よみうり ランド アンパンマン。 2歳児とよみうりランドのアンパンマンプールへ!0歳児は丘の湯でお留守番

【特集】よみうりランドの特大プール「WAI」を紹介!チケット料金、アクセス、ウォータースライダーも

よみうり ランド アンパンマン

よみうりランドのプールの混雑状況は? よみうりランドのプールに行く時に気になる事といえば混雑状況ですよね。 人が多いと場所取りが大変ですし、スライダーなどで待ち時間が出てしまうので、できるだけ人が少ない時に利用したいものです。 よみうりランドのプールが混雑する時期や時間帯はどうなっているのでしょうか? よみうりランドのプールが混雑する時期としましては、 平日よりも 土日祝日が混雑し、時間帯としては 11時~14時の時間帯が混雑しやすくなっています。 土日祝日の11時~14時の時間帯に行ってしまうと、プールサイドのほとんどの場所が場所取りされていて、プールやスライダーから離れた位置や、日なたの場所しか空いていない状況が多くなりますので注意しましょう。 14時を過ぎてくると遊園地の方へ流れていく人もいますので、運が良ければその人たちが利用していた場所を14時過ぎから利用する事もできるかもしれませんね。 プールの様子としては、人は多いですがそこまで密集しているわけでも無く、適度に間隔があるといった感じです。 ただ波のプールは、波が出る時間やイベントが行われている時は多くの人が集中しますので注意しましょう! スライダーの方は子供から大人まで大人気なので、混雑時間になるにつれて待ち時間も発生しています。 待ち時間としては 30分程度はかかる場合もありますので覚悟しておきましょう。 あとはお昼になるとプール内で食べ物を販売しているお店の前では、長い行列ができている場合があります。 駐車場の料金や混雑状況などについてはこちらで確認することができますのでチェックしておきましょう! しかし、これらは通常営業時の混雑状況になりますので、 夏休み(7月後半~8月後半)と お盆(8月13日~8月16日)に行く場合は特に注意が必要です! この期間は平日だったとしても入園ゲートの前には開園時間前から多くの人が場所取りのために並んでいます。 よみうりランドのプールは、屋根付きの日陰になる場所が限られていますので、みんなその場所を取るために早い時間から並んでいるんですよね。 ちなみにチケット窓口と入園ゲートは別になっていますので、チケットを購入する長い列に巻き込まれると、その分入園ゲートに並ぶのが遅くなってしまいます。 流れるプールや波のプールなどはイモ洗い状態になっていることがあり、少し動くと隣の人とぶつかってしまうくらい混雑する場合もあります。 スライダーの方も通常営業時の土日祝日なら 30分程度の待ち時間ですが、夏休みやお盆になると 45分~1時間の待ち時間になる事もあります。 防水小物入れについてですが、これは思った以上に重要で、休憩所にスマホやお金などの貴重品を置いて、誰もいない状態で遊びに行くと窃盗の可能性があるので、1人荷物番を残しておくか、肌身離さず貴重品を所持していないといけません。 ちなみによみうりランドのプールでは、水性の物なら日焼け止めを塗って入水することが可能ですが、ぶっちゃけすぐに落ちてしまって塗り直しが面倒なので、入水するのなら塗るタイプの日焼け止めは極力使用しない方がいいですね。 なので、先ほどご紹介したラッシュガードを着て紫外線をカットするか、最近ではプールに行く時は飲むタイプの日焼け止めも主流になってきているので、こちらを利用するのもおすすめです。 飲むタイプの中でも特に信頼性が高くて、シミへの効果も期待できる人気の商品が、第3類医薬品の 「SIMIホワイト」という飲む日焼け止めなので、気になる方はチェックしてみましょう! 水遊び用オムツについてですが、まだオムツが取れていない赤ちゃんと利用する際は、水遊び用オムツを着用して、その上から水着を着用すれば利用する事ができます。 例えば ・テント ・イス、テーブル ・水鉄砲 ・サンオイル ・イルカの浮き輪のような大きい物 ・石鹸、シャンプー ・ベビーカー ・クーラーボックス があります。 これらの8つの物について詳しく解説していきます。 混雑状況によっては従業員の方からお断りする場合もありますので注意しましょう。 シャワーを浴びればいいと思っていても使用自体が禁止されていますので、持ち込まないようにしましょう。 ただ備え付けてありませんので自分で準備するようにしましょう。 日陰が少ないので積極的に利用しましょう。 ただ、足洗い場での車輪の消毒をお願いしているので、ルールを守って使用しましょう。 1辺でも超えると駄目なので注意しましょう。 この8つの他にも公式サイトの方では、持ち込み禁止の物や注意事項などを掲載しています。 これ以外にわからないものがある場合は、公式サイトを確認するか、直接よみうりランドの方へお問い合わせをしてから持ち込むようにしましょう! まとめ 今回は、よみうりランドのプールの混雑状況と、必要な持ち物、持ち込み可能な物についてご紹介しました! 土日祝日・夏休み・お盆はプールだけでなく遊園地の方も混雑しますので、覚悟して行くようにしましょう。

