酪農 学園 大学 イー ラーニング。 室蘭工業大学

「第11回 医療系eラーニング全国交流会」出展のお知らせ(ヒューマンサイエンス)

酪農 学園 大学 イー ラーニング

早稲田大学大学院理工学研究科物理学及び応用物理学専攻博士後期課程単位取得満期退学 1999年。 博士 工学。 早稲田大学理工学部助手 1999年 、日本女子大学理学部助手 2001年 、日本女子大学理学部専任講師 2005年 を経て、2008年より現職。 2007年日本eラーニング大賞にて文部科学大臣賞を受賞 株式会社エミットジャパンと連名。 名古屋大学大学院工学研究科博士課程前期電子情報専攻修了 1998年 、工学修士。 日本電気株式会社入社 1998年 、株式会社エミットジャパン代表取締役COO 2004年 を経て、2005年より現職。 専門はeラーニング、eポートフォリオ 本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです 東京大学の中原先生が、ご自身のBlogで「アクティブラーニング・ジャングルをサバイブする」という記事をアップされました。 アクティブラーニング・ジャングルについて説明してある箇所をちょっと引用してみましょう。 本当に「多種多様なラーニングの形態」が、アクティブラーニングという「ワンワード」で一括りにされているのです。 国内外ふくめて、グローバルに(笑)。 たとえば、こんな感じ。 講義中、お隣同志でディスカッションや、教えあいをするのも「アクティブラーニング」 ケンケンガクガクと、グループディスカッションをするのも「アクティブラーニング」 一方向に伝達された情報を、個人がリハーサル(繰り返す)して、よりよく記憶することも「アクティブラーニング」 地域に出て、地域の人々といっしょに、地域の商店街の課題を探究するのも「アクティブラーニング」 ・・・・・・・・ (以上 [... ] より引用) 前置きが長くなりましたが、実はポートフォリオという言葉もアクティブラーニング同様「ジャングル的な」言葉になりつつあります。 そもそもポートフォリオは「紙挟み」というのが語源だそうですが、大学教育では、学習の成果物そのものをポートフォリオと呼んだり、その提出・蓄積・表出等を支援するシステムのことをポートフォリオと呼んだり様々なのです。 さらにeポートフォリオの場合、単なるWeb上の課題提出システムや、学習者が書き込み可能なSNSをeポートフォリオと呼んだり、ジャングルは鬱蒼さを増しています。 そんなポートフォリオジャングルへの探検を目指す(あるいは余儀なくされた)大学の教職員の方にとって、本書はまさにバイブルといって良い内容となっています。 本書の構成は、 第一部 eポーフォリオの概要 第二部 国内7大学での実践事例 第三部 オープンソース系eポートフォリオシステムの解説 第四部 今後のeポートフォリオの可能性 となっています。 まず第一部では2章の「eポートフォリオの普及(森本康彦 」が、eポートフォリオジャングルに初探検される方にとってまさに必読の内容となっています。 eポートフォリオの果たす役割を、昨今の学習観の変化の文脈の中で分かりやすく説明されています。 圧巻は章末にある「eポートフォリオ普及のためのQ&A」です。 例えば「授業の課題でシステムから提出されるレポートはeポートフォリオと言えますか?」といったベタな質問が5つ掲載されており、それぞれに対し、どう活用したらeポートフォリオになるのかを明確にアドバイスしています。 第二部の国内事例はどれも素晴らしいのですが、補足事例として紹介されている「飛ぶノート」という酪農学園大学のシステムにコガは一番感銘を受けました。 eポートフォリオを活用する際、最も問題となるのが、手書きの文章をどう効率的に保管・分類するかという点であり、ちょうどコガ自身悩んでいた課題だったからです。 酪農学園大学の「飛ぶノート」はまさしくこの課題を解決したシステムなのです。 簡単にいうと、バーコードシールを張ったレポートをスキャンすると、自動的にMAHARAというeポートフォリオシステム内で各学生のフォルダに保存されるという仕組みになっています。 現在はバーコードの代りに提出用マークシートに記入する仕組みに変わりつつあり、年々改良を重ねている模様です。 そしてこの「飛ぶノート」、無料で使える体験サイトを立ち上げたり([... ])、「飛ぶノートシステム」自体も教育機関を対象に無償で提供しています。 なんとも太っ腹ではありませんか! 第三部では、OSP、MAHARA、KEEP Toolkit というオープンソース系eポートフォリオ御三家の解説を行っています。 個人的にはASAHIネットの「manaba」等の商業系eポートフォリオシステムについても多少言及してくれれば、この世界を概括する上でより役に立ったのではないかと思っております。 最後の第四部は、梶田先生が執筆された「ライフロングなeポートフォリオの実現にむけて」という章が秀逸です。 現在のeポートフォリオは、大学生の時の学修記録を閉じられたシステムの中でしか閲覧できません。 そこで各自の学びの記録を生涯に渡って管理する「パーソナルラーニングレコード」の仕組みをクラウド上に構築してはどうだろうかというのが本章の概要です。 コガも10年ぐらい前に本メルマガの98号で、社会人の学習履歴管理のポータビリティについて言及したことがあります。 それは手書きの「研修手帳」というものでしたが、学習履歴は会社ごとにLMSで管理されるものでなく、学習者個人が生涯を通じて自律的に管理すべきものだと生意気に主張しておりました。 クラウド上の「ライフロングなeポートフォリオ」には個人情報保護問題等、クリアすべき課題が多いと思われますが、こうした学習の共通基盤の構築こそ、国が率先して推進すべき事業なのではないかと思った次第です。

