兵庫 選挙 区 参議院 2019。 兵庫 開票速報

参院選2019兵庫選挙区(改選数3)の候補者まとめ

兵庫 選挙 区 参議院 2019

現職の高橋氏は今回も出馬されています。 新人の高橋氏は元外務省職員、加田氏は元県議、金田氏は元県議、安田氏はフリーアナウンサー、原氏は会社代表の方です。 清水貴之氏の経歴 名前 しみずたかゆき 性別 男 生年月日 1974年6月29日 年齢 45歳 出身地 福岡県筑紫野市 職業 参議院議員 党派 日本維新 出身校 早稲田大学教育学部 清水氏は現在45歳、1974年6月29日生まれの福岡県筑紫野市出身で 参議院議員の方です。 学歴は、松戸市立根木内中学校、芝浦工業大学柏高校を経て早稲田大学教育学部、関西学院大学大学院商学研究科博士課程前期課程修了をされています。 卒業後、朝日放送にアナウンサーとして入社し、早朝番組などを務める。 2010年は朝日放送を退職し、フリーアナウンサーとして活躍しています。 2013年に参議院議員選挙の兵庫県選挙区から初出馬し初当選しています。 今回は再選を目指す選挙となります。 選挙戦2日目の朝はJR尼崎駅でご挨拶をさせて頂きました。 御通勤、御通学前でお急ぎのところ、多くの方々がビラを受け取って下さいました。 感謝、感謝です! そして本日は1日、松井一郎代表が兵庫県に応援に駆けつけてくれます!皆様是非とも足をお運び下さい! — 清水貴之 参議院議員兵庫県選挙区 CoTakayuki JR尼崎駅北口、11時より松井一郎代表の応援演説が始まりました。 維新の身を切る改革についての熱い訴えに、歩道橋の上からも多くの皆様が傾聴して下さいました! この後、西宮ガーデンズ、阪神カメラ前、大丸神戸店前へと参ります! — 清水貴之 参議院議員兵庫県選挙区 CoTakayuki 高橋光男氏の経歴 名前 たかはしみつお 性別 男 生年月日 1977年2月 年齢 42歳 出身地 宝塚市 職業 元外務省 党派 公明党 出身校 大阪外国語大学 高橋氏は現在42歳、1977年2月生まれの兵庫県宝塚市出身で 元外務省職員の方です。 学歴は、関西創価中学校、高校を経て大阪外国語大学(現大阪大学)中退されています。 2000年に外務省専門職試験に合格し、2001年4月に外務省に入省されています。 外務省在籍中には、ジンバブエ日本大使館、アンゴラ日本大使館、リオデジャネイロ日本総領事館(副領事)ブラジル日本大使館(一等書記官)などを務めています。 2018年に外務省を退職し、公明党国際局次長、青年局次長などをされています。 ビジョン(3つの課題に挑戦) 私は、途上国を支援する政府開発援助(ODA)の政策立案を担当。 2015年には世界各地の女子教育を支援する日米共同プロジェクトにも携わりました。 「女性が輝く社会」の構築は、世界の潮流です。 しかしながら、企業役員や政治家における女性比率、男女間の所得格差など、日本の現状は立ち遅れています。 打開策の実行は待ったなしです。 仕事と子育て、仕事と介護の両立を視野に入れた長時間労働の是正、柔軟な休暇取得の促進など「働き方改革」と、保育士や介護従事者の待遇改善に全力を尽くします。 本日の公明新聞1面に、 昨日の第一声の模様を掲載していただきました。 大変厳しい戦い。 学歴は、神戸市立長峰中学校、東灘高校を出て甲南大学法学部を卒業されています。 卒業後、神戸新聞マーケティングセンター企画編集部に勤務されています。 兵庫県の広報誌や兵庫県議公報などを担当されています。 平成15年衆議院議員奥谷氏の秘書を務め兵庫県議会議員選挙に初出馬し初当選されます。 平成19年に再選をし、平成23年に三選、平成24年には四選目をされています。 自民党参議院選挙公約 自民党参議院選挙公約は以下からご覧ください。 学歴は、石川県立金沢ニ水高等学校を出て金沢大学教育学部を卒業し、法政大学大学院社会学研究科修士課程を修了されています。 卒業後は、NHK富山放送局にて契約キャスターとして勤務、帰郷後2006年に石川テレビに入社し2012年まで石川テレビに勤務されていました。 女優としてテレビドラマにも出演された経験もあります。 特技はスキーで国民体育大会に8回出場されています。 現在はフリーアナウンサーとしてエス・オー・プロモーションに所属されています。 立憲民主党参院選挙公約 立憲民主党の参院選挙公約などは以下からご覧ください。 明石駅前で街宣をしました💐 「高齢女性から『年金が少なくて生活が本当に苦しいの。 なんとかして』という声を聞きました。 その切実な声に、応えたい。 皆さんと同じ普通に働き暮らしてきた1人の市民として、それぞれが抱える生きづらさを政治につなぎたい。 例えば、最低賃金を1300円に。 