次の

よみうりランドのプール混雑状況と必要な持ち物、持ち込み可能な物は?

よみうり ランド アンパンマン

よみうりランドキャラクターショーの開催日程は? よみうりランドでは、土日や祝日にキャラクターショーを開催しています。 今現在予定が出ているキャラクターショーの開催日程についてはよみうりランド公式HP内ページに案内がありますので、ご確認ください。 時間は 11:00~と14:00~の1日2回開催がほとんどですが、ごく稀に他のイベントとの兼ね合いなどにより変更となる場合があります。 こちらも、ページにてお確かめの上、お出かけください。 よみうりランドのキャラクターショーでは、ベンチ前に子ども専用ゾーンを設けています。 子ども専用ゾーンから見る場合と、親も一緒に見る場合で攻略方法が異なるので、それぞれ書いていきたいと思います。 親も一緒にいい場所で見たい! お子さんがまだ1人で離れられないような年齢の場合など、親と一緒にショーを見たい場合には、なるべく前のほうの席を確保するようにしましょう。 よみうりランドでは、 「場所取り出来るのはショーの〇分前から!」というようなルールは設けていませんので、開園直後から場所取りが可能です。 確実にいい場所を確保したいなら、オープンと同時にスカイゲートから入場して、大階段を真っすぐに降りて太陽の広場を目指しましょう。 場所取りに大活躍するのが、レジャーシートとテープ。 なんと、よみうりランドでは、レジャーシートを椅子に貼り付けての場所取りが認められているんです。 こんな風にレジャーシートを貼り付けてしまえば、それだけで場所取り完了してしまうんです。 後はショーが始まるまで乗り物に乗るも良し、キャラクターと写真撮影するも良し。 自由に時間を使うことができます。 大体ショーが始まる30分前になると、会場のお姉さんから子ども専用シート開放のアナウンスが入ります。 子ども専用シートには、ショー開始前も大人は入ることは出来ませんので、お子さんのみで待たなくてはなりません。 より近くで見たい場合は、ショー開始30分前までに戻るように。 親と離れて待つのが辛い場合には、ショー開始直前に子ども専用エリアに行くというように調節できるといいですね。 ただし、混雑時は早めに席が埋まってしまうこともあるので、様子を見ながら場所取りするようにしましょう。 子ども専用シート内は、レジャーシートでの場所取りなどが出来ません。 1度離れてしまうと、良い場所で見ることは難しくなってしまう可能性がありますので、必ずトイレ等は済ませておくようにしましょう。 よみうりランドでキャラクターグリーティングができる よみうりランドのキャラクターショーでは、ショーの前後に出演キャラクターとふれあえるチャンスがあります。 講演前グリーティング よみうりランドでステージショーが開催される日は、朝10:00から太陽の広場付近でグリーティングを開催します。 その日出演するキャラクターと写真を撮ったり握手したりすることが出来ます。 10:00開園の日は、開園直後ということもあり、まだ人もまばらなので、ゆっくりふれあうことが出来ます。 人気キャラは開園直後から大行列になることもありますが。。。 