夜 に なると 鼻 づまり。 奇跡は一晩で起きた!慢性的な鼻づまりの原因の解消法!

鼻が詰まって眠れないメカニズムと対処法

夜 に なると 鼻 づまり

鼻づまりの正体 鼻づまりって昼間は大丈夫でも夜寝る前に悪化することが多いですよね。 鼻が詰まって眠れない 時に勘違いしがちなのが鼻づまりは鼻水がつまっているものではなく「鼻づまりは鼻の奥にたまった鼻水が全部できってしまえば治るもの」ではないということです。 鼻づまりの正体は鼻腔内の粘膜が腫れていて、空気の通り道が狭くなっていることです。 交感神経は日中に活動するときに働く神経で血管を収縮させる働きがあるのですが、副交感神経は夜にリラックスしてる時や寝ている間に働く神経で血管を広げる働きがあります。 もともと夜になると血管が広がりやすくなる体質に加えて風邪やアレルギー性鼻炎などによって鼻腔内の粘膜が腫れている時は、夜になると鼻づまりがより一層ひどくなるということが起こります。 鼻腔の粘膜が炎症を起こしていて鼻腔が狭くなっている時に夜になって副交感神経によって鼻腔の血管が拡がることで鼻腔がさらに狭くなって鼻づまりが起こるのです。 鼻づまりを放置すると・・・ 鼻づまりはよくある症状なので鼻づまりが出てきてもあまり問題視されず「そのうち治る」と放っておかれがちですが、鼻づまりが悪化すると常に頭が重く感じたり身体がだるくなり注意力や集中力が低下するだけでなく、 他の症状につながることがあるので 鼻が詰まって眠れない 時には早い対処が大切です。 鼻づまりによって口呼吸になることから喉が乾燥しがちになり、喉が炎症して咳が出たり風邪に発展したり二次症状が現れますので注意が必要です。 また呼吸もしづらくなるため寝つきが悪くなるだけでなく「 口呼吸をすると睡眠の質が悪くなる」ことがわかっているので安眠も妨げられて体調不良や精神的なストレスを感じるようになります。 また鼻づまりは、ぜんそくと密接な関係にあるという研究結果が出ています。 ぜんそく患者の約7割が鼻づまりなどの鼻炎症状に悩まされているという調査結果が発表されました。 鼻づまりで口呼吸が続き喉が乾燥している状態が長く続くと喉が慢性的に炎症している状態が続いて咳喘息が発症する原因やもともと喘息の人は悪化する原因になることもあるので注意が必要です。 鼻づまりの原因 アレルギー性鼻炎 日本人の約4割もの人が、アレルギー性鼻炎であるというデータがあります。 鼻が詰まって眠れない 人の中で最も多い原因がアレルギー性鼻炎です。 自分はアレルギーではないという方でもアレルギーというのは一定量のアレルギー物質が体内に溜まった時に発症するため、 大人になってからアレルギーになる方もいらっしゃいます。 鼻から吸い込まれたホコリや動物の毛や汚染された空気の中の化学物質などに対して鼻粘膜が過剰に反応するというのがその正体です。 過剰に反応した粘膜が毛細血管を拡張して炎症を起こします。 鼻の中の粘膜の腫れは空気の通り道を塞いでしまい、鼻づまりという症状になります。 アレルギーには季節性と通年性と 寒暖差アレルギーの3タイプがあります。 季節性と通年性はその名の通りなのですが「寒暖差アレルギー」とは寒い外から暖かい部屋に入った時に急激な温度差が鼻の粘膜にとっての刺激となり鼻水・鼻づまりなどアレルギー症状を引き起こすことです。 大きな温度差が刺激として鼻の粘膜の血管を広げて「粘膜がむくむ」ことにより鼻水や鼻づまりなどのアレルギー症状に繋がる他寒暖差アレルギーは更年期障害でもよく起こります。 鼻中隔弯曲症 鼻の穴の間に仕切りってありますよね。 そこの奥の左右の鼻腔を分けている「鼻中隔」という壁が生まれつき曲がっているため空気の流れが悪いという鼻づまりになりやすい体質の方がいらしゃいます。 