桑田 真澄 長男。 桑田真澄の息子長男(桑田真樹)の現在は野球選手?事件とは?画像有り?

桑田真澄の息子長男(桑田真樹)の現在は野球選手?事件とは?画像有り?

桑田 真澄 長男

スポンサードリンク 桑田真澄の息子であるマットには皆さんご存知の通り兄がいます。 兄は 桑田真樹さん。 マットの兄である 桑田真樹さんはプロ野球独立リーグである滋賀ユナイテッドベースボールクラブに所属しているそうです。 マットと桑田真樹さんって兄弟なのに全然似てないんですよね~。 こちらが桑田真樹さんと桑田真澄さん、その奥さんの画像です。 たしかに似ていないですね。 しかし、よく見るとマットは桑田真澄のパーツを引き継いでいるという意見も。 また、マットの仕事について調べるとかなり マルチに活躍していることが分かりました。 プロフィール欄を見ただけでも ・ブライダルモデル ・ミュージシャン と書いてあります。 現在の仕事はモデルといわれているので、このブライダルモデルのことなのでしょう。 ミュージシャンとは書いてありますが メインはモデルのお仕事みたいですね。 マットの年齢や身長は? 続いてマットの身長や年齢を確認しましょう。 マットってちょっと年齢不詳な印象がありますが、一体何歳なのでしょうか? 調べたところ、 1994年7月18日うまれということで現在(2019年8月)25歳ということになります。 そして身長は 181cm! すごく背が高いんですね! もっと小柄なのかと思っていました。 マットはどうしてもその顔立ちに注目してしまいますが、さすがモデルをやっているだけあってスタイルもいいんですね。 現在25歳ということで大学は卒業している年齢ですが、一体どこに通っていたのか知りたいですね。 桜美林大学は、お笑い芸人U字工事の益子卓郎さんや福田薫さんも卒業しています。 お仕事をしながらもきちんと大学に通っていたマット、偉いですね。 マットの本名について調べると 桑田 将司(くわた まさし) というそうです。 桑田真澄、桑田真樹、桑田将司と「くわた ま」までは全員かぶっているんですね! 本名が将司ということは 純粋な日本人ということになります。 どう見ても外人のようなルックスなのでビックリでした。 そして 「マット」という芸名の由来ですが、きちんと意味があるそうです。 どうやらマットは生まれてすぐに息ができにくくて保育器に入れられていたのですが、父親の桑田真澄がお坊さんに相談したところ「まさと」と決めていた名前を 「まさし」にしたほうがいいということになり「まさし」に改名したそうです。 するとマットはすぐに息を自然にできるようになり、保育器から出られるまでになりました。 その元々の名前であった 「まさと」に由来して「マット」という芸名にしたんだそうですよ。 マットにそんな過去があったなんて初耳でしたね。 お坊さんに相談した桑田真澄も藁にも縋る思いだったでしょう。 マットがいま元気に生きていてよかったです。 マットの最新メイクをリサーチすると、画像が出てきました! それがこちらです。 どうでしょうか? キリッと太いアイラインが印象的ですね。 ウインクをしている姿からセクシーな雰囲気も醸し出しているマットの最新メイクにみなさん 「人間離れしている」 「もはや人を超えた美しさ!」 「ほんとうにマットさんはお人形みたいで美しい」 と大絶賛しています。 たしかに、本当に人形のようですよね。 あのアリアナグランデを彷彿とさせるという意見もありましたが、筆者もそう思いました。 また、もう一つ注目を集めている マットと犬の2ショットですが、こちらも画像を発見しました。 こちらです。 まるで絵本の世界のようなファンタジーさですね。 優しく微笑むマットにつられて、抱かれたトイプードルもどこか優し気な表情をしています。 マットのインスタは結構面白い画像が投稿されていますので、気になる方はチェックしてみるといいかもしれませんね。 そんなマットのインスタはです。 ということで、マットのすっぴんを検索してみました。 これがマットのすっぴんです。 どうでしょうか? 個人的にはこのナチュラルな顔立ちも素敵だなぁと思いました。 眉毛もきちんと整っていますし、肌も白くて綺麗です。 奇抜なメイクで注目されているマットですが、この自然体もとても素敵なのでナチュラルなメイクでテレビに出ても好感度が上がるかな?なんて思いました。 他にもヒアルロン酸を入れているとか顎・鼻を整形したという説もありますし、やはり整形をしている説が濃厚なのではないでしょうか。 ちなみに、整形ではありませんがマット はまつ毛エクステや眉毛エクステ、ビタミン点滴やイオン導入はしていると公言しています。 美意識が高すぎますね! 常に完璧な状態でいたいということでしょうか。 月にかかる美容代は20万ということなので、整形をしているとしてもそれ以上に美しさを維持する努力をしているということでしょう。 みなさんこの奇抜なメイクやホリの深さにハーフなの?と思ってしまいますが、 彼はれっきとした日本人なんですよ。 マットはあの桑田真澄の息子で、母親は桑田真紀さんという女性です。 真紀さんは元キャビンアテンダントなんだとか。 とても美人なんでしょうね~。 マットは父親の男らしさと母親の美しさを引き継いだのかもしれません。 それは、 桑田真澄さんの次男であるマットは病気なのでは?というもの。 一体どこからこんな噂が流れたのでしょうか。 マットの病気について調べてみると ・整形依存症 ・加工依存症 ・醜形恐怖症 なのではないかとささやかれていました。 マットの独特な人形のような顔ですが、これが 整形を繰り返してできたものなのでは?といわれています。 整形依存症とは、 自身が行った整形が納得できないがために何度もいつまでも整形を過剰に繰り返すものだそうです。 メディアやSNSでマットが出るたびに顔が違っているために整形依存症なのではないかと心配されているみたいです。 加工依存症ですがマットはSNSに投稿する画像に過剰なほどの加工をしています。 周囲からは 「気持ち悪い」「奇妙」とまでいわれてしまうので、この不自然さから 「加工依存症では?」なんていわれています。 加工はもはや現代では常識のようになっていますが、過剰にやってしまうと不信感を抱いてしまうこともありますね。 マットは加工をしなくても充分美しいと思うのでもっとナチュラルでもいいのになぁと思います。 続いて 醜形恐怖症についてです。 この病気は 自己評価を極度に気にして自身の見た目や身体の美醜に異様なほどこだわる、といったもので マットの異常なほどの加工や、整形をたびたびしているのでは?と思ってしまうほどのルックスから疑われている疾患のようです。 もしこれらの疾患を本当に患っているとしたら、マットは日常生活ですごくつらい思いをしているのかもしれません。 美にこだわりをもつことはいいことですが、ここまで固執するとちょっと心配になりますね。 マットは昔はもう少し日本人っぽい顔立ちをしていて、派手ではあるものの人間らしさを保っていました。 こちらが昔のマットです。 どうでしょう? 眉も整えてはいるもののナチュラルで、輪郭も普通ですよね。 その後はこうなっています。 ちょっと不自然ですね。 目の大きさや肌の白さが独特で、昔と比べるとかなり 人工的な顔立ちになっています。 そして現在、このような全体的に「いじった」顔になっているんです。 こうして比較すると変化がなんだか怖いですね… マットの独特の顔には見慣れましたが、昔の画像を確認するとやはり 現在はかなり不自然になっています。 留まるところを知らないマットの変貌、これからどうなっていくのでしょうか… 桑田真澄がお勧めするマットレスがスゴイ? 最後にお届けするのは 桑田真澄がオススメする「マット」についてです。 同じ「マット」ですが、こちらは息子さんのことではなく 「マットレス」のことなんですよ。 健康睡眠RISEと桑田真澄が共同開発したマットレスで、楽天で販売しているみたいです。 高反発ということでとても寝心地がよさそうですね~。 腰痛対策になり、体圧分散もしてくれるみたいなのでこの暑い時期、寝心地が悪くて悩んでいる方は利用してみてはいかがでしょうか? 口コミもかなり評価が高いみたいです。 桑田真澄ってこんなお仕事もしていたんですね~。 マットや長男の真樹さん同様、桑田真澄も今後の活躍が楽しみです。 まとめ 今回は 桑田真澄の息子・マットについてお話ししました。 いかがでしたか? マットは純粋な日本人だったんですね~。 顔の変化が止まらず賛否両論ある マットですが、今後に期待!です。 またテレビで自由奔放な発言をしてくれる日を楽しみにしましょう。 長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

桑田真澄は次男Mattだけでなく弟・桑田泉のキャラも濃かった!

