吉高由里子 蛇にピアス。 【蛇にピアス】スプリットタンと吉高由里子のエロスが話題に!~映画に登場するヘビの世界

蛇にピアスの吉高由里子と井浦新(arata)の絡みが悩殺な件

吉高由里子 蛇にピアス

生きている実感もなく、あてもなく渋谷をふらつく19歳のルイ。 ある日の訪れたクラブで赤毛のモヒカン、眉と唇にピアス、背中に龍の刺青、蛇のようなスプリット・タンを持つ「アマ」と出会い人生が一変する。 アマの刺青とスプリット・タンに興味を持ったルイは、シバと呼ばれる男が施術を行なっている怪しげな店を訪ね、舌にピアスを開けた。 その時感じた痛み、ピアスを拡張していく過程に恍惚を感じるルイは次第に人体改造へとのめり込んでいくことになる。 「女の方が痛みに強い」「粘膜に穴を開けると失神する奴がいる」という店長のシバも全身に刺青、顔中にピアスという特異な風貌の彫り師で、自らを他人が苦しむ顔に興奮するサディストだと語った。 舌にピアスを開けて数日後、ルイとルイの友人は夜道で暴力団風の男に絡まれる。 それに激昂したアマは相手の男に激しく暴力を振るい、男から二本の歯を奪い取って「愛の証」だと言ってルイに手渡す。 アマやシバと出会う中でルイは自身にも刺青を刻みたいという思いが強くなり、シバに依頼して背中一面に龍と麒麟の絡み合うデザインの刺青を彫ることを決めた。 画竜点睛の諺に従って、「キリンと龍が飛んでいかないように」という願いを込め、ルイはシバに二匹の瞳を入れないでおいて欲しいと頼む。 刺青の代償としてシバはルイに体を求め、二人は刺青を入れていくたびに体を重ねるようになる。 一方でルイは、アマが暴力を振るった暴力団員が死んだというニュース目にした。 アマが捕まってしまうことを危惧したルイは、アマの髪をアッシュに染め、刺青が見えないように長袖を着るよういいつける。 その事実を全く知らないアマは何の疑いもなくルイに従った。 ルイが開けた舌ピアスは徐々に拡張していた。 ピアスの穴を広げていく中、シバは無理にピアスホールを広げると炎症を起こすと忠告する。 その忠告をよそにルイはさらにピアス穴の拡張を続けた。 刺青の完成と同時にルイは自らの生きる意味を見失い、アルコールに依存。 自分が生きていることを実感できるのが痛みを感じている間だけだと気づいたルイは、アマとシバ、どちらが自分を殺すのだろうかと想像を巡らせるようになる。 そんな中、警察からシバの店に「龍の刺青をした、赤毛の客を教えて欲しい」という連絡が入った。 ルイはしらを切り通すが、不安に襲われながら日々を過ごすことになる。 ある夜、アマは突然行方不明になり、ルイは呆然とする。 警察に捜索願を届けようとするも、ルイはアマの本名すら知らなかったのだ。 数日後、行方不明となっていたアマの無残な死体が発見されたと警察から告げられたルイ。 アマの遺体には無数のタバコを押し当てた痕があり、陰部にはエクスタシーというお香が差し込まれていた。 警察官から「アマはバイセクシャルだったか」と尋ねられ、アマが何者かによってレイプされていたことを察するルイ。 アマを殺した犯人が見つからないことを激しく糾弾する。 アマの死後、生きる気力を完全に失っていたルイのことを受け入れたのはシバだった。 シバの家に暮らすようになり日々を送る中で、ルイはアマの陰部に差し込まれているお香がシバの家に置いてあること、そしてアマの体に押し当てられたタバコが、シバが吸っている銘柄と同じであることに気がつく。 ルイはアマにもらった二本の歯を砕いて飲み込むことによって、アマの愛の証を体に吸収したことを実感する。 そしてシバに麒麟と龍の瞳を彫り込んでもらうように頼み、シバはそれに従った。 ルイは舌のピアスを拡張するのをやめる。 スプリットタンは完成せず、ただ舌には大きな穴が残り、ルイは一人、ピアスと刺青が自分にとってどのようなものだったのか、その答えを知るのだった。 出典:.

次の

高良健吾が出演映画「蛇にピアス」で舌にしていたピアスは本物?