アンパンマンショーの場合は、アンパンマンに長蛇の列が出来、他のキャラクターは空いている場合がほとんどです。 空いているうちにアンパンマンに並ぶことをおすすめします。 プリキュアグリーティングの様子 上の写真は、2019年12月某日 日曜日 に末娘がグリーティングした時の写真です。 この日は10:00くらいに現場に到着した時には既にグリーティングが始まっていて、各キャラクターに列が出来ていました。 グリーティングの時間は10分前後しかありません。 待ち列が伸びてしまった場合は、早めに受付終了となってしまう場合もあります。 お目当てのキャラクターと確実にグリーティングをするためには、必ず10時頃に太陽の広場ステージ近くに居るようにしましょう。 ステージ後のグリーティング ショーが終わった後には握手会や撮影会、サイン会なども開催されます。 この握手会の場合は、無料でキャラクター達みんなと握手することが出来ます。 ただし、多くの人が参加しますので、 立ち止まっての撮影などは厳禁となっています。 写真を撮りたい場合には、握手している瞬間を狙って撮りましょう。 撮影会、サイン会が開催される場合には、有料となっています。 撮影会、サイン会の参加券は、客席側から見てステージ右側で販売されます。 よみうりランドキャラクターショーの料金は? よみうりランドのキャラクターショーを見るには、料金は不要です。 予約等は、基本必要ありません。 ただし、よみうりランド敷地内で行われている為、当然 よみうりランドの入園料が必要になります。 前月までにメールマガジンに登録しておくと、キャラクターショー開催日は5歳以下が入園無料になるクーポンもあります。 行かれる方は、それ相応の覚悟で挑んだほうが良さそうですね。 通常のプリキュアショーやアンパンマンショーも、観覧席が埋まる程度には混雑しますので、なるべく早めに場所取りをされることをおすすめします。 仮面ライダーやウルトラマンなどは、シリーズの人気度などによって混雑度が変わるようですね。 また、遊園地の閑散期・混雑期によっても連動して変化していきます。 よみうりランドの混雑期・閑散期等については、下記の記事をご参照ください。 よみうりランドでキャラクターショーを見る時の注意点 よみうりランドでキャラクターショーを見る時に、注意点がいくつかありますので、ご紹介しておきます。 撮影について よみうりランドで行われているプリキュアショーやアンパンマンショー等は、 基本的に撮影可能です。 周囲の方の迷惑にならなければ、三脚等の利用も可能。 ただし、版権元等の都合で撮影不可のショーもあるかも知れませんので、その際は指示に従ってくださいね。 撮影したキャラクターショー動画・写真をブログやSNSにアップすることは禁止されています。 撮影した動画や写真は、ご家庭で楽しむようにしましょうね。 飲食について よみうりランドでは、ショーを見ながらの飲食が可能です。 ビン・缶・アルコール以外の飲食物を園内に持ち込むことも出来ます。 雨の日の開催について 太陽の広場ステージは、屋外となっています。 雨天時や荒天時には、場所の変更または中止となる可能性があります。 開催場所や時間等の変更があ場合には、に下の画像のような案内が出ます。