桑田 真澄 長男

経歴 [ ] プロ入り前 [ ] 午後9時に誕生した。 小学時代 [ ] 小学2年生より町内会の「はやぶさ子供会ソフトボールチーム」でを始め、6年生主体のAチームでのレギュラーポジションを獲得。 小学3年生からはの八尾フレンドに所属し 、父親である泰次により創意工夫された練習や特訓なども行っていた。 小学5年生の終わりより主戦級投手として活躍。 中学時代 [ ] 1980年4月、に入学し 、野球部に所属。 の試合(大阪中学校優勝野球大会)に出場。 入学直後に兼としてレギュラーポジションを獲得。 秋から主戦級として活躍。 中学2年時(1981年)には、第32回大阪中学校優勝野球大会で優勝した(エースは清水哲)に0-1で惜敗。 中3時(1982年)には、出場した春の中河内地区大会、大阪府大会、八尾市大会、第33回大阪中学校優勝野球大会の全てを制覇。 大正中学時代にバッテリーを組んでいたのがである。 桑田、西山率いるこの年の大正中は投打とも群を抜く強さだったと言われ 、また大会50周年記念誌には、「桑田の球はファウルにするのがやっとという有様で、たまに出塁しても、見事なピックオフプレーにやられ、完敗を喫した。 負けて悔しいというよりも、あまりの力の差に唖然とさせられるばかりだった」と、桑田を物語る逸話が掲載されている。 準硬式の関係者の間では「大正中学に桑田あり」とその名を轟かせていた。 すんごいコントロールしとったよ。 ミットを構えた所にしか、ホンマにボールが来なかった。 プロに入って、暴投を捕れなくてコーチに怒られた時、『桑田はこんな所に来ぃへんかったもん。 中学生でもそうなのに、なんでプロが出来ないの?』と聞きましたよ。 誰も打てんかった。 高校野球で、1年生から優勝して当たり前、プロでも活躍して当たり前、そういうボールやった。 ずーっと野球やってきて、総合的に桑田が一番凄いと思う。 俺の中では歴代ナンバーワンのピッチャーは桑田 」と語っている。 進路方針等で学校側と問題に発展したため、中3の三学期にに転校し、卒業。 高校時代 [ ] 1983年4月、に入学。 で活躍し、同期のとはこの時に知り合い、共に「 」と呼ばれる。 同期では他にも、、の3人がプロ入りした。 PL入学直後は桑田自身の言によると、「4番は清原、エースは田口権一」という既定路線で、桑田以外の2人の長身の1年生が期待されており、強豪校の投手としては小柄 当時172cm な桑田は「お前はあっちに行っておれ」という扱いであった。 中学時代の実績を考慮され、私学大会などで登板機会が何回かあったが、いずれも痛打を浴び、監督から外野手転向を言い渡され、球拾いをする。 失意の中、ある日、母親が練習を見に来た際に「もう投手ではダメなのでPLを辞めようかと思っている」と打ち明ける。 甘い言葉を期待していた桑田の意に反し、母親の言葉は「補欠でもいいから投手として3年間、PLでやり通しなさい 」というものだった。 「もう辞めさせて下さい」と、いつ言いに行こうかと思いながら、汗を流す毎日が続いた。 他方、清原の著書『男道』 [ ]には「桑田は監督から特別メニューを受けており、将来性を見込まれていた」という一文もある。 、と春のセンバツを連覇したPLも、夏は4年連続(1979年-1982年)で甲子園出場を逃しており、1983年のV奪回は至上命令だった。 この年のPLは投手陣が安定せず、は、・の野球部監督として春4回、夏4回の甲子園出場経験があり、の監督としてでも優勝(1977年)した清水一夫を臨時投手コーチとして招聘する。 この清水が桑田の外野からの返球を見て、球の回転の良さに驚き 、「おい、凄いのがおるじゃないか。 学年など関係ない。 私が夏までに立派なピッチャーにしてみせる」 と発言し、桑田を投手に戻す。 清水コーチのマンツーマンの指導が始まる。 清水は後に「下半身が発達していながら、その使い方を知らなかった。 だから足腰、膝の使い方を教えた。 それだけでよかったんです。 腕のしなり、天性の肩の強さは惚れ惚れするほど。 毎日、私が桑田の球を自ら受け、一日、一日成長してゆくのが手に取るように分かったものでした。 球の切れ、伸び、変化球の絶妙な使い方、どれをとっても素晴らしかった。 そして、どんな過酷なトレーニングにも泣きそうな顔をしながらついて来た、見事な意志の力。 私を恩人と今も慕ってくれているが、私としては『この子を使わん手はない』とコーチとして考えただけのこと。 」 と述懐している。 6月にレギュラー組に昇格。 夏の甲子園に向けたに背番号17番で 清原、田口とともに1年生としてメンバー入り。 打撃も買われての、投手兼外野手としての登録だった。 大阪大会において、さして強いとは思えないチーム相手に、よたよたとした試合展開でやっと勝つPLの有様 を見かねた清水一夫が、4回戦のでの戦前に「もし桑田を先発させて負けるようなことがあったら全責任はワシが取ろう。 ワシも長いこと野球に関係して来たが、この試合は桑田や。 これで負けたら、ワシは一切野球から足を洗おうやないか。 」 と中村へ桑田先発を進言。 当初、中村は難色を示したが 、清水の並々ならぬ自信と迫力、そして投手コーチとしての力量に、思い切った起用を決意。 試合前まで弁当配りやバット運びをしていた1年生桑田の公式戦先発デビューが急遽、決まる。 試合前は味方チームにもかかわらず上級生は桑田を一人にし、「ああ、もう負けや、三年間の高校野球は終わった」とか、「お前がおるからあかんのや」と桑田を苛めた。 この試合、清原が公式戦初本塁打で桑田を援護、桑田は相手打線を散発2安打に抑え、完封する。 結果で上級生を黙らせた桑田(そして清原)の快進撃がそこから始まる。 1983年、大阪大会の決勝では当初の先発は田口だったが、田口が負傷で退場したため、急遽マウンドに桑田が上がり、相手打線を抑えてチームを甲子園出場に導く。 以降は、田口は調子が戻らず、桑田がエースに定着する。 では、1年生で背番号「11」ながら同校の事実上のエースとして出場。 1回戦の戦で夏の甲子園デビュー。 2回戦の戦を三安打完封、初本塁打。 を擁して史上初の夏春夏の甲子園三連覇を目指した「やまびこ打線」のを準決勝で7-0と完封。 1-0でリードの二回裏の二死二塁でバッターボックスに立った投手桑田は、「ホームラン以外で出塁してスタミナ消耗するより、三振でも良いのでフルスイングでホームランを狙う方がベター」と考え、レフトスタンドに2ランホームランを放つ。 それまで一度も甲子園で本塁打を打たれたことのない水野から甲子園で初めて本塁打を打った選手となる(自身、この大会2本目の本塁打)。 決勝ではを3-0と下して優勝を飾り、以降最年少優勝投手(15歳)の記録を立てた。 決勝の試合後、「あと4回、甲子園に来て全部勝ちたい」と発言し、記者連中を驚かせる。 1年生投手が夏の甲子園の決勝に駒を進める例は、のように過去にもあったが、いずれも準優勝に終わっており、桑田はそのジンクスを破ったことになる。 また、この夏の甲子園の活躍により1年生で唯一、全日本高校選抜メンバーに選ばれ、アメリカ遠征を経験する。 帰国後、1年生で優勝し、首脳陣の信頼を勝ち得た桑田は、中村監督に全体練習の短縮化(3時間程度)と個人練習の強化、大会後の投手のノースロー調整を提案。 中村がこれを了承し、以後、PLの黄金時代(1983年夏-1987年夏)を迎えることとなる。 1984年の2年生での、はいずれも決勝で敗れ準優勝。 この夏の相手だったには高校日本代表で一緒になったメンバーがおり、秋の国体後に訪問し、笑顔で野球を楽しむスポーツの原点を再確認して、その後に生かした。 1985年、3年生のはベスト4、は決勝戦でを下し。 高校野球激戦区の大阪から甲子園に出場可能な5回全てに出場。 そのうち4度決勝に進出し1年夏と3年夏の2回優勝という記録を清原とともに打ち立てる。 甲子園でのはに次ぐ歴代2位で学制改革以後は1位(20勝3敗)。 また、甲子園での通算奪三振記録も単独一位である。 なお、「夏の甲子園の優勝投手はプロで大成しない 」と言われていたが、桑田がプロで173勝の成績を残した為、このジンクスも桑田によって破られた形となった。 桑田はプロに進んだ時の事を考え、とのみで3年間通した。 ある時、試合でストレートとカーブしか投げない桑田に対して清原が「もっと簡単に勝てるんだし、スライダーやシュートもキレてんのに何で投げへんねん?」と問い詰めると、上述のことを言われ「とんでもないヤツと一緒に野球をやっとったんや」と驚愕したという。 高校通算25本塁打。 5回の大会の中で桑田・清原のいたPL学園を1失点以内で抑えた投手 、、 はいずれもプロ入りをしている。 ドラフト指名 [ ] で巨人から1位指名を受け入団。 桑田は早稲田大学進学(教育学部 )を希望し、他球団が指名を敬遠していたことから、巨人との密約が囁かれた()。 桑田自身は密約を否定した上で、「巨人に行かないと言ったことはない。 春の選抜が終わった時点で、巨人が一位指名してくれたらプロに行こうと決めた。 当時のドラフトでは進学を示唆しながらもプロに入団した選手は自分以外にも大勢いる」と弁明している。 また、テレビ番組 において、ドラフト当日には巨人以外の3球団が1位指名でいくと伝えていたことを、桑田本人が明かしている。 しかし、その3球団は土壇場で指名を回避し、巨人だけが桑田を1位指名した。 