次の

Search results for

酪農 学園 大学 イー ラーニング

Ustream用のスタジオ建設工事が着々と進んでいます。 4メートルの天井の高さですから、塗装作業も大変です。 黒のスタジオ(ブラックスタジオ)と、白のスタジオ(ホワイトスタジオ)の天井塗装が始まりました。 3回重ね塗りをするそうですが、色を塗るだけで、とても綺麗で明るくなった感じがします。 塗装前と、塗装中の写真を、それぞれアップしておきます。 このUstreamブラックスタジオと、ホワイトスタジオで、生中継だけではなく、eラーニングのコンテンツも、どんどん量産していきたいと思います。 また、の提供する会員専用、課金システムがついた生中継システム を利用した番組やコンテンツも、どんどんお届けしたいと思います。 その秘密は階段!? キバンインターナショナルは、セイコービルの4Fにありますがエレベーターやエスカレーターといった文明の利器はなくひたすら己の脚力で体を運んでいく他ありません。 逆に言うと、 キバンインターナショナルで働く者はすべて、毎日、4Fまでの階段を上り下りする、というわけです。 しかも、この階段による運動は平地での運動と比べて3~4倍の運動量(上昇時)を誇ります。 階段で1F~4Fまで3分かかるとすると、平地での運動に換算すると約10分程度になります。 (1階部分が中2階構造なので、実質5Fぶん登ります)実はこの 運動が、しかも、毎日行われていることが、脳に対してかなり効果的に作用するようなのです。 人間、つまり略してホモサピの発生からの期間を振り返ると、現在のように、何時間もほぼ座ったままという環境は希だったかと思われます。 数十万年の歴史の中で、100年か数十年程度じゃないでしょうか。 このように座ったままでいる、ということは。 (その昔に何時間も座ったままでいたら、サバンナか森のなかで誰かのお昼ご飯になっていますから。 ) という訳で端的に言うと、人間の脳は座ったままの時間が多いというこの状況にまだ適応できていないようです。 (ちなみに、数万年前のその頃は1日に20キロは歩いていたそうです。 ) 「ブレイン・ルール」(著:ジョン・メディナ)によると、1日20分程度の運動でも効果的であり、この効果は脳の様々な活動(認知とか)を全体的に底上げする効果があるそうです。 しかも、この効果は運動しなくなるとすぐに損なわれる、という性質を持っているそうです。 (脳細胞そのものが変わるのでなく、それを取り巻く血管などが、運動の刺激によって拡張し、運動しなくなると元に戻るかららしいです。 ) いぜん、 ebi9696 さんに、「頭のいい人が全力でバカをやっている会社」的な事をいわれた記憶がありますが、そういったものは、このような毎日の運動によって培われている可能性があるわけです。 参考 4Fまで歩いて何分か図った動画が無かったので、駆け上った場合の時間計測。 駆け上ると1分ほどのようです。 年に一度、東京ビックサイトで行われるeラーニングの祭典「e-Learning WORLD 2. 0」もし、八月を迎えたキバンインターナショナルです。 会場からは3日間で70回ものセミナーを開催、多くのお客様にご参加いただきました。 この場を借りて、改めてお礼申し上げます。 ネットの生放送で授業ができる。 「ネット生中継」事業に、キバンインターナショナルはますます力を入れています。 当日のセミナーも、アーカイブでご覧いただけるように準備を進めておりますが、待ちきれず&イベントの興奮も覚めやらぬまま、今週は5日連続で本社スタジオより生放送の「」を開催中です。 お名前とメールアドレスを入力する簡単なご登録をいただくと、会員様だけがご覧いただけるeラーニング導入のコツ、活用方法などをわかりやすくお伝えする生中継セミナーをご覧いただける仕組みです。 もちろん会費など一切不要、ご登録いただいた皆様には、先に申し上げたアーカイブ作業中の各種セミナーも準備ができ次第メールでご連絡を差し上げたり、今後の様々なイベント・製品情報も等お伝えいたします。 そしてライブ授業の配信を支えるのは、同じく弊社が提供するネット生中継サービス「」。 動画共有サービスUstreamの仕組みを使い、どなたでもネット環境と普段お使いのブラウザソフトさえあれば視聴できる生放送を、見る側はもちろん配信する側になれるユニークなASPです。 「eラーニングって何?」と少しでもご関心をいただけた皆様には、この機会にぜひご体感いただきたくご案内申し上げます。 会費、参加費を集めてネットで公演やセミナー、講座をすることが弊社の「」なら可能になります。 eラーニングの仕組みは教育の現場はもちろんのこと、アイデア次第で様々な業種にも新たな流通を作ります。 ぜひお誘いわせの上ご視聴いただければ幸いです。 さぁ、夏本番の東京神田。 ご参加いただいた多くの皆様に、楽しいコメントで盛り上げていただきました。 改めてお礼申し上げます。 以下、アーカイブのご披露と顛末記を。 脳内ではばっちりシミュレーション完了。 キバンUSTスタジオは「肉のハナマサ」の上にあります 東京は文京区外神田、我社のあるビルの一階にはスーパー「肉のハナマサ」さんが入っています。 お肉屋さんの上にあるUstreamスタジオです。 そこにはとても大きなハムが売られています。 100g79円。 中でも一番大きな4,230gのハムを購入。 これを通販しようという魂胆です。 ソーシャルメディアと連動し、視聴者からのコメントで双方向なコミュニケーションで盛り上がれるUstream生中継。 この醍醐味を活かす通販番組と言えばこれしかない…「お客様の欲しいグラム数を切り売りします!」一人で買うと3,341円。 100gだけでよければ79円。 お安いお得なハムをみんなで買おう!とのナイスコメントをいただきました。 まさしく発想はそこです。 そのかいあって、ご注文が相次ぎ無事完売(笑)と大団円を迎えることができました。 我々の想定以上に斜め角度からのご注文(「はしっこをください」「サイコロ状」「パンダの形」など部位・形状指定、「ハムエッグで」と調理要望込み、など)に四苦八苦しながら、Ustreamの可能性を追求した模擬通販実験が成功しました。 7月28日29日30日開催の、e-Learning WORLD 2. 0 におきまして、30日13:00~ の主催者企画セミナー、「e-Learning 2. 0 各社の取組と方向性(考え方)」にて、株式会社キバンインターナショナル 代表:西村正宏 もセッションに参加致します。 展示会場特設ステージにて実施されますので、皆様奮ってご参加下さい。 elw. elw. elw. elw. 0」事務局 (株)シー・エヌ・ティ 〒101-0048 東京都千代田区神田司町2-2-2 大森ビル4F Tel. 03-5297-8855 Fax. 03-5294-0909 E-mail: info2010 elw.

