まあ持って生まれた才能に天と地ほどにも差があるようなので 比べて嘆いてみても始まらないのかもしれません。 秋元さんの存在を初めて知ったのは「夕焼けニャンニャン」と言う番組で企画を担当していたころです。 ちょうどその時期は 私が岐阜大学に通っていた時期であり 当時はテレビを持っていませんでしたから 友人の下宿でたまにその番組を見せてもらうぐらいの事でした。 いかにも東京色の強い番組でしたから あまり興味はありませんでした。 出演者の女の子を嫁さんにもらったりしていましたから あまり信用できない人物だと思っていました。 その後は あまりその存在を意識したことはありませんでした。 AKBが話題になった時も当初は全く興味がなかったのが 一日だけ検査入院をしたときに たまたま読んだ週刊誌で AKBのメンバーの板野友美が非常に気に入ってしまい それ以来AKB関連の情報を集め ユーチューブなどで出演している番組をチェックするようになりました。 直ぐに板野友美は 私好みの性格ではないことが分り タカミナのファンになりました。 ところが そのタカミナがとんでもないおバカであることが分り 横山由依ちゃんのファンになりました。 その後も由依ちゃんは応援していますが AKBの公式ライバルである乃木坂に興味が移ってしまいました。 現在は カズミン ナーちゃん マイマイ押しです。 その後結成された欅坂46にも 非常に興味がわいてしまって 正直な所乃木坂よりもその動向が気になっています。 まんまと秋元さんの作戦にはめられて せっせとCDなどを購入していますし カラオケに出かけても 乃木坂や欅坂の歌を沢山歌って 秋元さんの稼ぎに協力してしまっています。 別に世の中への影響力や 稼ぎ高で 秋元さんに比べて 凄く劣っているからと言って 私の人生が 劣っているとは考えたくありませんが 秋元さんの仕事は 世の中の人たちに多くの喜びを与えておられるようで 素晴らしいと思います。 それから奥さんが結婚するまでは芸能活動をしていて結構人気もあったのに 結婚してからは一切表舞台に出てきていませんから きっと大切になさっているのだと思いますので その点でも立派だと思います。 世の中には 優れた才能に恵まれた立派な人生を歩んでおられる方が少なくありませんが 秋元さんも私よりもたった一つ年上なだけですが これまでの仕事の実績も 今後残されるであろう足跡でも 私は全然及ばないだろうと思います。 でも私は私で 一生懸命に生きていますから 自分にできる事 目の前にある取り組むべき仕事に 懸命に頑張っていこうと考えます。 月別 で選ぶ•

次の