吉高由里子 蛇にピアス

吉高由里子主演映画「蛇にピアス」のあらすじ 生きている実感も持てないまま毎日渋谷の街をフラフラとしている19歳の少女・ルイ(吉高由里子)はある日、髪の毛は赤のモヒカン、蛇の舌、顔中のピアス、背中には龍のタトゥーを入れた男・アマ 高良健吾 と出会います。 危険な雰囲気を持つアマに惹かれるようになったルイは彼との交際をはじめ、彼に紹介された彫り師・シバ 井浦新 とも関係を持ち始めることになります。 シバに頼んで舌にピアスを開けたルイは、その時に強い痛みを感じると同時に恍惚を感じます。 この時の快感を忘れられないルイは、背中に龍と麒麟のタトゥーを彫り、身体改造を続けます。 2人の男性と関係を持ったルイは、優しく自分を愛してくれるアマと激しく愛してくれるシバのどちらを選べば良いのか悩みます。 そうした中、アマはある事件を起こし、ルイの運命も激変することに…。 映画「蛇にピアス」の登場人物 役名:ルイ,役者名:吉高由里子 映画「蛇にピアス」の主人公・ルイは19歳の少女。 特別不幸な少女というわけでもないが、フワッと生きていたルイは、アマとシバという2人の男性に出会い人生が一変することになります。 役名:アマ,役者名:高良健吾 真っ赤なモヒカンヘア、蛇の舌、顔中のピアスと背中に龍のタトゥーを入れたアマは見た目は強面だが、派手な見た目とは違いルイに優しく接します。 役名:シバ,役者名:井浦新(旧芸名:ARATA) アマがルイに紹介したサディストの彫り師がシバ。 タトゥーやピアスで人体改造をするショップのオーナーのシバは顧客の1人、アマが連れてきたルイと出会い関係を持つようになります。 吉高由里子のヌーディー動画が見れるのはどのシーン? 吉高由里子さんはセミヌードのような中途半端でなく、「蛇にピアス」の中で全裸での濡れ場を披露しています。 開始からすぐにルイとアマとのセックスシーンがあるなど、共演の高良健吾さんと井浦新さんの2人と濡れ場を全編で吉高由里子さんは披露しています。 アマはルイを扱いながら優しくセックスするんですが、タトゥーを1回入れる代金は1回のHを要求するシバは全く正反対。 首を絞めて苦しがる姿を見ないとセックス出来ない語るシバはルイの手をヒモでしばり、首を絞めるなどハードSM調セックスで、肉体的に過酷な濡れ場になっています。 吉高由里子さんのヌーディー動画がすごい?と言われる理由は過激な首締めのシーンがあるからです。 巨匠蜷川幸雄も驚いた吉高由里子の女優魂 井浦新さんとのハードSM調セックスの場面など、撮影は相当にハードなものになった映画「蛇にピアス」ですが、この作品には吉高由里子さんの女優魂を伝えるエピソードがあります。 映画の撮影が始まる衣装合わせの時、吉高由里子さんは「ほとんど裸の映画なのに、裸を見ないで撮れるんですか?」と言い放ちます。 これを受けて蜷川幸雄さんも「じゃ見せて」と返答、すると吉高由里子さんは更衣室で全裸を蜷川さんの前で堂々と見せつけます。 さすがの巨匠・蜷川幸雄さんもものおじない吉高由里子さんの姿にはタジタジになり、手で目を覆いながら「あ、大丈夫、大丈夫、撮れる、撮れる」と言うのが精一杯。 吉高由里子さんによると、裸になった自分より蜷川幸雄さんの方が恥ずかしがっていたそうです。 あわせて読みたい記事 吉高由里子の女優としての転機になった交通事故 オーディションで「蛇にピアス」の主演の座を射止めた直後、吉高由里子さんは交通事故に遭いました。 アゴの骨を折るなどなどの大けがで吉高由里子さんは、ICU(集中治療室)に入るなど全治6ヶ月の診断を受けます。 ここから驚異の回復力を見せた吉高由里子さんは1か月半で退院。 退院後は、「尖っていたものが全部そぎ落とされた」と語る吉高由里子さん。 この事故を経てこれまでアルバイトのような感覚だった演技への考え方も変わり、女優としての仕事に本気に取り組むようになった転機となった話しています。 蜷川実花が語る父・幸雄の吉高由里子への思いとは? 2017年9月17日放送の「行列のできる法律相談所」に吉高由里子さんが出演しました。 放送の中で、映画「蛇にピアス」の話になり、撮影中の首締めのシーンでは監督の蜷川幸雄さんは吉高由里子さんと同じ苦しさを体感するため自分の首を絞めていたというエピソードを明かします。 それ以降も初舞台で緊張する吉高由里子さんに蜷川幸雄さんが「大丈夫だよ」と声をかけるなど2人の交流は続きます。 蜷川幸雄さんに感謝する一方で、吉高由里子さんは「もったいない」という蜷川さんの言葉が気になっていました。 そうした中、蜷川幸雄さんの娘で写真家の蜷川実花さんがVTRで出演。 蜷川幸雄さんの「もったいない」という言葉は、「俺とやらないなんてもったいない」という意味ではないかと説明します。 蜷川幸雄さんは女優としての才能を評価する吉高由里子さんと自分の舞台作品で共演したかったようなのです。

