アブ ガルシア ショアジギ ング。 スロージギングを楽しもう!おすすめのロッド・リール・その他タックル特集

アブガルシアからソルティースタイルライトジギングが登場【ライトショアジギング】

アブ ガルシア ショアジギ ング

ジギングベイトリールはライトショアからスロージギング、さらにタイラバまで、たくさんの場面で愛用されています。 しかし釣りたい魚や釣り場によってスタイルが変化するのがジギングなので、どんなリールを選べばいいか悩むことも。 スピニングとベイトの違いや、状況別のおすすめリールを紹介していくので、迷った時の参考になれで幸いです。 ジギングではベイトリールとスピニングはどう使い分ける? 一般的にジギングにはスピニングリールを使用する方も多いですが、ベイトリールが圧倒的に強い状況もあります。 ジギングを好むアングラーの中には、ベイトリールとスピニングリールを使い分ける人も少なくありません。 それぞれの特徴やメリットを知っておけば、自分のターゲット釣果をあげることも可能です。 どちらを選べばいいかわからない方はこちらもチェックしてみてください。 スピニングリールの特徴 スピニングリールの最大の特徴は誰でも簡単に扱えること。 釣り経験がまったくない初心者でもライントラブルなく使えるので、スピニングリールがおすすめされています。 向かい風や強風時のキャスティングに強いのも、スピニングリールならではのメリットです。 釣りができる天候ならどんな状況でもキャスティングができます。 ハンドルを左右どちらでも付け替えられるのもスピニングリールならではで、リール一つあれば利き手を問わず利用できます。 現在ベイトリールを愛用している上級者でも、スピニングリールで経験をつんでからベイトリールに移行しているんです。 スピニングリールは場所を選ばないオールラウンダーと考えてください。 ベイトリールの特徴とメリット 巻き取りパワーが強い ハンドルの回転を直接スプールに伝えることができるので、スピニングリールよりパワフルな巻き取りが可能です。 スピニングリールは大型ターゲットを釣り上げる時に、ロッドを使って相手を弱らせる釣りをする必要があります。 パワーのあるベイトリールの場合は、弱らせることなく釣り上げることもできるんです。 糸絡みが少ない スピニングリールでキャスティングをすると、必要以上にラインが出てしまうことがあります。 ベイトリールは無駄な糸が出にくいのでトラブルの発生を抑えられて、太いラインを使用して強引な釣りを可能にします。 フォール中にアタリが取れる これこそ、ベイトリールの最大のメリットといっていいでしょう。 オープンベールにしたスピニングリールではアタリが取りにくいですが、ベイトリールならにフォール中の小さなアタリも取りやすいです。 特にシーバスやタチウオを狙ったジギングではフォール中のアタリが多いので、ベイトリールが圧倒的に有利でしょう。 また最近では値段は張りますが、カウンター付きのジギング用リールもでていて船長の指示棚をきっちり狙うこともできます。 タチウオのような歯の鋭い魚は指示棚より落としてしまうと、ラインが歯で切られるなんて事も多いです。 そのため、初心者にはハードルが高いかもしれませんが、カウンター付きのベイトリールが重宝されています。 - 2019年 6月月1日午後6時21分PDT ベイトリールに向いてる釣りは? ベイトリールはパワーのある魚との釣りに向いているので、大型を狙うルアーフィッシングに向いています。 代表的な大型魚ではカジキやシイラ。 テレビで釣っている場面を見たことがある人なら、ベイトリールを目にしているはずです。 ベイトリールを使う場面はパワーが求められる状況なので、大物を狙うには欠かせないアイテム。 ジギング全般でもベイトリールは使えるので、スピニングリールやジギングになれてきたら使ってみましょう。 釣りの幅が広がる瞬間は、初めて魚を釣れた時の快感にも似ています。 スロージギング クエ・アオムツ・青物といった魚を狙うスロージギングでは、大物がかかる機会が多いです。 スピニングリールでも楽しめますが、船釣りをする場合はベイトリールのほうが断然おすすめできます。 5kgや10kgの大物になると、ベイトリールのパワーは頼れる武器。 ベイトリールは底物・深海・表層との大物バトルに欠かせないアイテムなのでスロージギングに向いています。 鯛ラバ• シマノのグラップラー300HG 大手メーカーシマノの安定した性能をそのままにコスパを追求したモデルで、巻き心地・強度は値段以上の性能です。 ギア比:6. 最大ドラグ力 kg :7. 自重 g :325• 糸巻量:PE 号-m :2-380、3-250、4-190• ハンドル長 mm :70• ダイワのソルティガBJ 200SH 過酷な環境でも万全のサポートを提供してくれるベイトリールであり、圧倒的な性能を誇る1ステップ上のリールになっています。 高剛性スーパーメタルハウジングに独自の精密マシンカットを施した堅牢なハウジング、リールをサビ・塩ガミから守るマグシールドボールベアリング、そして防水タイプのATD クリック音付き 、さらに定評のあるハイパーデジギヤを採用し、徹底的に耐久性を強化。 ダイワの長年の経験をもとに度重なるテストで培った、まさに「Made in Field」をカタチにしたハイエンドモデルです。 ギヤー比:7. 自重 g :325• 最大ドラグ力 kg :7• ハンドル長さ cm :75-85.

