関東 水不足 2020。 水不足再来の可能性大。脆弱な首都圏の水事情を知っておこう

2020東京五輪の水不足対策できているか?

関東 水不足 2020

関東のダム貯水率の最新情報でも利根川水系8つのダムの合計が「39%」という水位。 ここ数日の雨で若干回復しただけです。 6月16日には利根川水系で10%取水制限が開始され、6月11日にすでに10%取水制限が始まっていた渡良瀬川では6月25日かた20%取水制限に引き上げられました。 今年の夏は東京など首都圏で本当に渇水が起こりそうな気配が漂ってきました。 東京オリンピック渇水以降、東京の水源は大きかわって水不足対策がされたはずなのに、2016年の首都圏の水がめのダム貯水量が回復しないのはなぜ!? 東京オリンピック渇水から大規模工事で大きく変わった首都圏の水がめ 1964年に開催され、日本中が熱狂した「東京オリンピック」の直前まで実は東京で深刻な水不足で渇水状態だったんです。 えっ、本当に!? そんなわけないでしょ? と信じられないかもしれませんが1964年は、2016年の今年以上の水不足が関東で起きていました。 給水制限も50%以上という想像できないレベルです。 東京の歴史上最大の危機といわれた「東京五輪渇水」の翌年1965年から関東の水がめが大きく変わりました。 東京オリンピック渇水での教訓を生かして大規模工事が行われることになりました。 東京オリンピック渇水があった1964年までは、関東の水がめは多摩川上流の小河内ダムだけに依存していました。 水源が1本しかない綱渡りのような危険な状態でした。 それが、1965年に「3つの水路が繋がる」ことになり、関東のみずがめが強化されます。 1965年に通水して繋がった3つの水源は、 ・多摩川 ・荒川 ・利根川 以上の3つの河川です。 関東だけでなく、全国的にも有名な川ばかりですね。 どのようにつながったかというと、 水路や連絡管で3つの大きな川をつなぐことに成功しました。 3つの水源を確保できたことは、東京などの首都圏に安心感をもたらしたことでえしょうね。 あんなに多くの人口を抱える関東で、東京オリンピックの年まで水源が1本だったのが不思議なくらいです。 3つの水源が繋がったことで、首都圏の水がめの割合も大きく変わりました。 それまで一番頼りにしていた多摩川水系の水源量は「19%」になりました。 反対に利根川水系と荒川水系が合わせて「78%」となり、コチラの方が多くなったのです。 あんなに大きな3つの川を繋ぐって大変なことですよね。 それを東京オリンピックの翌年に始めちゃうんですから、 東京など首都圏では水不足対策に対してかなり真剣に取り組むようになったのでしょうね。 東京オリンピックのような大イベントを控えている年に大規模な渇水を経験してしまったので、 2度と同じような渇水を起きないようにしようという本気度合いが工事の大きさに現われています。 そして、現在関東の水がめは1992年以降、8ダム体制になっています。 8つのダムがあると思うと、少しは安心感が違いますね。 少々の水不足ならクリアできそうな気さえしてきます。 それでも2016年の今年のように関東で大規模な渇水が起き、水不足に陥っているのですから、 水の確保がいかに難しいか考えさせられますね。 もし、現在も東京オリンピック当時の1つの水源体制だったら、とっくに大規模渇水になっているかもしれません。 水源をダムだけに頼るのは限界があるのかもしれません。 過去に関東の利根川水系で渇水により、15%給水制限が行われたのはいつ? 東京オリンピック渇水以降、3つの水源がつながってから関東の水不足は飛躍的に改善されました。 それでも過去に15%給水制限までいったことが3度あります。 ・1987年…15%給水制限 ・1994年…15%給水制限 ・1996年…15%給水制限 29年前の1987年の水不足も2016年と同じく、梅雨時期に起きました。 この時は、学校や市民プールが中止になりました。 子供たちだけでなく、大人たちもツライ決断だったと思います。 19994年は「平成6年渇水」と一般的に呼ばれています。 日本列島ほとんで渇水により水不足が起こりました。 九州北部から、中四国、近畿、東海、関東にかけてと広い範囲にわたって水不足が深刻に。 東京で15%の給水制限にまで引き上げられる状況でした。 ただ、少しの地域だけでしか断水までにはならなかったようです。 でも、15%の給水制限は日本の各地で経験してるってことですね。 特に、関東では、8つもダムがあるにもかかわらず、渇水がなくなりませんよね。 なんで?渇水がなくならないのか気になってしょうがないです。 それと「取水制限」や「給水制限」という言葉ってちがいが分かりにくくて、ややこしいですよね。 