正規雇用で働く人を増やす。 男女の賃金格差を是正する。 格差を是正すること、ひとりひとりのくらしが一番大切、という当たり前のことを繰り返し言いたい。 10月からの消費税増税に断固として反対します。 消費税率の引き上げを中止して、所得税、資産税、法人税、金融所得課税などを見直し、税の累進性を強化して、公平な税制へと転換します。 暮らし、人権、平和、教育、環境を大切にする国づくりです。 学歴は、日本福祉大学を卒業されています。 卒業後、兵庫県保険医協会主任を経て日本共産党職員に入党されます。 1999年には兵庫県議会議員選挙に出馬し当選されています。 2005年には兵庫県知事選挙に出馬されますが、当時現職の井戸氏に敗れ落選をされます。 2009年の第45回衆院議員選挙に出馬されますが、落選をされます。 2013年の第23回参議院議員選挙に出馬し、220577票を獲得されるも落選となります。 現在は党国会議員団兵庫事務所長、党県農林漁民部長、災害・復興対策委員会などを務めています。 お早うございます。 7月5日、朝は川崎重工神戸工場前からスタートしました。 これまでも仲間と一緒に、時折挨拶と宣伝に立たせてもらっている場所です。 続いて神戸市役所前へ。 清水ただし衆議院議員と合流。 今日はほぼ1日、清水議員と共に政策を語り、支持を広げる予定です。 — 金田峰生 F1988Kaneda 少子化対策。 理想の子どもの人数を下回っている夫婦の最も多い理由は「子育てや教育にお金がかかりすぎる」で56. 賃上げ、正社員化、長時間労働是正、社会保障拡充を思い切って進め、安心して結婚・子育てができる環境を整備することが急務。 それはまともな年金制度ではありません。 「マクロ経済スライド」廃止、積立金200兆円の計画的支給、富裕層の保険料上限引き上げ、正規雇用を増やし賃金を上げて保険料収入を増やすなどで、「減らない年金」「暮らせる年金」へ。 — 金田峰生 F1988Kaneda 日銀短観が出た。 消費税増税の前提は崩れた。 政府は社会保障のためと言って社会保障を削り、今度は教育・子育てのためといって逆の事を狙っている。 国民多数が「消費税増税反対」と言っている。 実際にくらしと経済を潰す危険が強い。 ならば、消費税増税は中止し、別の道を探すのが政治ではないか。 — 金田峰生 F1988Kaneda 原博義氏の経歴 名前 はらひろよし 性別 男 生年月日 1971年 年齢 47歳 出身地 尼崎市 職業 会社経営 党派 NHK国 出身校 ー 原氏は現在47歳、1971年うまれの尼崎市出身で会社経営されている方です。 2013年に尼崎市議会議員選挙に初出馬をされますが、落選をしています。 2019年の兵庫県議会議員選挙伊丹選挙区に出馬をし2922票を獲得されますが、被選挙権がなく無効となり落選をしています。 2019年の宝塚市議会議員選挙に出馬し、966票を獲得されるも落選となります。 笑うのは自由です NHKが必要ない方に受信料の未払いをお勧めしているのは、NHKが頑なにスクランブル放送を実施しないからです — 原 博義 NHKから国民を守る党 参議院兵庫選挙区立候補予定 HaraHiroyoshi 消費税は増税した方が良いと思っています — 原 博義 NHKから国民を守る党 参議院兵庫選挙区立候補予定 HaraHiroyoshi 参議院選挙【兵庫選挙区】2019情勢予想 今回行われる第25回参議院議員選挙は改正により1議席増の定数3名となりました。 定数3名に対して6名の方が立候補しています、現職1名、新人5名の方で日本維新・自民党・公明党・立憲民主党・共産党・NHKから国民を守る党から各1名の方が立候補されています。 定数が1名増加したため公明党が独自候補たて自民党が推薦をしています、与党は長期にわたって政権を維持する安部政権の実績をアピールすると思われます。 対する野党は消費税廃止、憲法阻止を掲げ県民に訴え支持票を獲得されると考えられます。 現職である日本維新は大阪のダブル選挙の勢いがあると考えられ支持票を獲得されていくと思われます。 増えた1議席を巡る選挙戦となりそうです、各候補者の選挙活動、選挙演説、公約などにも注目されそうです。 兵庫選挙区の県民の方はどういった投票をされるのか投票の行方に注目が集まります。 まとめ 今回は第25回参議院議員選挙兵庫選挙区をまとめてみました。 年金2000万問題、消費税、憲法阻止などの問題が争点になると考えられています。 今回の参議院議員選挙兵庫選挙区の県民の判断はどういったものとなるのでしょうか。 投票日は2019年7月21日です。 無効投票が多いと聞かれます、支持する候補者の名前の書き間違い、書き忘れなどないように投票をされてください。