ドラフト当日のインタビューで巨人監督のは「チームの状況を考えれば補強ポイントは投手。 投手と言えば桑田」「時期は言えないが、ずっと前から桑田一本で行こうと決めていた 」と、指名はドラフト当日の気まぐれな決断ではないことを明かした。 桑田で行こうと決断したポイントとして、「状況に応じたピッチングが出来る事」、桑田の印象に残るプレーとしては、「の戦でを決めたこと 」を挙げている。 プロ入り後 [ ] 王監督時代 [ ] プロ入り前後は本職の投球だけでなく、打撃や守備も優れていた桑田について野手転向を薦める者も多かったが 、球団と桑田の意向から転向はせず、投手として5月25日の戦でプロ初登板。 6月5日の戦で初勝利を初完投で飾る。 2年目の7月8日、での戦で、自らの3点本塁打とタイムリーヒットでチームの全4得点をもたらした上で、プロ初完封勝利を挙げる。 2号ホームランはのでの戦で、前回の対戦でを達成したからソロ本塁打を打った。 近藤にとってはプロ5試合目の登板 先発4 で初の被本塁打で、5失点で初の敗戦投手にもなった 桑田は勝ち負け付かず。 このシーズンは15勝6敗、2. 17の成績を挙げのタイトルを獲得、に選ばれた。 また、以来の10代での2桁勝利となった。 同年の日本シリーズでは第1戦と第5戦に先発したが、いずれの試合も自らのエラーで自滅し、序盤で降板した。 翌には、球団史上最年少の20歳0カ月で開幕投手に抜擢された。 第2次藤田監督時代 [ ] からは監督の独特の先発理論にもとづき、と共に3人の先発の軸として使われと称された。 2年連続で開幕投手に指名された1989年は開幕から負けなしの5連勝スタート。 自己最多の17勝をマークした。 との日本シリーズは、第2戦こそ敗戦投手になったが、第6戦に勝利投手になってチームの日本一に貢献した。 2月、によってスポーツ用品メーカーとの関係を暴露する内容の書籍『』出版されたところ、その中で、桑田が親しくしている会員制メンバーズクラブの社長に登板日を教えたらしい旨の記述や会員の勧誘に成功の報酬として現金をもらう記述があり 、さらに同社長がかつて常習賭博罪で有罪判決を受けたことも明らかになった ため、桑田が野球賭博に関与しているのではないかとの憶測を招き 、その件も週刊誌やスポーツ紙等で騒がれることとなった。 当初、桑田は登板日漏洩の事実と金品の授受の事実をいずれも否定した が、その後それが虚偽であったことが判明した。 そこで、巨人は、3月30日、桑田に対し、金品の授受等が統一契約書17条(模範行為)に反するとして、シーズン開始後登板禁止1か月、罰金1000万円の処分を下した。 この件は、国会でも採り上げられるなど 社会問題化した。 中牧との間では、野球賭博には関与していないことが確認されている。 もっとも、謹慎後は2試合連続完封でシーズン復帰するなど、1か月の遅れをものともせず勝利数・防御率ともに同僚の斎藤に続いてリーグ2位と活躍した。 日本シリーズは第3戦に先発し、初めて完投(8イニング)したが、7失点と打ち込まれ敗戦投手になった。 は、斎藤、槙原が不調に陥る中で奮闘し、あらゆる項目でチーム内トップとなる成績を残す。 しかし、は6年連続二桁勝利を記録したものの不調に陥り、6月から7月のチーム10連勝、4連勝、7連勝をいずれも桑田が止めてしまい、テレビや新聞にて連勝ストッパーと名付けられてしまった。 第2次長嶋監督時代 [ ] が2度目の巨人監督へ就任したも前年に続いて打線の援護に恵まれないこともあって精彩を欠き、野手転向論が再度沸くようになる。 この時期の不調に関して、当時セ・リーグの審判だったの著書「審判だからわかること」によると「低めの球に伸びがなく、それまでストライクとコールしていた球が外れるようになっていた」という。 シーズンは、14勝11敗、2. 52、奪三振185の成績を挙げ、のタイトルを獲得。 シーズンを通しての活躍でセ・リーグ に選出される。 8月13日の戦()では、セ・リーグタイ記録の16奪三振(毎回奪三振も記録)で完封。 また、で、7回から救援登板、9回までを無失点に抑えて胴上げ投手となる。 1994年の桑田について、投手コーチであったは、「投手としての絶頂期だった」と振り返っている。 8決戦 [ ] 「」も参照 (特記事項以外、10. 8決戦における出典は『試練が人を磨く』(1995年5月 )pp. 85-97) 1994年10月5日、での戦に先発登板した際は、8回二死までに抑え 、投手コーチの堀内の指示で、8日に備えるため、完封のかかった9回を回避、降板。 7日夜、宿舎で監督のから呼び出され、「しびれるところで、いくぞ」と言われて、意欲満々で試合当日に臨んだ。 当日8日は、試合前の練習時に、桑田が巨人投手陣の鍵を握ると見たファンからの熱い声援を受けて、15分くらい涙が止まらなかった。 試合開始し、初回からブルペンに入っていたが、「体は、疲れでバリバリ」という状態であった。 7回3点リードの状態から登板し、「(準備は十分であったが、狭いナゴヤ球場等の条件下で)正直にいうと、怖かった」と述べている状況であった。 8回先頭打者のPLの後輩で同室だったが一塁ベースに執念ので左肩を痛めて負傷退場となりながらとしたシーンに感動したことを認めている。 9回裏二死を大きなカーブで空振り三振に打ち取り、3イニングを無失点に抑えてを挙げた。 『』2009年3月号は、「(最後の打者が三振の)直後の桑田のは多くの野球ファンの記憶に刻み込まれているはずだ」(pp. 72-73)と記述している。 試合前に涙を流し続けていたので、試合終了後は特に涙は出てはいなかった。 では、第1戦で序盤に打ち崩された後は、第3戦で終盤の救援登板でセーブをあげ、第5戦で先発登板して完投勝利をあげ、1勝1敗1セーブであった。 桑田は、本当に巨人のエースとして認められる一方、1994年終盤の酷使から、下記の肘の手術に入っていくという分岐点として、10. 8決戦を振り返っている。 右肘負傷と再起 [ ] 5月24日、阪神タイガース戦の3回表において、の放った三塁線沿いの小フライ捕球の際に右肘を強打、その後も6回途中に降板するまで遜色無い投球を続けていたが、後の検査での重傷を負っていたことが判明。 治療のため、自身の左手首から健全なをする(いわゆる)を受けることを選択し渡米。 1995年シーズン残りとを棒に振り、4月6日の試合で661日ぶりに復帰。 カムバックの際、マウンドにひざまずきながらプレートに右肘をつけたシーンは有名となり、これ以後復帰した投手やシーズン初登板の投手が同じ姿勢を取る姿が見られるようになった(・・等)。 この試合ではバント飛球に対し迷わずダイブする桑田の姿に周囲が凍りつく一幕もあった。 復帰した同年は球数制限があったこともあり完投は無かったが2年ぶりにをクリアし勝ち星も10勝を挙げた。 には前年覇者ヤクルトとの開幕戦で9年ぶりにを務め、9回二死からの救援を仰ぎ完投は逃したが、勝ち星を挙げている。 この年は最多勝争いに加わる16勝を挙げたが、1勝差でに及ばなかった。 前年は100球限定での登板だったが、この年は球数制限もなくなり、復帰後初完封を含む7完投をマークした。 は開幕投手を務める予定だったが直前に風邪を引いてしまい登板を回避 代わりにチームでは初の外国人開幕投手になったが登板 桑田は二戦目に登板したが2回途中ボーク絡みで6失点KOされ次の登板は中14日も空いた。 その後はローテーションを守っていたが勝ち星に恵まれず先発としては7勝9敗防御率4. 23の成績に終わる。 リーグ終盤には抑えのの救援失敗が目立ち、上記1994年の10. 8決戦以来となる公式戦救援登板にまわるなどもあり 、リリーフとしては9試合に登板し1勝0敗5セーブ防御率0. 00の好成績を挙げた。 は開幕ローテーションに入っていたが前年以上に不振の投球が目立ち6月半ばには先発から外され先発としては10試合3勝4敗防御率3. 82の成績で終わる。 チームの先発投手が豊富になったこともあり残りのシーズンはリリーフ登板のみに終わる。 槇原が故障離脱したこともあり抑えも担当したが前年のような安定感は無く抑えもに変わった リリーフ登板としては成績は20試合2勝4敗5セーブ防御率5. チームは4年ぶりにリーグ優勝を果たし、自身としては1994年以来のとなったが出番は大差を付けられた試合の敗戦処理的な登板に終わった。 も開幕6戦目に先発登板したが復調の兆しが見えず以降は先発の谷間と中継ぎ登板で、4勝5敗の成績で終わった。 16勝を挙げた1998年から2001年までの4年間はいずれも防御率4点台だった。 そして共に巨人の一時代を築いた斎藤、槙原、などのベテラン勢が引退した。 長嶋も監督を勇退した。 長嶋政権の晩年は成績を残せなかったが、この時期の桑田のことをは、後年、自著の中で大きく評価をしている。 第1次原 - 堀内監督時代 [ ] からは長嶋に代わってが巨人の監督に就任した。 桑田は前年オフに引退を決意していたが、原から「来年も一緒にやろう」と声を掛けられ、現役を続行。 この年はを応用したトレーニング、投球フォームを取り入れたのが功を奏し4年ぶりの二桁勝利を果たす。 12勝6敗、防御率2. 22の成績で15年ぶりの最優秀防御率のタイトルを獲得し、チームのリーグ優勝に貢献した。 規定投球回に到達しての防御率2点台は1994年以来8年ぶりだった。 