14 週 お腹 の 張り。 妊娠14週目エコー写真・胎児の大きさ・お腹の張りは大丈夫? [妊娠初期] All About

妊娠14週目のお腹の張りやチクチクは?胎動は感じる?

14 週 お腹 の 張り

妊娠中期のお腹の張り!危険信号が隠れているかもしれません• お腹の張りは、妊娠中期の代表的な特長の一つと言われています。 「妊娠中期にお腹が張るのは当たり前!」とは言うものの、妊娠初期より自覚症状が明確になる分、「お腹が張る度に不安になる!」という女性も少なくありません。 特に気になるのが、お腹に張りを感じた時のリスクの度合いについてでしょう。 妊娠中期に感じるお腹の張りには、3つのカテゴリーに分類されます。 様子見と判断できる張り:安静にして治まるかどうか確認する• 危険な症状:早めに受診すべき• 緊急性が高い症状:時間を問わず今すぐ連絡すべき 辛い悪阻の時期を乗り越えた妊娠中期だからこそ、ちょっとした油断がお腹の張りに繋がり、思わぬ事態に発展するケースもあるんですよ。 この記事の目次• 妊娠中期に感じる「お腹の張り」の特長は? 通常、妊娠16週目~27週目くらいまでを妊娠中期と言い、程度の差はあるものの殆どの妊婦さんがお腹の張りを感じる時期と言われています。 特に、最もお腹の張りを感じやすいのが、5ヵ月目に差し掛かった妊娠17週目あたりです。 この時期は、赤ちゃんが急激に成長を始める時期と重なっていますから、その影響と考えられています。 安定期である妊娠中期に感じるお腹の張りは、そのほとんどが生理的な場合が多く、身体を休める事で簡単に治まるケースも少なくありません。 とは言え、お腹の張りには流産などのSOSサインが隠れている事も事実。 自分の身体が、何をどんな風に感じているのか把握する事も、ママさんの仕事の一つなんです。 妊娠中期にお腹が張る原因は? 妊娠中期にお腹が張る原因には、下記のような要因が挙げられます。 子宮収縮• 皮膚の突っ張り• 消化器系のトラブル• 子宮の変化(妊娠初期の原因を参照して下さい。 ) では、それぞれの原因がどのように作用してお腹の張りに繋がるのか、そのメカニズムについて順番に見ていきましょう。 原因その1:子宮収縮 安定期である妊娠中期になると、辛かった悪阻が治まるにつれて体調が回復し、活発に行動できるようになりますよね。 確かに、体調が回復するのは喜ばしい事ではありますが、妊娠初期より自由に動き回れるようになった分、動き過ぎてしまう妊婦さんも少なくありません。 実は、この「動き過ぎ」や「疲労」が引き金になって、子宮収縮を誘発してしまう事が有るんです。 このタイプの子宮収縮は反射的な現象で、緩んでいた子宮の筋肉が瞬間的に「キュッ」と締め付けられるという特長があります。 この瞬間的な収縮が起こると、お腹が張っていると感じてしまうんです。 原因その2:ブラクストン・ヒックス収縮(前駆陣痛) 不規則で痛みを伴わない収縮を「ブラクストン・ヒックス収縮」もしくは「前駆陣痛」と言い、下記のようなシチュエーションが考えられます。 起床時にお腹が張る• 何もしていなくてもお腹が張る• 胎動を感じた直後にお腹が張る• 不規則で痛みを伴わない張り いわゆる出産への準備として起こる現象ですから危険はないものの、実際に子宮が収縮する事でお腹が張っているように感じるのが特長です。 女性の身体は、ホルモン内に子宮収縮物資が含まれていますが、妊娠する事で子宮の感受性が高まり、子宮収縮が起こりやすくなります。 原因その3:皮膚の突っ張り 皮膚の突っ張り感を、お腹の張りと感じる妊婦さんも少なくありません。 子宮が大きくなるにつれて、当然ながら腹部の皮膚表面も連動して引き伸ばされていきますよね。 特に、妊娠中期にもなるとお腹が膨らむスピードが加速しますから、皮膚が急激に引き延ばされると、お腹が張っているように感じてしまうのも頷けます。 妊婦さんによっては、「妊娠線が出来る音が聞こえた!」なんて体験談もあるほどです。 原因その4:消化器系のトラブル 悪阻の時期を過ぎても解決しきれないのが、消化器系のトラブルと言われています。 子宮が胃腸を圧迫している• 胃の内容物が食道に逆流する などの症状をはじめ、「虫垂炎」や「腎結石」などの疾患による痛みを訴えるケースも少なくありません。 消化器系のトラブルによる症状や痛みは、一見お腹が張っているようにも感じられるため、混同している妊婦さんが多いようです。 