メッセンジャー オンライン 飲み 会。 オンライン飲み会のやり方は?パソコンでするにはどうすればいいの?

オンライン飲み会や会議に無料で使えるおすすめアプリ6選

メッセンジャー オンライン 飲み 会

「声が被って話しづらい…」「沈黙が気まずい…」オンライン飲みにも悩みは付きもの。 盛り上がるために必要なコツは?(写真はイメージです) 画像:小林優多郎 新型コロナウイルスの感染拡大を受けてついに全国的に緊急事態宣言が発令され、リモート勤務が強く推奨される日々。 「職場のみんなで打ち上げ!」という光景も、もはや懐かしいものになりつつある。 そこで最近、しばしば取り上げられるようになったのが、Zoomなどを使った「オンライン飲み会」。 社員の自宅の様子が映ったり、家族やペットが乱入してきたり、普通の飲み会とは一味違う楽しさがある一方で、実際にやってみると「結構難しい」と感じる人も多いのではないか。 2〜3人のしっぽりした会なら大した問題もないが、大人数になると難しさがよくわかる。 先日、都内のITスタートアップに務める筆者の職場(3月初めから全社リモート体制に入っている)でも、全社横断のオンライン飲み会が開催された。 有志30人ほどが参加し、「会場」はグーグルの法人向けビデオ会議サービス「Google Meet」。 この会、多くの人が参加しながらも、これまでと違ってまったく「やりづらさ」がなく、2時間たっぷり楽しむことができた。 それはなぜか。 会の中に散りばめられていた、「大人数がオンラインで楽しむコツ」を、5つのポイントに分けて紹介したい。 1 タイムテーブル必須! 幹事の準備が大事 オンライン飲み会の難点のひとつは、「だらだら続いて終わりづらい」こと。 そこで肝となるのが、きちんと幹事を立てて、事前にタイムテーブルを用意しておくことだ。 最初の乾杯から締めまで、時間割がはっきりしていることで、途中参加もしやすくなる。 例えば先日の全社横断飲み会では、あらかじめこんなタイムテーブルがSlack(社内コミュニケーションツール)上で提示されていた。 そして当日は、幹事の音頭によって時間が区切られ、終了予定をむやみにオーバーすることもなかった。 google. 30人が一緒の部屋にいては、それぞれの表情もまともに見られないし、当然声もかぶる。 結局、盛り上げ役の人だけが話してあとは全員聞き役という、さながらプレゼンテーションのような場になってしまう。 そこでおすすめしたいのが、3〜5人ごとに班を分け、それぞれに部屋を用意すること。 これも幹事の事前準備のひとつ。 通常の飲み会でも、くじびきで席を決めることがあるが、そのオンライン版だ。 今回は 全社横断飲みなので、できるだけ部署がばらけるように調整されていた。 google. google. google. google. google. google. google. google. google. 途中で班替え(=席替え)をしても良い。 この人数であれば、みんなが均等に話すことができるし、喋っていないあいだもきちんと画面に姿が映るので、うなずくだけでも存在感が出る。 まるで一緒にひとつの卓を囲んでいるような雰囲気。 違和感がない。 ただし、遅刻者が多かった班は、しばらくサシ飲み状態だった……というハプニングも。 ちなみに、初めましての社員同士でも気まずくないように、幹事からトークテーマ案も提示されていた。 最初はそれが助けになったが、場があたたまってきたあとは自由に盛り上がり、離れるのが名残惜しいという班も。 いつまで経っても1stラウンドの部屋から出てこない班は、幹事が突撃し強制終了させていた。 著者提供 3 幹事以外は全員ミュート!乾杯・締めのコツ とはいえ、少人数に分かれた部屋で話をするだけでは、全社イベントとは言い難い。 せめて乾杯はみんなで。 ということで、最初と最後はみんなで同じ場所(同じURL)に集まるのが楽しい。 ただし、ここで全員がそれぞれに声を発してしまってはカオスだ。 そこで、集合部屋では発言を許される(=マイクオン)のは幹事のみ。 他はみなミュート(消音)を徹底したい。 幹事の指示にしたがって、許された人だけは、適宜マイクをつけて喋ることができる。 例えば、乾杯の発声をする人など。 「幹事以外ミュート」ルールは、開始前に周知しておくのが、会をオンタイムで進めるコツ。 これは練習問題。 著者提供 まとめ:いつもの「場の作法」を、オンラインの状況に「翻訳」して明文化する。 以上、筆者が社内で体験した「大人数オンライン飲み会」に散りばめられていた工夫を紹介した。 リモート勤務は、仕事場所が家であるだけで、業務自体がラクになるわけではない。 同じように大人数の飲み会も、オンラインだからといって準備や気配りゼロで臨めば決してうまくは回らない。 通常の飲み会と同じように、場を整え、仕切る「幹事」の存在は尊いことを実感した。 そしてそもそも、実はこれらの工夫は、通常の飲み会で無意識的に行われている「場の作法」を、オンラインに「翻訳」したものだといえるかもしれない。 幹事が手を鳴らしたら黙る。 乾杯の挨拶は傾聴する。 会話を回すには卓ごとに小さな輪を作るのが良い……。 それぞれをオンラインに置き換え、「オンラインならではの場のルール」を明文化することで新たな作法が生まれ、居心地がよい時間が続く。 リモート勤務においては、仕事中も、同僚・上司部下とのコミュニケーションに苦労する人も多いだろう。 オンライン飲み会を円滑にする「作法の翻訳」。 ここには、昼間の業務に生きるヒントも隠されているかもしれない。