とのでは第2戦に先発。 初回に2死満塁のピンチを招くも自身の牽制の間に本塁に突入した3塁ランナーのがアウトになり、ピンチを脱する。 桑田は大量援護にも恵まれ7回1失点と好投し、日本シリーズではの第5戦以来の勝利投手となる。 日本シリーズにおいての先発登板も同シリーズ以来だった。 チームはストレートの4連勝で日本一に輝いた。 なお桑田にとってはこの年が最後のリーグ優勝と日本一となった。 の戦 東京ドーム では3失点で完投勝利を挙げ、打撃ではから8年ぶりとなるソロ本塁打も打った 東京ドームでは10年ぶり2本目。 完投・本塁打はいずれも現役最後であった。 294 51打数15安打 は規定投球回の到達シーズンでは自身最高だった。 には足首を捻挫。 前年のような投球ができず5勝3敗、防御率5. 93と前年より不安定な成績となった。 また、この年の負傷が癖になり、再び精彩を欠くようになる。 は3勝5敗、防御率6. 47の成績に終わり、前年とほぼ変わらない登板数でシーズンを終える。 この年から就任した監督からは、再び低調になった桑田に対して「(現役時代は投手だった)俺は晩節を汚さなかった 」と引退勧告ともいえる発言を受けている。 は勝てない試合が続いた。 前述の通り、堀内は桑田に引退勧告ともといえる発言をしていたが、優勝が絶望的となると桑田に後半戦の先発ローテーション投手を任せるなど、桑田への気遣いをしており、必ずしも戦力として見ていなかったわけではなかった。 そうした起用法がなされた2005年は結局、12試合に先発し防御率7. 14、0勝7敗に終わるが、監督交替や若手の手本たり得る存在であることなどを理由とし、2006年も現役続行が決まった。 第2次原監督時代 [ ] 2006年当時 4月13日、東京ドームでの広島戦で600日ぶりとなる勝利、通算173勝目を挙げる。 しかし、この試合で走塁中に右足首を再び捻挫してしまい、同27日のでの広島戦では3回途中6失点KOされ敗戦投手となった。 この試合が1軍での最後の登板となった。 その2日後に登録抹消された。 しばらく二軍で調整を続け、8月21日のイースタンリーグのヤクルト戦。 原監督が一軍昇格の見極めの為に観戦する中で先発するが、足を故障して2回途中に降板。 昇格のチャンスを逃した。 その後、シーズン終盤になっても首脳陣から一切声はかからなかったことから 、自分を戦力としては見ていないと判断。 二軍監督に、首都圏での最終登板機会である9月24日、での二軍戦は自分に投げさせてくれるよう懇願し、「球団が処遇をはっきりしてくれないので、お世話になったファンに巨人での最後の登板を知らせるには、これしか方法がなかった為」9月23日、球団のホームページにある自身のページ『 LIFE IS ART』で退団と2軍戦登板を示唆する内容の文章を掲載する。 処遇が冷たいなどと巨人(というより「表看板」である原監督)バッシングが展開されたり、スポーツ誌にオリックスに移籍していた盟友の清原和博のコメント が掲載されたり、引退試合を計画していた球団フロントは独断で動いた桑田に激怒するといったチグハグな状況となった。 現役を引退するのか、他球団で現役を続行するのか、動向が注目されていたが、11月2日、2007年シーズンよりに挑戦することを表明、結局『引退試合』は『お別れ会』としてファン感謝デーで行われることとなった。 巨人のユニフォームでの最後の日となったのが11月23日、で行われた「ジャイアンツ・ファンフェスタ2006」、イベントの最後に「18番 桑田真澄の野球は、心の野球です。 今はただ感謝の気持ちしかありません。 (略)…さようなら、そして21年間本当にありがとうございました」と挨拶し、21年間在籍した巨人に別れを告げた。 パイレーツ時代 [ ] 2006年12月20日、とマイナー契約を結ぶことが発表された。 日本人のパイレーツとの契約は、マイナーを含め第1号となった。 の春季キャンプに招待選手として参加、キャンプ終盤まで途中のマイナー合流を命じられることはなく、開幕メジャー入りを目指していた。 3月26日、とのオープン戦で登板した際、センター前ヒットを打たれ三塁ベースカバーに入る際に球審のウォーリー・ベルと激突し、右足首の靭帯断裂という怪我に見舞われた。 審判3人制だったために、ベル球審は三塁での判定をするため三塁に向かって走っており、桑田と交錯することとなった。 当面は怪我からの回復・リハビリに努めることを余儀なくされた。 この頃、桑田は、復帰の時期にはこだわっていないと話していた。 パイレーツは桑田を解雇せず、3A所属のマイナー選手のままで、3Aのに入りリハビリを後押した。 フロリダでリハビリを続け、5月19日にフリー打撃、5月24日に練習試合での登板を経て、3Aインディアナポリス・インディアンズに合流した。 6月2日に3Aでの公式戦初登板を果たした。 復帰してからのマイナーにおける投球はいずれも順調な回復ぶりを示すものとなり、ピッツバーグの中継ぎ陣が壊滅状態であったというチーム事情も手伝い、6月9日にメジャー昇格、6月10日にで行なわれた戦でメジャー初登板を果たした。 39歳70日でのメジャーデビューは日本人選手では史上1位(当時、現在はに次いで2位)、メジャー全体でも以後ではの42歳、の41歳に次ぐ記録となった。 昇格当初は敗戦処理などでの登板が続いたが、監督のから「大事な場面でストライクが取れる」と評価を受け、中継ぎとして重要な場面での登板を任される機会が出てきた。 しかしながら、日本時代にも指摘されていた球威の衰えに加え、桑田最大の武器であるコントロールも精彩を欠き打ち込まれる場面が増え、19試合に登板し0勝1敗、防御率9. 43と振るわず、1勝も上げないまま8月14日(日本時間では15日)にピッツバーグより戦力外通告を受けた。 退団時は「何も悔いはない」「メジャーリーガーになれた充実感でいっぱい」と清々しい表情で語るなど引退を示唆していた。 1月8日、再びパイレーツとマイナー契約を結び、春季キャンプに招待選手として参加することを自身のブログで公表した。 オープン戦では好投を見せたが、若手を起用する球団構想から外れ、メジャー昇格が絶望的となったことから、、する意思を明らかにし帰国した。 引退会見などは特に行っていない。 6月にはで巨人時代の同僚のを加え清原和博の打撃投手を務め、に主催のを行った。 桑田の引退によって、後楽園球場での公式戦に出場経験のある巨人の選手が全員グラウンドを去ったことになった。 現役引退後 [ ] 引退後は野球解説者・評論家(・専属評論家。 ・大リーグゲストコメンテイターほか)やとして活動。 1月28日、大学院研究科修士課程1年制コースに合格した。 大学院では教授の指導を受け、同期生には政治家のや競艇選手のなどがいる。 3月25日、で。 の題目は「『野球道』の再定義による日本野球界のさらなる発展策に関する研究」。 本作で最優秀論文賞を受賞。 「個別の入学資格審査」を経て進学したため、入学試験に合格した際、話題となり、早稲田大学に問い合わせが殺到した。 2010年7月20日の朝日新聞で高校野球の球児達への助言を「野球を好きになる7つの道」と題し自らの野球論を披露した。 9月14日に復興の為、にて桑田中心に巨人時代の同僚のやPL学園の後輩のらOBを集結させ地元の社会人クラブ選抜チームと対戦した。 球場に訪れたファンを驚かせた。 1月下旬から、ので特別コーチを務めている。 就任後の初練習では、部員たちを前に、自ら約40球にわたって投球を披露。 後日、『』や『』で指導の模様が特集で紹介された。 日本野球機構で6月にいわゆる「」が発覚した際には、同機構が設立した「統一球問題における有識者による第三者調査・検証委員会」に、「特別アドバイザー」という肩書で野球関係者から唯一参加している。 3月には、硬式野球部の特別コーチを務める東京大学で、大学院総合文化研究科の大学院研究生に合格した。 同年4月から、コーチ職や従来の活動を続けながら、同研究科で投手・野手の動作の研究を行った。 2019年度現在は、生命環境科学系 身体運動科学研究室に所属している。 2014年、11月号より短期集中連載された野球漫画「ダウト(作画:)」の監修を担当した。 翌年にはグランドジャンプ愛蔵版コミックスレーベルより単行本が全一巻で発売された。 2016年3月、のにて臨時コーチとして指導に当たった。 チームで以前指揮を執っていた監督がPL学園在籍時の同期生であり、またこの年に長男である桑田真樹が信濃に移籍するなど縁が重なり、球団側の要請により実現した。 2017年12月、現役時代に愛用していたメーカーのワールドペガサスと、グラブ開発に関するアドバイザリー契約を締結。 パイレーツで現役生活を終えて以来のアドバイザリー復帰。 2018年の8月からは、雑誌numberの958号で連載を開始。 また同年8月開催のでは、準決勝戦・第一試合直前の対のに姿で登場し、左打者に対し外角高め速球のストレートを放り投げ、甲子園球場の観客からは大きなどよめきと拍手が送られていた。 なお、同準決勝・第二試合の対の始球式には、桑田と同期生で出身のが出場していた。 2019年1月12日、OB会長に就任。 同年2月22日、参与に就任。 任期は、2020年3月31日まで。 選手としての特徴 [ ] 高校時代はとだけで投球することを自分への試練としていたが、プロ入り2年目の1987年にはを習得し投球の幅を広げ、1988年には(通称・サンダーボール)の習得に取り組んだ。 