鼻たけ 副鼻腔炎による粘膜の腫れがずっと続いたり何度も繰り返し起こることで、粘膜の腫れが戻らなくなったものを鼻たけと言います。 副鼻腔の入り口にできやすく鼻腔内の粘膜にできる鼻たけ(ポリープ)が空気の流れを妨げます。 咽頭扁桃(アデノイド)の腫れ 鼻からの空気の通り道にある咽頭扁桃という部分が腫れて肥大すると鼻での呼吸がしづらくなります。 5~6歳の子供によく起こり、子どもの鼻づまりの原因としては最も多いものです。 また5~6歳の時期にこの症状が続いた人でその後も続いていた方の中には大人になってもこの症状が出る方がいらっしゃいます。 鼻が詰まって眠れない ことが頻繁に起こる方はこれかもしれません。 外部刺激 アレルギー物質以外の異物または辛さなどによる外部からの刺激によっても鼻づまりが起こります。 一時的な鼻づまりの緩和方法 上体を高くした体勢で寝る 平らな状態で寝てしまうとどうしても鼻づまりを起こしてしまいます。 腰から頭にかけてバスタオルやクッションや枕で なだらかな傾斜を作って状態を高くした体勢で寝ると鼻づまりが緩和できます。 この時に頭だけを上げる体勢にならないように注意してください。 頭だけが上がった状態で寝ると喉が圧迫されてそれがさらに鼻腔を狭くして余計に鼻づまりがひどくなる可能性があるからです。 管理人が大学で習った鼻づまりを緩和する呼吸法 1.まずは息をできるだけ深く吸います。 2.次に吐けなくなるまでできるだけゆっくりと息を吐きます。 3.息を止めてそのまま鼻をつまみます。 4.そのまま頭を上下2秒ずつ動かします。 5.4を息が苦しくなるまで続けます。 (我慢しすぎ注意) 加湿器を付ける 空気が乾燥し過ぎていると鼻が詰まりやすくなります。 加湿器をつけて適度な湿度を保つとよいでしょう。 加湿器がない場合は洗濯物を干したりバスタオルを濡らして寝ている部屋に干すだけでも少しの加湿効果があります。 神経のマッサージ 鼻の両脇と頬骨の下に通っている神経を指で刺激すると鼻づまりが緩和されます。 可能であれば 右の鼻がつまっている場合は左側が下になるように、左の鼻がつまっている場合は右側が下になるように横になってマッサージをするのが効果的です。 鼻の両脇と頬骨の下に痛い所がありますのでそれを探して思い切り押します。 ただしそこを押すと鼻水が一気に出ますのでティッシュの用意をしてからすることをおすすめしますよ。 お風呂(浴槽)に入る。 または蒸しタオルを鼻に当てる お風呂に入るのがよいのですが時間がない場合や体調が悪い場合は蒸しタオルを鼻に当てると鼻の粘膜のむくみがよくなり鼻が通りやすくなります。 当てる場所は 鼻の上ではなく、眉間付近に当ててください。 調子がよければ鼻が通るし口呼吸になってしまっても蒸しタオルの効果で、喉がひどく乾燥することもないので喉を傷める心配も減ります。 鼻づまりで眠れない方はぜひ実践してみてはいかかでしょうか。 仕事中など お化粧が気になる方はラップに包んだ蒸しタオルを使うとよいですよ。 辛い物を食べる 辛い物好きな方限定の鼻づまりを緩和する方法です。 鼻づまりで悩む人の中にお風呂に入ったり温かいものを食べたりすると鼻が通ったという覚えがある人がいると思いますが、これは鼻腔が広がったり粘膜のむくみがとれたりして空気が通るようになるからです。 ヴイックスヴェポラッブを頼る 鼻が詰まって眠れない !どうしようもない!という時の最終手段はこれしかありません・・・。 生後6ヶ月から使うことができますので生後6ヶ月未満の赤ちゃんはお使い頂けません。 それでもどうしても鼻が詰まって眠れない時におすすめな です。