次の

ZOOMを使ったオンライン飲み会のススメと注意点【幹事向け手引き】

メッセンジャー オンライン 飲み 会

オンライン飲み会のコツ オンライン飲み会の楽しく盛り上げるコツはあるんでしょうか? SNSよりオンライン飲み会を楽しむアイデアを抜粋させていただきました!• エフェクトをかける• 顔を見せるのは盛り上がるための大切な要素• 相手がうるさいと聞こえないので、静かな場所で行うこと• 今月はリアルの飲み会より多い…。 顔を見せるのは、盛り上がるための大切な要素ですね。 相手が居酒屋だと周囲の音でうまく会話ができなくて、結局普通に電話で話した。 — ユイシンP Yuishin1105 オンライン飲み会、コンビニで同じ食べ物買うところから始めたいよな... 同じもの食べてるからこれ美味ぇな、とか言える... 画面越しに食べているおつまみを紹介しあうのも、盛り上がりますね! リアルでもオンラインでも、普段から仲が良いメンバーと飲み会をするのが一番です!(笑) オンライン飲み会で使えるアプリやツール一覧 オンライン飲み会でよく使われているビデオ通話のツールはこちらです。 ビデオ通話ツール インストール 料金 メリット デメリット zoom 事前に必要 3名〜40分までは無料 バーチャル背景がある・品質が良い 3名〜40分以上は有料(ホストのみ) skype 事前に必要 無料 ユーザーがたくさんいる 通話品質が悪い Whereby ホストのみ事前に必要 無料 ゲストは会員登録不要 無料版は4名まで LINE 事前に必要 無料 ユーザーがたくさんいる グループを作るのが面倒くさい SNSやネット上で調べたところ、• 仕事つながり…zoom• リアルで仲が良い友達…LINE Whereby• オンライン上のつながり…skype など このような感じで使い分けているように感じました。 他にもフェイスブックやメッセンジャーなどもあります。 会社のつながりでLINEのグループをわざわざ作るのには、抵抗がある方も多いですよね。 ZOOMは無料会員だと、 3人以上のビデオ通話は40分までの制限があります。 オンライン飲み会は、zoomやLINEが主流なんでしょうね! オンライン飲み会のツール別やり方 オンライン飲み会はツールやアプリでやり方が違います。 そこで、よくインストールされているツールのやり方をご紹介しますね。 【オンライン飲み会】LINEのやり方 LINEでのオンライン飲み会のやり方をご紹介します。 グループビデオ通話は最大200人まで可能ですが、画面に映る人数には限度があります。 iOS版LINE:最大4名• Android版LINE:最大6名• PC版LINE:最大16名 ビデオ通話は人数が多いと通話が不安定になったり、一度に多人数で話すと会話が聞き取りづらくなってしまいます。 オンライン飲み会に適した人数は、4〜6人がベストと言われていますので、LINEでは画面に映る人数がちょうどよさそうですね! 【オンライン飲み会】ZOOMのやり方 次にオンライン飲み会をZOOMでやる方法をご紹介します!• ZOOMをインストールする(スマホ・PCあり)• 主催者がビデオ通話できる招待URLを、招待者に送る• 招待者がクリックすると、ビデオ通話が始まる ここで注意点ですが、無料会員では人数が3人以上のビデオ通話は40分までしかできません。 もしもZOOMでオンライン飲み会を3人以上でするなら、• 主催者が有料会員になる(参加者は無料会員でOK)• 40分経過したら一旦ログアウトして、またログイン のどちらかになります。 1対1のビデオ通話は、無料で時間は無制限なので問題ありません。 またZOOMでは、バーチャル背景が設定できるのも楽しいです! 【オンライン飲み会】Houseparty のやり方 App Storeのみのアプリですが、【Houseparty】もオンライン飲み会で使いやすいと話題です。 機能がグループビデオチャットのみなので、操作がシンプルで簡単です。 アプリを立ち上げるだけで、チャットすることができます! 他のアプリやツールにないメリットは、• ホストが必要なく、いきなりチャットが始められる• 通知で友人がログインしたのが分かる• 最大8人で同時通話することができる などがあげられます。 言語が英語なのでちょっと分かりづらい、App storeでしかインストールできないのが、デメリットです。 【たくのむ】は会員登録がいらないのでとても便利ですね! 現在は、• 最大4人まで• パソコンのみ と制限がありますが、これから要望があれば機能が充実されると思います。 私は、背景が欲しいです!と運営の方に希望を出しておきました。 背景があればお家の片付けをしなくてもいいので、とても助かります! また今後は、出前機能や飲み会中にとった写真を閲覧できるサービスが実装されていく予定です。 まとめ 今回は、オンライン飲み会のやり方やコツなどについて調べました。 オンライン飲み会は、場所を選ばずラフな格好で参加することができるので、情報交換の機会としても重宝されています。 しかし、人数が多すぎると話がまわってこないことから、4〜6人程度がちょうどよいです。 またオンライン飲み会を楽しむコツとしては、• 同じものを買ってきて食べる• 顔を出す• 通話が聞こえるよう静かな場所で行う などがあげられます。 そして、ビデオ通話のツールは【たくのむ】が会員登録不要で、一番簡単でした! 興味がある方は、ぜひ【たくのむ】でオンライン飲み会を開催してみてくださいね。