は、で連載していたコラム「モノが違いますね」第15回「甲子園が生んだ新旧のスター」(2007年8月24日掲載)において、「桑田という選手は、本当に何でもできる選手でした。 ピッチャーとしての能力は言うに及ばず、牽制はうまい、守備はうまい、打撃も野手顔負け。 」「ピンチの時にバッターが8番の村田で、ピッチングコーチが村田を敬遠して桑田と勝負しろと言ってきたんです。 「いやいや、村田より桑田の方がいいバッターだから、もう一度ベンチで考え直して下さい」と言いましたよ。 」と述べている。 プロ野球選手としては恵まれない体格ながら、理想的な投球フォームと、野球に取り組む真摯な態度によって、彼を模範とする選手はプロアマ問わず今なお多い。 指導に対する立場 [ ] 練習量が非常に豊富と言われることがあるが、実際には「ピッチャーが練習で体を壊すのは言語道断」という考えから、比較的ソフトな練習をしていたとのことであり、指導者たちが「桑田はかなりの練習をしているんだぞ!」という言葉をよく使うことに辟易していたとのこと。 現在の日本の野球の指導のあり方に対して問題点を指摘しており、スポーツニュース(特に準レギュラーの『』)や野球中継の解説などでよく持論を披露する。 技術指導に関するもの以外でも、質ではなく単に量のみ求める長時間練習や、グラウンドで飲酒喫煙をするアマチュア野球指導者の姿勢、年長者や指導者に絶対服従、指導中や負けた場合の鉄拳制裁()は当然、といった日本野球界特有の思想を厳しく批判している。 体罰について「私は、体罰は必要ないと考えています。 監督が采配ミスをして選手に殴られますか? スポーツとして最も恥ずかしき卑怯な行為です」と答え、「指導者が怠けている証拠」であるとした。 打席に立つ投手に対して、体力温存のためにバットを振らせない指示を出すことには批判的で、「2回や3回の打席でバットを振るスタミナもないようでは、いい投球はできない」と指摘している。 人物・エピソード [ ]• 試合中のプレーのみならず、試合前の準備、練習への取り組み、さらに日々の私生活にいたるまで、プロフェッショナルとしてのありかたはをはじめとする球界関係者から最大限の評価を得ており 、玄人筋の野球ファンからの支持が高かった。 一方で、入団前後より頻発したトラブルにより 、一般の野球ファンからはある種の色物としてみられることも多く 、現役を通してこのギャップにさいなまれることになった。 入団間もない新人時代から慣例を無視してで肘を守る等、信念を譲らない性格であった。 母方の祖父がの出身だったことから 、子どものころ祖母がよく早稲田大学校歌『』を唄ってくれており 、中学生の時点で早稲田で勉強をしたいという夢を持ったという。 中学時代も高校時代も3年間がいた。 交際相手がいたことで「彼女のためにもエースになって甲子園で優勝したい」という思いがあった他、彼女の表情を見ることで対戦するを観察する力が付いたといい、野球のためにもは必要であると考えている。 の「」が好物である。 PL学園時代は桑田のためにフルーチェを毎日作る担当の後輩がいた。 非喫煙者かつ家。 巨人在籍時には、自身も含めた非喫煙者がさせられることに立腹し、球団スタッフに働きかけて「はと喫煙車に分乗」、「ロッカールームは禁煙、食堂は喫煙」とチームの分煙化を達成し、春先のキャンプでは禁煙ルームを設置できないので全面禁煙化を達成させた。 2016年2月2日、清原和博が自宅で所持取締法違反の疑いで逮捕された事を受け、桑田は「報道で知って、とにかく驚いている。 ウソであってほしいし、夢で有って欲しいというのが今の正直な気持ち。 もし報道通りなら、人として野球人として一緒に戦ってきた仲間として、非常に残念でならない」とショックを隠しきれなかった。 なお桑田は、清原が逮捕される約3年程前から全く連絡を取らなくなっており、それまで「スポーツマンである以上、暴力や薬からは一番遠い存在でいるべき」などと清原に忠告し続けていたものの、ある日「もう一切関わらないでくれ」と清原の方から突き放されたことを機に、二人して「決別宣言」をしたと語っている。 詳細情報 [ ] 年度別投手成績 [ ] 球 団 15 12 1 0 0 2 1 0 --. 667 261 61. 1 64 13 17 1 1 57 2 0 36 35 5. 14 1. 32 28 27 14 2 4 15 6 0 --. 714 823 207. 2 177 16 43 4 5 151 1 0 59 50 2. 17 1. 06 27 27 5 1 0 10 11 0 --. 476 806 198. 1 174 19 53 13 5 139 4 0 80 75 3. 40 1. 14 30 30 20 5 4 17 9 0 --. 654 995 249. 0 214 18 54 3 9 155 6 1 77 72 2. 60 1. 08 23 22 17 2 2 14 7 0 --. 667 748 186. 1 161 12 40 1 1 115 2 1 58 52 2. 51 1. 08 28 27 17 3 0 16 8 1 --. 667 934 227. 2 192 17 58 4 5 175 8 0 89 80 3. 16 1. 10 29 29 11 3 0 10 14 0 --. 417 912 210. 1 235 24 64 3 5 152 9 1 112 103 4. 41 1. 42 26 26 8 1 0 8 15 0 --. 348 745 178. 0 162 15 61 6 6 158 5 0 85 79 3. 99 1. 25 28 27 10 1 3 14 11 1 --. 560 836 207. 1 175 16 51 8 4 185 6 0 65 58 2. 52 1. 09 9 9 3 1 0 3 3 0 --. 500 265 65. 1 53 2 18 1 2 61 2 0 22 18 2. 48 1. 09 26 26 0 0 0 10 7 0 --. 588 580 141. 0 127 15 37 1 5 104 1 0 68 59 3. 77 1. 16 27 27 7 1 0 16 5 0 --. 762 779 181. 0 197 17 46 0 6 116 4 1 88 82 4. 08 1. 34 32 22 2 0 0 8 9 5 --. 471 608 141. 2 137 17 57 2 4 100 6 1 69 64 4. 07 1. 37 30 10 0 0 0 5 8 5 --. 385 385 86. 0 103 6 28 5 3 49 0 1 43 43 4. 50 1. 52 16 8 0 0 0 4 5 2 --. 444 226 50. 1 56 4 19 4 0 31 0 0 29 27 4. 83 1. 49 23 23 3 1 0 12 6 0 --. 667 640 158. 1 138 13 38 2 3 108 3 0 51 39 2. 22 1. 11 14 13 0 0 0 5 3 0 --. 625 314 71. 1 92 13 16 1 3 46 1 1 48 47 5. 93 1. 51 16 16 0 0 0 3 5 0 --. 375 357 79. 1 100 16 28 1 4 39 4 0 58 57 6. 47 1. 61 12 12 0 0 0 0 7 0 0. 000 238 49. 2 65 7 23 2 5 34 4 0 43 40 7. 25 1. 77 3 3 0 0 0 1 1 0 0. 500 55 11. 2 19 4 1 0 0 5 0 0 11 9 6. 94 1. 71 19 0 0 0 0 0 1 0 3. 000 103 21. 0 25 6 15 4 1 12 0 0 23 22 9. 43 1. 90 :20年 442 396 118 21 13 173 141 14 0. 551 11507 2761. 2 2641 264 752 62 76 1980 68 7 1191 1089 3. 55 1. 23 :1年 19 0 0 0 0 0 1 0 3. 000 103 21. 0 25 6 15 4 1 12 0 0 23 22 9. 43 1. 各年度の 太字はリーグ最高 通算打撃成績 [ ] 日本通算 478 890 75 192 34 5 7 257 79 0 0 110 8 41 0 0 265 12. 216. 248. 289. 537• 在籍時は打席に立っていない。 打率・出塁率・長打率・OPSは、通算38本塁打の(打率. 198・出塁率. 238・長打率. 287・OPS. 524 )や通算21本塁打の(打率. 172・出塁率・196・長打率. 262・OPS. 459)よりも上である。 通算打率. 216は、1951年以降にプロ入りし通算500打数以上を記録した投手の中では、歴代最高記録。 タイトル [ ] NPB• :1回(1994年)• セントラル・リーグでは、1972年までと2013年以降表彰。 