子供 頭痛 嘔吐。 子供に吐き気と頭痛の症状が!考えられる病気と対処法

子供が頭を打って嘔吐した日、受診の目安と対処方

子供 頭痛 嘔吐

子供 が 頭痛 はあっても 熱なし・・・原因ってなんだろう? 熱がないとなかなか原因が推測しにくいもの。 原因がわからなければ、どう対策をすべきかわからず困ってしまいますよね。 スポンサードリンク 目次• そのため、頭痛以外の症状も合わせて考えられる選択肢を絞っていきましょうね! 「頭痛があるのに熱はない…」そんな場合に考えられる原因は、• 偏頭痛• 眼精疲労• 蓄膿症(副鼻腔炎) の4つ。 それぞれについて詳しく見ていきましょう。 ウィルスや細菌が感染することで発症します。 風邪で頭痛がある場合には、他にも症状が現れるので分かりやすいです。 鼻水・喉の痛み・咳といった症状がないかを確認しましょう。 食事や睡眠がとれているのであれば、安静にして自然に治るのを待ちましょう。 それらが難しければ、医療機関を受診することをおすすめします。 しかし、10歳に満たない子供でも偏頭痛を発症することがあるのです。 その原因として、• 心理的ストレス• 光や音などの刺激• 睡眠不足・睡眠の取りすぎ といったものがあります。 子供の偏頭痛は大人と異なる特徴があるので、その特徴をご紹介しますね。 大人の場合は、半日から一日続くことが多いですが、子供は 突然始まって突然終わることが多いのが特徴です。 数時間程度で治まってしまうため、偏頭痛とわかりにくいこともあります。 また、痛みの種類も少し異なります。 大人の場合は、片側のこめかみ付近がズキズキと脈打つように痛むのに対し、子供の場合は、 前頭部もしくは側頭部の両方が締め付けられるような痛みが特徴です。 子供の偏頭痛の対処法については下記の記事をご参照くださいませ。 初期の眼精疲労による頭痛であれば、目をしばらく休むことで和らぎます。 しかし、症状が進んでしまうと、少し目を使っただけでも頭痛を起こすようになってしまいます。 ここまで重症にならないうちに気づいて対策をしてあげたいものです。 対処法としては、 パソコンやスマホを利用する時間をしっかり決めることです。 子供は夢中になると止めどなく遊んでしまいますよね。 そうならないよう、親が時間を管理することが大切です。 また、画面の明るさを暗めに調節すること、1時間の連続使用につき最低「15分」の休憩をとることによって、目への負担を減らしていきましょう。 蓄膿症(副鼻腔炎)によって副鼻腔(鼻の周囲にある空洞)の神経を刺激して、頭痛を引き起こすというメカニズムです。 黄色い鼻水が出て頭痛が起きている場合は、早めに治療をするようにしましょう。 蓄膿症は風邪をひいて鼻が詰まった状態が慢性化する場合に起こることが多いです。 これが原因で起こる頭痛の場合は、 蓄膿症を解消することが先決です。 対処法としては、まずは蓄膿症を治療するために耳鼻科を受診することです。 耳鼻科では、薬物療法やネブライザー治療による治療が行われます。 こういった治療によって症状が改善すると、それに伴う頭痛も改善に向かいます。 今では頭痛が起こる頻度が減ったようで、私も安心しました! 子供のちょっとした変化を見逃さないように注意深く観察して、頭痛の原因が何かを推定しましょうね。