次の

ZOOMを使ったオンライン飲み会のススメと注意点【幹事向け手引き】

メッセンジャー オンライン 飲み 会

Zoom飲み会の模様 オンライン飲み会といっても、実際には参加者が自分でお酒や食べ物を用意して自宅で飲むだけ、なのだが、ポイントは複数人が参加できるビデオ会議サービスを使うこと。 自宅にいながら友達と集まって飲み会を楽しむことができる。 ビデオ会議サービスはが、筆者がオンライン飲み会を開催する中で「オンライン飲み会で使いやすい」と感じているのがZoomだ。 サービスとしてはいくつか試してみているが、Zoomが使いやすいと感じているのは以下の理由だ。 - 参加人数がほぼ無制限 - ユーザー登録不要で参加できる - ビデオチャットを楽しむ機能が充実 Zoomは無料アカウントでも最大100人まで参加できるため、飲み会の参加人数を気にしなくていい。 また、ユーザー登録を行うことなくPCならブラウザで、スマホならアプリをインストールだけで参加できるハードルの低さはありがたい。 さらに、参加者とビデオ会議を楽しむための機能やサービスが充実していることで、飲み会がより楽しくなる要素も備えている。 なお、Zoomは無料かつ3人以上のユーザーで利用する場合、40分という時間制限が設けられている。 40分を超えても自動で延長されるケースもあるようだが、突然チャットが終了してしまうことのないよう有料プランに加入しておきたい。 有料プランは最も安価な2000円のプランでも時間無制限でのミーティングが可能。 飲み会の場所代と思えば十分に安いし、PayPayなどのコードレス決済を使って参加者から会費を集めてもいい。 Zoomで飲み会をするなら有料プランに加入は必須といっていいだろう。 ブラウザから設定を変更 ・ホストの前の参加 主催者が飲み会開始に間に合わない場合、参加者だけで先に飲み会を始めることができる。 なお、この機能は「待機室」と排他になっているため、利用したい場合は待機室がオフになっているかを確認しよう。 ・共同ホスト ホストは参加者のマイクをミュートにしたり、ホストのみ画面を共有できるようにするといった設定が可能なほか、参加者の名前をホストが変更することもできる。 共同ホストをオンにしておくと、参加者にもホストの機能を共有することが可能だ。 ・バーチャル背景 こちらは後述するが参加者の背景を自由に変更できる機能。 Zoomを使ったオンライン飲み会の醍醐味とも言える機能なので、オンになっているか確認しておこう。 ・「ブラウザから参加する」リンクを表示します Zoomは前述の通りブラウザからでも利用できる。 動作が重い、Chromeなど一部ブラウザでないと音声が利用できないなど制限は多いものの、どうしてもアプリがインストールできない人がいる場合は有効にしておこう。 ・ミーティングのライブストリーム配信を許可 レアなケースかもしれないが、オンライン飲み会の模様をFacebookやYouTubeで配信したいという時にはこの機能をオンにしておく必要がある。 Facebookで特定のグループのみに配信ということもできるので、参加はできないけれど話は聞きたい、という人のためにいつものメンバーにだけ配信する、という使い方が可能だ。 ソニーの「」。 耳の穴を塞がないタイプで装着時の疲れも少ない 機材面でお勧めしたいのが ワイヤレスヘッドセット。 