次の

吉高由里子、蛇にピアスでの舌ピアスは本当だった!?太った原因はドラマガリレオ!?│No Title Journal

吉高由里子 蛇にピアス

吉高由里子『蛇にピアス』の壮絶エピソード! 2015年文藝春秋に掲載され、映画『蛇にピアス』撮影時のエピソード。 吉高由里子さんは衣装合わせの時に、蜷川幸雄監督に「私の裸を見ないで撮影出来ますか」と尋ねたことを告白しています。 蜷川幸雄監督は焦りながらも「じゃあ見せて」と答えました。 更衣室で実際に裸を見せた吉高由里子さんに、蜷川幸雄監督は目を隠し「あ、大丈夫、撮れる、撮れる」といったそうです。 吉高由里子さんは「裸を見せた私よりも恥ずかしがっていました」と笑いながら語りました。 当時、吉高由里子さんは19歳で新人女優。 更に映画も初主演でした。 大物ですね! 蜷川幸雄監督も「撮影現場では傷つくこともいった。 しかし、それには少しも動じない」と吉高由里子さんを高く評価していました。 吉高由里子 交通事故の凄絶体験! 『蛇にピアス』のオーディションが終わり、主演に決定した翌日。 吉高由里子さんは交通事故に遭い、5日間ICU(集中治療室)に入院! 腰に重症、顎の骨骨折、数日間意識不明、後遺症も残るかもしれないという全治半年の大怪我を負ってしまいました。 看護師にいっても鏡を見せて貰えず、夜中に一人で確認した時。 皮膚が全て剥がれてカサブタだらけになった自分の顔を見て、衝撃を受けた吉高由里子さん。 ICUにいる間には、隣のベッドの人が死ぬのも体験しました。 余りの痛みに無意識の内に唸っていて、自分の声で目覚めることもあったといいます。 壮絶な入院生活だったようです。 吉高由里子さんは事故前まで「朝起きたら生きてた、くらいの感じを繰り返しているだけで、生きることに執着が無かった」そうです。 でも、入院中に意識が変わり、初めて強く「生きたい」と願ったそうです。 「何で生きてるんだろう?ということを考えさせられた。 痛みが生きていることを実感させるということを身をもって経験して、やる気が出た」と、『蛇にピアス』の試写会で事故のことを話しました。 やる気が出たという言葉通り、全治半年の大怪我を、なんと1ヶ月半で回復させました。 後遺症も残らなかったそうです。 吉高由里子さんは、事故のおかげで度胸が身についたと語っています。 病院で自分の裸を見る機会があって、その時こんなの皆一緒じゃないって思った。 別に大したことないなって思った。 脱ぐっていう言葉だけだなって。 実は、裸が一番お洒落かもしれないしね。 ICUを出たばっかりだったから、日本で一番生命力があったのかも。 とにかく何も怖くなかった。 スポンサーリンク 吉高由里子事故後に顔が変わった? 2007年9月、吉高由里子さんは事故で顎を骨折してしまいました。 でも、事故前と現在の吉高由里子さんの顔は全く変わっていません。 顔を骨折したのに。 物凄い回復力。 同時に、医学の技術も凄いんですね。 まったく元通りになるなんて、ほんと、よかったですよね。 『蛇にピアス』出演後に、吉高由里子さんが大ブレイクしたのも分かります。 記事では、3月頃から東京・西麻布の会員制バーでふたりの姿が目撃され始めたとのこと。 6月には大倉忠義さんの実家がある大阪で食事をしていたと書かれています。 ふたりの馴れ初めは、それぞれの知人である高橋優さんか元AKB48の大島優子さんの紹介だといわれています。 吉高由里子さんが、2016年6月に自身のTwitterで「うどんは稲庭うどんが好きで」とツィートしました。 ふたりの好みが似ている、熱愛の匂わせ投稿だ、とウワサになりました。 ふたりの匂わせ投稿や熱愛スクープが出た後。 吉高由里子さんの事務所は「仲の良い友達の一人と聞いています。 交際の事実はありません」 大倉忠義さんの事務所は「交際の事実はありません」とそれぞれ交際を否定しています。 