次の

子供嘔吐の原因と子供がかかりやすい病気

子供 頭痛 嘔吐

頭痛とともに嘔吐や下痢の症状がでる原因は? では、まずはなぜ頭痛と共に嘔吐や下痢の症状がでるのか、その理由からチェックしていきましょう。 実は頭痛とともに吐き気や下痢の症状が起こるのは血圧と関係している場合があります。 「高血圧ということ?」と思われる方も多いかもしれませんが、低血圧も辛い症状があります。 とくに最高血圧が90以下の場合には、血行不良で頭痛の症状だけでなく、吐き気や下痢などの症状を伴うことがあるのです。 これは、血行不良によって腸にまで影響があることが原因と考えられます。 また、自律神経のバランスが崩れることで頭痛と共に吐き気や下痢の症状が伴うことがあります。 自律神経のバランスが崩れる症状としては、自律神経失調症があります。 自律神経と言われているものですが、交感神経と副交感神経の2つがあります。 これらは、疲労やストレス、ホルモンバランスの乱れなどでバランスが崩れてしまいます。 そして、自律神経が乱れることで自律神経により働いている血管や内臓などの働きが悪くなってしまうのです。 これにより頭痛だけでなく、嘔吐や下痢といった症状が伴うことがあるのです。 頭痛とともに嘔吐や下痢の症状があるときに考えられる病気は? それでは、ただの頭痛でない場合には、嘔吐や下痢の症状があるとどのような病気が考えられるのでしょうか? [スポンサードリンク] 過敏性腸症候群 まず、一つ目に考えられるのが過敏性腸症候群です。 過敏性腸症候群は、大腸や小腸が正常に機能しないことで下痢や便秘の症状がつづくものです。 このとき、大腸や小腸だけでなく自律神経も乱れているので頭痛や吐き気といった症状が起こるのです。 この過敏性腸症候群には4つの症状があります。 1.ストレスが原因の慢性下痢型 2.おならがとまらなくなるガス型 3.腹痛や便秘、下痢などが頻繁に起こる不安定型 4.腹痛のあとに粘液が便に変わって排出される分泌型 の4つになります。 この過敏性腸症候群になると、病院で薬を処方してもらったもなかなか治らない方も少なくありません。 治らないことでよりストレスがたまり、悪循環になってしまいます。 そこで、ストレスを上手に解消できるようにリラックス方法を見つける事やタップリと睡眠をとることなどが大切になります。 ウイルス感染症 二つ目は、ウイルス感染症による頭痛です。 ウイルス感染症と一言でいってもいろいろありますが、一般的には風邪やインフルエンザ、ノロウイルスなどがあります。 風邪の場合には、熱は38度以下だったり、咳やくしゃみ、鼻水、喉の痛みなどがあります。 けれども、あまり頭痛が起こることはありません。 インフルエンザの場合には、38度以上で40度ぐらいの熱がでるのが一般的で、鼻水や鼻づまりよりは全身の痛みなどの症状となります。 ノロウイルスの場合には、頭痛のほかに、吐き気や下痢などの症状があります。 ですから、頭痛と共に吐き気や下痢のなどの症状がある場合には、内科で診察してもらいましょう。 急性肝炎 三つめは、急性肝炎による頭痛です。 急性肝炎は、みずおちの右側に違和感があるのが特徴です。 そこを押すと痛みを感じるでしょう。 頭痛や吐き気や下痢のほかに全身のだるさが生じて、筋肉痛などが起きる場合にはウイルスではなく急性肝炎の可能性があるのですぐに内科を受診しましょう。 偏頭痛も下痢の症状がある 偏頭痛の場合にも、下痢の症状がある人もいます。 偏頭痛で下痢の症状がでる理由ははっきりとはいていません。 とはいえ、偏頭痛持ちのひとの多くが吐き気を訴えることもあることで、神経障害が考えられるのです。 神経障害が下痢まで引き起こすということは稀ですが、そういう人もいることを知っておきましょう。 偏頭痛によって吐き気がある場合には、胃腸が弱ってしまうことがあります。 その影響で、刺激のある食べ物や消化の悪いものを受け入れられないことで、下痢になることもあるのです。 頭痛だけではない、嘔吐や下痢の症状もともなう原因についてのまとめ いかがでしたか? 今回は、頭痛に嘔吐や下痢の症状が伴う原因や考えられる病気についてご紹介しました。 頭痛だけでも辛いのに、その上、嘔吐や下痢の症状がある場合にはとてもつらくて不安になることもあるでしょう。 このような症状がある時には、単なる頭痛ではなくてさまざまな病気の可能性が考えられます。 中にはウイルス感染や自律神経のバランスの乱れなどが原因となっている場合もあります。 頭痛だけでなく、嘔吐や下痢などのつらい症状がある場合には、まずは内科で相談してみるとよいでしょう。 [スポンサードリンク].

