コロナ 飲ん では いけない 市販 薬。 新型コロナ巡る「飲んではいけない薬」の真偽 複数の臨床医に質問

発熱した時に市販の解熱剤を使用するのは危険!その理由としてはいけない事

コロナ 飲ん では いけない 市販 薬

【注!】慢性疾患で、医師の処方でイブプロフェンを服用している人は、勝手に中断せずに、必ず医者に相談してください。 あるいは、具合が悪くなってきているのに自己判断で飲み続けないで、必ず医者に相談してください。 これは注意です! フランスの厚生大臣オリヴィエ・ヴェラン氏が、新型コロナウイルス感染症に関して、イブプロフェンを服用しないほうがよいと推奨した。 イブプロフェンとは、非ステロイド性の抗炎症薬(NSAID)に属する。 これは、炎症や痛みなどを抑え、熱を下げるために使われるものだ。 しかしこの薬は、既にかかっている感染症を悪化させ、合併症を伴わせる可能性があるのだという。 (筆者注:イブプロフェンは市販の薬に使われている) 厚生大臣は、自身のツイッターで、「!新型コロナウイルス:感染者が(イブプロフェンやコルチゾンなどの)抗炎症薬を服用すると、感染を悪化させる要因になる可能性があります。 熱がある場合は、パラセタモール(別名:アセトアミノフェン)を服用してください」「すでに抗炎症薬を服用している場合、または疑わしい場合は、あなたの医師に助言を求めてください」とメッセージを送った。 複数の医者が、発熱のためにイブプロフェンを服用した後、併存疾患がないにもかかわらず、重篤な状態に陥ったコロナウイルスの若い患者の例を挙げているという。 同じことは、パラセタモール(アセトアミノフェン)を含む医薬品にも当てはまる。 パラセタモール(アセトアミノフェン)はあまりにも多く服用すると、重大な肝臓障害を引き起こす可能性があるもので、時には致命症になりかねない。 上記の情報は、したものである。 でも、フランスの厚生大臣がツイッターで直接発信しているし、記事はAFP通信発でル・モンドに掲載されていて、信用できる媒体であると判断した。 日本では病気の対処に関して、具体的に何も指示や情報が出ないので(何をやっているのだろうか???)、少しでも役に立てばと思い紹介することにした。 誰だって、熱や咳が続いたら「ただの風邪? 普通のインフルエンザ? (ひどい花粉症?) それともコロナ?」と心配になるが、まずは手近な市販の薬を飲むと思うからだ。 でも、筆者もそうなのだが、「風邪薬」「解熱剤」と普通に売られているそれぞれの薬が、実は成分や種類が違うとは、詳しくは知らないものだ。 フランス厚生大臣の発言や記事は、市販薬にも警鐘を鳴らしているのではないかと思う。 確かに、一般的には、医者の処方箋がなくても買える薬には、強いものはないと言われる。 それに、ただの風邪なら、通常どおりイブプロフェンを服用して問題がない。 でも、やはり心配である。 コロナウイルスの検査は、そう簡単に受けられそうにない。 「他にあるのだから、わざわざ飲まなくても・・・」と思うのは、自然な用心ではないだろうか。 「イブプロフェン」「アセトアミノフェン、またはパラセタモール」+「市販薬」などで検索することもできるが、詳細は、薬の箱や説明書で確認したほうがよいと思う。 ちなみに、原文フランス語の記事には、イブプロフェンやアセトアミノフェン(パラセタモール)を使っている、具体的な市販薬の名前が掲載されていた。 フランスでなら誰もが知っていて、家に一つや二つはある市販薬だった。 日本とは違うので省略した。 あまり一般には知られていないが、フランスは製薬大国である。 それでも国が、リスクの可能性がある薬の服用を警告し、入手を制御している。 そしてメディアは、堂々とそういった市販薬の名前を書いているのだから、すごいと思った。 日本で同じことは可能だろうか。 最終的に服用する薬の判断は、読者の信頼する医師にゆだねることにする。 【注!】慢性疾患で、医師の処方でイブプロフェンを服用している人は、勝手に中断せずに、必ず医者に相談してください。 あるいは、具合が悪くなってきているのに自己判断で飲み続けないで、必ず医者に相談して下さい。 これは注意です! 【3月16日午前の追記】 記事を発表してから、24時間が過ぎました。 アクセス数は100万を超え、ツイッターでは秒を上回る速さで記事が拡散されていき、反響のあまりの大きさに驚いています。 私もそうですが、いかに人々が具体的な情報を必要としているか、痛感しました。 また、煽るようなリツイートは思ったよりも見られず、とても冷静な印象を受けました。 ツイッターを通じて、沢山の方から意見が出されました。 その中で、複数の方が発言している気になったものがありました。 真偽と理由が知りたいです。 1,この記事に書いてあることは、コロナに限らずインフルエンザ全般に言えることである。 2,イブプロフェンは、子供や妊婦には投与されないのが一般的である。 アセトアミノフェン(パラセタモール)が使われる。 (3,発熱とは、体が体温を上げることで免疫力をあげて、病気に対抗しようとしている現象である。 むやみに薬で解熱させるのが良いとは限らない。 ) 特に1と2は、日本の医療団体や関係者、厚労省、政治家に、真偽と、その理由をはっきりと説明して頂きたいです。 この2点が正しいならば、人々の重要な判断材料になると思います。 コロナウイルスが他の感染症とどう違うか、どう同じかは、目下世界で調査中ですが、それでも大きく参考になると思います。 既に最低でも100万人の人が、この情報を見ています。 季節の変わり目ですし、体調を崩しながらも、できるだけ不要な外出を控えて不安な思いでいる国民に聞こえるように、大きな声で説明してください。 それは政治家、厚労省、医療団体(関係者)、そしてメデイアの義務ではないでしょうか。 何卒よろしくお願い致します。 ツイッターのコメントで、筆者が一番「むむむむむ」と思ったのは、「セカンドオピニオンが必要」というものでした。 フランスの厚生大臣の発表に対するセカンドオピニオン・・・どの国の厚生大臣に聞くのがいいでしょうか。 ほとんど国の信頼度の踏み絵になるなと、感じました(国の信頼度=情報公開度=民主主義度なのかもしれません)。 また「先進国にコロナが広がって、やっとまともな議論ができるようになった」というコメントにも、うなずかせるものがありました。 激しい議論があってもいいから、情報公開をして、人間の知恵を結集して事態改善に向かうことを願っています。 EU機関「欧州医薬品庁」(EMA)の結論(同年5月):.

