ポケモン サンムーン 最終 回。 『ポケモン サン&ムーン』感動の最終回! サトシはポケモンマスターになるため、再びマサラタウンへ……|おたぽる

ポケモン サン&ムーン 第55話 感想|結婚式!ククイ&バーネット博士、末永くお幸せに【アニポケSM】

ポケモン サンムーン 最終 回

しかしポケモンスクールのみんなには、言い出せないでいた。 そんなサトシの前になつかしいポケモンが現れて… 一方、ロケット団も本部から連絡があり、なにやら悩んでいた。 まずはカキがライチのお手伝いをしながら強くなることを報告。 リーリエはマギアナが起動した事を報告してスクールに一緒にやってきます。 そこで、グラジオとルザミーネと共に旅立つ事も報告。 マギアナが起動した時にリーリエのZリング(元はモーンの)がマギアナと反応してモーンの居場所らしき道をしめしたからです。 同時にモーンが見つかるまではアローラには戻らないと宣言しますが見つかったら戻ってくるともスクール組を安心させます。 一方でロケット団にはサカキから連絡があり本部への帰還命令がくだります。 アローラの成果と言われてもヒドイデやミミッキュを連れて行くわけにはいかないロケット団はミミッキュたちとお別れする決意を。 しかし、コジロウがヒドイデに本部に帰ると伝えアローラに残るように言うもヒドイデは勘違いしちゃう。 そんななか、アローラの夕陽を見つめるサトシ。 マサラタウンに帰る事をいつ話すか悩む中、ミミッキュが現れてピカチュウにバトルを挑みますがしばらくして水面に映る自身の中身を見て悲しみに暮れながら去っていきます。 それから、サトシたちは帰ろうとするとソルガレオが現れる。 日が暮れて夜になると森を歩くミミッキュのもとにニャースが。 ニャースは悲しみに暮れるミミッキュの話を聞き、憎しみからは何も生まれないからそろそろ前を向いていこうと慰めます。 そしてロケット団の旅立ち。 ミミッキュとヒドイデとヌイコグマが眠る中、ムサシとコジロウとニャースは気球に。 キテルグマともお別れをするとカントー地方へと飛ばされたのでした! 翌日、リーリエはマオたちのサプライズパーティに呼ばれる。 そこにサトシが遅れてやってくるとソルガレオに乗っているので驚かされる。 サトシはソルガレオと共にウルトラホールの世界に遊びに行っていてウルトラビーストを助けていたと話をします。 更に、ロトム図鑑がその知識量を評価されてエーテルパラダイスで働くことも報告。 宇宙一のポケモン図鑑を作ることに。 そんな時、サトシはマサラタウンに帰る事を報告。 いつか必ずポケモンマスターになると宣言します。 そしてリーリエの旅立ちの時。 リーリエがこれまでの事を回想するとみんなに感謝の気持ちを伝えます。 それから、サトシも旅立ちの時。 カントー行きの飛行機に乗る前にククイ博士とバーネット博士とお別れの言葉。 アローラでの家族との別れみたいなものですね。 ちなみに、ピカチュウ以外のポケモンはククイ博士の家に置いてけぼり。 飛行機は飛び立ち、窓からアローラを眺めてサトシがありがとうアローラと呟くと、カキたちがウルトラガーディアンズの乗り物ポケモンに乗って別れの挨拶をします。 そこで、タイプ:ワイルド(松本梨香さんでは無い方)が流れておしまい。 それぞれの生活が部分的に描かれ、帰ってきたマオの兄がグラシデアの花を持ってきたのでシェイミはスカイシェイミになって仲間と旅立ちましたとさ。 それから、バーネット博士はご懐妊。 もちろん相手はククイ博士でしょうがヤルことはヤルというお盛んな終わり方でした。 よく言えば生命の育みでしょうけど。 ということで、最終回でした! 良いところもあれば悪いところもあり、何というか残念な中途半端さが残ってしまったのではないかと思います。 何でソルガレオが突然現れたのか?マギアナはZリングとどうして反応したのか?この辺りは説明が欲しかったかな?結局モーンとは再会できなかったり、マオのシェイミは何だったのか分からないまま。 (個人的にマオのママとの関係性があったとは思いますが) サトシのポケモンたちも特に別れは無くいつのまにかククイ博士に任せるという…私が嫌いなラスカルの最終回みたいな無責任な雰囲気が。 これでアローラ地方は人間とポケモンの共存とか言ってるから可笑しい。 せめて別れの描写があれば。 やはり終盤の尺不足が原因でしょうか? それと最後まで松本梨香さんではない方のタイプ:ワイルドを使いすぎでしたね。 せめてアローラ!を使いましょうよ…。 アローラ!聞きたかった! てなわけで、泣いても笑っても馬鹿にしても今回で最終回。 3年間お疲れ様でした!.

