オードリー タン。 オードリー・タンの経歴が凄い!IQ180の神対応とイケメン画像に驚き!

唐鳳

オードリー タン

Contents• 新型コロナウィルスのマスクや患者の情報公開 オードリー・タン氏のスタンスとしては政府と民間のコネクターの役割をすること。 と語っています。 正しい情報を迅速に政府から民間に伝達する。 その目的は達成されています。 またとてもスピーディーです。 新型コロナウィルス肺炎のために開発したアプリでは、マスクの在庫がどの薬局に大人用、子供用が何枚あり、各薬局の場所や何時から配布かの情報がすぐにわかります。 そのために混乱やマスクの価格急騰は避けられました。 「マスクは必要な人に届けよう! 」と呼びかけ、医療従事者、バスやタクシーの運転手など濃厚感染の危険がある人たちに優先的に手に入るようにしよう。 という呼びかけに国民の理解が得られました。 そのため、繁華街でない人の行き来が少ない住宅地では、マスクを外して歩いている人々も増えてきました。 台湾の政府はマスクの値段を一枚5元と設定し、高額販売者には高額の罰金をかけることにしました。 そのためにマスクの値段が釣り上がることはなくなりました。 また、デマを流した人にも罰則が与えられました。 例えばティッシュペーパーとマスクの材料が同じで原料がなくなる。 などの情話を流した人は罰せられました。 マスクの海外輸送は禁止され、内需に回されています。 輸出は禁止です。 マスク業者は利益の高い商品よりもマスク生産を第一にして、24時間で制作しているそうです。 海外渡航時のマスク持ち出しにも規制があります。 一人最大で250枚までと決められています。 それ以上を持ち出しの場合は罰金が課せられ没収されます。 新型肺炎の患者の発生場所や原因、通ったルートなどのアプリを開発して、開かれた情報公開に貢献しています。 これらの情報は 合理的でとても早かったので、国民も政府に信頼を抱いていると思います。 台湾の神対応の大臣オードリー・タン氏の経歴や功績についてまとめてみました。 トランジェスターの方なんですね。 なるほど。 いろいろな新型コロナ対策の発想が素晴らしいですね。 台湾を見習おう。 トンンジェスターの道へ 男性の時の名前は唐宗漢、女性の名前は唐鳳 33歲 会社退職 36歳 ダジタル大臣 IQが180以上 身長180センチ 子供時代にいじめにあい不登校 オードリー・タンはちょっとした記憶の欠如があり、ハンカチやティッシュをよく忘れて学校の先生に叱られていました。 また成績はとても優秀で、他の学生さんからねたまれたりいじめを受けました。 そのため不登校になりました。 夜寝るときにはいろいろといじめられたことなどを思い出し、眠れなくて母親が一緒に添い寝したり、自殺を考えたり鬱状態になったこともあるようでした。 かなり悲惨ですね。 天才ならではの苦労ですね。 知能の差と思想の差が激しくて、他のお子さんとの授業がつまらないため学校は図書館で1人で自習するようにさせました。 図書館中の本をほとんど1年位で全て読み尽くしてしまい、他にすることがなくなりました。 エリートコースに入れられましたが、そこでもいじめにあいました。 親もとても心配し、子供の教育方針の違いにより夫婦仲が悪くなったことも。 ある日胸をけられて壁に頭を打ち倒れてしまい母親が学校に迎えに行き、胸に蹴られた青あざがあるのを発見。 それから本格的に不登校になりました。 なかなか壮絶ないじめられ体験ですね。 先天性の心臓疾患があるために怒ったりすると心臓に負担がかかり、苦しくなるので、「自分は怒れない。 」とのことです。 いつも穏やかそうな方なのですが、子供時代は親子共ともかなりご苦労をされています。 その後父親の仕事の都合で、弟と一緒にドイツにわたりドイツに勉強する機会をえました。 1991年11歳の時に弟と一緒にドイツのエリートコースの学校に一年間学び、また台湾に帰ってきました。 台湾に帰ってきてから中卒で会社経営 台湾に帰国後は台湾の中学校に行きましたが、ドイツの教育とのギャップを感じ、また不登校に。 その為に中卒の学歴になりました。 家族の同意を得て、ウーライので山の中に一人でこもって、考える時間をもったりしたそうです。 16歳でIT企業を成立したいという時に親戚や家族は反対しましたが、母親の応援で会社成立。 世界的に有名なプログラマー オードリー・タン氏は8歳からプログラミングを独学で学びました。 インターネットで世界中の識者に質問したりして、独学で学びました。 中国語、台湾語、英語、フランス語、ドイツ語ができるそうです。 世界的に有名なプログラマーになり、2014年ごろ米アップル・コンピューターのデジタル顧問に就任。 すごくないですか? その後自分の会社も経営し、33歳ですでに財産を築いたので、退職。 ものすごいアーリーリタイヤですね。 でも威張ることもなく、とても自然な感じの振る舞いの方で高感度ありますね。 台湾人の評判もとても良い方です。 まとめ もし日本であれば中卒でトランジェンダーの大臣は生まれなかったと思います。 蔡英文の偏見のない柔軟な発想から内閣に招聘して、新しいデジタル大臣が登場しました。 その活躍は目覚ましいものがありました。 もちろんオードリー・タン氏1人の功績ではなく、そのチームの若いプログラマーたちの努力もあってのことだと思います。 前回の総統選では蔡英文が当選して本当に良かったです。 国民党の中国よりの人が当選したら、中国人の入国をストップすることもなく、新型コロナウィルスがもっと蔓延していたと思います。 またオードリー・タン氏のような傑出した人材が登用されることもなかったと思います。 また台湾人も落ち着いてパニックになることなく、みんなで新型コロナウィルス封じ込めに協力していると思います。 この病気が早く収束することを願っています。 トップのオードリー・タン氏の画像はウィキペディアからお借りしました.