次の

参議院議員選挙【兵庫選挙区】2019候補者と開票結果速報まとめ!|情勢予想や日程|かわらばん屋

兵庫 選挙 区 参議院 2019

兵庫選挙区で、知名度と実力でにらみを利かせていた自民党の鴻池祥肇(こうのいけ・よしただ)元防災相が昨年12月、引退表明後に急逝した。 公募の末、後継に選ばれたのが、元県議の加田(かだ)裕之氏だ。 地元県議は「自民党は、2016年参院選で約64万票を獲得した。 加田氏の知名度の低さを、支持団体などがカバーしている」と語る。 その自民党に肉薄しつつあるのが、日本維新の会から2期目に挑む清水貴之氏。 元朝日放送でアナウンサーを長く務め、13年参院選で2位当選した。 今回も、大阪府知事、市長のダブル選挙で維新が圧勝した勢いで、選挙戦を展開している。 残り1議席をめぐる争いが激烈だ。 公明党は、改選定数が1増となった16年参院選から候補者を再び立て、当選させた。 この「金城湯池」を死守するため、元外務省職員の高橋光男氏を擁立。 公示日に山口那津男党代表が地元入りするなど、必死の戦いだ。 神戸市議がいう。 「高橋氏は兵庫県生まれ、外交官歴17年という国際派。 公明党は16年参院選で獲得した54万票台に乗せたいところ」 そこに、立憲民主党のフリーアナウンサー、安田真理氏が猛追する。 「安田氏は、なかなかの美人のうえ、長年鍛えたノドと滑舌の良さ、笑顔が魅力だ。 急激に支持者を伸ばしている」(ジャーナリスト・田村建雄) PR.