次の

スロージギングを楽しもう!おすすめのロッド・リール・その他タックル特集

アブ ガルシア ショアジギ ング

スロージギングの実践方法について、紐解いてみましょう。 「なんだか難しそうですよね~、、」 「ゆっくりジグを動かすんじゃないの?」 難しくはありませんが、スローだからといってゆっくりジグを動かすだけではないのです。 スロージギングでは、青物をメインターゲットにしますから、基本ジグのアクションスピードは早めです。 なぜなら、青物の目は早く移動するものに照準を合わせやすくなっているからです。 「それなら普通のオフショアジギングじゃん!」 いいえ、スロージギングでは早めにジグを巻き上げて誘いをかけ、一瞬止めてフォールを入れたり巻きスピードを緩めたりしますよ。 このスローな食わせの間を効果的に与えることで、青物のバイトを引き出す釣りスタイルなのです。 青物は、ベイトフィッシュの群れを追いかけています。 でもむやみに群れの中へ突進して捕食しているのではありません。 群れの中には、傷ついてバランスを崩したり、周りと同じように泳げなくなった個体が必ず発生するもの。 そういうスキのあるベイトフィッシュを見つけたら、一気に突進してバイトする習性を持っています。 スロージギングのスローとは、まさにその弱ったベイトフィッシュの演出そのものなのです。 具体的には、ロッドの反発力でセットしたジグを跳ね上げたり、ロングフォールで誘ったりしますよ。 ターゲットとなる魚種は豊富で、青物はもちろん、ロックフィッシュやマダイ・ヒラメ・アカムツ・キハダなどを釣り上げることが可能です。 最近のスロージギングでは、深海エリアを狙うアングラーも現れ始めましたから、専用のロッドやリール・タックル類が必要ですし、メタルジグやショックリーダーの組み方などにもこだわりが求められるでしょう。 スロージギングにおすすめのロッドをピックアップしてみました。 基本的には胴調子の曲がりやすいロッドを選ぶことになりますが、全長が6. 5フィート前後でルアージグ重量が120グラムから230グラム程度のものから使ってみると、操りやすいでしょう。 適合PEラインは、2号から3号ぐらいを目安にしてください。 各釣具メーカーから数多くリリースされていますから、選ぶのはたいへんです。 まずはコスバ優先で、あまり高額なロッドに手を出す必要はありません。 教えてくれる先輩アングラーがそばにいればありがたいのですが、いない場合は価格がひとつの判断基準です。 候補を選択してから、釣具店スタッフに相談するようにしましょう。 スロージギングにおすすめのリールを、いくつかご紹介しましょう。 バーチカルに攻めるケースが大半になるので、ベイトタックルがメインリールになります。 そのほうがしっかりと支えられますし、糸ヨレの心配が要りません。 使用するPEラインを200メートルから500メートルほど巻くことができるような、スプールサイズの大きい中型のベイトリールを選ぶようにしてください。 しっかりしたボデイで剛性感の高いもののほうが、安心して使い込むことができますよ。 ギア比は、購入されるご本人の好みでかまいませんが、深海エリアから巻き上げる際に、あまり時間がかかるようでは疲れてしまいます。 釣りスタイルや釣行内容に合わせて、ハイギアのベイトリールに換えたほうがいいかもしれませんね。 大型魚を掛けてパワフルに巻き上げたいなら、ノーマルギアやローギアモデルが適しています。 スロージギングのベイトリールには、PEラインを巻くことになります。 ということは、ショックリーダーを結ぶ行程も必ず出てくるわけで、ボートデッキや船上でしっかりショックリーダーとPEラインを結べるようになっておきましょう。 まずはスロージギングにおすすめのPEラインとショックリーダーを取り上げてみました。 結構種類が多いので、有名なラインメーカーものから使ってみてください。 ラインのクセが分かってきたら、他メーカーのラインも試すようにしましょう。 原糸の撚り回数やライン表面に施されたコーティングのレベルによって、使用感は全く変わってきます。 自分に合ったラインを見つけるまで、かなりの時間がかかるかもしれませんね。 スロージギングに限らず、ボートや船からのオフショアジギングを楽しむ上で必要とされるのが、ラインシステムの作り方、すなわちラインの結び方です。 これを億劫だと感じて避けていると、いつまで経ってもジギングそのものを楽しむことができません。 最初から知識や結ぶ技術を持っている人なんて、いるはずがないのですから、堂々と初心者であることを名乗り、エキスパートアングラーからラインシステムの作り方を学ぶようにしましょう。 自分の周りにそういうアングラーがいない場合は、釣りサークルに入って仲間を増やしながら知識も増やしていけばいいですし、動画サイトをチェックすれば、結び方ガイドが溢れるほど掲載されていますよ。 じっくりと何度も見ながら、確実に習得できるように努めてください。