次の

鼻づまりがラクになる!簡単アロマ活用術《風邪や花粉症対策に》

夜 に なると 鼻 づまり

・黄色や黄緑色っぽい色付きのドロドロとした鼻水の場合はウイルス性によるもの ・無色透明のさらさらの鼻水の場合はアレルギー性のもの である場合が多くなっています。 ウイルスによって鼻の内部で炎症を起こすと出るのが、黄色のドロっとした鼻水。 「子供なんだから鼻水が出て当たり前」 なんて、これを放置しておくと、蓄膿症(副鼻腔炎)などの症状に発展し、治癒が遅くなる場合がありますので、こういった色付きの鼻水が何日も続くようであれば、お医者さんに受診されることをおすすめします。 一方、 "サラサラとした透明の鼻水"の場合、 花粉やハウスダスト、空気中のチリや煙、ペットの毛などを吸い込んだ際に、体が異物に対して反応したことが原因で出ることが多くなっています。 アレルギー性の鼻水の場合は、その原因を特定し、 できるだけアレルギー物質を吸わせない(マスクをつける、掃除をする、煙から遠ざける)などの対処が必要となってきます。 うちの子の場合、ハウスダストアレルギーの数値が非常に高く、透明の鼻水がでることは割りと日常茶飯事です^^; 例えば、 おばあちゃんの家の仏壇の線香の煙を吸っただけでも咳や鼻水がでることが多いですし、リサイクルショップや古着を扱っているお店に行くと、やはりおなじようにたら~っとサラサラの鼻水が出ることがあります。 ハウスダストアレルギーの場合、できるだけ発作を起こさせないことが小児ぜんそくへ移行させないための最善策となりますので、自分の子供がよく"透明の鼻水"を出すといった場合には、一度アレルギーの専門医へみせておくと良いでしょう。 咳が出るのはどうして? 咳も鼻水と同様、その多くが体内から 異物を吐き出すための防衛手段として使われています。 風邪の時に咳が出るのは、ウイルスを体から追い出し、体を治す為に必要な作業だということですね。 また、鼻水によって咳が出る場合もあります。 例えば、前述のウイルス性の鼻水を外に出さずに飲み込んでしまうと、のどに流れた細菌(鼻水)を追い出すために咳が出るといったことも起こります。 いずれにしても、子供の体にとって 害のあるものを外に出そうとする働きですので、体の中で何らかの防御反応が起こっている状態だというサインとしてしっかり認識する必要があります。 夜中に咳が出る理由は?4つの原因について アレルギーっ子やぜんそく持ちのお子さんをお持ちのママ・パパにとって悩みのタネとなっているのが、 夜間の咳や発作。 昼間はそんなに酷くなかったのに、なぜか夜~明け方にかけて、酷い発作を繰り返す・・・。 こんな経験ありませんか? アレルギー体質の人が夜間に咳が出やすいというのは、もはや当事者にとっては"当たり前"のことだという方もおられると思いますが、では、なぜ夜間に咳が出やすくなってしまうのでしょうか? これにはいくつかの理由があるようです。 夜間~朝方にかけて気管支が狭くなるため お医者さんの話によれば、 とのことです。 通常、鼻や口からすった空気は、気管支の中の気道を通り肺に送られます。 この時、気管支が狭くなることで呼吸がしづらくなり、咳が出てしまうのだそうです。 ぜんそくの人の気管支は、この部分が普段から炎症によって気道が狭くなっているため、なおのこと夜間に発作が起こることが多くなっています。 夜中の咳が慢性化している場合は、気管支炎になっている可能性がありますので、注意が必要ですね。 のどに鼻水が流れることで咳がでる 仰向けに寝ると、鼻水がのどを通り、これを体が異物として認識することで咳がでるということもあるようです。 また、寝ている際に口を開けて寝ている場合、口の中やのどが乾燥し、これによって咳き込んでしまうということもあるのだそうです。 仰向け寝が好きな子供さんやいつも口を開けて寝ているというお子さんは注意が必要ですね。 布団の中のハウスダストが原因 布団の中に存在する アレルギー物質(ほこりや、ダニの死骸、糞など)を吸い込むことでアレルギー反応を起こし発作が起こりやすくなることも原因のひとつと考えられています。 ダニは、湿気が多く温かい場所を好むため、家の中でも布団の中が一番沢山生息しています。 人間は、寝ている時にかなりの量の汗をかきますし、ダニの餌となるフケやアカが落ちやすいということもあり、特別な対処をしていない場合、ここには大量のダニが生息している可能性が非常に高いです。 当然、アレルゲンとなる糞や死骸も沢山存在しますので、ダニアレルギーの子供は 高確率で発作を起こしてしまうのです。 うちは普段から定期的に布団にレイコップを使って対処しているということもあり、最近は夜間の咳は少なくなっていますが、たまに祖父・祖母の家などに泊まりに行くと夜中に咳き込むことがあります。 