「様子見」と判断できるお腹の張りは? 妊娠中期にお腹の張りを感じた場合、危険性が低く様子見した方が良い症状には、どんなタイプがあるのでしょうか?• お腹の張りと軽い痛みを同時に感じ、数分で治まる• 横になって休んでいれば、1時間に何度も繰り返す事は無い• 鮮血や変色した出血を伴わない張り• 張りや痛みを感じた後に胎動を感じる 上記のような症状は、ほとんどがブラクストン・ヒックス収縮の症状と重なっています。 4種類の症状全てを満たしていれば、深刻な状況に陥る危険性が低く、ほとんどの場合は流産などの事態に発展しないと判断されています。 「危険信号」と判断すべきお腹の張りは? 一方、早めに何等かの対処をすべき「危険信号」と解釈されているのが、下記のような症状です。 早めに受診すべき「危険な症状」• 茶色や黒色を含む出血を伴う張りを感じた場合• 楽な体勢で休んでいても、何度も繰り返し張りや痛みを感じる場合• 冷や汗や意識が混濁してしまうほどの、激痛を伴う張りを感じた場合• 規則性を伴う張りを感じた場合• お腹が張っている状態が30分以上続く場合• 1時間以内に4回以上の張りを感じる場合• 一日に11回以上の張りを感じた場合 上記のような症状が見られる場合は、切迫早産や流産はもちろん他の病気が影響している可能性もありますので、出来るだけ早めに産婦人科の診察を受けて下さいね。 今すぐ連絡すべき「緊急性が高い症状」 特に緊急性が高く昼夜を問わず対処すべきなのが、下記のような症状です。 妊娠14週以上の流産や早産の経験者が、出血を伴う張りを感じた場合• 安静にしているにも関わらず、10分以内に何度も繰り返す場合• 痛みを伴う張りが、徐々に強くなり持続する場合 上記のような緊急性の高い症状が現れた時には、すぐに掛かりつけの病院に電話して対処法を指導してもらいましょう。 ちなみに、茶色の液体をオリモノ(茶オリ)と誤解している人も多いようですが、少量の血液が茶色っぽく見えている、という解釈が正解です。 オリモノだと勘違いして見落とさないように気を付けましょう。 妊娠中期のお腹の張りはどうしたらイイの? では、妊娠中期の妊婦さんが実際にお腹の張りを感じた場合は、どのように対処したら良いのでしょうか? 具体的な対処法4つ• 手を止めてソファーなどに横になる:真っ先に行うべきなのは、安静にする事• 椅子に腰かけて深呼吸:急に座ると逆効果、立つ時もゆっくりと• 身体を温める:身体が冷えると筋肉が萎縮して子宮に力が入ってしまう• 便秘の解消に努める:産婦人科で食事指導を受ける お腹が張っているという事は、子宮の筋肉が緊張して強張っている証しです。 特別なアクシデントがなければ、身体の緊張が解れていくにつれて、自然と子宮の収縮も治まっていきます。 但し、お腹の張りが治まったからと言って、急に動き出すのは止めましょう。 たとえ安定期である妊娠中期であっても、基本的にゆっくりした動作が原則ですよ。 妊娠中期のお腹の張りを予防する方法 【 冷え対策 】 「冷え」は妊婦の大敵と言われますが、冷え対策がお腹の張り予防にも効果的と言われているをご存知でしょうか? お腹が張る原因として代表的なのが、筋肉で出来ている子宮の収縮です。 身体の冷えを解消すると、全身の筋肉が緩むにつれて、自動的に子宮の緊張も和らいでいきます。 【 疲れを溜めない 】 悪阻が治まってくる妊娠中期は、ストレスや太り過ぎによる体重増加を抑制する為に、運動を勧められる時期でもありますよね。 ですが、意外と侮れないのが「疲労」と「お腹の張り」の関係なんです。 これ以上お腹が大きくなる前に・・と、何かと忙しく過ごす妊婦さんも多いでしょうが、頑張り過ぎは禁物ですよ。 いつもの違う張りを感じたら病院へ! 妊娠中期というのは、悪阻が治まって動きやすくなる時期でもありますよね。 妊婦だという自覚はあるものの、悪阻が治まった事で一種の解放感を味わえる時期でもありますから、積極的に外に出るなど活動的になる妊婦さんも少なくありません。 この「動き過ぎ」こそ、妊娠中期にほとんどの妊婦さんがお腹の張りを感じる理由とも言われています。 「お腹の張り方がいつもと違うかも?」と感じたら、遠慮せずに専門家に相談してみましょう。 こんな些細な事で迷惑かも・・なんて気にする必要はありませんよ。

次の

14週…便秘?張り?