次の

兵庫 開票速報

兵庫 選挙 区 参議院 2019

参議院選挙2019|兵庫県選挙区の立候補者一覧 今回の兵庫県選挙区は改選数3で立候補者は6人です。 加田 裕之 48 自民・新• 金田 峰生 53 共産・新• 清水 貴之 44 維新・現• 高橋 光男 41 公明・新• 安田 真理 40 立憲・新• 原 博義 47 諸派・新 兵庫県選挙区の立候補者 加田 裕之(かだ ひろゆき)の経歴やプロフィール• 名前:加田 裕之(かだ ひろゆき)• 現年齢:48歳• 性別:男• 党派:自民・新• 肩書き:前県議• 学歴:甲南大学法学部 卒業• 職歴:神戸新聞マーケティングセンター企画編集部勤務。 兵庫県広報誌や兵庫県議会広報等を担当する。 阪神淡路大震災以後、震災情報や復興への取り組みを取材する中で政治を志す。 衆議院議員奥谷通公設秘書を経て2003年兵庫県議会議員初当選。 連続4期務めた。 総務常任委員会委員長、自民党全国青年議員連盟会長等を歴任。 主な公約・政策主張 人の命と尊厳を大切にー金田峰生の改革プランー 人間らしく働く• 8時間働けば仏に暮らせる社会に。 長時間労働・サービス残業ゼロ。 雇用は正規を基本に。 暮らしを支える• 医療・介護は「削減に次ぐ削減」から拡充へ。 大学の学費半額へ、奨学金返済なしに。 認可保育所をふやす。 中小企業・農林漁業を産業の柱に。 地域でがんばっている産業や企業の力を伸ばす施策を 弱者いじめただす• 大企業・富裕層が応分に負担する、能力に応じた税金の集め方に 災害から命を守る• 公共事業は、大規模開発より防災対策を重点に。 生活再建支援金は300万円(全壊)を500万円に。 憲法いかす外交• 問題解決に必要なのは軍事力ではなく対話力。 憲法9条を生かした平和外交をすすめる。 より 主な公約・政策主張 志 取材で何度も訪れた東日本大震災の被災地。 現場からは様々な要求や不満の声が上がるものの、永田町や霞が関では形だけの会議が繰り返され、復興は一向に進まず…。 さらには「復興予算の流用問題」も発覚し、我が物顔で限りある貴重な税金を奪いあう省庁の姿も目の当たりに。 そこで感じた、「なぜ現地で苦しんでいる皆さんの声を聞かないのだろう?私利私欲に走るのではなく、困っている人の話を聞いて、それを政策に反映させていくのが政治なのではないのだろうか?」という思いが、私が政治家を志した一番大きな理由です。 時を同じくして、「維新」との出会いがありました。 「東京一極集中を打破し、地方からこの国の形を変える」 「既得権と戦い、しがらみのない政治をする」 「税金の無駄遣いにメスを入れ、本当に必要なところへ財源を回す」 当たり前のようで、しかしこれまで誰も出来なかった改革ができるのは橋下さんの「維新」しかない。 その思いで「維新」の門を叩きました。 これからもその当時の思いを決して忘れることなく、そして現場第一主義で活動してきたいと思います。 より 高橋 光男(たかはし みつお)の経歴やプロフィール• 名前:高橋 光男(たかはし みつお)• 現年齢:41歳• 性別:男• 党派:公明・新• 肩書き:元外務省職員• 学歴:大阪外国語大学(現大阪大学)中退• 職歴:2000年外務省専門職試験合格。 2001年4月外務省入省。 在ジンバブエ大使館、アンゴラ日本大使館、リオデジャネイロ日本総領事館などで勤務。 2014年には総理通訳としてポルトガル、ブラジルに安倍総理と同行する。 2018年外務省を退職し、公明党国際局次長を務める。 主な公約・政策主張 生活者の視点で、安心・安全な社会を!• ハード・ソフト両面の防災・減災対策、命を守るインフラ整備で災害に強い国へ。 地域医療・介護・公共交通・バリアフリーの充実で、高齢者に安心な地域を。 子育て支援の強化、働き方改革を進め、女性・若者・障がい者が輝く社会へ。 地域の力を結集し、魅力ある兵庫創生を!• 兵庫の食や文化の魅力を磨き、国内外に発信し、誰もが愛する観光立国・兵庫を。 新産業群の誘致、中小企業の海外展開支援、農林水産漁業の成長産業化を後押し。 道路交通網の整備加速化、関西3空港・神戸港の発展で地域経済を活性化。 日本の未来を拓き、世界への貢献を!• 子どもの未来を拓く力を育てる教育改革、教育無償化・海外留学を推進。 東京オリンピック・パラリンピックを通じて、スポーツ立国、文化芸術立国へ。 「人間の安全保障」に基づく平和外交で、東アジアと国際社会の平和と安定を。 より 安田 真理(やすだ まり)の経歴やプロフィール• 名前:安田 真理(やすだ まり)• 現年齢:40歳• 性別:女• 党派:立憲・新• 肩書き:フリーアナウンサー• 学歴:法政大学大学院社会学研究科修士課程 修了• 職歴:石川テレビ放送株式会社勤務(アナウンサー、ディレクター、記者業務) NHK富山放送局勤務(情報番組キャスター、ディレクター業務)を務める。 