次の

【勝利】アニポケサンムーンのヒロイン・リーリエさん、最終回で告白をしてしまう │ 黒白ニュース

ポケモン サンムーン 最終 回

ポケットモンスター関連• 日本最強の男に学べ! ポケモンカード トレーナーズスクール!!• アニポケまであとちょっと! デュエル・マスターズ関連• 秘蔵イラストも公開!! イラストレーター 制作秘話リレー• デュエマ妄想構築録 イナズマイレブン関連• マル秘ネタ 電撃チラ見せ!! おおばあつし先生 電撃執筆! アニメ直前 限定イラスト!! ゾイド関連• ゾイド生みの親徳山氏 5656万字!? 限界ロングインタビュー• 森茶先生本能執筆! アニメ直前 限定イラスト!! ミニ四駆関連• 伝説マシン開発秘話 パズドラ関連• 大塚角満のモンスター美術館 マジック:ザ・ギャザリング関連• ドブフクロウのMtGブレイキングアカデミー フォートナイト関連• にゃんこ大戦争関連• まんがで!にゃんこ大戦争 もういっちょ!• すべての始まりとなったオーキド博士への想い 先日「コロコロオンライン」では、サトシのアローラポケモンリーグ制覇を記念して松本梨香さんにヒーローインタビューを敢行した。 収録を終えたばかりにも関わらず終始笑顔で元気いっぱいで、実際にバトルを終えたサトシそのものを思わせる姿の松本さんだったが、こちらから投げかけた「ある人物」の質問に対してだけインタビュー中にこらえきれず涙を流す場面があった。 ——続いてお聞きしますが、今回ようやく優勝しましたが、相棒のピカチュウに対してかけてあげたい言葉はなんですか? 松本梨香さん(以下、松本):ずっと一緒に戦ってきたからね 「いつも一緒にいてくれてありがとう」かな!! ——では、すべての冒険のきっかけとなったオーキド博士に今、伝えたいことはありますか? 松本:オーキド博士は…そうですね。 見守っていてほしいですね。 これからも。 (…長い沈黙のあと涙を流しながら話し始める松本さん) なんかさ、いるのが当たり前だと思ってたからさ、そばにいるのが…。 感謝の気持ちをちゃんと伝え足りてないんだよね。 ポケモンが始まったときもOPとEDの曲がサトシとオーキド博士だったんで、イベントも2人でよく行ってたんです。 私は歌手として活動もしていたのでステージに立つことにも慣れていたんですけど、運昇(石塚運昇)さんは初めて人前で歌うから「嫌だ嫌だ」って言ってて…。 でも子ども達の前で歌ったら 「子ども達があんなに喜んでたので、歌って良かった」って・・・。 一緒にイベントに出ることが多かったんです。 運昇さんに「本当に、いろいろありがとうございました」って伝えたかったな。 ポケモンってサトシがタイトル言うでしょ? その前に博士のナレーションが入る。 だから最初はいつも2人でマイクの前に立つんですよ。 はじめこそ 「マイクどっち使う?」なんて話してましたけど、ずっとやっていると立つ位置なんかももう2人の間で決まってて、 「じゃあ始めましょう」って言われたら2人で立つっていうのが絶対だったから、 今となりに立っていないのを見ると「あっ…」て思っちゃうよね、まだ。 (運昇さんが亡くなってから)1年経ったんですけどね。 私の中ではすべて昨日のことのように思うので。 何ならポケモンが始まってからは23年も経ってるのに、ぜんぜんそんな気がしないんですよ。 昔思ってた23年って、もっともっと長い気がしたのに。 でもこんなにしんみりすると心配かけちゃうんで・・・。 だから「見守っててください」って感じですかね。 今でもポケモンはオーキド博士のナレーションから始まるので。 みんなの心の中で生きてるからね。 この後、松本さんは泣きながら、その日一番の大声で 「ティッシュください!!!!!」と叫び、それ以降はいつもの元気いっぱいなサトシとしてインタビューに応じてくださいました。 松本梨香さん本当にありがとうございました! ポケモンに関わる全ての人の中に確かにいて、優しく背中を押してくれるオーキド博士を強く感じた日でした。 All Rights Reserved. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