また、大倉忠義さんも熱愛報道の2か月後に「お友達です」と交際を否定するコメントを出しています。 交際を否定した吉高由里子さんと大倉忠義さんですが、2016年10月下旬にバリ島に2泊4日の婚前旅行をしていたとスクープされてしまいました。 ふたりはお揃いの黒いキャップ、アウター、スニーカーとペアルック状態でした。 ふたりの交際は続いていたようです。 高級寿司店でのデートを目撃された後。 吉高由里子さんと大倉忠義さんの目撃情報やスクープはありません。 といっても、破局についても報じられていません。 令和以降、熱愛報道がなく、結婚発表が突然されるケースが多かったですよね。 芸能リポーターの井上公造さんによると、予算がつかず密着取材が出来ないとのことです。 吉高由里子さんと大倉忠義さんの場合も、まだ交際が続いていて、唐突に結婚発表が出る可能性があるかもしれませんね。 スポンサーリンク 吉高由里子母と祖母との確執 吉高由里子さんは、都内でコンビニを営む両親の間に生まれました。 あるインタビューでは、幼少時代の母親との思い出について「お母さんがアクティブな人だったので、小さい頃はいろんな所に連れていってもらって」と語っていました。 けれども、吉高由里子さんが中学から高校に上がる時、両親は離婚し、母親は家を出て行ってしまいました。 吉高由里子さんの家族の知人によると、吉高由里子さんはお父さんに引き取られましたが、、お父さんはコンビニのオーナーとしての仕事が忙しかったので、由里子ちゃんの面倒をみていたのが父方の祖母でした。 だから、おばあちゃんが「育ての母」だったようです。 忙しい時には、出て行ったお母さんに代わっておばあちゃんもコンビニを手伝っていました。 家に誰もいない時には、吉高由里子さんが自分でご飯を作ったりもしていたみたいです。 母親を失ったショックは大きかったものの、不満もいわず前向きに生きる吉高由里子さん。 祖母は不憫に思い、出て行ってしまった母親に「あの女と由里子は絶対に会わせない!」と怒りの矛先を向けていったそうです。 しかし、テレビやスクリーンで大活躍する吉高由里子さんの姿を見て、母親が彼女に連絡を取るようになり、度々会うようになったようです。 祖母には内緒で、母と娘の時間をつくっていたみたいです。 結局、母親と会っていたことが祖母にバレてしまい、祖母は「二度と会うんじゃない」と激怒。 母親と祖母の確執に苦悩し、何とか仲直りさせられないか考えた吉高由里子さん。 祖母と母親とを連れて、箱根へ温泉旅行に出かけたそうです。 正直、最初祖母は渋っていたそうですが、由里子の頼みだから、と同行しました。 祖母、母親、吉高由里子さんの3人で旅行に行き、10年ぶりに一緒に過ごしたそうです。 箱根から帰ってきた後も、祖母は温泉旅行については語りたがらないんようです。 でも、少しずつ、頑なだった心がほぐれてきているのかもしれません。 天然キャラで、周囲を明るくするような吉高由里子さんに、こんな家族の苦労があったなんて、びっくりですね。 いくら家族といっても、人間関係は一度こじれると修復が難しいものです。 吉高由里子さんの温泉旅行企画をきっかけに、時がゆっくり解決してくれるといいですね。 吉高由里子の壮絶過去と結婚 まとめ• 吉高由里子がブレイクした映画『蛇とピアス』キャスティングのエピソードが壮絶だ。 吉高由里子は事故で顔面を骨折するなどし、凄絶な経験をした。 吉高由里子の顔は、事故前後で変わっていない。 吉高由里子と大倉忠義の交際は続いていて、結婚発表も予想される。 吉高由里子は祖母と実母の関係修復に努力している。 吉高由里子さん、ちょっと天然っぽいキャラがかわいいですよね。 いろいろ大変な思いをしてきたなんて…ちょっと感動しちゃいました。 幸せになって欲しいなあ…。 最後までお付き合いいただき、ありがとうございました! スポンサーリンク.

次の