広島 県 コロナ ウイルス。 新型コロナウイルス感染症に係る休業要請等について

広島県(補助金・助成金・融資情報)

広島 県 コロナ ウイルス

令和2年5月14日、広島県が国の緊急事態宣言の対象地域から解除された後も、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、5月15日に県としての対処方針を定めました。 5月22日に、専門家の意見や国の対処方針等を踏まえ、外出の自粛や施設の使用制限等を基本的に解除、5月25日には全国で緊急事態宣言が解除されましたが、当県では引き続き、5月31日まで移動の自粛やイベント開催の制限等に取り組むため、県の対処方針の見直しを行ったところです。 今回5月29日、国の対処方針や他地域の感染状況等を鑑み、6月18日までは引き続き、移動の自粛やイベント開催条件等の制限に取り組むこととし、令和2年5月15日制定の「新型コロナウイルス感染拡大防止のための広島県の対処方針」を改正しました。 6月19日以降の対処方針については、後日改正いたします。 なお、疫学的状況又は医療状況が悪化した場合は、制限を再度強化し、まん延防止に取り組むこととしており、制限の緩和・強化にあたっては、地域の疫学的状況や医療状況等を考慮しながら適時・適切に判断してまいります。 県としましては、県民の皆様の命と暮らしを守るため、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けて、市町や関係機関と連携し、全力で対応してまいります。 県民の皆様、事業者の皆様には、「新しい生活様式」や「新しい働き方様式」に移行する中で、引き続き、感染防止対策をしっかりとっていただくようご協力をお願いいたします。 以下に方針の概要を示しています。 【6月18日まで】• 5月21日に緊急事態宣言が解除された3府県(京都府、大阪府、兵庫県)へは令和2年6月11日まで、25日に緊急事態宣言が解除された5都道県(北海道、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)へは令和2年6月18日まで、不要不急の移動は避けてください。 その他の県へは、感染状況や移動先の県が出す情報などを確認して、リスクが高い地域への移動は控えてください。 6月1日からは感染予防を心がけて中国5県内を移動しよう! 中国5県外への移動については、居住地の県が出す情報はもちろん、移動先の県が出す情報などを確認し、感染予防に協力しよう! 6月18日までは、5月25日に緊急事態宣言が解除された都道県 北海道、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県 への不要不急の移動はやめよう! 5月22日から、使用制限の協力要請を解除しています。 施設の使用にあたっては、県民の皆様が安心して利用できるよう、「」の活用と、の徹底をお願いします。 なお、次の施設については、これまで国内でクラスターが発生するなどのリスク高さを鑑み、上記対策の徹底に加えて、引き続き次の取組への協力をお願いします。 感染症患者が発生した場合に備え、施設利用者の利用状況及び連絡先の把握・管理をすること。 施設従事者及び利用者から感染症患者が発生した場合には、保健所が実施する積極的疫学調査に協力すること。 感染の恐れのある者を特定できない場合には、まん延を防止する観点から、施設名を自ら公表して、利用者に検査や受診を呼びかけること等に協力すること。 運動、遊技施設• スポーツクラブなどの運動施設 遊興施設等• キャバレー、ナイトクラブ、スナック、バー、ダーツバー、パブ等、カラオケボックス・カラオケ喫茶、ライブハウス、風俗等に関する営業 次の業種については、使用制限の協力要請は解除となりますが、県民が安心して利用できるよう、以下の業界団体や県が策定した感染防止対策や「」を活用して、徹底した感染防止対策をお願いします。 区分・対象施設 感染防止対策 【参考リンク】• 食事提供施設の状況は多様で、一律の対策をあてはめることは困難であることから、次の取組への協力をお願いします。 専門家の意見を得ながら科学的知見に基づいて開発した「」を活用して、店舗ごとの実情にあった対策を選択・策定し、速やかに実行してください。 策定した対策は定期的に見直していくことが望ましいです。 「」の取組を活用して、自主的な感染予防対策を見える化し、利用者の安心感の向上に努めてください。 