次の

「第11回 医療系eラーニング全国交流会」出展のお知らせ

酪農 学園 大学 イー ラーニング

Ustream用のスタジオ建設工事が着々と進んでいます。 4メートルの天井の高さですから、塗装作業も大変です。 黒のスタジオ(ブラックスタジオ)と、白のスタジオ(ホワイトスタジオ)の天井塗装が始まりました。 3回重ね塗りをするそうですが、色を塗るだけで、とても綺麗で明るくなった感じがします。 塗装前と、塗装中の写真を、それぞれアップしておきます。 このUstreamブラックスタジオと、ホワイトスタジオで、生中継だけではなく、eラーニングのコンテンツも、どんどん量産していきたいと思います。 また、の提供する会員専用、課金システムがついた生中継システム を利用した番組やコンテンツも、どんどんお届けしたいと思います。 その秘密は階段!? キバンインターナショナルは、セイコービルの4Fにありますがエレベーターやエスカレーターといった文明の利器はなくひたすら己の脚力で体を運んでいく他ありません。 逆に言うと、 キバンインターナショナルで働く者はすべて、毎日、4Fまでの階段を上り下りする、というわけです。 しかも、この階段による運動は平地での運動と比べて3~4倍の運動量(上昇時)を誇ります。 階段で1F~4Fまで3分かかるとすると、平地での運動に換算すると約10分程度になります。 (1階部分が中2階構造なので、実質5Fぶん登ります)実はこの 運動が、しかも、毎日行われていることが、脳に対してかなり効果的に作用するようなのです。 人間、つまり略してホモサピの発生からの期間を振り返ると、現在のように、何時間もほぼ座ったままという環境は希だったかと思われます。 数十万年の歴史の中で、100年か数十年程度じゃないでしょうか。 このように座ったままでいる、ということは。 (その昔に何時間も座ったままでいたら、サバンナか森のなかで誰かのお昼ご飯になっていますから。 ) という訳で端的に言うと、人間の脳は座ったままの時間が多いというこの状況にまだ適応できていないようです。 (ちなみに、数万年前のその頃は1日に20キロは歩いていたそうです。 ) 「ブレイン・ルール」(著:ジョン・メディナ)によると、1日20分程度の運動でも効果的であり、この効果は脳の様々な活動(認知とか)を全体的に底上げする効果があるそうです。 しかも、この効果は運動しなくなるとすぐに損なわれる、という性質を持っているそうです。 (脳細胞そのものが変わるのでなく、それを取り巻く血管などが、運動の刺激によって拡張し、運動しなくなると元に戻るかららしいです。 ) いぜん、 ebi9696 さんに、「頭のいい人が全力でバカをやっている会社」的な事をいわれた記憶がありますが、そういったものは、このような毎日の運動によって培われている可能性があるわけです。 参考 4Fまで歩いて何分か図った動画が無かったので、駆け上った場合の時間計測。 駆け上ると1分ほどのようです。 年に一度、東京ビックサイトで行われるeラーニングの祭典「e-Learning WORLD 2. 0」もし、八月を迎えたキバンインターナショナルです。 会場からは3日間で70回ものセミナーを開催、多くのお客様にご参加いただきました。 この場を借りて、改めてお礼申し上げます。 ネットの生放送で授業ができる。 「ネット生中継」事業に、キバンインターナショナルはますます力を入れています。 