私もこの記事を書いている途中で、何度も変換ミスをしてしまい、打ち直しています。 2016年は水不足が深刻な関東で渇水がなくならないのは、なぜ? 東京オリンピック渇水から大きく変わった東京の水源は3つも水系が繋がっているという恵まれた状態です。 毎年、頻繁に水不足のニュースが絶えない四国地方からすると羨ましい限りではないでしょうか。 ではなぜ、水源に恵まれている関東で、渇水による水不足が完全になくならないのでしょうか? 水源の確保は、過去の東京オリンピック渇水の教訓が生かされて確実によくなっているそうです。 首都圏の水がめ事情は日本のなかでも格段に良くなっている状態です。 けれど、自然が相手のことなので、「限界」というのは必ずあるそうです。 それと、首都圏の人口が増え続けていることによって「水」 が大量に必要になっています。 大量にに水を使うようになったライフスタイルにも原因があると思います。 だったらダムをもっといっぱい作ればと思ってしましますが、 無駄に大きなダムを何個も作りすぎてもいけないそうです。 ダムを作りすぎてしますと、自然破壊や環境の急激な自然環境の変化が起きてしまうなどのデメリットがあるからです。 今の8つのダム体制は、通常の平年並みの気象条件など想定内の状況が続く場合、十分水が足りる状況だそうです。 それが想定を超えてしまうと、2016年の今年のような関東での渇水による水不足が起きてしまうのです。 やはり、今ある「ダム」や「ダムに貯えられた水」を大事に 一人一人が大切につかうことが必要になってきますね。 それと、ダム以外での渇水対策を真剣に考えないといけない時がきているように思います。 関東の利根川水系での「取水制限」や「給水制限」で影響ある地域ってどこ? 関東地方では6月16日から利根川で10%取水制限が開始されました。 渡良瀬川での取水制限は、6月25日に10%から20%に引き上げられています。 渡良瀬川流域の取水制限では、大したことはないようですが、 栃木県と群馬県の11市町に少し影響があるそうです。 利根川水系の取水制限は、どの地域が対象地域となっているのでしょう? 関東や首都圏といっても広い地域なので分かりづらいですよね。 人口が集中する東京にも影響あるの? と気になって仕方がない方も多いと思われます。 今は、一般家庭には影響がないといわれている取水制限10%の状態ですが、 取水制限の割合がひきあげられたり、給水制限が始まったら生活にも影響が出てきますよね。 自分が住んでいる地域が対象になっているかどうかも知りたいですよね。 利根川水系での取水制限の対象となっている地域を紹介しておきます。 渡良瀬川の取水制限は、栃木と群馬の限られた地域だけですが、 利根川となると「いよいよか~」と心配になりますね。 まだ「10%」でしかも「取水制限」の状態ですが、 今後もカラ梅雨の水不足が続けば、夏の東京や関東は大渇水になるかもしれません。 今からでも「節水」や「水を大事にするこころ」を育むことにチャレンジしてみてはどうでしょうか。 あなたなら立派な水不足対策ができるはずです。 まとめ 東京オリンピック渇水以来、格段に良くなった関東の水がめ事情。 1965年の大規模工事により、3つの水源が繋がって首都圏は水源に恵まれることに。 2016年の関東での水不足が解消しないのは、自然相手のことで想定内を超えた状況になっているから。 東京五輪渇水以降で、15%給水制限になったことは3度ある。 今年の関東はどうなる!? 利根川水系の取水制限では関東の広範囲が対象地域になっている! 2016年の8月は猛暑やゲリラ豪雨など平年以上に異常気象に見舞われています。 水不足が深刻だった東日本 2017年の2月3日節分までもうすぐですね。 節分といえば、一年の無病息災や厄除けを祈って丸かぶりする 2016年からイオンでもブラックフライデーが始まりました。 初めてのイベントだったので、近所のイオンモ 2016年7月4日(月)の夕方ごろ関東地方では青空から一変して大荒れの天気となりました。 突然のゲリラ 2016年6月13日(月)から昨日14日(火)にかけての大雨で関東地方の水不足が解消されるのでは? と 2017年1月9日 月・祝 は、新成人の門出を祝う成人式です。 ちょうど同じ時期に、全国的にも有名な関 イオンのひなまつりケーキは種類が多くておすすめ!定番の苺のショートケーキや苺のタルトなどイチゴ尽くし 2016年のクリスマスケーキを地元のスーパーで購入する場合、人気商品はすでに予約完売している 2016年6月24日(金)は、日本列島の広い範囲でまとまった雨のお天気となっていますね。 水不足による 無印良品福袋2017の中身ネタバレと予約方法についてまとめました。 2017年の無印の.