表彰 [ ] NPB• :1回 (1987年)• :1回 (1994年)• :1回 (1987年)• :1回 (1987年)• 優秀選手賞:1回 ()• :1回 (1994年、捕手:)• :4回 (1987年7月、1991年4月、1993年5月、1998年8月)• 優秀:1回 (1991年)• :2回 (1987年、1994年)• ・ジャイアンツMVP賞:1回 (1994年)• :1回 (2008年) 記録 [ ] NPB初記録• 初登板:1986年5月25日、対7回戦()、8回裏に2番手で救援登板、1回1失点• 初奪三振:同上、8回裏にから• 初勝利・初完投勝利:1986年6月5日、対阪神タイガース10回戦()、9回2失点• 初完封勝利:1987年7月8日、対11回戦()• 初セーブ:1991年4月14日、対広島東洋カープ3回戦()、8回裏に2番手で救援登板・完了、1回無失点• 初安打:1986年6月5日、対阪神タイガース10回戦(後楽園球場)、5回裏にから単打• 初打点:1987年4月28日、対中日ドラゴンズ4回戦(ナゴヤ球場)、2回表にから先制2点適時打• 初本塁打:1987年7月8日、対広島東洋カープ11回戦(札幌市円山球場)、4回裏にから先制決勝3ラン NPB節目の記録• 選出:8回 (1987年 - 1989年、1991年 - 1994年、1997年)• 1995年4月8日、対ヤクルトスワローズ2回戦(東京ドーム)、9回表にに• 1999年9月12日、対阪神タイガース24回戦(阪神甲子園球場)、9回裏にに• 2005年8月14日、対阪神タイガース15回戦(東京ドーム)、1回表にに MLB初記録• 初登板:2007年6月10日、対3回戦()、5回表に3番手で救援登板、2回2失点• 初奪三振:2007年6月21日、対シアトル・マリナーズ3回戦(セーフコ・フィールド)、6回裏にから 背番号 [ ]• 18(1986年 - 2007年)• 52(2007年春季キャンプ) 関連情報 [ ] CM出演 [ ]• 『エアーサロンパス』(1991年)• 『この試練をありがとうございます』(1997年)• 『』(2007年、声のみの出演)• 政府観光局(2008年 - 2009年)• 『中古自動車販売士』「Life」篇(2013年、ピアノ演奏のみの出演)• - フリー解説者として、各局に出演。 - 2008年4月8日の横浜対巨人戦でスペシャルゲストとして現役引退後初解説。 J-SPO(TBS) - 大リーグゲストコメンテイター• ラジオ番組 [ ]• 忘れられた甲子園、忘れられた戦争(2005年12月17日19:00 - 20:00、の『』枠で放送 ) - 「幻の甲子園」とも呼ばれるに出場した選手へのインタビューで構成された番組。 桑田は北海中の選手だった滝沢球磨雄へのインタビューを担当• - 解説 Web [ ]• (会長)• (2013、特別アンバサダー)• (2009) 著書 [ ]• 『先生、殴らないで! 『』 、、2007年。。 74~77ほか• 『OBはなぜプロ野球で成功するのか? イタリア語で『こころの友』の意• 八尾フレンドの入団時期については文献により記述が一致しない。 「野球バカ」P33、「桑田真澄 ピッチャーズバイブル」P178、(文庫版)P226には小3と記載。 「試練が人を磨く」P120、(文庫版)P138では「少年野球には、小学4年生から参加した。 初めて硬式のボールを握れる。 」と記載。 「野球を学問する」P57では「平田『で、小学3年生の時に、小6のチームに入ることになるんですよね。 』桑田『はい、そこでまた(いじめを)やられましたね。 』平田『小学生の時に一度野球をやめたことがあると伺いましたが…。 』桑田『その3年生の時です。 2〜3ヶ月でやめちゃったんです。 だから、3年生から4年生の間は、壁に向かってボールを投げたり、自分で遊んでいただけでした。 この間は野球らしい野球はしていません。 』、同P60では「桑田『5年生になって、ようやく違う野球チームに入ったんです。 そこは5年生のチーム、6年生のチームと分かれていたので、先輩からはやられませんでしたが、やはり監督、コーチからは(しごきが)すごかったですね。 』」と記載。 3年で入団したチームと5年で入団したチームが同じなのか違うのか、真偽は不明である。 父泰次の著書である「野球バカ」第2章に、詳細な記述がある。 例えば、古タイヤをバットで叩く練習で腰を鍛える方法や、でを木屑に打ち込んで手首を鍛えたりする練習方法の記述がある。 またではミットを動かさないようにして投げた球が逸れると自分で取りに行かせる方法でコントロールをつける練習、正しい捕球の仕方を覚えさせる為にグローブの綿を抜くなど、その他多くの方法で練習、特訓をしていた。 親子の特訓は小4から中学卒業まで続いた(「野球バカ」P44)。 「野球バカ」P105-114によると、桑田と同じPL学園に進みたいというチームメートをセットで入学させようと顧問が画策させていたとのこと。 PL側は結局希望していたチームメイトに形式的なセレクションテストを行い2人が合格した。 その合格した際の顧問の発言に不信感を持ち学校側ともめたために最終的に引越し転校することとなったといった内容の記述がある。 そこは僕が行けば、他に5人取ってくれるんだということでした。 』平田『でも桑田はPLに行きたかったんですよね。 夢なんです。 うちの中学からPL学園には誰も行ったことがないし。 とにかく、お前はここに行け。 なお、「野球バカ」P102によると最終的に16の高校から勧誘を受けたとのこと。 「桑田真澄 ピッチャーズバイブル」P179、(文庫版)P228、「試練が人を磨く」P28-29、(文庫版)P46-47、「」720号「桑田真澄 球友へのメッセージ」P81に「そうしたら、お母さんに『自分で目標にしてきた学校でしょ。 簡単にあきらめちゃダメ。 レギュラーになれなくてもいいから3年間、やり通しなさい』と言われて、思いとどまったんです。 あのときから僕は身体のでかい相手に力で対抗しても無理だ、僕は僕らしくやるしかないと、そう考えるようになりました。 自分のよさは何なのか。 自分を生かすためには必要なことは何なのか。 そう考えようと思った瞬間から、僕の中にあったキヨに対するコンプレックスは消えたような気がするんです」と記載• 「心の野球」P142-145、P126-127や「」に、清水の指導内容の詳細あり。 一例として炎天下の投球練習で、構えた所に来たボールしか捕らず、逸れるとダッシュでボールを捕りに行かせる、桑田のみ補強運動の回数の追加、マッサージとタイル磨きの強制による指先の鍛錬、ローソクが消えるまで室内でシャドウピッチング、肘の強化の為のストレッチ、入浴時や食事の際に、試合の中での状況判断、配球、打者心理の読み方等の頭脳面の指導、バッティングのポイント指導など。 「」153号「桑田真澄 たった一度の敗戦 不滅の記録、甲子園20勝投手の栄光と孤独」文:鈴木洋史 P12に桑田の1年でのメンバー入り要因として 1. 前年秋からレギュラーだった1級上の(投手も出来る)清水哲が肋骨を折り、メンバー入りが不可能だったこと 2. 上級生投手に不安があったこと 3. 清水一夫臨時投手コーチの進言があったこと 4. 3年の一部の父母から『今年は出られそうもないから、なんとかして有望新人の清原君と桑田君をメンバーに入れて、甲子園に出られるようなチームにして欲しい。 3年の父母の間に摩擦が起こったら、私達が処理する』という要望が、間接的に監督にあったこと等記載• 「野球を学問する」P90に桑田自身の言葉として「当時は、甲子園の優勝投手は、プロでは通用しないというジンクスがあったんですよね。 ぼくも体は小さかったですから、それで1年で優勝した=ダメだ、と。 じゃあ、1年でも長くやるにはどうしたらいいかということで研究していったんですよね。 」と記載。 厳密に言うと「(夏の)甲子園の優勝投手は、(投手として)プロで通用しない」と、(夏の)と、(投手として)の、2つの限定をつけるべき。 その論拠として、戦後1946年以降、桑田の最終学年の1985年まで単純計算で40人近い夏の甲子園の優勝投手が存在したが、プロでの通算勝利数で、200勝以上は皆無(2015年シーズン終了時点でも同様)、桑田の出現までは、の通算107勝が最高(尾崎は肩を痛め29歳で引退)だったことが挙げられる。 桑田の通算173勝は、いまだに「夏の甲子園の優勝投手」の「プロでの通算勝利数」として1位(戦後)である。 「夏の甲子園の優勝投手」と「プロでの投手としての活躍」を両立したという意味で、桑田は極めて例外的な存在。 他には、とは日米通算ではあるが、150勝以上を達成してる。 なお、戦前の夏の優勝投手を含めると、の通算237勝、の通算178勝の記録がある。 また、春の選抜の優勝投手のプロ通算勝利数としては、の通算201勝の記録が挙げられる。 「」1985年12月29日号「初の単独インタビュー 桑田真澄 胸の内を明かす 聞き手:」P17に、「桑田『夏の大会が終わってからドラフトまでの約3ヶ月間、学校の方からは一度も退部届を出せと言われなかったし、早稲田への推薦入学の手続も取っていましたから、それ以上考え様が無かった。 でもね、僕はどんな無理な状況でも1パーセントの可能性は信じている方なんです。 それと僕は神様を信じます。 ドラフトまでの3ヶ月間、朝と晩祈ってました。 いい結果を下さい、と。 』山際『いい結果というのは?』