次の

オードリー・タンとシビックハッカー|高木久之|note

オードリー タン

このような、テクノロジーを使用した危機管理に、米国をはじめ世界から注目が集まっているようです。 彼女は、HaskellコミュニティーとPerlコミュニティーによるRaku処理系の実装のための共同プロジェクトである Pugsの創始者兼主要開発者としても知られています。 さらに台湾内外のIT企業の顧問として活動し、 米アップル社のコンサルタントとしても働いているとのことです。 また 元々性別は男性ですが、2005年に外見と自己意識を一致させるために、名前を変更するなどの女性への性転換を始め、 トランスジェンダーとしても認知されているようですね。 これだけ見ると、現在38歳までの間にかなりの実績を上げていて、素晴らしい経歴の持ち主であることが分かります。 特に台湾のコンピューター界においては、10本の指に入るほどですので、IT分野に非常に長けた人物なのでしょう。 「世界の頭脳100」にも選出されていますし、世界でも特に必要とされている方ではないでしょうか。 さらには、 政府の情報を透明化させる「g0v零時政府」のハッカーだった経歴もお持ちです。 経験豊富すぎますね…。 Ruby開発者のまつもとひろゆきさんも称賛 プログラミング言語「Ruby」の開発者である、 まつもとひろゆきさんも彼女を称賛しています。 「オードリーは、18歳のときに独学でHaskellでPerl6コンパイラを書いた人なので、周囲の人が「天才プログラマー」と呼びたくなる気持ちもわかりますし、むしろこの人を「天才プログラマー」としなかったら誰を、という感じの人です。 」 Ruby開発者のまつもとさんが「天才プログラマー」と呼ぶほどですので、相当な腕の持ち主であることが感じ取れますね。 まとめ 今回は、台湾のオードリータンという人物についてまとめてみました。 彼女の新型コロナウイルスで起こるマスク問題への対策は素晴らしいですね。 これらの対応が日本でも行われるとなると状況は改善されると思われますが、如何せん日本政府の対応の遅さは今回特に批難されていますし、期待はできないですね…。 このようにオードリータン氏のような、問題にいち早く対応でき、国を救える人物が1人でもいたら、日本での感染者数を抑えられたと思われます。 日本政府も見習って欲しいですね。 それでは最後までご覧いただきありがとうございます。

次の

台湾に続く東京都の情報公開がすごい 台湾の天才プログラマーオードリータンIT大臣との連携が見事!