飲食店での新型コロナウイルス感染症予防策の検討を支援するために、「広島県新型コロナウイルス感染症に対する安全対策シート」 飲食店版 を作成しました。 同シートを活用して、各店の実情にあった新型コロナウイルス感染症予防策を策定して、取り組みを開始してください。 自主的な取り組みを広島県に宣言した事業者には、「新型コロナウイルス感染症対策取組宣言店」の宣言書を発行します。 からご覧ください。 県立学校における新型コロナウイルス感染症に係る広島県教育委員会の考え方について、詳しくはをご覧ください。 の開催条件【6月18日まで】 イベント開催の条件の目安は次のとおりです。 屋内であれば100人以下、かつ収容定員の半分以下の参加人数にすること• 屋外であれば200人以下、かつ人と人等の距離を十分に確保できること(できるだけ2m) 全国的かつ大規模な催物等の開催については、リスクアセスメントの対応が整わない場合は中止又は延期するよう、主催者に慎重な対応を求めます。 上記をふまえ、次のような感染防止対策を講じた上で、開催を可能とします。 3つの密の発生が原則想定されないこと。 入場者の制限や誘導、手指の消毒設備の設置、マスクの着用等、適切な感染防止対策が講じられること。 イベントの前後や休憩時間等の交流を極力控えること。 密閉された空間で、大声での発声、歌唱や声援又は近接した距離での会話等が原則想定されないこと。 なお、イベント参加者の名簿作成による連絡先等の把握や、導入が検討されているスマホの接触確認アプリの活用などに留意してください。 外出する場合には、「3つの密」の徹底的な回避、体調管理、マスク着用、手洗い・咳エチケット、人と人との距離確保等の基本的な感染対策を実施すること。 これまで全国でクラスターが発生した施設において、が実施されていない場合は施設の利用を控えること。 屋内外を問わず、家族以外との大人数での会食や、密集状態等が発生する恐れのあるイベント等に参加しないこと。 5月21日に緊急事態宣言が解除された3府県(京都府、大阪府、兵庫県)へは令和2年6月11日まで、25日に緊急事態宣言が解除された5都道県(北海道、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)へは令和2年6月18日まで、不要不急の移動は避けること。 その他の県へは、感染状況や移動先の県が出す情報などを確認して、リスクが高い地域への移動は控えること。 在宅勤務、時差出勤、自家用車・自転車・徒歩通勤などにより、通勤時の人との接触を減らすこと。 感染例が発生した場合には、まん延を防止する観点から、保健所が実施する積極的疫学調査に協力すること。 感染者・医療福祉関係者やその家族などを誹謗・中傷・差別しないこと。 「」を活用して、「3つの密」の回避、発熱者等の事業所等への入場防止や、飛沫感染、接触感染防止等、人との距離の確保等 各職場にあった感染症防止対策を講じること。 「」に該当するものを除き、屋内外を問わず、大勢の者が参加し、密集状態等が発生する恐れのあるイベント等の開催を自粛すること。 引き続き、Web会議、テレワークの積極的な活用などにより、出勤者数の削減に取り組むこと。 また、出勤した場合にも、座席間の距離をとることや従業員の執務オフィスの分散などを促すこと。 事業所等に出勤する従業員に対しては、時差出勤、自家用車・自転車・徒歩等による出勤を促すこと。 5月21日に緊急事態宣言が解除された3府県(京都府、大阪府、兵庫県)へは令和2年6月11日まで、25日に緊急事態宣言が解除された5都道県(北海道、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)へは令和2年6月18日まで、不要不急の移動は避けること。 その他の県へは、感染状況や移動先の県が出す情報などを確認して、リスクが高い地域への移動は控えること。 感染の恐れのある者を特定できない場合には、まん延を防止する観点から、施設名を自ら公表して利用者に検査や受診を呼びかけること等に協力すること。 関連情報• 4月22日からの休業の協力要請の対象であった施設一覧です。 4月22日から5月6日までの間、休業や営業時間の短縮の要請等を受け、全面的に協力いただいた中小企業者への支援金支給について掲載されています。 令和2年4月22日から令和2年5月6日までの休業や営業時間短縮に協力いただいた中小企業者が対象となります。