次の

関東で2016年の水不足がなぜ解消されない?東京五輪渇水の教訓は生かされないのか

関東 水不足 2020

関東地方の水不足は深刻な状況にあるといいます。 大規模なダムというと大抵は山奥の交通不便なところにあるものですが、電車で気軽に行けるところに相模ダムがあります。 JR中央線相模湖駅から歩いてすぐです。 高尾駅までは電車の本数も多いのですが、一駅先の相模湖駅まで行く電車は一気に少なくなります。 しかし、水量は十分にあるように見受けられます。 対岸に渡り津久井湖方面に向かう県道の相模湖大橋から200mほど下流側に、相模ダムがあります。 相模ダムによって相模湖ができたということになります。 相模川は富士五湖の一つである山中湖を源泉とし、山梨県から神奈川県にかけて109kmに渡って流れる神奈川県最大の1級河川で、相模ダムの歴史は古く、1938年(昭和13年)に計画されたものです。 戦中、戦後を乗り越えて、完成は1947年(昭和22年)だったといいます。 東京都八王子市から高尾山のある小仏トンネルを越えると、山梨県かと思いますが、ここは旧相模湖町、現在は相模原市緑区で神奈川県です。 堤高58.4m、堤頂長196mの重力式コンクリートダムで、貯水量は6320万立方メートルです。 我が国最初の河川の総合開発事業で、また神奈川県が全国に先駆けて行った広域的な水源開発事業として、京浜工業地帯の発展や人口増加による水供給増に対応してきました。 古いダムなので観光用には造られていませんから、宮ヶ瀬ダムのようなインクラインやエレベーターはありません。 下を覗き込むと、やはり怖いです。 貯水量は豊富でしたが放流はしておらず、チョロチョロと水が流れ出ているだけでした。 このダムは発電にも利用されており、相模発電所があり31000kwの発電能力があります。 また、下流で河川として必要な水量や水道用水に必要な水量を確保する役割も果たしています。 さらに、見てまわりましょう。 ダムのすぐ近くには、県立相模湖交流センターがあり、その2階にある「ともしび喫茶青林檎」に立ち寄りました。 ここには、ダムカレーがありました。 ダムに見立てたご飯でダム湖のカレーを堰き止めたカレーライスを、各地のダム近くで食べられるというものです。 公共施設の中にあるためか、サラダ、味噌汁付きで500円と、観光地価格でなくお手頃価格です。 さほど空腹でも無いのに思わず注文してしまいました。 この建物内には相模湖記念館というダムPRのためのコーナーもあります。 各モニターの画面はついているものの、天井の明かりが節電のためか消されており、さらに空調は消されているので、暑くてあまり見ることができませんでした。 なお、この建物の1階受付では相模ダムのダムカードをもらえます。 すぐ近くには、相模ダム管理事務所があり、こちらは平日のみですがダムカードをもらうことができます。 事務所で聞いてみると、しばらく歩けば国道20号線から見られるスポットがあるといいます。 けっこう遠いと言われましたが、歩いてみると意外にも近いところでした。 ただし、もともと天気が悪い上に、ちょうど水面近くに靄がかかってしまい、あまり期待通りの景色は見られませんでした。 最後になりましたが、関東地方の水不足とこの大量な相模ダムの水量とは関係ないことがわかりました。 よく関東地方のニュースで1都6県という言葉を聞きますが、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県のことです。 しかし、水不足は1都5県の問題なのです。 神奈川県以外の1都5県では、多くの水を利根川水系に依存していますが、神奈川県は関東地方からいわば独立しており、相模川と酒匂川から水が供給されているのです。 神奈川県は関係ないということでちょっと羨ましいですが、でも、逆の場合も起こりうるということです。 平成6年や8年の渇水期よりも深刻といいますから、関東北部に雨が降ることを祈ります。 ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。 いずれかポチッとお願いします。

次の

記録的な暖冬で雪不足に!? 飲料水や生活用水への影響は…?

