梅雨 挨拶 文。 梅雨の季節の挨拶文

梅雨の手紙!挨拶書き出し例文や結びの言葉

梅雨 挨拶 文

くちなしが甘い香りを漂わすころとなりました• 麦の穂も色づく季節を迎え、いよいよご壮健のことと存じます• 水田に映る青空がすがすがしいこのごろ、お元気で活躍中のことと思います• 今年も衣替えの季節を迎えますが、お変わりありませんでしょうか• 衣替えの時季を迎え、道行く人々の装いにも夏らしさが感じられるころとなりました• 初夏のさわやかな風が心地よい好季節となり、ますますご活躍のことと存じます• やわらかな初夏の日差しが心地よいこのごろ、お健やかにお暮らしのことと存じます• 木々の緑が日ごとに色を深めていく昨今、いよいよご清祥のことと拝察いたします• 雨に濡れ、木々の緑も深みを増すこのごろ、ご機嫌いかがでしょうか• 梅雨入りを控え、不安定な天候が続いておりますが、お障りなくお過ごしでしょうか 中旬• 梅雨明けが待たれるこのごろ、つつがなくお暮らしでしょうか• 長雨の続くこのごろですが、相変わらずお忙しくご活躍のことと拝察いたします• 梅雨の晴れ間に夏の気配が感じられるころとなりましが、お元気でお過ごしでしょうか• 梅雨も明けたかのような夏らしい天候が続いておりますが、ご平安にお暮らしでしょうか• 夏至を過ぎ、梅雨明けも近づくころとなりましが、いかがお過ごしでしょうか• 梅雨明けも間近となり、いよいよご清栄のことと存じます• 田を渡る風もさわやかな頃となり、皆様にはますますご健勝のことと存じます• 6月末とは思えないほど暑い日が続いておりますが、体調をくずされてはいませんか• 雨後の新緑がいっそう色濃く感じられる昨今、いよいよご清栄のことと存じます• 雨上がりの緑がすがすがしい昨今、貴社におかれましては一層ご隆盛のこととお慶び申し上げます カジュアルな書き出しの挨拶 気心の知れた相手に送る手紙に適した挨拶文です。 保育園・学校のおたよりや、メールの書き出しなどにもご利用ください。 今年も衣替えの季節になりました• 暖かくなり、街でも半袖を来た人の姿が目立つようになってきました• 初夏を迎え、街路樹の緑もますます青々としてきました• 田んぼに張られた水がきれいな青空を映すころとなりました• あじさいが可憐な花を開き始めたこのごろ、お元気でいらっしゃいますか• そろそろ梅雨入りが近いようですが、お変わりなくお過ごしですか• 梅雨前線が近づいてきているようですが、お元気でお過ごしでしょうか• 梅雨入り前とは思えないような、さわやかで過ごしやすいお天気の日が続きますね• 6月に入り、心なしか湿っぽい風の吹く日も増えてきましたが、お変わりありませんでしょうか 中旬• 連日の雨ですが、元気でやっていますか• 雨続きですが、運動不足になっていませんか• 今年は空梅雨なのか、雨が少ないですね• ぐずついたお天気の日が続きますが、お変わりありませんでしょうか• ここのところ梅雨寒の日が続きますが、体調など崩していませんか• 梅雨に入り、街中で色とりどりの傘を見るのがちょっとした楽しみです• 雨粒をのせたあじさいが可愛らしいこのごろ、お変わりありませんか• 今年もおいしい旬のさくらんぼがお店に並ぶころとなりました• もうすぐ父の日、プレゼントは決めましたか 下旬• 早いもので今年もそろそろ半分が過ぎようとしていますが、いかがお過ごしでしょうか• なぜか忘れられがちな父の日ですが、お父さんに日頃の感謝を伝えましたか• 梅雨の晴れ間の青空がうれしいこのごろ、お元気でお過ごしでしょうか• 今日は梅雨の中休みで、きれいな青空が広がっています• 長雨が続くこのごろですが、出不精になっていませんか• 梅雨明けが待ち遠しい今日このごろ、いかがお過ごしでしょうか• 雨上がりの木々の緑がすがすがしいこのごろ、ご機嫌いかがでしょうか• 梅雨も明けたかのような暑い日が続きますが、お達者でお過ごしですか• そろそろ海や山が恋しい季節、早く梅雨が明けてほしいですね• 梅雨明けも近づき、海開き・山開きが待ち遠しいこのごろです 6月の結びの挨拶 6月の結びの挨拶では、梅雨の天候に触れながら相手を気遣う言葉をかけるのが定番です。 夏に向けての前向きなメッセージを贈るのもよいでしょう。 向暑(こうしょ):暑い季節に向かうこと。 梅雨(つゆ):6月上旬から7月上旬頃にかけての雨期。 また、その雨や気象状況。 衣替え(ころもがえ):季節の変わり目に、衣服をその時季に合ったものへと替えること。 一般に、6月1日に夏物へ、10月1日に冬物へと衣替えする。 梅雨冷え(つゆびえ):梅雨の季節の冷え込み。 とくに、思いがけず急に冷え込むこと。 梅雨寒(つゆざむ)ともいう。 五月雨(さみだれ・さつきあめ):陰暦5月頃に降る長雨。 梅雨の別称。 空梅雨(からつゆ):ほとんど雨の降らない梅雨。 照り梅雨とも。 梅雨晴れ(つゆばれ):梅雨の期間中に一時的に晴れること、あるいは梅雨が明けて晴れること。 また、それらの晴天。

次の

時候の挨拶で6月中旬に使える例文!梅雨をどう味わう?