14 週 お腹 の 張り

赤ちゃんの障害リスクを最小限に抑えるためには妊娠4 週、 つまり妊娠に気付いたらすぐにでも葉酸サプリを使用した方が良いです。 計画妊娠で今現在妊活中の方は妊娠4週に間に合うように、今すぐにでも葉酸サプリの使用を始めた方が良いです。 出産後は多くの方が葉酸サプリの使用を止めてしまうのですが、授乳育児の方は卒乳まで葉酸サプリを続けましょう。 どんなふうだと危険なの?妊娠中期のお腹の張りをチェック! 妊娠中期のお腹の張りと言っても色々なタイプのお腹の張りが考えられますし、危険なお腹の張りを見分ける目安でもあると分かりやすいですよね。 そこで、大丈夫なのかどうか判断に悩んだ時は、 お腹の張りそのものの特徴やお腹の張り以外の症状などをチェックしてみましょう。 では、妊娠中期にどんなふうにお腹が張るといけないなのか、具体的なチェックポイントを挙げていきましょう。 出血や強力な腹痛がある 妊娠中期のお腹の張りの中でも危険なお腹の張りの特徴と言えば、まずは「出血や強力な腹痛があること」が挙げられます。 妊娠中は基本的には出血が起こらないもので、出血が起こると言うことは異常サインである可能性が高いものと考えましょう。 特に3 日を超える出血、生理2 日目並みの多めの出血、鮮血(比較的新しい出血)などがある場合には、診療時間関係なくすぐに病院に確認しましょう。 また、腹痛も出血と同じくらいに注意が必要なもので、我慢できないほどの強力な腹痛がある場合にはすぐに病院に連絡してください。 張りが続いている時間が長い 妊娠中期のお腹の張りの状態だけで危険を見分けるとしたら、「張りが続いてる時間が長いこと」が挙げられます。 30 分以上もお腹が張っている時間が続いたり、1 時間のうちに4 回以上の頻度でお腹が張ったり、1 日に10 回以上の頻度でお腹が張ったりなどはありませんか。 お腹がどのくらいの時間張り続けているかだけではなく、1時間(or1日)のうちにどれくらい頻繁にお腹が張っているかもチェックポイントとして重要です。 お腹が張っている時間が長かったり、明らかにお腹が張る回数が多かったりするなら、出血や強力な腹痛の有無は気にせず早めに病院に連絡してくださいね。 休んでも張りが治まらない 妊娠中期のお腹の張りでチェックしておきたいポイントは、もう1つ「休んでも張りが治まらないこと」もです。 お腹の張りでも異常のないものなら安静に過ごしていたり、十分に休息を取れば改善することがほとんどです。 一方、危険なお腹の張りの場合は休んだからと言って、問題が解決する訳ではないのでお腹が張りっぱなしになります。 休んでもお腹の張りが治まらなければ、どのくらいの時間(30分以上か)や頻度(1時間に4回以上or1日10回以上か)お腹が張っているかを測ってみてください。 妊娠中期にお腹が張る原因!体に負担がかかっていない? 妊娠中期にお腹が張る原因の中でも比較的よくありがちで、問題ないものと言えば「体に負担がかかっていること」です。 通常なら大したことのない刺激でも、妊娠中に限っては体にとって大きな負担になる刺激は多いですよ。 「これだけことでもお腹が張るの?」なんて言うことは結構あるので、出産を迎えるまではやりすぎるくらいに体の負担を抑えるのがベストです。 疲れやストレスがある 妊娠中期のお腹の張りで多くの方に該当する原因と言えば、まずは「疲れやストレスがあること」です。 出産を迎えると育児で赤ちゃん中心の生活になるので、出産までのうちにやっておきたいことってありませんか。 あるいは、妊娠中だけど妊娠前と変わらず、仕事(or家事や育児)を頑張らなければいけない方も多いでしょうね。 でも、「マタニティブルー」と言う言葉が存在するように、 妊娠中はゆったり過ごしていても疲れやストレスを感じやすいものです。 妊娠中こそ気楽に過ごす時間と思って、疲れやストレスが気になり始めたらすぐに休むくらいが丁度いいのかも知れませんね。 血行が悪い 妊娠中に限らず「血行不良」は女性に多いトラブルですが、妊娠中期のお腹の張りを引き起こす原因になります。 血行不良は体の冷えから来るものもあれば、体を締め付ける窮屈な服装から来るものもあります。 ・温かくてゆったりした服装を心掛ける ・暑い時期でも冷房の効きすぎに注意する(必要に応じて上着や膝掛けを使用) ・腹帯を締めすぎない 衣類は急に用意しようと思うと大変ですが、赤ちゃん用品店に行って出産用の入院グッズや育児用品を用意しながら探してみると良いですよ。 