次の

OCEANFIELD LightJigging(オーシャンフィールド ライトジギング)|AbuGarcia|釣具の総合メーカー ピュア・フィッシング・ジャパン

アブ ガルシア ショアジギ ング

ソルティスタイルライトジギング アブガルシアから製品化される予定なのが「ソルティスタイルライトジギング」だ。 Salty Style LSJ STLS-962L20-KR• Salty Style LSJ STLS-962ML30-KR• Salty Style LSJ STLS-1032ML30-KR 見ての通り、3種類の竿(ロッド)がピックアップされている。 早速、それぞれの観点から見ていくとしよう。 スペックから見てみると… それぞれのスペックを簡単に表したものが以下のとおりだ。 90 154 5 — 30g 0. 6 — 1. 90 156 7 — 35g 0. 8 — 1. 12 170 10 — 40g 0. 8 — 2. 適合ルアーはライトショアジギングでよく扱われる「18グラム」「28グラム」をクリアしている。 ただ、ライトショアジギングで釣果を出すならば遠投する距離が大切なため、10〜40グラムと幅広いルアーの重さを扱える「STLS-1032ML30-KR」が1番の人気を集めそうな気もする。 特長と性能 ソルティースタイルライトジギングの特長と性能とは何なのか。 このモデルには「KRガイドコンセプト」と「Xカーボンテープ」が搭載されている。 KRガイドコンセプトは富士工業が開発したガイドの重量を50%にも削減した技術である。 これにより感度が比較的にUPしつつ、フッキングするときのパワーがアップしたようだ。 ガイドが強化されたことにより、ライントラブルの減少にも繋がった素晴らしい技術でもある。 Xカーボンテープはカーボンテープの巻き角度を工夫することで「トルクの向上」と「ねじれ防止」に繋がる効果を得ることができる。 過去にも「SXJS-9102M40-KR」といわれるライトショアジギングの竿(ロッド)が存在していた。 ただ、今回の「ソルティースタイルライトジギング」は、ライトショアジギングを、さらに簡単にしたモデルではないかと感じている。 ハマチ、イナダ、ヒラメ、サワラと言った大きめの魚より、気軽に取り込める魚、すなわち、大きめサイズのアジ、ツバス、サゴシ、サバなどの堤防近くに回遊している馴染みある魚達をターゲットとするのに向いているのではなかろうか。 以上のことから身近にライトショアジギングを感じたいという方にオススメする竿(ロッド)である。 紹介した「ソルティースタイルライトジギング」よりも重めのルアーを取り扱うことができる汎用性のある竿(ロッド)でもあります。

次の