次の

新型コロナウイルス感染症 まとめサイト

広島 県 コロナ ウイルス

広島県は、広島市内のホテルで予定していた新型コロナウイルス感染症の軽症者や無症状の人の受け入れを断念した。 周辺住民の理解を得られなかったという。 12日の県議会生活福祉保健委員会で明らかにした。 県はこのホテルと1カ月200室の借り上げ契約を結んでおり、未使用のまま、借り上げ料約4千万円を支払うという。 県によると、4月11日に三次市でクラスター(感染者集団)が発生。 県は軽症者の受け入れ先の選定を急ぎ、広島市内のホテルを14日から借り上げる契約を結んだ。 町内会などにも説明し了解を得たが、14日に別の周辺住民から説明の要望があり、16、18日に説明会を開いたが、理解を得られなかったという。 借り上げ期間は4月14日~5月13日で、県は契約の更新を断念した。 県健康福祉局の担当者は「クラスターの発生が予想より早かった。 もっと早く準備を始めればというのが反省点だ」と話している。 県は11日現在、県内の別のホテルで軽症者と無症状の人向けに130床を確保し、10人が療養している。 (八田智代).

次の

新型コロナウイルス感染症に係る休業要請等について

広島 県 コロナ ウイルス

中華人民共和国湖北省武漢市において,令和元年12月以降,新型コロナウイルスに関連した肺炎の集団感染が発生し,国は,令和2年2月1日に,この感染症を「新型コロナウイルス感染症」として,感染症法に基づく「指定感染症」に,また,検疫法に基づく「検疫感染症」に指定しました。 さらに,令和2年3月14日から,新型コロナウイルス感染症を,新型インフルエンザ等対策特別措置法に規定する新型インフルエンザ等とみなし,同法及び同法に基づく命令の規定を適用しています。 新基準含む。 新型コロナウイルス感染症に係る相談について 新型コロナウイルス感染症について,どのような方にどのような場合に相談・受診いただくのが適切か,その目安を示しています。 検査については,医師が個別に判断します。 相談・受診の前に心がけていただきたいこと ・発熱等の風邪症状が見られるときは,学校や会社を休み外出を控える。 ・発熱等の風邪症状が見られたら,毎日,体温を測定して記録しておく。 ・基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方,新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は,まずは,かかりつけ医等に電話で御相談ください。 相談窓口に御相談いただく目安 少なくとも以下のいずれかに該当する場合には,すぐに御相談ください。 (これらに該当しない場合の相談も可能です。 ) ・小児については,小児科医による診察が望ましく,かかりつけ小児医療機関に電話で御相談ください。 医療機関にかかるときのお願い ・複数の医療機関を受診することにより感染を拡大した例がありますので,複数の医療機関を受診することはお控えください。 ・医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか,手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に,マスクやティッシュ,ハンカチ,袖・肘の内側などを使って,口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。 広島県内の電話相談窓口 相談窓口一覧 相談窓口 お住いの区域 連絡先(24時間対応) 広島市,呉市,福山市以外の市町 082-513-2567 【広島県各保健所】 広島市 082-241-4566 【広島市各保健センター】 呉市 0823-22-5858 【呉市各保健所】 福山市 084-928-1350 【福山市各保健所】 厚生労働省の電話相談窓口 電話:0120-565-653(フリーダイヤル) 受付時間:9時00分~21時00分(土日・祝日も実施) 最新情報について 最新情報については,次のリンク先をご確認ください。 新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省)• 新型コロナウイルス(2019-nCoV)関連情報ページ 国立感染症研究所) 県民の皆様へ 新型コロナウイルス感染症の現時点で把握している特徴【2月25日時点】 <感染の仕方> 一般的には飛沫感染、接触感染で感染します。 空気感染は起きていないと考えられています。 閉鎖した空間で、近距離で多くの人と会話するなどの環境では、咳やくしゃみなどがなくても感染を拡大させるリスクがあります。 飛沫感染:感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。 接触感染:感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。 他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。 <感染力> 感染力は事例によって様々です。 一部に、特定の方から多くの人に感染したと疑われる事例がある一方で、多くの事例では感染者は周囲の人にほとんど感染させていません。 <一般的な症状と重症化するリスク> 発熱や呼吸器症状が1週間前後つづくことが多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多くなっています。 季節性インフルエンザよりも入院期間が長くなる事例が報告されています。 罹患しても軽症であったり、治癒する例も多いとされています。 一方、重症度は、致死率がきわめて高い感染症(エボラ出血熱等)ほどではないものの、季節性インフルエンザと比べて高いリスクがあります。 特に、高齢者や基礎疾患をお持ちの方では重症化するリスクが高まります。 医療機関の皆様へ 次の新型コロナウイルス感染症が疑われる患者が医療機関を受診した場合は,最寄りの保健所にご相談ください。 アイスランド、アイルランド、アゼルバイジャン、アフガニスタン、アラブ首長国連邦、アルゼンチン、アルバニア、アルメニア、アンティグア・バーブーダ、アンドラ、イスラエル、イタリア、イラン、インド、インドネシア、ウクライナ、ウルグアイ、英国、エクアドル、エジプト、エストニア、エルサルバドル、オーストラリア、オーストリア、オマーン、オランダ、カザフスタン、カタール、カナダ、ガボン、韓国、ガーナ、カーボベルデ、北マケドニア、ギニア、ギニアビサウ、キプロス、ギリシャ、キルギス、クウェート、クロアチア、コソボ、コロンビア、コンゴ民主共和国、コートジボワール、サウジアラビア、サントメ・プリンシペ、サンマリノ、ジブチ、シンガポール、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、赤道ギニア、セルビア、セントクリストファー・ネービス、タイ、台湾、タジキスタン、チェコ、中国 (香港及びマカオを含む。 )、チリ、ドイツ、ドミニカ共和国、ドミニカ国、トルコ、デンマーク、ニュージーランド、ノルウェー、パキスタン、バチカン、パナマ、バハマ、バルバドス、ハンガリー、バングラデシュ、バーレーン、フィリピン、フィンランド、フランス、ブラジル、ブルガリア、ブルネイ、米国、ベトナム、ベラルーシ、ベルギー、ペルー、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ボリビア、ポルトガル、ホンジュラス、ポーランド、マルタ、マレーシア、南アフリカ、メキシコ、モナコ、モルディブ、モルドバ、モロッコ、モンテネグロ、モーリシャス、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルクセンブルク、ルーマニア及びロシア コロナウイルスについて 人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。 人に感染症を引き起こすものはこれまで6種類が知られていますが、深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるSARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)以外は、感染しても通常の風邪などの重度でない症状にとどまります。 参考)国立感染症研究所 人に感染するコロナウイルス.

次の