頑固な便秘 妊娠中期のお腹の張りの原因としてもう1つ、「頑固な便秘」もよくありがちです。 妊娠中はホルモンバランスの変化で腸の働きが低下しやすく、今まであまり便秘を経験したことがなくても頑固な便秘になってしまう方も多いです。 妊娠初期は「つわりで食べられないから1ヶ月も便秘!」なんて言う方もいますが、妊娠中期になって食欲が戻れば毎日便が出るはず。 3日以上の便秘だったり、便が硬くて出にくかったり、痔ができてしまったりなどのトラブルがある場合には、妊婦健診の際に医師に相談してみることをお勧めします。 赤ちゃんの障害リスクを最小限に抑えるためには妊娠4 週、 つまり妊娠に気付いたらすぐにでも葉酸サプリを使用した方が良いです。 計画妊娠で今現在妊活中の方は妊娠4週に間に合うように、今すぐにでも葉酸サプリの使用を始めた方が良いです。 出産後は多くの方が葉酸サプリの使用を止めてしまうのですが、授乳育児の方は卒乳まで葉酸サプリを続けましょう。 妊娠中期にお腹が張るのには危険な原因もある! 妊娠中期のお腹の張りの中でも出血や強力な腹痛があったり、長く頻繁に続くお腹の張りだったりする場合は、危険な原因が潜んでいるのかも知れません。 何らかの危険があっても 早めに異常に気付いて対処すれば、今まで通り妊娠を継続できる可能性もあります。 では、妊娠中期に危険な原因でお腹が張る場合について、詳しく見ていきましょう。 頻繁なお腹の張りは切迫流産や切迫早産かも 妊娠中期に頻繁なお腹の張りがあるとしたら、切迫流産や切迫早産の可能性が考えられます。 切迫流産は妊娠21 週までの間に流産になりそうな状態、切迫早産は妊娠22 週から36 週までの間に出産を迎えてしまいそうな状態を言います。 切迫早産や切迫流産になるとお腹の張りと同時に、出血・強力な腹痛・破水などの症状が起こることが多いです。 判断に迷うような症状の場合には、ひとまず病院に連絡して症状を詳しく伝え、指示を求めることをお勧めします。 出血や腹痛は常位胎盤早期剥離かも 妊娠中期に出血や腹痛と合わせてお腹の張りが気になるなら、常位胎盤早期剝離の可能性があります。 常位胎盤早期剝離はまだ出産でないにも関わらず、胎盤が子宮の壁から離れてしまうことを言います。 胎盤は赤ちゃんが酸素や栄養を貰うもので、胎盤が無くなると赤ちゃんの生命活動に危険が及んでしまいます。 常位胎盤早期剝離はママにとっても緊急を要する症状なので、出血や腹痛、お腹の張りなどで怪しいと思ったらすぐに病院に連絡してください。 スポンサードリンク まとめ 妊娠中期にお腹の張りが起こる原因、お腹の張りのチェックの仕方について順番にまとめました。 まず、妊娠中期にお腹の張りが起こるとしたら、以下のポイントから該当ポイントを調べて必要に応じて病院に連絡しましょう。 ・出血や強力な腹痛 ・張りが長い時間続く(30分以上・1時間に4回以上・1日10回以上の張り) ・休息を取っても張りが治らない 次に、妊娠中期にどんな原因によってお腹の張りが引き起こされるのか、よくありがちな原因と危険な原因に分けて挙げました。 一方 、 「危険な原因」に該当しそうな場合は、ママと赤ちゃんの命に関わる危険性もあるので、お腹がどう張るかによっては病院への連絡が必須です。 出血や腹痛、お腹の張りなどをチェックしても受診すべきか悩む場合には、ひとまず病院に連絡して指示を求めてください。

次の

妊娠4ヶ月(14週)におりものの色が急変化した時の対策

14 週 お腹 の 張り

お腹が張っても、休んでいるうちに、徐々に張りがおさまってくれば問題ありません。 下記のような症状は、 早産や 流産などの可能性もあります。 すぐに病院を受診しましょう。 <すぐに病院に行くべき>• お腹の張りとともに痛みがある• 痛みがどんどん強くなっている• 出血している• 1時間以上も張りがある• 1日に何度も張りを感じる お腹が張っても少し休めばおさまるときは、生理的な子宮の収縮と考えられるため、問題ありません。 ただし、性器から出血したり、突然お腹がかたくなって痛みが激しくなった場合は早急に受診してください。 「 常位胎盤早期剥離」といって、妊娠20週以降に子宮の中で胎盤が剥がれてしまうことがあります。 胎児が酸素不足になってしまいます。 早急に受診しましょう。 「心配のない張り」なのか、切迫流産や早産につながる「心配な張り」なのか、 自分で見極めるのは難しいので、 気になったら必ずかかりつけの産婦人科を受診してください。

次の