次の

子供の頭痛に要注意!吐き気や熱を伴うのは危険な病気かも!

子供 頭痛 嘔吐

子供 が 頭痛 はあっても 熱なし・・・原因ってなんだろう? 熱がないとなかなか原因が推測しにくいもの。 原因がわからなければ、どう対策をすべきかわからず困ってしまいますよね。 スポンサードリンク 目次• そのため、頭痛以外の症状も合わせて考えられる選択肢を絞っていきましょうね! 「頭痛があるのに熱はない…」そんな場合に考えられる原因は、• 偏頭痛• 眼精疲労• 蓄膿症(副鼻腔炎) の4つ。 それぞれについて詳しく見ていきましょう。 ウィルスや細菌が感染することで発症します。 風邪で頭痛がある場合には、他にも症状が現れるので分かりやすいです。 鼻水・喉の痛み・咳といった症状がないかを確認しましょう。 食事や睡眠がとれているのであれば、安静にして自然に治るのを待ちましょう。 それらが難しければ、医療機関を受診することをおすすめします。 しかし、10歳に満たない子供でも偏頭痛を発症することがあるのです。 その原因として、• 心理的ストレス• 光や音などの刺激• 睡眠不足・睡眠の取りすぎ といったものがあります。 子供の偏頭痛は大人と異なる特徴があるので、その特徴をご紹介しますね。 大人の場合は、半日から一日続くことが多いですが、子供は 突然始まって突然終わることが多いのが特徴です。 数時間程度で治まってしまうため、偏頭痛とわかりにくいこともあります。 また、痛みの種類も少し異なります。 大人の場合は、片側のこめかみ付近がズキズキと脈打つように痛むのに対し、子供の場合は、 前頭部もしくは側頭部の両方が締め付けられるような痛みが特徴です。 子供の偏頭痛の対処法については下記の記事をご参照くださいませ。 初期の眼精疲労による頭痛であれば、目をしばらく休むことで和らぎます。 しかし、症状が進んでしまうと、少し目を使っただけでも頭痛を起こすようになってしまいます。 ここまで重症にならないうちに気づいて対策をしてあげたいものです。 対処法としては、 パソコンやスマホを利用する時間をしっかり決めることです。 子供は夢中になると止めどなく遊んでしまいますよね。 そうならないよう、親が時間を管理することが大切です。 また、画面の明るさを暗めに調節すること、1時間の連続使用につき最低「15分」の休憩をとることによって、目への負担を減らしていきましょう。 蓄膿症(副鼻腔炎)によって副鼻腔(鼻の周囲にある空洞)の神経を刺激して、頭痛を引き起こすというメカニズムです。 黄色い鼻水が出て頭痛が起きている場合は、早めに治療をするようにしましょう。 蓄膿症は風邪をひいて鼻が詰まった状態が慢性化する場合に起こることが多いです。 これが原因で起こる頭痛の場合は、 蓄膿症を解消することが先決です。 対処法としては、まずは蓄膿症を治療するために耳鼻科を受診することです。 耳鼻科では、薬物療法やネブライザー治療による治療が行われます。 こういった治療によって症状が改善すると、それに伴う頭痛も改善に向かいます。 今では頭痛が起こる頻度が減ったようで、私も安心しました! 子供のちょっとした変化を見逃さないように注意深く観察して、頭痛の原因が何かを推定しましょうね。

次の