これはまさに布団の中にあるアレルゲンを吸い込んだことが原因だと推測されます。 しかし、2013年9月に山梨大学の研究結果によって、 「マスト細胞」(肥満細胞)の反応が原因であることが発表され、大きな話題となりました。 その結果、マスト細胞は、花粉などのアレルゲン(アレルギーの原因物質)に自身が反応する強さをこの時計を使って時間によって調節していること、このためアレルギー疾患では時間帯によって症状の強さが変化すること、を突き止めました。 より引用 マスト細胞は昼よりも夜中~朝方にかけて活発に活動することで、この時間の発作が多いのではないか? という研究発表です。 この研究によって、将来的には夜間のアレルギー反応や喘息の発作を制御する薬の開発が可能になるとのこと。 咳き込んで辛そうなわが子の姿を見ると、一日も早い薬の開発が望まれますね・・・。 夜間の咳をなくすにはどうすればいいの? 以上、夜に咳や鼻水が出る4つの原因についてお話しました。 では、これらを事前に予防し、改善する方法はないのでしょうか? 以下に、夜間の咳や発作を防ぐ方法をまとめてみました。 横向きに寝る 上向き(仰向け)に寝るとのどに鼻水やタンが流れこんでしまいますので、これを防ぐためには 横向きに寝かせると良いでしょう。 紙おむつやナプキンなどを販売する会社「ユニ・チャーム」の研究によれば、就寝時にマスクをすることで喘息の発作が 5割も削減することができたことがわかったそうです。 最近はのどに潤いを与える保湿タイプのマスクも売っていますので、こういったものを使用すると乾燥による咳こみも予防することができるでしょう。 ただしマスクによって呼吸がしづらくなってしまっては逆効果となりますので、必ずお子さんの様子を見ながら使用するようにしてください。 こまめなお布団のお手入れを 普段から レイコップや 掃除機を使い、布団の中に存在するダニやダニの死骸、糞などをしっかりとなくしておくことが大切です。 うちの子も、以前は夜中に酷い咳をすることが多かったのですが、レイコップを使用するようになってからはこういった症状は鳴りを潜めるようになりました。 また、ダニアレルギーのお子さんが外泊をする際は、夜中に症状が出ないように、必ず予めお布団のお手入れなどをお願いしておくことが発作を抑える手段のひとつだといえます。 空気清浄機をつけて寝る 空気中のチリやほこり、花粉などを吸い込み空気をきれいにしてくれる 空気清浄機をつけて寝るのもお勧めです。 最近は中国からの PM2. 5や 黄砂などが飛んでいることも多く、パパが仕事から帰宅する際に家庭に花粉やこれらの有害物質を意図せず室内に持ち込んでしまうというケースも多いようです。 痰を取ってあげる 大人と違って自分で上手に痰を吐き出せない小さな子供は、 痰を吐き出そうとして咳き込むことがあります。 ですので、大人が手伝って痰が出してあげるとすっきりしてスーッと寝付くことが結構多いです。 ここでおすすめの痰の出し方を紹介します。 これで詰まっていた痰がポロッと取れることがあります。 もちろん子供が痛がるような強さで叩いてはいけませんが、ある程度の力の強さは必要です。 このとき背中を たたいてあげる手を少し丸めるといいです(ちょうどパソコンのマウスを持つときのような感じです)。 そこで、同じくアレルギーっ子を持つママ友に何かいい改善法がないかと聞いてみたところ、 「ユーカリのアロマは鼻水や鼻づまりにいい」 「ユーカリのアロマを焚いたら痰を吐き出してくれた」 という答えが返ってきました。 「エー?アロマってそんなに効果あるのー?」と正直半信半疑だったのですが、何もしないよりはいいだろうとある夜アロマを焚いてみました。 するとびっくりの結果が… アロマを焚いて10分後くらいに息子が咳き込んで起きたのですが、 いとも簡単に痰をペッ吐き出したんです。 それからというもの、痰吐き出せなくて咳き込む夜はアロマを焚いてあげることにしました。 私がいつも使っているのはランプベルジェのユーカリオイルです。 上記に書いた背中トントンと組み合わせるとなかなかの効果を発揮します。 アロマはあまり長時間焚き続け過ぎると、逆にむせてしまうこともありますので、お子さんがきつそうな時間だけに絞って使ってあげることをおすすめします。 おわりに 小児喘息の子供のほとんどがダニに対してアレルギー反応を起こすことがわかっています。 つまり、ダニ・ハウスダストアレルギーのお子さんには、普段からダニ・ハウスダストに対する対処を行うことが将来的に喘息になるのを防ぐ最も効果的な方法であるといえるでしょう。 ぜんそくは、発作を起こせば起こすほど症状が重症化していきます。 しかし逆に、ぜんそくになってしまったとしても発作が起こらなければ、通常の生活に支障をきたすことなく生活を行うことも可能です。