桑田『大学へ進んだ方がいいと神様が思うのであれば早稲田に行かせて下さい、そうでないならば好きなチームの指名を下さいということです。 』山際『つまり、巨人ということだね。 そしたらそれが現実になった。 』と記載。 また、「」153号「桑田真澄 たった一度の敗戦 不滅の記録、甲子園20勝投手の栄光と孤独」文:鈴木洋史 P14に「桑田が奥津城(おくつき:PL教団の歴代教祖の墓所)で祈っていたことの一つは、(首の骨を折った)清水哲の回復である。 ドラフト後、桑田は、関係者にポロポロと涙をこぼしながら、こう告白している、『何度も、何度も祈っていたんです。 自分に一番よい結果を与えて下さい、と』。 小遣いは、好きな牛乳に使う以外、全て遂断金(しきりきん:祈りの時に捧げるお金、布教の為に使われる)に費やしていたらしい、と母親の敏恵は言う。 桑田は祈れば通じると、信じている子だと、教団関係者は言う。 桑田は今でも、折を見て、PL教会に通っている。 『1パーセントの可能性に賭けていたんでしょう』(母親の敏恵)」と記載。 手術後、ボールが投げられない期間が続いたが「ボールは投げられなくても、下半身は鍛えられる」との外野をただランニングし続けた。 桑田が走り続けた部分は芝が剥げ上がり「桑田ロード」と呼ばれるようになった• もっとも、堀内自身の現役最後の5年間は全て4勝未満である(ただし、晩年の堀内は好成績とはいえなかったが、いわゆる、大型新人の登場で登板が減少しただけであり、精彩そのものが露骨に落ちたとは言えなかった。 「巨人軍の18番を守り続けてきた男に対してする処遇か? あまりにも寂しい。 巨人の18番を守り続けるのがどれ程大変な事か。 」など。 入学試験はあるもののあくまで研究生であり博士号は出ないことに注意• 一例として、「桑田真澄 ピッチャーズバイブル」の著者・による(文庫版)「あとがき」P283に、「当時、の3年生としてを目前に控えていたは、発売日にわざわざ書店に出向いてこの本(「桑田真澄 ピッチャーズバイブル」初版)を買ってきたのだと、後日、本人から聞かされた。 」と記載• ただし、金田の場合、プロ入り4年目までは犠飛がカウントされず打数になっていたため、打率・長打率・OPSは現在の計算方法だと若干異なってくる。 参考:2010年 、2011年 、2012年 、2013年 、2014年 、2015年。 『12球団全選手カラー百科名鑑』シリーズ内解説者名鑑では2010年版以降、活動先について「日本テレビほか」と記載の上プロフィールが掲載(2015年現在)。 参考:• 参考:2008年9月5日のヤクルト対巨人戦。 出典 [ ]• 「」959号「夏の甲子園 100人のマウンド 桑田真澄 」P22• 「野球バカ」P26-27、チーム名は「」1985年12月29日号「アルバム特集 桑田真澄、野球とともに17年の全雄姿」のモノクロページに記載• 「野球バカ」P77• 「野球バカ」P86• 「野球バカ」P89• 「野球バカ」P100• 「野球バカ」P100-101、「夢のつづき」P33• 「野球バカ」P92-P93• 「野球バカ」P101によると桑田は全5試合で完投し合計37イニングを投げて被安打11、失点1、奪三振44だったとのこと。 「不惑 桑田・清原と戦った男たち」P40-41• 「不惑 桑田・清原と戦った男たち」P46-47• 「不惑 桑田・清原と戦った男たち」P60• 「不惑 桑田・清原と戦った男たち」P63• 「」1986年1月31日号「独占インタビュー 逆転入団の真相 桑田真澄 17 が初めて明かす巨人軍のこと、宗教心のこと 聞き手:」P44-45に桑田自身の言葉として「僕なんかは、桑田は向こうにいっておけという感じで、同じ1年生でも清原、田口は来い、と。 こんなでした。 1年生で5人が練習試合とかに出して頂いたんですけど、清原4番と、エース田口は決まりなんです。 」と記載。 また、「野球バカ」P121-122にもほぼ同内容の記述があり、入学当初からこの2人のみがレギュラーと同じように練習を行っており、桑田は球拾い扱いであったとのこと。 桑田の当時の身長は「野球バカ」P123に記載。 「野球バカ」P136• 「」720号「桑田真澄 球友へのメッセージ」P81に「清原の他にもう一人、同期に田口権一という192cmもあるピッチャーがいて、彼もレギュラー組で練習していました。 田口とキヨ、二人の1年生がPLに入ってすぐにエースと4番ですよ。 3年間、僕はどうすればいいんですか。 練習を見に来ていたスカウトの『すごい』『ホントに1年生か』って話す声が聞こえてきて、でも自分は球拾いだし、もう絶望しかないじゃないですか。 僕はコンプレックスに苛まれて、野球をやめようと思ったんです。 まだ5月でした。 すぐお母さんに、『PLじゃ無理だ、野球をやめるから転校させてくれ』と言いましたね。 」と記載• 「」1986年1月31日号「独占インタビュー 逆転入団の真相 桑田真澄 17 が初めて明かす巨人軍のこと、宗教心のこと 聞き手:」P45に桑田自身の言葉として「1ヶ月間で、地獄から天国に上がったみたい。 あの時優勝したグローブだけは、宝物として持っています。 もう辞めさせて下さいと言いに行こうかと思いながら、ずっと汗を流してきた思い出のあるグローブですから」と記載• 「野球バカ」P117• 「心の野球」P126、140• 「心の野球」P141• 「報知グラフ」1991年-2「一冊まるごとホントの桑田真澄」P76-77• 「報知グラフ」1991年-2「一冊まるごとホントの桑田真澄」P77• - ZAKZAK、2014年9月7日• 「」1986年1月31日号「独占インタビュー 逆転入団の真相 桑田真澄 17 が初めて明かす巨人軍のこと、宗教心のこと 聞き手:」P45に桑田自身の言葉として「予選の場合ベンチに入れるのは、大阪では17番までです。 僕、ぎりぎり17番に入ったんです。 どうしてかわからないですけど。 でも、3年生で外れた人がおるでしょう。 その人から文句を言われたり、みんなに攻撃されたりして、それも嫌だった。 ホント、やめたかったです。 」と記載• - スポーツ報知 蛭間豊章記者の「Baseball inside」• 「報知グラフ」1991年-2「一冊まるごとホントの桑田真澄」P52に桑田自身の言葉として「弱いチームにアップアップで勝つという状態で、ピッチャーがいなくなったんですよ。 」と記載• 「報知グラフ」1991年-2「一冊まるごとホントの桑田真澄」P77• スポーツ報知. 2015年8月11日閲覧。 「」1986年1月31日号「独占インタビュー 逆転入団の真相 桑田真澄 17 が初めて明かす巨人軍のこと、宗教心のこと 聞き手:」P45に桑田自身の言葉として「後で聞くと、監督はすごい反対したんですけど」と記載• 「報知グラフ」1991年-2「一冊まるごとホントの桑田真澄」P77• この表現は桑田自身のインタビューでの発言。 「」1986年1月31日号「独占インタビュー 逆転入団の真相 桑田真澄 17 が初めて明かす巨人軍のこと、宗教心のこと 聞き手:」P45に記載。 「野球バカ」P141-142にほぼ同内容の上級生の口撃内容記載。 「野球バカ」P142• 「心の野球」P187-188• 「野球を学問する」P79-81、P89-90、「心の野球」P114-116、「桑田真澄 ピッチャーズバイブル」P174、(文庫版)P221• - スポーツ報知、2017年8月7日• 日刊スポーツ• 「野球を学問する」P90-91、「試練が人を磨く」P138-139、(文庫版)P156-157、「」759号「1984決勝 PL学園vs 血染めのボールに誇りを込めて」文: P24では、桑田自身のコメントとして「まっすぐとカーブで高校生を抑えられないようなピッチャーは、プロで大成するわけがないと思っていた」と記載。 - ベースボールチャンネル• - 産経ニュース、2016年9月30日• - Number Web、2009年5月25日 石田雄太• 「野球バカ」第5章によると、「最後まで進学かプロ入りかを相当迷っていたこと」、及び「巨人希望であった清原への配慮などから自身も巨人が希望球団の1つであったことを言い出せなかった」等の内容が記述されている。 2008年末、系列で放送された「カリスマ白書」• 「」1985年12月13日号 P40は「皆さんは、清原君だと思っていたでしょうが、私どもは、ずっと以前から桑田君に決めていました。 勿論、獲れる勝算はありと判断してのことです」とドラフト指名直後の王の談話を紹介• 「」1986年1月1日号 「独占!新春名球対談 VS王貞治」P56に「金田 『どの時点で決断したの?』王『指名の候補者は投手と野手に分けてリストアップしてたわけ。 桑田は投手部門の一位。 』金田『バッターは?』王『当然、清原です。 走攻守全部のリストを見て桑田は投手のトップなんですよ。 』」という発言あり• 「」1986年1月1日号 「独占! 新春名球対談 金田正一VS王貞治」P55に王の発言として「強烈に印象に残っているのが、でのだね。 無死一、二塁でバント飛球をダイビングキャッチして、その後の処理の素早さ。 すごいよ。 」と記載• 「野球バカ」P193• スポーツニッポン 2010年7月8日. 2010年9月4日閲覧。 