オードリー タン

オードリータンの指揮によるマスク在庫マップの作成 台湾でマスク不足が深刻化する中、人々がパニックになることを予想したオードリータン氏。 国内のエンジニアがマスク在庫マップを自由に作成できるよう 各薬局のマスクの在庫数を情報公開しました。 それにより、 僅かな時間でマスク在庫マップが完成できたのです。 台湾中の薬局情報がマップ上に表示され、成人用・子ども用マスクの在庫数がひと目で分かる仕組みになっています。 その人が今まで購入したマスク総数もわかるので、買い占め防止にもグッド! その他にも、 「新型肺炎情報LINEボット」 というオフィシャルサイトの作成や LINEやSiriに聞くだけで マスク在庫がある薬局を教えてくれるシステムまで開発。 これらは台湾のエンジニアが無償で開発したプログラムが大いに役立っています。 オードリータン氏は病院に優先的にマスク配布なども行っています。 オードリータンの指揮によるマスク購入のルール決め 国民がマスクを買う際にいくつかルールがあります。 台湾では、マスク購入に保険証が必要。 実名制ということです。 その保険証を奇数と偶数で分け、マスク購入日を整理しているようです。 ちなみに日曜日は無制限! こうした方法で、人々の買い占め行動を抑制しています。 台湾の天才・オードリータンのコロナへの神対応は何がすごい? オードリータン氏はマスク対策だけではなく、他にも有効な策を次々と打ち出しています。 接客をして、移動もして、運転手は感染リスクがものすごい高いですよね。 国の大臣が守ってくれてる感も嬉しいです。 しかし、看護休暇を取ることが認められているので、保護者は気兼ねなく休むことが 可能。 中学生でも、障害などサポートが必要な子の保護者であれば 取得することが出来ます。 帰宅経路を知ることで、意識的にその場所を避けることが出来ます。 全体的に、日本のように情報隠蔽ではなく適切に公開してくれる政府ということですよね。 羨ましいです。 ちなみに、日本のIT担当大臣は79歳の竹本直一大臣。 コロナ騒動の中、自身のHPが閲覧不能になったり理由も分からなければ、パーティーにも出席しています。 有能w オードリータン氏は自身の対策について 「この件は、民間の皆さんの努力です。 私はただ真ん中に入ってみなさんが欲しいデータを公開したまでです」 とコメント。 素晴らしい! 台湾の天才・オードリータンがすごすぎて発狂レベル IQ180の彼女は、8歳からプログラミングに興味を持ち始め、 14歳で中学校をやめて15歳で起業。 Perl6の開発、Appleのコンサルタントなど、IT分野で目覚ましい活躍をしています。 「世界の頭脳100」 にも選出されるほどの能力の高さを持っており、35歳のときに台湾史上最年少で閣僚になりました。 オードリータンは世界初トランスジェンダー大臣 幼い頃から自身の生物学上の性別と意識している性別の乖離に悩まされていました。 20歳の頃、男性ホルモン濃度を調べると男女のちょうど中間であることが判明。 「両親が『男性はこう、女性はこうあるべき』という教育をしなかったので、私はずっと性別に関して特定の認識がありませんでした。 12歳の頃に出会ったインターネットの世界でも、性別について名乗る必要も聞かれることもなかったですし。 10代で男性の、20代で女性の思春期も経験しました。 自分が男性か女性かどちらかに属する存在とは思っていないんです」 とのこと。 両方の思春期を経験するってすごいですよね! 24歳のときに性別適合手術を受け 唐宗漢から唐鳳という中性的な名前に変更しています。 ずっと偏見と戦ってきたのでしょうが、ようやく自由になれて本当に良かった。 まとめ 日本とはえらい違いの大臣が台湾には居ます。 覚えている限り日本には優れたリーダーが少ないので 冷静に対応していきたいところです。

次の