次の

【動画】新型コロナにかかったと思ったら飲んではいけない市販薬! エビデンスあり【新型コロナを抑える方策①】

コロナ 飲ん では いけない 市販 薬

7〜40. 軽症レベルの新型コロナ感染で39度ぐらいが何日も続くらしい。 アセトアミノフェンは、効き目が解熱剤の中では最弱とはいえ致命的な脳症になるという副作用が少なく、NSAIDsにくらべ副作用が少ないから、備蓄必須だと思いますがね。 アセトアミノフェン製剤を選ぶのが好ましい。 」と言えない無能さに、呆れるわ~ 薬局・ドラッグストアに売っている一般薬の「総合感冒薬・かぜ薬」でイブプロフェンが入っているもの、アセトアミノフェンが入っているもの、混在して売り場においてある。 あるメーカーの同じ名前が付いたシリーズの製剤でも、パッケージの色と語尾や英語がちょっとだけ変わっているだけで、熱に効くタイプと喉に効くタイプと鼻に効くタイプで、入っている解熱鎮痛薬の種類が、違うのにな~。 有機合成(天然由来では希少すぎて量がまかなえない物質を化学合成する、という研究分野)の大学院(中退です。 w)まで行った自分でさえ、この間、2020年1月にインフルになった時は、あらかじめ(イブプロフェンではなくて)アセトアミノフェンが解熱剤として入っている薬のパッケージを頭に覚えておいて、さらに、売り場ではパッケージを手に取って箱の裏の成分をまじまじと見て、イブプロフェン系(NSAIDs:非ステロイド性消炎鎮痛薬)でないことを確かめて、買わなきゃいけないレベルなのに・・・。 (なお、この薬をドラッグストアで買った時点では、インフルとは判明してません。 この後に、町医者に行き迅速診断キットでインフルAと確定。 結果、抗インフル薬のゾフルーザ(20mg錠4錠)と解熱剤のアセトアミノフェン(1回あたり、カロナール200mg2錠、1日4回まで飲んでOK。 1日量に換算して1600mg)と抗炎症剤のトラネキサム酸を処方してもらった。 ゾフルーザで、1日で平熱になりました。 ) 例えば・・・武田のベンザブロックプラスのシリーズでの比較です。 ぱっと見、 パッケージの色と「英語」の文字の部分と、効果をうたっている対象(「鼻」とか「のど」とか「熱」 とか)が違う。 私個人なら、成分からして買えるのは、アセトアミノフェンだけが入っている「Sプラス」シリーズだけですね。 楽天市場:ベンザブロックLプラス(30錠) ベンザブロックLプラスは、 イブプロフェン(1日量450mg)が入っている総合感冒薬。 化学の知識が中高レベルの一般人の人は、この3種類の薬の違いを、とっさに売り場で判断できないでしょう。 (しかも、他社のかぜ薬のシリーズの商品も沢山ある中で、正直どれを選んでいいのか、分からないレベルじゃないでしょうか?) 無責任に、「新型コロナ感染症には、解熱剤は要らない。 熱が出ることが正常。 熱を出すことで免疫がウイルスと戦っている。 どうしてもというなら、氷のうで動脈が通る首筋を冷やせばいい」(発言を意訳)なんてテレビでよく発言できるわ~、「それでも医師???www」と思いますね。 しかも、 今回の新型コロナ肺炎では、サイトカインストーム(サイトカイン放出症候群)で死者が沢山出ているという視点も欠けている発言。 舶匝 はくそう さんへの返信になります。 アセトアミノフェンは、シクロオキシゲナーゼ(COX)を強く阻害しないので、腎臓に対する副作用はNSAIDs(非ステロイド消炎鎮痛剤)に比べて、軽いです。 慢性腎臓病(CKD)でも、アセトアミノフェンは飲める薬です。 NSAIDsは何日も続けて服用すると、シクロオキシゲナーゼを作用点としているので、腎臓への血液量が低下して腎障害(尿量の減少等)が起きますが、アセトアミノフェンでは起きません。 アセトアミノフェンは腎障害よりも、肝臓で代謝されるので、副作用を心配するとすれば、肝障害の副作用を第一に心配すべきです。 ウィキペディア:アセトアミノフェン・・・ NHK「鎮痛薬・抗がん剤・降圧薬は腎臓に悪い?薬剤性腎障害を引き起こす薬」・・・.

