羽根 つき 餃子 焼き 方。 【レシピ】羽根つき餃子の焼き方は実は簡単!パリッと美味しい羽根の作り方を完全ガイド

簡単羽根つき餃子!フライパンとホットプレートの美味しい焼き方コツ

羽根 つき 餃子 焼き 方

餃子って、ほんっとに美味しいですよね。 パリッと焼かれた皮の食感と、モチっとした皮の食感を両方楽しめ、噛むと、肉と野菜の汁がジュワー!! 白いご飯をバクバク食べれるし、のおつまみにも最高です。 しかし、家庭で餃子を焼く時、皮がフライにくっついてボロボロに崩れてしまったり、焼きすぎて焦げてしまったりと、上手く焼けないことってありませんか? 今回は、料理家164(ヒロシ)が、家庭でも美味しく餃子を焼ける科学をお伝え致します!しかも、パリッパリの羽根付きバージョンでございます! 科学その1:差し水とを10対1で混ぜておく 餃子を焼く時に必要になる差し水。 この差し水を入れ、フタをして蒸し焼きにすることで、餃子の中まで熱が通り、フライに接していない皮の部分が、モチッと仕上がります。 を作る際には、この差し水に、を混ぜ入れておきます。 私の経験では、この差し水に入れるの量は、水100ccに対して、が10gです。 多すぎるとネチャっとしてしまうし、少ないと、そもそも皮ができません。 概ね10対1の割合で、差し水を作るとパリパリの羽根を作ることができます。 科学その2:フタをして蒸し焼きにする 家庭で餃子を焼く時には、丸いフライを使うと思います。 一方方向に並べるよりは、円状に並べてあげるとお皿に盛るときに、羽根が崩れないできれいに仕上がります。 それでは、まずフライにサラダ油をひいて、餃子を2分程、中火で焼いていきます。 そして、を混ぜた差し水を入れ、フタをして蒸し焼きにしていきます。 中火にして、5分くらい焼いていきます。 ここでも科学をひとつ。 にはデンプン質が含まれているので、熱することで粘りがでて、気泡が餃子全体を包むようになり、上部の皮をモチっとした仕上がりにしてくれます。 (を混ぜずに水だけで蒸し焼きにすると、皮が乾燥した仕上がりになってしまいます。 ) 差し水に、を使うのには、羽根を作り出すと同時に、その粘りの特性を活かして、上部の皮をモチッとした仕上がりにする為でもあるんですね。 科学その3:仕上げに油で焼き揚げる 羽根が出来てますね。 この羽根をパリパリに仕上げるために油を鍋肌から回しかけます。 ごま油で香り高く仕上げていきます。 鍋を揺すったり、フライ返しで羽根の淵を少し持ち上げてあげると油が潜り込んで、全体を焼き揚げてくれます。 最後に油を使う事で、羽根への熱の伝わりが均一かつ、高温になるので、パリッと仕上がります。 餃子(市販のもの)・・14個• サラダ油・・大さじ1• 水・・100cc• ・・10g• ごま油・・大さじ2 レシピ• 水とを混ぜ、差し水を作る。 フライに、サラダ油を引き、餃子を円状に並べて中火で2分程焼く。 差し水を入れて、フタをし、さらに5分程中火で焼く。 ごま油を鍋肌からまわしかけ、下の皮全体になじむようにして焼き揚げる。 火を止め、大皿をフライにフタをするようにし、ひっくり返せば完成です。 おしそうですよね。 はい! それでは、本日の科学のおさらいです!• 科学その1【差し水とを10対1で混ぜておく】• 科学その2【フタをして蒸し焼きにする】• 科学その3【仕上げに油で焼き揚げる】 この3つを押さえれば、家庭でもパリパリの餃子が作れちゃいますよ!! このパリパリの羽根があると、食感が良くなるし、タレもよく絡んで、餃子をホントに美味しく食べれますよね! 皆さんも是非、ご家庭で試してみてくださいね。 出来上がりに、みんなが「おーーーーっ」と歓声をあげてくれますよ。 料理家164(ヒロシ) 「女子が思わず笑顔の手料理」を料理が苦手な男子向けに発信!! 現在の主な活動は、企業様へのレシピ提案、コラム執筆、婚活料理イベントなどを企画開催してます!! 仕事のオファー、お待ちしております。 11月には、婚活料理イベント「ラブストーリー食堂」を、で開催致します! 内容が気になる方は、フェイスブックからメッセージくださいませ。 アメーバブログ:【女子が思わず笑顔の手料理 ~もう一度、いや、さらに愛してもらえます~】.