次の

2歳児とよみうりランドのアンパンマンプールへ!0歳児は丘の湯でお留守番

よみうり ランド アンパンマン

よみうりランドプールWAIの概要 よみうりランドは、京王線「よみうりランド」または小田急線「読売ランド前」からバスで10分程のところにある遊園地です。 プールWAIはよみうりランド内の夏季限定の施設で、 流れるプール、波のプール、ウォータースライダー、キッズプールなど、遊園地のプールらしい設備が一通り揃っています。 よみうりランドの子供向けプールはアンパンマンモチーフになっていて、より小さな子を意識しているというのが大きな特徴です。 プールの入場料は大人3,200円、中高生2,500円、3歳~小学生2,100円。 2歳以下は無料です。 各種割引券や健康保険組合での割引があるようなので調べてみてください。 今回私は健保の割引で大人2,100円で入場しました。 営業期間は毎年6月下旬~9月中旬まで。 営業時間は日によって異なるので、をご覧ください。 平日昼間の混雑状況 こちらはプールWAI入場口のの8月の平日10時半ごろの様子。 行列は全くなくスムーズに入場出来ました。 流れるプールの混雑具合はこんな感じ。 プール内は賑わっていましたが、芋洗い状態ではなく快適に遊べる程度。 但し、有料席は11時の時点で既に満席でした。 プール内には日陰が殆どないので、ポップアップテントを設置していらっしゃる方が多かったです。 アンパンマンプールの様子 アンパンマンプールの真ん中にはくじらのクータンの噴水があり、周りにアンパンマン、しょくぱんまん、メロンパンナちゃんなどの像が立っています。 その他にSLマンのふわふわすべり台、かびるんるんのすべり台、ばいきんまんの滝、ジャムおじさんのパン工場などがあり、いかにも未就学児が喜びそうな作り。 娘も憧れのアンパンマンプールを見て、大興奮していました。 噴水は結構勢いがあったので怖かったようですが、キャラクター達の周りでぷかぷか浮かんだり、何回もすべり台を下りたりしては大喜びで楽しんでいました。 その後はちょっと難しいかな、と思いつつも大人用の流れるプールへ。 娘の身長だと当然足は着きませんが、アームヘルパーを付けていたので特に怖いこともないようでした。 子供用プールだと、大人は上半身が完全に水の外に出てしまうのでかなり暑かったのですが、流れるプールはとても快適。 流れに身を任せ、私ものんびりしました。 また、じゃぶじゃぶ池では物足りなくなってくる年頃の子供と行くのも良いと思います。 でも大人1人で小さな子を連れて行くなら、近所のじゃぶじゃぶ池で十分!!というのが正直な感想です。 大人1人だと行動が大変 大人が二人いれば、荷物の見張りを交代で出来ますが、一人だとそれは不可能。 プールサイドの置き引きが怖くて、荷物は殆ど更衣室のロッカーに入れていました。 そのため、食事や飲み物を買うときには、いちいち更衣室に戻る必要がありました。 プールWAIの売店は Suica、WAONなどの電子マネーが使えるので、スマホ用防水ポーチに携帯とsuicaを入れておけばもう少し快適だったなとちょっと後悔。 防水ポーチには様々な種類がありますが、プールで使うなら 防水レベル8級(継続的に水没しても内部に浸水することがない)のものが良いと思います。 おしっこ問題 娘はつい最近おむつが外れたのですが、そこそこトイレが近くすぐ「おしっこ」と言います。 普段ならばそれほど問題ないのですが、プールって広い敷地の割にはトイレが少ないんですよね。 大人はプールを楽しみきれない 遊園地プールの醍醐味の一つはスライダー。 年甲斐もないですがスライダーとか好きなんですよ。 あったら乗りたいし、プールも全種類制覇したいんですよ。 でも当たり前ですが、2歳の娘と二人きりで行ったのでスライダーになんか乗れるわけがない。 波のプールも、娘がそろそろ疲れてくるだろうなーと思うと断念せざるを得なくて。 想定通りなので何も問題なかったですが、遊園地プールを満喫!という訳にはいきませんね。 プール待ちにおすすめ!丘の湯 プールサイドはものすごく暑かったので、0歳次女は「丘の湯」というよみうりランドに隣接した施設で待っていてもらって大正解でした。 丘の湯の入場料は平日650円ですが、中にある食事処「麒麟亭」だけの利用であれば入場料は不要です(3時間以内の場合のみ。 それ以上利用する場合は入場料が必要です)。 麒麟亭は広々としたお座敷になっていて、テレビもあり、0歳と過ごすには丁度良かったとのことです。 としまえん脇の庭の湯よりは大分リーズナブルなので、遊んだ後にさっぱりして帰りたいという目的でも手軽に使えそうです。 さいごに よみうりランドのアンパンマンプールは、未就学児の子でも楽しめるとても良いプールでした。 念願のアンパンマンプールに入って、満足そうにする娘を見て「連れてきてあげてよかったな」と思いました。 ただ、大人1人で引率するのはそこそこ大変なので、じゃぶじゃぶ池で十分満足できる年齢の子であれば、無理していく必要はないかな。 プールに乗り気なパパと一緒だったら、とっても楽しめると思いますよ。 娘たちが5歳、3歳くらいになったらまた行きたいプールですね!.

次の