パソコンだけでもZoomは利用できるものの、パソコンから音を出していると家族に迷惑だったり、パソコンから出ている音をマイクが拾ってハウリングを起こす、ということもあるため、ヘッドセットはとても重要だ。 有線でなくワイヤレスをお勧めするのは、有線だと酔っ払ったときにケーブルがあるのを忘れてパソコンや回りの物をひっくり返してしまう恐れがあるから。 また、ミーティングに比べて長時間に渡る可能性の高い飲み会では、ヘッドフォンよりもヘッドセットのほうが負担が少ない。 筆者のお勧めは、ソニーの「SBH82D」。 耳の穴を塞がないタイプのため、ミーティングの音と自宅の音を両方同時に聴き取れる。 1万円を切る価格という手頃感もありがたい。 仮想背景 Zoomの標準機能として用意されているのが仮想背景という機能で、カメラに映る自分の背後を好きな画像に差し替えることができる。 自宅飲みであまり自宅を見せたくない、という時にも便利だが、自分のお気に入りの画像などを設定すると飲み会の話題にもつながる。 最近ではさまざまな企業がZoom用壁紙を提供しており、そうした壁紙を利用するのもいいだろう。 その場合、多少手間はかかるものの緑色の布など物理的なグリーンスクリーンを用意し、仮想背景の機能で「グリーンスクリーンがあります」にチェックを入れれば仮想背景を利用できる。 オンラインだからできる楽しさや「ゆるさ」が魅力 最後に、筆者がいくつかのオンライン飲み会に参加する中で体験した課題についても共有しておきたい。 オンライン飲み会最大の課題は「終わるタイミングが難しい」ということ。 お店の閉店時間もなければ終電も関係ないため、気がつくといつのまにか深夜に……ということも多い。 もちろん時間に余裕があれば何時まででも楽しんでいいのだが、参加者に負担をかけないよう「飲み会は参加も退出も自由」というのを周知しておきつつ、目安となる終了時間も決めておくといい。 また、これはお酒が好きな人だけの課題かもしれないが、注文を待つ必要もないため飲むペースが早くなることもある。 飲み会が盛り上がると終了時間も延びるため酒量は増えがちだ。 次の日が辛くならないよう、お酒の量はあらかじめ決めておくこと、そして適宜水を飲むよう心がけるのがお勧めだ。 こうした課題に加えてマイクの音が聴き取れない、話すタイミングが他の人とかぶってしまうなど、リアルの飲み会にはなかった難しさもあるオンライン飲み会だが、オンラインだからこその魅力も多数存在する。 その1つが場所を問わないということ。 リアルの飲み会はどうしても近くに住んでいる人中心になってしまうが、オンラインなら日本はもちろん海外の友達でも気軽にアクセスできる。 転勤や引っ越しなどで遠く離れた友達とも気軽に飲むことが可能だ。 飲み会参加のハードルの低さも特徴だ。 リアルの飲み会では基本的に飲み会以外のことはできないが、オンライン飲み会なら「ながら」でも参加できるし、途中からの参加もハードルが低い。 ワイヤレスヘッドセットで飲み会の音を聞きながら家事や仕事をこなしつつ、余裕ができたら会話に参加、というゆるさもオンライン飲み会ならではのスタイルと言えるだろう。 物理的に会うことができない以上、リアルの飲み会とまったく同じ環境を再現できるわけではないが、むしろオンラインだからこそできる新しい飲み会の形を試してみてはいかがだろうか。

次の