次の

簡単羽根つき餃子!フライパンとホットプレートの美味しい焼き方コツ

羽根 つき 餃子 焼き 方

餃子の簡単な焼き方、羽根つき餃子も 目から鱗。 焼き面はパリパリ、皮はもちもち、中身はジューシーな、簡単な餃子の焼き方。 まだ火にかけない。 油は必要なし。 餃子と餃子の隙間が近すぎると、出来上がりの時に皮と皮がくっつきやすい。 今回は作り置きの冷凍餃子を使用。 水と片栗粉を混ぜたものを餃子の上から回しかけてやる。 写真くらいの水分量でも皮にちゃんと水分を吸わせることができるので心配はいらない。 *片栗粉は水の10%。 そのまま水と混ぜてフライパンに入れるだけで、跳ね付き餃子に仕上がる。 蓋をしたら中火で蒸し焼きにする。 火がフライパンに触らないくらいの弱めの中火。 時間にしたら5分前後。 パチパチと音がしてきたら水がなくなってきた合図。 蓋を開けて鍋肌 フライパンのふち からごま油を入れる。 フライパンを大きく回したり傾けたりして、ごま油をなべ底全体に行きわたるようにする。 ごま油が全体に馴染まないようなら少し追加してやる。 蓋を開けたまま水分を飛ばす。 時間にしたら5分程度。 慣れていればこの作業はわずかに火力を上げて時間短縮してもよい。 フライパンから油がパチパチと跳ねだしたら水分が無くなってきた証拠。 たぶんこの時点では「餃子とフライパンがくっついている」ので、フライパンと餃子の隙間に「ヘラ」を入れてザクっザクっと分離させてやる。 ヘラを使い焼き面の状態を確認。 餃子にしっかりと焼き色が付いていたら出来上がり。 アツアツのうちに召し上げれ。 上手な盛り付け方 フライパンの餃子に、お皿をそのまま蓋をするようにかぶせてしまう。 片手でフライパンを持ち、もう片方の手でかぶせたお皿を抑える。 そしてそのままフライパンごとひっくり返せば、写真のような焼き面が上になった餃子の完成。 この盛り付け方は慣れれば簡単だけど、フライパンに手が触れるとやけどする可能性があります。 そこだけは注意して。 餃子を簡単に焼くコツ 餃子を焼く方法は最初に油で焦げ目をつけてから蒸す方法と、最初に蒸してから焦げ目をつける方法 このレシピ があります。 簡単で手間が少ないのは圧倒的にこのレシピ。 火をつける前のフライパンに、餃子を並べて分量の水を入れる。 慌てることはまったくないので、失敗が少なくなります。 下ごしらえとしてフライパンの中に餃子を並べておけば、家族が帰って来たタイミングですぐに調理を始めることが可能です。 *この場合は皮が水分を吸ってしまうので水はまだ加えない。 皮が乾燥しないようにフライパンの蓋を閉めておくことを忘れずに。 水の量は餃子1つにつき6cc。 火加減は弱めの中火。 強火にすると皮に水分を吸わせるよりも先に、水分が蒸発してしまうので気を付けて。 水を皮にしっかりと吸わせてやれば中の具材もジューシーに蒸されているはず。 ここまで来たら今度は蓋を開けて調理する。 ごま油を回しいれて、餃子の余計な水分を飛ばしながら焼き色を付ける。 ごま油を回し入れた後すぐに餃子を動かしてはいけない。 焼き面がカリッとするまで餃子に触らないことが大切。 *このとき少し火を強めるといいが、焦げる可能性があるので慣れるまでは火加減は変えないほうがよい。 フライパンから油がパチパチと弾け出してきたら、餃子をヘラなどでフライパンからはがしてやる。 このとき焦げ目をそぐように少しずつ、餃子の皮を剥がさないように注意して。 いい焼き色がついていれば美味しい餃子の完成です。 慣れてくれば本当に簡単。 焼き面はパリパリ、皮はもちもち、中身はジューシーな、簡単な餃子の焼き方。

次の

ホットプレートで餃子を焼く、蓋なしでもおいしく焼ける

羽根 つき 餃子 焼き 方

羽根の部分のパリパリとした食感と、餃子本体のもちっとジューシーな食感が混然一体となって、焼き餃子のおいしさが倍増する羽根つき餃子! ちょっと難しそうに見えますが、実は簡単に家庭でも焼くことができるんです。 羽根つき餃子を焼くときのポイントは、蒸し焼きのときに水溶きの片栗粉や小麦粉を使うこと。 そして、最後はしっかり水分を飛ばすこと。 焦げつきが心配なときは、できればテフロン加工のフライパンを使い、薄く油をひきます。 フライパンに油(小さじ2)をひき、中火で30秒温めたら、いったん火を止めてから餃子を並べます。 片栗粉(小さじ1)を水(大さじ3)で溶き、餃子全体にかけてフタをして中火で約2分蒸し焼きにします。 フタを取り中火のまま約1分焼き、その後強火で残った水分を完全に飛ばす。 羽根ができたら完成。 海老餃子、しそ餃子でも同様に作ることができます。 とっても簡単ですね! お好みで、仕上げにごま油を少し回し入れると、さらに香ばしくパリッと仕上がりますよ。 焼き方を動画でご紹介しています。

次の