当日のセミナーも、アーカイブでご覧いただけるように準備を進めておりますが、待ちきれず&イベントの興奮も覚めやらぬまま、今週は5日連続で本社スタジオより生放送の「」を開催中です。 お名前とメールアドレスを入力する簡単なご登録をいただくと、会員様だけがご覧いただけるeラーニング導入のコツ、活用方法などをわかりやすくお伝えする生中継セミナーをご覧いただける仕組みです。 もちろん会費など一切不要、ご登録いただいた皆様には、先に申し上げたアーカイブ作業中の各種セミナーも準備ができ次第メールでご連絡を差し上げたり、今後の様々なイベント・製品情報も等お伝えいたします。 そしてライブ授業の配信を支えるのは、同じく弊社が提供するネット生中継サービス「」。 動画共有サービスUstreamの仕組みを使い、どなたでもネット環境と普段お使いのブラウザソフトさえあれば視聴できる生放送を、見る側はもちろん配信する側になれるユニークなASPです。 「eラーニングって何?」と少しでもご関心をいただけた皆様には、この機会にぜひご体感いただきたくご案内申し上げます。 会費、参加費を集めてネットで公演やセミナー、講座をすることが弊社の「」なら可能になります。 eラーニングの仕組みは教育の現場はもちろんのこと、アイデア次第で様々な業種にも新たな流通を作ります。 ぜひお誘いわせの上ご視聴いただければ幸いです。 さぁ、夏本番の東京神田。 ご参加いただいた多くの皆様に、楽しいコメントで盛り上げていただきました。 改めてお礼申し上げます。 以下、アーカイブのご披露と顛末記を。 脳内ではばっちりシミュレーション完了。 キバンUSTスタジオは「肉のハナマサ」の上にあります 東京は文京区外神田、我社のあるビルの一階にはスーパー「肉のハナマサ」さんが入っています。 お肉屋さんの上にあるUstreamスタジオです。 そこにはとても大きなハムが売られています。 100g79円。 中でも一番大きな4,230gのハムを購入。 これを通販しようという魂胆です。 ソーシャルメディアと連動し、視聴者からのコメントで双方向なコミュニケーションで盛り上がれるUstream生中継。 この醍醐味を活かす通販番組と言えばこれしかない…「お客様の欲しいグラム数を切り売りします!」一人で買うと3,341円。 100gだけでよければ79円。 お安いお得なハムをみんなで買おう!とのナイスコメントをいただきました。 まさしく発想はそこです。 そのかいあって、ご注文が相次ぎ無事完売(笑)と大団円を迎えることができました。 我々の想定以上に斜め角度からのご注文(「はしっこをください」「サイコロ状」「パンダの形」など部位・形状指定、「ハムエッグで」と調理要望込み、など)に四苦八苦しながら、Ustreamの可能性を追求した模擬通販実験が成功しました。 7月28日29日30日開催の、e-Learning WORLD 2. 0 におきまして、30日13:00~ の主催者企画セミナー、「e-Learning 2. 0 各社の取組と方向性(考え方)」にて、株式会社キバンインターナショナル 代表:西村正宏 もセッションに参加致します。 展示会場特設ステージにて実施されますので、皆様奮ってご参加下さい。 elw. elw. elw. elw. 0」事務局 (株)シー・エヌ・ティ 〒101-0048 東京都千代田区神田司町2-2-2 大森ビル4F Tel. 03-5297-8855 Fax. 03-5294-0909 E-mail: info2010 elw.

次の