次の

『ポケモン サン&ムーン』感動の最終回! サトシはポケモンマスターになるため、再びマサラタウンへ……|おたぽる

ポケモン サンムーン 最終 回

しかしポケモンスクールのみんなには、言い出せないでいた。 そんなサトシの前になつかしいポケモンが現れて… 一方、ロケット団も本部から連絡があり、なにやら悩んでいた。 まずはカキがライチのお手伝いをしながら強くなることを報告。 リーリエはマギアナが起動した事を報告してスクールに一緒にやってきます。 そこで、グラジオとルザミーネと共に旅立つ事も報告。 マギアナが起動した時にリーリエのZリング(元はモーンの)がマギアナと反応してモーンの居場所らしき道をしめしたからです。 同時にモーンが見つかるまではアローラには戻らないと宣言しますが見つかったら戻ってくるともスクール組を安心させます。 一方でロケット団にはサカキから連絡があり本部への帰還命令がくだります。 アローラの成果と言われてもヒドイデやミミッキュを連れて行くわけにはいかないロケット団はミミッキュたちとお別れする決意を。 しかし、コジロウがヒドイデに本部に帰ると伝えアローラに残るように言うもヒドイデは勘違いしちゃう。 そんななか、アローラの夕陽を見つめるサトシ。 マサラタウンに帰る事をいつ話すか悩む中、ミミッキュが現れてピカチュウにバトルを挑みますがしばらくして水面に映る自身の中身を見て悲しみに暮れながら去っていきます。 それから、サトシたちは帰ろうとするとソルガレオが現れる。 日が暮れて夜になると森を歩くミミッキュのもとにニャースが。 ニャースは悲しみに暮れるミミッキュの話を聞き、憎しみからは何も生まれないからそろそろ前を向いていこうと慰めます。 そしてロケット団の旅立ち。 ミミッキュとヒドイデとヌイコグマが眠る中、ムサシとコジロウとニャースは気球に。 キテルグマともお別れをするとカントー地方へと飛ばされたのでした! 翌日、リーリエはマオたちのサプライズパーティに呼ばれる。 そこにサトシが遅れてやってくるとソルガレオに乗っているので驚かされる。 サトシはソルガレオと共にウルトラホールの世界に遊びに行っていてウルトラビーストを助けていたと話をします。 更に、ロトム図鑑がその知識量を評価されてエーテルパラダイスで働くことも報告。 宇宙一のポケモン図鑑を作ることに。 そんな時、サトシはマサラタウンに帰る事を報告。 いつか必ずポケモンマスターになると宣言します。 そしてリーリエの旅立ちの時。 リーリエがこれまでの事を回想するとみんなに感謝の気持ちを伝えます。 それから、サトシも旅立ちの時。 カントー行きの飛行機に乗る前にククイ博士とバーネット博士とお別れの言葉。 アローラでの家族との別れみたいなものですね。 ちなみに、ピカチュウ以外のポケモンはククイ博士の家に置いてけぼり。 飛行機は飛び立ち、窓からアローラを眺めてサトシがありがとうアローラと呟くと、カキたちがウルトラガーディアンズの乗り物ポケモンに乗って別れの挨拶をします。 そこで、タイプ:ワイルド(松本梨香さんでは無い方)が流れておしまい。 それぞれの生活が部分的に描かれ、帰ってきたマオの兄がグラシデアの花を持ってきたのでシェイミはスカイシェイミになって仲間と旅立ちましたとさ。 それから、バーネット博士はご懐妊。 もちろん相手はククイ博士でしょうがヤルことはヤルというお盛んな終わり方でした。 よく言えば生命の育みでしょうけど。 ということで、最終回でした! 良いところもあれば悪いところもあり、何というか残念な中途半端さが残ってしまったのではないかと思います。 何でソルガレオが突然現れたのか?マギアナはZリングとどうして反応したのか?この辺りは説明が欲しかったかな?結局モーンとは再会できなかったり、マオのシェイミは何だったのか分からないまま。 (個人的にマオのママとの関係性があったとは思いますが) サトシのポケモンたちも特に別れは無くいつのまにかククイ博士に任せるという…私が嫌いなラスカルの最終回みたいな無責任な雰囲気が。 これでアローラ地方は人間とポケモンの共存とか言ってるから可笑しい。 せめて別れの描写があれば。 やはり終盤の尺不足が原因でしょうか? それと最後まで松本梨香さんではない方のタイプ:ワイルドを使いすぎでしたね。 せめてアローラ!を使いましょうよ…。 アローラ!聞きたかった! てなわけで、泣いても笑っても馬鹿にしても今回で最終回。 3年間お疲れ様でした!.

次の