『さらば桑田真澄、さらばプロ野球』74頁• 朝日新聞1990年3月13日23面• 読売新聞1990年4月13日朝刊2面• 「試練が人を磨く」P70-72、(文庫版)P88-90• 8巨人vs. 中日史上最高の決戦』、2013年。 「試練が人を磨く」P84-86、(文庫版)P102-104• - 『スポニチ ランダム』(スポーツニッポン携帯電話向け無料サイト)内「プロ野球名場面100選」より、1997年4月6日巨人対ヤクルト戦についてつづられた記事(インターネットアーカイブ2009年8月11日付保存キャッシュ)。 読売新聞1999年9月8日p. 『プロフェッショナル』(p. 90~)。 「帽子を目深にかぶり、マウンド上ではボールになにやら話しかけながら投げてくるふてぶてしい態度。 メディアを通して伝わってくるストイックな生き方。 (中略、巨人に移籍して間近に見て)12球団どこにいってもエースになれる存在だと感じた。 「心の野球」P121-122• 「明日、ジャイアンツのユニホームでマウンドに立つのは、おそらく最後になるだろう」「21年間、大きく育てていただいた、ジャイアンツに心より感謝している。 」など。 pirates. com. 2009年5月4日閲覧。 日テレNEWS24. 2011年6月20日閲覧。 nikkansports. com. 日刊スポーツ 2010年3月26日. 2020年3月20日閲覧。 asahi. com. 朝日新聞社 2010年7月20日. 2010年9月4日閲覧。 (日本野球機構2013年6月25日付プレスリリース)• 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 2014年3月14日. 2014年3月14日時点のよりアーカイブ。 2016年4月1日閲覧。 スポーツニッポン 2014年3月14日. 2014年3月14日閲覧。 集英社. 2016年4月1日閲覧。 [ ]• 株式会社CCM ワールドペガサス事業部• スポーツ報知 2017年12月13日• 日刊スポーツ 2018年8月20日• 朝日新聞デジタル 2018年8月20日• デイリースポーツ 2018年8月20日• sponichi 2019年1月12日• スポーツ庁ホームページ• 週刊ベースボール online. 2019年4月6日. 2019年7月17日閲覧。 - MSNより、達川光男による野球コラム(インターネットアーカイブ同年10月12日付保存キャッシュ)• 桑田真澄、『心の野球』2010年、6頁。 NHKニュース2013年1月11日18時4分• 2013年1月12日付 社会面より• Full-count 2017年7月25日 2017年8月9日閲覧• 『プロフェッショナル』(p. 90~)。 「帽子を目深にかぶり、マウンド上ではボールになにやら話しかけながら投げてくるふてぶてしい態度。 メディアを通して伝わってくるストイックな生き方。 (中略、巨人に移籍して間近に見て)12球団どこにいってもエースになれる存在だと感じた。 そのほぼすべてが自身の責任によるものではない。 江川卓に倣って一時「投げる不動産王」と呼ばれたこともあった。 無論江川と違い自身の責任によるものではない。 日本テレビ「」。 自身の証言によると、甲子園球場で小学生から小銭を鳴らされながら「桑田~、カネ貸したろか」と野次を飛ばされた時は、さすがに堪えたとのこと。 - 日刊スポーツ、2009年1月29日• - のひとりごと、2013年12月29日• - ZAKZAK、2008年12月20日• - 早稲田ウィークリー 1219号(2010年6月10日号掲載)• - Number Web、2009年5月25日 石田雄太• 2018年2月7日. 2018年2月7日閲覧。 2018年4月24日. 2018年4月24日閲覧。 「心の野球」P193-194• zakzak by夕刊フジ 2016年2月3日• スポーツ報知 2016年2月3日6時0分 [ ]• デイリースポーツ 2016年2月4日• MANTANWEB 2019年11月28日. 2019年11月28日閲覧。 を参照。 (インターネットアーカイブ同10日付保存キャッシュ)• (『ZAKZAK』2010年1月27日付。 インターネットアーカイブ2010年1月30日付保存キャッシュ)および、(同2月1日付保存キャッシュ)に添付された2010年度の日本テレビプロ野球中継解説者一覧表()を参照。 一覧表内では、レギュラーとスポットが明記されており、桑田はスポットに分類。 『週刊ベースボール別冊』2010年桜花号「2010プロ野球全選手カラー写真名鑑」の解説者・評論家名鑑より、「日本テレビ(スポット)」として紹介。 (インターネットアーカイブ同年8月6日付保存キャッシュ)• (インターネットアーカイブ同年10月23日付保存キャッシュ)• (インターネットアーカイブ同年4月2日付保存キャッシュ)• (インターネットアーカイブ同年10月21日付保存キャッシュ)• 4月28日の巨人対中日戦解説担当予定者としてとともに記載。 - 日テレアックスオン(制作会社)公式サイトより、2012年12月7日付記事 [ ]• (インターネットアーカイブ同日付保存キャッシュ)より、試合結果と中継の解説・実況担当者が明記。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - NPB. jp 日本野球機構• 選手の通算成績と情報 、、、、、• - Web NDL Authorities(国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス)• - 公式サイト.

次の

桑田真澄

桑田 真澄 長男

経歴 [ ] アマチュア時代 [ ] 小学校4年生から軟式野球を始め 、小学5年生で硬式野球に転向。 中学時代はに所属し、2年夏には、として全国大会でベスト16入りした実績を持つ。 時代は甲子園出場はなく、4年から外野のレギュラーとして定着。 にを提出したが 、でどの球団からも指名されなかったことから、BCリーグの合同トライアウトを受験。 に開かれたBCリーグのドラフト会議で、から2位で指名されたため、入団に至った。 BCリーグ時代 [ ] には、新潟でリーグ戦50試合に出場。 233、2本塁打、16打点という成績を残したが、シーズン終了後のに、へ移籍することが発表された。 には、信濃でリーグ戦53試合に出場。 246、2本塁打、20打点を記録した。 シーズン終了後のに、翌シーズンからBCリーグへ参入するへ移籍することが発表された。 2018年に退団。 プレースタイル・人物 [ ] 50メートル6秒2の俊足が武器で遠投95メートル。 への思い入れが強く、新潟での入団会見では「独立リーグで終わるつもりはない」と語り、将来的にはNPBでプレーすることを目標としている。 目標とする選手には元のを挙げ、「立浪さんのようにヒットを重ねたい。 」と話した。 公式プロフィールでは出身となっているが 、出身とするものもある。 詳細情報 [ ] 年度別打撃成績 [ ] 50 133 21 31 5 3 2 16 36 9 3 4 0 3 2. 233. 297. 361. 657 53 142 14 35 6 1 2 20 32 14 2 2 1 1 3. 246. 321. 345. 666 42 80 7 9 3 0 0 5 25 7 3 2 2 0 0. 113. 207. 150. 357 45 135 18 36 1 1 4 19 26 27 1 0 1 4 0. 267. 390. 378. 768 通算:4年 190 490 60 111 15 5 8 60 119 57 9 8 4 8 5. 227. 316. 327. 643 背番号 [ ]• 3 (2015年)• 66 (2016年)• 23 (2017年 - 2018年) 脚注 [ ]• スポニチ Sponichi Annex. 2008年7月14日. 2015年2月10日閲覧。 スポニチ Sponichi Annex. 2008年7月6日. 2015年2月10日閲覧。 スポーツ報知. 2014年11月29日. 2015年2月10日閲覧。 スポニチ Sponichi Annex. 2014年11月29日. 2015年2月10日閲覧。 東スポWeb. 2014年10月7日. 2015年2月10日閲覧。 nikkansports. com. 2014年11月28日. 2015年2月10日閲覧。 新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ. 2015年12月4日. 2015年12月4日閲覧。 滋賀ユナイテッドベースボールクラブ公式サイト. 2016年11月21日. 2016年11月21日閲覧。 nikkansports. com. 2014年12月9日. 2015年3月13日閲覧。 nikkansports. com. 2014年12月10日. 2015年3月13日閲覧。 新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ. 2015年3月13日閲覧。 スポニチ Sponichi Annex. 2008年7月6日. 2015年3月13日閲覧。 関連項目 [ ]• この項目は、に関連した です。

次の