次の

【動画】新型コロナにかかったと思ったら飲んではいけない市販薬! エビデンスあり【新型コロナを抑える方策①】

コロナ 飲ん では いけない 市販 薬

新型コロナウイルスの感染拡大が続いています。 この時、感染予防にもっとも重要になるのは自身が「健康であること」。 免疫力をつけ、たとえ感染してもそれに負けない抗ウイルス力を身につけることです。 さて、こうした情況で、市販薬の中でも安易に手を出してほしくないのが「胃薬」です。 強酸性の胃酸が感染予防に重要な役割を果たす ウイルスは喉や鼻の粘膜を通して感染、増殖します。 新型コロナも同じです。 ウイルスが喉や鼻に入ってくることを完全に防ぐことは出来ませんが、喉の粘膜に付着したウイルスを水やお茶で胃に流し込むことはできます。 胃には強酸性の胃液があります。 強酸性の胃液でかなりのウイルスが死滅すると考えられています。 実際、私が薬剤師として薬局に勤務していたときは、かぜやインフルエンザの流行する季節は感染症の患者さんに薬をお出ししたら水を飲み、手を洗うのが、みなの習慣でした。 薬局だけでなく多くの医師も実践していました。 多くの患者さんに接する医師や薬剤師がバタバタと感染しないのは、こうした行動が有効だったことも理由のひとつだと思います。 さて、そこで胃薬です。 市販薬のパッケージを見てみましょう。 効能には「胃痛、胸やけ、胃酸過多、胸つかえ、胃もたれ、胃重、胃部不快感、胃部膨満感、吐き気、嘔吐、げっぷ、飲み過ぎ、食べ過ぎ、消化不良、食欲不振」などなど、書き切れないほどです。 胃の不快症状すべてといっていいでしょう。 胃痛の原因の筆頭は、胃酸の出過ぎです。 強酸性の胃液で胃が荒れ、炎症を起こす。 そこで胃薬を飲んで胃液の分泌を抑える、あるいは中和することで症状を緩和します。 しかし胃液の分泌を抑えるわけですから、胃酸は弱まります。 もしそこにウイルスが入ってきたら、胃酸で退治できないかもしれない、という状態になります。 新型コロナウイルスの感染が続くなかで、胃は私たちの大きな防御壁になります。 いつも以上に胃を大事にしなければと思うのです。 「胃薬を飲まずに済む生活」を送ることが求められているのです。 胃酸過多にはH2ブロッカーが有効 胃痛に悩む人たちに画期的と迎えられた市販薬が「ガスター10」というH2ブロッカー薬でした。 1997年、それまで医師の処方箋がなければもらえなかった「処方薬」でしたが、市販しても安全であると厚生労働省が認定され、「市販薬」になりました。 こうした薬のことを「スイッチOTC」と言います。 OTCはOver The Counterの略。 薬局のカウンター越しにもらっていた薬(処方薬)という意味です。 スイッチOTCは、処方薬と市販薬の薬効成分はまったく同じです。 たとえば、「ガスター10」には薬効成分「ファモチジン」が10mg、病院で処方される「ガスターD錠10mg」にも「ファモチジン」が10mg入っています。 ただしファモチジン20mgの錠剤もあり、こちらは市販されていません。 胃酸の分泌には、「ヒスタミン」が大きく関わっています。 