関東 水不足 2020

関東のダム貯水率の最新情報でも利根川水系8つのダムの合計が「39%」という水位。 ここ数日の雨で若干回復しただけです。 6月16日には利根川水系で10%取水制限が開始され、6月11日にすでに10%取水制限が始まっていた渡良瀬川では6月25日かた20%取水制限に引き上げられました。 今年の夏は東京など首都圏で本当に渇水が起こりそうな気配が漂ってきました。 東京オリンピック渇水以降、東京の水源は大きかわって水不足対策がされたはずなのに、2016年の首都圏の水がめのダム貯水量が回復しないのはなぜ!? 東京オリンピック渇水から大規模工事で大きく変わった首都圏の水がめ 1964年に開催され、日本中が熱狂した「東京オリンピック」の直前まで実は東京で深刻な水不足で渇水状態だったんです。 えっ、本当に!? そんなわけないでしょ? と信じられないかもしれませんが1964年は、2016年の今年以上の水不足が関東で起きていました。 給水制限も50%以上という想像できないレベルです。 東京の歴史上最大の危機といわれた「東京五輪渇水」の翌年1965年から関東の水がめが大きく変わりました。 東京オリンピック渇水での教訓を生かして大規模工事が行われることになりました。 東京オリンピック渇水があった1964年までは、関東の水がめは多摩川上流の小河内ダムだけに依存していました。 水源が1本しかない綱渡りのような危険な状態でした。 それが、1965年に「3つの水路が繋がる」ことになり、関東のみずがめが強化されます。 1965年に通水して繋がった3つの水源は、 ・多摩川 ・荒川 ・利根川 以上の3つの河川です。 関東だけでなく、全国的にも有名な川ばかりですね。 どのようにつながったかというと、 水路や連絡管で3つの大きな川をつなぐことに成功しました。 3つの水源を確保できたことは、東京などの首都圏に安心感をもたらしたことでえしょうね。 あんなに多くの人口を抱える関東で、東京オリンピックの年まで水源が1本だったのが不思議なくらいです。 3つの水源が繋がったことで、首都圏の水がめの割合も大きく変わりました。 それまで一番頼りにしていた多摩川水系の水源量は「19%」になりました。 反対に利根川水系と荒川水系が合わせて「78%」となり、コチラの方が多くなったのです。 あんなに大きな3つの川を繋ぐって大変なことですよね。 それを東京オリンピックの翌年に始めちゃうんですから、 東京など首都圏では水不足対策に対してかなり真剣に取り組むようになったのでしょうね。 東京オリンピックのような大イベントを控えている年に大規模な渇水を経験してしまったので、 2度と同じような渇水を起きないようにしようという本気度合いが工事の大きさに現われています。 そして、現在関東の水がめは1992年以降、8ダム体制になっています。 8つのダムがあると思うと、少しは安心感が違いますね。 少々の水不足ならクリアできそうな気さえしてきます。 それでも2016年の今年のように関東で大規模な渇水が起き、水不足に陥っているのですから、 水の確保がいかに難しいか考えさせられますね。 もし、現在も東京オリンピック当時の1つの水源体制だったら、とっくに大規模渇水になっているかもしれません。 水源をダムだけに頼るのは限界があるのかもしれません。 過去に関東の利根川水系で渇水により、15%給水制限が行われたのはいつ? 東京オリンピック渇水以降、3つの水源がつながってから関東の水不足は飛躍的に改善されました。 それでも過去に15%給水制限までいったことが3度あります。 ・1987年…15%給水制限 ・1994年…15%給水制限 ・1996年…15%給水制限 29年前の1987年の水不足も2016年と同じく、梅雨時期に起きました。 この時は、学校や市民プールが中止になりました。 子供たちだけでなく、大人たちもツライ決断だったと思います。 19994年は「平成6年渇水」と一般的に呼ばれています。 日本列島ほとんで渇水により水不足が起こりました。 九州北部から、中四国、近畿、東海、関東にかけてと広い範囲にわたって水不足が深刻に。 東京で15%の給水制限にまで引き上げられる状況でした。 ただ、少しの地域だけでしか断水までにはならなかったようです。 でも、15%の給水制限は日本の各地で経験してるってことですね。 特に、関東では、8つもダムがあるにもかかわらず、渇水がなくなりませんよね。 なんで?渇水がなくならないのか気になってしょうがないです。 それと「取水制限」や「給水制限」という言葉ってちがいが分かりにくくて、ややこしいですよね。 私もこの記事を書いている途中で、何度も変換ミスをしてしまい、打ち直しています。 