除湿 と 冷房 どっち が 電気 代 かかる。 エアコン節電のコツ!「冷房より除湿の方が電気代が高い」は勘違い?

冷房と除湿(ドライ)って、どっちがお得なの?

除湿 と 冷房 どっち が 電気 代 かかる

エアコンにはドライと冷房機能がありますが、節電のため「ドライ」にしている人はいませんか? 意外にも、「ドライ」は「冷房」より電気代がかかることがあるのです。 「ドライ」には2通りの方法 「ドライ」には2通りの方法があることをご存知ですか? 部屋の湿度を下げるには、湿度が高いジメジメした空気をいったん冷やして水滴を集め、サラサラした空気にします。 しかし、それでは室温も下がってしまうので、次に温めてから送り出します。 これを「再熱除湿」といい、室温は下がらずにすみます。 もうひとつの方法は、湿度が高いジメジメした空気を少し冷やして水滴を集め、サラサラした空気にして送り出します。 これを「弱冷房除湿」といい、室温は少し下がります。 電気代は、弱冷房除湿<冷房<再熱除湿 東京電力が「冷房」「弱冷房除湿」「再熱除湿」のコスト比較をしたデータがあります。 それによると、「弱冷房除湿」が一番安く、次いで「冷房」、一番高いのは「再熱除湿」です。 「弱冷房除湿」は「冷房」より弱い電力で動いているので、「冷房」より経済的です。 一方、「再熱除湿」は、「冷房」と「暖房」を一緒に稼働しているようなものなので、電気代が一番高くつくというわけです。 お使いのエアコンの運転切換に「ドライ(弱冷房除湿)」と「ドライ(再熱除湿)」があれば、用途に応じてお選び下さい。 しかし、「ドライ」とだけある場合は、「再熱除湿」の可能性があります。 詳しくは、「取扱説明書」を参照してください。

次の

エアコンの冷房と除湿はどちらが電気代がかかりますか?

除湿 と 冷房 どっち が 電気 代 かかる

なお、『』には、パワフルな風で洗濯物の水分を飛ばす「」を搭載。 その水分を室内の空気と一緒に取り込むため、より効率良く洗濯物を乾かすことができます。 さらに、「」で生乾きのイヤなニオイがしっかり抑制できるのもうれしいポイント。 エアコンのない場所で部屋干しをするなら、自由に移動できる『』もオススメです。 室内の湿気を取り除きながら送風するため、梅雨時でも洗濯物をカラッと乾かせるほか、送る風の幅や量、向きなども調整可能。 パナソニックの『衣類乾燥除湿機』ならハイブリッド方式という独自の除湿方式が採用されたモデルとなっています。 ハイブリッド方式は、季節や気温に左右されることなく1年中強力な除湿力を発揮します。 また、「ナノイー X」も搭載されているため、部屋干し臭の抑制はもちろん、花粉を無力化する衣類ケアモードなど、洗濯以外にも活用できる機能があるのもうれしいポイントです。 干す場所はもちろん、通気性の良い位置。 部屋の中央だと邪魔になる場合は、できるだけ壁や家具から離して干すようにしましょう。 このほか、室内干しにオススメしたいのが固定しないタイプのハンガー。 上記以外にも、手軽にできる湿気対策はあります。 まずは、通気性を高めること。 風の流れを妨げない家具の配置にしたり、足付き家具を選んだりすると良いでしょう。 また、クローゼットや押し入れを閉めっぱなしにしないことも大切。 エアコンの除湿機能を使うときに開けておいたり、風を当てたりして湿気がこもらないようにしてください。 こうした場所には、除湿剤も置いておくと安心。 市販のものはもちろん、重曹を使って手作りしたり、調湿効果のある炭を置いたりするのも良いでしょう。 このほか、水を入れて凍らせたペットボトルをトレーに載せ、室内に置くという方法もあります。 これは、空気中の水分をペットボトルの氷で冷やし、結露にして取り除くというもの。 エアコンの除湿機能の原理を単純にしたものですが、意外と効果があるという声も聞かれます。 エアコンの設置されている場所は除湿機能を、設置されていない廊下や、脱衣所、洗面所などの湿気が気になるようであれば、このような方法を試してみるのもよいかもしれませんね。 *【実験条件】 1. 洗濯物は約4kg(バスタオル3枚、タオル2枚、靴下3組、トランクス2枚、Yシャツ2枚、Tシャツ2枚、トレーナー1枚、ジーンズ1枚、綿パンツ1枚、パジャマ2組) 2. 脱水時間は7分 3. 干し方は1列、洗濯物の間は5㎝程度の間隔を空ける 4. 干す空間は6畳空間で、換気回数は0. いずれの手法でも10時間乾燥させる 7. 使用機材と使い方 ・ ・.

次の

エアコンの除湿と冷房の電気代はどっちが安い?夏はどちらの運転が正解?

除湿 と 冷房 どっち が 電気 代 かかる

結論だけいうと「除湿」のほうが、「冷房」よりエネルギー消費が大きい場合がある・・ということです。 たいした違いじゃありません。 せいぜい1~2割くらいの差で、ゴミみたいなもんです。 まず、廉価版のエアコンの除湿運転すると送風が間欠運転する場合ですが、除湿にすると室内機の熱交換器がキンキンに冷えます。 この状態で送風すると、熱交換器(アルミのフィンの部分)に空気中の水蒸気が結露します。 そのまま送風すると必要以上に室温が下がるので、送風を止めます。 送風が止まると、熱交換器に結露した水滴が下に落ちるんです。 このため送風を間欠にしているんです。 この間欠送風を除湿にしているエアコンの場合、設定温度を最低温度にして送風を入り切りしているのと同じですから、設定温度が高めの冷房より使うエネルギーが大きいので、消費エネルギーが大きくなることもある・・・ということです。 再熱式の除湿はその仕組みがロスのかたまりなので、どうしても電気を大きく使用します。 他の回答で「ヒーターを使って暖める・・・」みたいなこと書いてますが、デタラメです(笑) エアコンで冷房すると、室外機からは排熱する=室外機からは熱風がでるのは知ってるでしょう? 再熱除湿は、この室外機の排熱する熱交換器の一部(ほんの一部分)を室内機側にもってきていると考えるとわかりやすい。 本来、室外機で排熱する熱を室内にも排熱します。 それと同時に冷熱を発生させてもいます。 冷やしながら暖めるんですから、エアコンとしてはロスになります。 暖めるといっても、暑くなるくらいの排熱はでません。 冷熱をちょっとだけ吸収する程度、冷たいのを室温と同じくらいの生暖かい温度にする程度に元にもどすくらいです。 冷房運転するだけでもいっぱいいっぱいなのに、室外に排熱させる熱をわざわざ室内に排熱して、そのうけ冷熱までつくらなきゃならないので、エアコンは大忙しです(笑)・・・だから、単純な冷房よりエネルギーを多く消費するんですよ。 いずれにせよ、ギャーギャー騒ぐようなコスト差にはなりません。 冷房は冷風のとどく範囲で生活してりゃ、電気代は多くかかりません・・・エアコンの風の届く範囲で、ジミに生活するのが節約のキホンです。

次の