胃粘膜には「ヒスタミン受容体」があり、そこに「ヒスタミン」がくっつくことで、胃酸が分泌されます。 H2ブロッカーと呼ばれる胃腸薬は、ヒスタミンの代わりにヒスタミン受容体にくっつく作用があります。 「ヒスタミン」をブロックすることで、胃酸の分泌が抑えられるのです。 ですから、ガスター10は、胃酸過多による胃痛・胸やけ・もたれ・むかつきなどの症状に効果があるのです。 ストレスや食べすぎ、飲みすぎなど、胃の調子が悪くなる原因もさまざまです。 原因によって症状も違ってきます。 胃酸が出すぎているのか、胃の動きが悪くてもたれているのか、粘膜が荒れて炎症を起こして痛むこともあります。 最適な薬を選ぶことで胃の症状は楽になりますが、選択を間違えると効果がまるで出ないこともあります。 胸やけやげっぷの原因は胃酸過多であることが多いので、ガスター10などのH2ブロッカーがよく効きます。 胃酸過多の状態が長く続くと逆流性食道炎や胃潰瘍などに進展し、医療機関の受診が必要になってしまうこともあるので注意が必要です。 長く飲みつづければ胃の自力が低下する 食べすぎ飲みすぎで胃の動きが悪くなったり消化が追いつかなくなると、もたれたり消化不良の状態になります。 この場合は消化酵素を主成分とした薬で消化を助けたり、胃の動きを促す成分の胃薬がよいでしょう。 不安やストレスによって胃炎や下痢を起こしているような場合は漢方処方の胃腸薬が合うこともあります。 二日酔いの吐き気・頭痛に効果的な処方もあります。 このように、自分に出やすい症状と、その症状に効果的な薬を見つけて常備しておくと良いでしょう。 選べないときは、薬局で薬剤師に相談して選んでもらってください。 繰り返しますが、薬を飲んでも痛みや吐き気などが続くようなら、胃潰瘍や逆流性食道炎などの病気のサインかもしれません。 そのような場合は医療機関の受診を考えましょう。 胃薬の市販薬はドラッグストアにたくさん並んでいます。 長い期間、飲みつづけている人もいます。 「飲んでいるから調子がいい」と言う人もいます。 しかし胃薬を飲みながら「今日もお酒がうまい」「まだまだ飲める」というのは本末転倒だと思います。 本来、自力で働かなくてはならない胃を、薬に助けてもらっているわけで、長い目で見れば胃の力を弱めてしまうことになるでしょう。 今は感染拡大を防ぐため、さまざまな予防策が取られ、ストレスもたまりがち。 そういう時期だからこそ飲み過ぎ、食べ過ぎをはじめ、胃に負担をかける生活習慣を見直してみませんか? 今回の新型コロナ禍が、そのきかっけになればと思います。 宇多川久美子(うだがわ・くみこ) 薬剤師、栄養学博士。 一般社団法人国際感食協会理事長。 健康オンラインサロン「豆の木クラブ」主宰。 薬剤師として医療現場に立つ中で、薬の処方や飲み方に疑問を感じ、「薬を使わない薬剤師」をめざす。 薬漬けだった自らも健康を取り戻した。 現在は、栄養学や運動生理学の知識も生かし、感じて食べる「感食」、楽しく歩く「ハッピーウォーク」を中心に薬に頼らない健康法をイベントや講座で多くの人に伝えている。 近著に『血圧を下げるのに降圧剤はいらない: 薬を使わない薬剤師が教える』(河出書房新社)。

次の