主な公約・政策主張 ご本人の公式HPがありませんでしたので、所属党の公約を一部掲載します。 国のかたち• 立憲主義に基づき権力に歯止めをかけ、国民の権利を守る観点から、憲法及び関連法について議論します。 その上で、国民にとって真に必要な改定すべき事項について検討します。 民主主義に不可欠な情報アクセス権、報道の自由など表現の自由を守るとともに、人権としてのプライバシー権を確立します。 等 外交・安全保障• 我が国周辺の安全保障環境を直視し、専守防衛のための自衛力を着実に整備して国民の生命・財産、領土・領海・領空を守ります。 領域警備法の制定、周辺事態対処の強化などにより、主権を守るため現実的な安全保障政策を推進します。 主権と人権の重大な侵害である北朝鮮による拉致問題について、最後の一人の救出まで、解決に全力で取り組みます。 等 共生社会• 多様な個性や価値観が認められ、基本的人権が尊重される「共に生きる社会」を実現します。 すべての人に居場所と出番のある社会を目指し、多様な主体が参加して「公」を担う「新しい公共」を推進します。 等 教育・子ども・子育て• 社会全体ですべての子どもの育ちを支援し、子どもの貧困、特に親から引き継がれる貧困の連鎖を断ち切ります。 子どもの権利条約の「生命・生存・発達の権利」を明確に保障し、子どもが健全に育つことのできる環境をつくります。 等 暮らしの安心• 地域の絆を強め、医療・介護・教育などが連携することによって、地域包括ケアシステムを拡充し、地域の「支え合いを支える」仕組みを構築します。 安心して子育てができ、認知症などで介護が必要になっても住み慣れた地域で暮らすことのできる「見守りのネットワーク」をつくり、社会保障の日本モデルを確立します。 等 経済、産業、農林水産業• 一人ひとりの持てる力が発揮され、幸福が実感できる経済を実現します。 自由貿易体制の発展にリーダーシップを発揮し、多国間・二国間での経済連携については、日本の利益の最大化を図ります。 等 エネルギー・環境、災害・震災復興• 原発ゼロを一日も早く実現するため、原発ゼロ基本法を制定します。 原発の新増設(建設中、計画中を含む)は中止します。 等 より 原 博義(はら ひろよし)の経歴やプロフィール• 名前:原 博義(はら ひろよし)• 現年齢:47歳• 性別:男• 党派:諸派・新(NHKから国民を守る党)• 肩書き:整体院院長• 学歴:兵庫県立西宮南高校 卒業• 職歴:整体院エイト経営 で確認できます。 はこちら。 氏名 得票数 得票率 政党 新旧 当選 末松 信介 641,910 26. 公明党は2016年で議席を獲得し、連続獲得を目指すべく、高橋氏が出馬します。 維新の清水氏は唯一の現職です。 先日の大阪府知事+大阪市長W選挙で勝利した勢いで連続再選をめざしています。 全国的に風が吹いている立憲民主からは安田氏。 共産は2013年、2016年と出馬している金田氏です。 過去、立候補の経験があるのは、共産の安田氏と現職維新の清水氏です。 共産の安田氏は前回、前々回と約22万票を獲得しています。 今回も同程度、またはそれ以上を確保してくるでしょう。 現職維新の清水氏。 しかし、先日の統一地方選で自民党に勝利した維新。 風は吹いているようです。 安田氏は新人でどこまで支持を得られるかは未知数ですが、当落ラインに浮上してくることは確実でしょう。 公明党の高橋氏は、2016年の伊藤氏の54万票程度を得票することが考えられます。 自民党の加田氏はどこまで支持を広げることができるしょうか。 鴻池氏のご長男を抑えての立候補ということもあり、鴻池氏の80万票は行かないまでも2016年の末松氏の64万票は超えてくる可能性もあります。 投票率は2013年53. 理由は「18才選挙権」。 2019年も投票率が同等程度であれば、当落ラインは50万票辺りになりそうです。 厳しい社会状況の中、共産金田氏が票を伸ばす可能性があります。 統一地方選での自民党の逆風も加味する必要がありそうです。 兵庫県は投票率0. 有権者の興味喚起だけでも結果を左右する余地がありそうです。 各氏の得票数によっては、公明の組織票ですら危うくなる可能性もでてくるでしょう。 まったく予想ができない大混戦となりそうです。 政党にとっても注目すべき大切な選挙区となっています。 これほど自由に選べる選挙区も稀なのです。 あなたの一票で日本の将来を変えることができるかもしれません。 ぜひ投票に行きましょう。 参考サイト: 、 直近の選挙• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 5月 25, 2020• 5月 25, 2020• 5月 25, 2020• 5月 25, 2020.

次の