2016年は水不足が深刻な関東で渇水がなくならないのは、なぜ? 東京オリンピック渇水から大きく変わった東京の水源は3つも水系が繋がっているという恵まれた状態です。 毎年、頻繁に水不足のニュースが絶えない四国地方からすると羨ましい限りではないでしょうか。 ではなぜ、水源に恵まれている関東で、渇水による水不足が完全になくならないのでしょうか? 水源の確保は、過去の東京オリンピック渇水の教訓が生かされて確実によくなっているそうです。 首都圏の水がめ事情は日本のなかでも格段に良くなっている状態です。 けれど、自然が相手のことなので、「限界」というのは必ずあるそうです。 それと、首都圏の人口が増え続けていることによって「水」 が大量に必要になっています。 大量にに水を使うようになったライフスタイルにも原因があると思います。 だったらダムをもっといっぱい作ればと思ってしましますが、 無駄に大きなダムを何個も作りすぎてもいけないそうです。 ダムを作りすぎてしますと、自然破壊や環境の急激な自然環境の変化が起きてしまうなどのデメリットがあるからです。 今の8つのダム体制は、通常の平年並みの気象条件など想定内の状況が続く場合、十分水が足りる状況だそうです。 それが想定を超えてしまうと、2016年の今年のような関東での渇水による水不足が起きてしまうのです。 やはり、今ある「ダム」や「ダムに貯えられた水」を大事に 一人一人が大切につかうことが必要になってきますね。 それと、ダム以外での渇水対策を真剣に考えないといけない時がきているように思います。 関東の利根川水系での「取水制限」や「給水制限」で影響ある地域ってどこ? 関東地方では6月16日から利根川で10%取水制限が開始されました。 渡良瀬川での取水制限は、6月25日に10%から20%に引き上げられています。 渡良瀬川流域の取水制限では、大したことはないようですが、 栃木県と群馬県の11市町に少し影響があるそうです。 利根川水系の取水制限は、どの地域が対象地域となっているのでしょう? 関東や首都圏といっても広い地域なので分かりづらいですよね。 人口が集中する東京にも影響あるの? と気になって仕方がない方も多いと思われます。 今は、一般家庭には影響がないといわれている取水制限10%の状態ですが、 取水制限の割合がひきあげられたり、給水制限が始まったら生活にも影響が出てきますよね。 自分が住んでいる地域が対象になっているかどうかも知りたいですよね。 利根川水系での取水制限の対象となっている地域を紹介しておきます。 渡良瀬川の取水制限は、栃木と群馬の限られた地域だけですが、 利根川となると「いよいよか~」と心配になりますね。 まだ「10%」でしかも「取水制限」の状態ですが、 今後もカラ梅雨の水不足が続けば、夏の東京や関東は大渇水になるかもしれません。 今からでも「節水」や「水を大事にするこころ」を育むことにチャレンジしてみてはどうでしょうか。 あなたなら立派な水不足対策ができるはずです。 まとめ 東京オリンピック渇水以来、格段に良くなった関東の水がめ事情。 1965年の大規模工事により、3つの水源が繋がって首都圏は水源に恵まれることに。 2016年の関東での水不足が解消しないのは、自然相手のことで想定内を超えた状況になっているから。 東京五輪渇水以降で、15%給水制限になったことは3度ある。 今年の関東はどうなる!? 利根川水系の取水制限では関東の広範囲が対象地域になっている! 2016年の8月は猛暑やゲリラ豪雨など平年以上に異常気象に見舞われています。 水不足が深刻だった東日本 2017年の2月3日節分までもうすぐですね。 節分といえば、一年の無病息災や厄除けを祈って丸かぶりする 2016年からイオンでもブラックフライデーが始まりました。 初めてのイベントだったので、近所のイオンモ 2016年7月4日(月)の夕方ごろ関東地方では青空から一変して大荒れの天気となりました。 突然のゲリラ 2016年6月13日(月)から昨日14日(火)にかけての大雨で関東地方の水不足が解消されるのでは? と 2017年1月9日 月・祝 は、新成人の門出を祝う成人式です。 ちょうど同じ時期に、全国的にも有名な関 イオンのひなまつりケーキは種類が多くておすすめ!定番の苺のショートケーキや苺のタルトなどイチゴ尽くし 2016年のクリスマスケーキを地元のスーパーで購入する場合、人気商品はすでに予約完売している 2016年6月24日(金)は、日本列島の広い範囲でまとまった雨のお天気となっていますね。 水不足による 無印良品福袋2017の中身ネタバレと予約方法についてまとめました。 2017年の無印の.

次の