次の

夜に鼻がつまる原因は?今すぐできる解消法はこれだ!QRIONE調査団

夜 に なると 鼻 づまり

アレルギー物質が夜のうちにたまる 昼間過ごしている場所は、自身も含め多くの人々が活動し、ハウスダストや花粉などのアレルギー物質は空中に拡散して浮遊している状態です。 つまりアレルギー物質の濃度が低い状態です。 しかし就寝中は、空中に浮遊していたアレルギー物質が少しずつ下がってきて床や布団の上などにたまっていきます。 就寝中は、床などの部屋の下層にたまったアレルギー物質の濃度の高い空気を大量に体内に取り込むことになります。 このように、朝起きた時に強いアレルギー反応が起こるのは、夜のうちにたまってアレルギー物質濃度が高くなった空気が原因となっている可能性があります。 就寝中は大変無防備ですので、対策をする必要があります。 自律神経の切り替わり 自律神経は、心臓の拍動や消化器のぜん動運動など、意思とは関係なく作用する機能を調整しています。 自律神経は、活動的な時に優位に立つ交感神経とリラックスする時に優位に立つ副交感神経があり、両者のバランスを保つことで成り立っています。 寝起きの時間帯というのは、それまで体を休息させてリラックスさせていたので副交感神経が優位に立っていたところから、目覚めて活動を開始するために交感神経が優位に立とうとする切り替わりの時間帯になります。 この交感神経と副交感神経の切り替わりのタイミングには、両者のバランスが崩れて鼻の粘膜への刺激に対する反応が強くなると言われています。 はっきり解明されているわけではありませんが、就寝前などの交感神経から副交感神経へと切り替わるタイミングでも鼻づまりなどの症状に悩む方が多いことから、理にかなった原因と考えられます。 アレルギー性鼻炎の方は鼻の粘膜が過敏ですので、 自律神経の切り替わりのタイミングには鼻水・鼻づまりといった症状があらわれます。 そして、他の体質や病気がある方も、就寝前や寝起きにそれらの症状が現れやすいのです。 これも自律神経の切り替わりによるバランスの乱れと考えられます。 鼻風邪 朝、寝起きに鼻水や鼻づまりがよく起きる原因は、単純に鼻風邪をひいている可能性があります。 寝ているときに掛け布団をかけていなかった場合など体温が下がってしまい、風邪をひいてしまっている場合があるのです。 鼻風邪を治す方法はこちらの記事で詳しくお伝えしていますのでぜひご覧ください。 参考: 寝起きの鼻水・鼻づまりへの解消法 マスクをする アレルギー性鼻炎は原因となっている物質(アレルゲン)を排除することで症状は出にくくなります。 就寝中にたまったアレルゲンを大量に吸い込まないようにマスクをして就寝したり、寝室に空気清浄器を設置するなどして、アレルゲンを吸い込みにくくすると症状は現れにくくなるでしょう。 冷やさない アレルギー性鼻炎ではない方でも寒い時には鼻水が出たりします。 寒い空気は鼻の粘膜を刺激しますので、寝起きに冷たい水で顔を洗うのはやめましょう。 ぬるま湯で温めるぐらいの気持ちで洗顔してみて下さい。 就寝中にマスクをするのが苦手な方は朝起きた時に着用してみましょう。 寝起きの自律神経の切り替わりの時間帯に鼻を冷やさなければ、アレルギー反応は起こりにくくなります。 まとめ 寝起きの鼻水・鼻づまりの原因は解明されていませんが、寝起きの時間帯に起こりやすいアレルギー反応を緩和する方法はあります。 ちょっとした対策で寝起きのつらい症状が改善されますので、ぜひ試してみて下さい。

次の