梅雨 挨拶 文

スポンサーリンク 6月といえば、 梅雨の時期ですね。 そんな時期に お手紙を書かなければいけなくなりました。 お手紙を書く際には、 最初の書き出しとしてあいさつ文があります。 また結びの言葉もありますよね。 知っておかなければ、 ちょっと社会人としては恥ずかしいです。 今回は梅雨時期の手紙のあいさつと 結びの言葉についてご紹介します。 梅雨の挨拶の手紙書き出しのコツ!失敗しない例文付き! 梅雨の挨拶とはつまり、 6月の挨拶となります。 手紙の書き出しとしては 時候の挨拶用語があります。 ・初夏の候 ・入梅の候 ・梅雨の候 ・小夏の候 ・霖雨の候 ・夏至の候 などなど、たくさんあります。 ちなみに候は「そうろう」ではなく 「こう」と読みます。 プライベートで使う際の 手紙の書き出しとしては、 ・梅雨前線が近づいてきました。 お変わりなくお過ごしでしょうか。 ・梅雨空のうっとうしい季節となりました。 お元気でしょうか。 ・あじさいが、雨に美しく濡れています。 お健やかにお過ごしでしょうか。 ・山々の緑も、 雨に打たれて色濃くなりました。 お元気でお過ごしのことと存じます。 といったように、 そこまで 堅苦しいあいさつでなくて大丈夫です。 たとえば親しい親戚や友人などに 手紙を送る際は 以上のような例文を使うと良いでしょう。 では、 ビジネスで使う際の手紙の書き方も ご紹介します。 ・梅雨入りのニュースが気になるこの頃ですが、 貴社ますますご繁栄のことと お慶び申し上げます。 ・今年も、 早く半分を過ぎようとしていますが、 皆様ますますご健勝のことと お慶び申し上げます。 ・今年は空梅雨らしく、 早くも真夏を思わせる強い 日差しの日が多くなりましたが、 貴社ますますご発展のことと お慶び申し上げます。 といったように、 やはりビジネスなので 少し堅苦しいぐらいが丁度いいのです。 梅雨の挨拶の手紙結びの言葉!失礼にならない例文付き! 挨拶の書き出しの言葉は大丈夫ですね。 次は手紙の結びの言葉をご紹介します。 プライベートであれば ・天候不順のみだり、 くれぐれもお体を大切になさってください。 ・梅雨明けが長引いていますが、 お元気でお過ごしくださるように お祈り申し上げます。 ・蒸し暑い日が続いておりますが、 ご自愛ください。 ・梅雨でうっとうしい毎日ですが、 気持ちだけはさわやかに過ごしましょう。 ・雨の日の外出もまた風情あるものです、 ぜひお出かけください。 といったように、 書き出しの挨拶と一緒で あまり堅苦しくない方がいいでしょう。 では次にビジネスでの結びの言葉です。 ・末筆ながら、 貴社益々のご発展をお祈り致します とともに、倍旧のご愛顧を賜りますよう お願い申し上げます。 ・爽やかな初夏のみぎり、 貴社の更なるご発展を 心よりお祈り申し上げます。 ・時節柄、 皆様方のご無事息災を 心よりお祈りいたします。 といったような、 感じで締めくくりましょう。 プライベートとビジネスでは、 まったく文章が違いますので、 送る方によって使い分けてくださいね。 スポンサーリンク まとめ 手紙を書く上で、以上のような例文は あらかじめ決まっているようなものが多く 覚えておくと色々な場面で使えるので 損はないです。 ただしこれは 6月の梅雨時期の挨拶の書き出しと 手紙の結びの言葉となります。 月によって 言葉も内容もガラッと変わりますので そこはご注意ください。 しかし現代では、 メールなどが普及し手紙を書くことも めっきりと減ってしまいました。 だからこそ、 このような丁寧なお手紙をもらう方は 嬉しいかと思います。 またこの手紙の丁寧な挨拶の書き出しと 手紙の結びの言葉がきちんと使えるということは 書いている人の人柄や きちんとされていることもよく伝わります。 ぜひ素敵なお手紙をお書きください。

次の

梅雨にふさわしい挨拶文を手書きで!誰にでも伝わるジャンル別編

梅雨 挨拶 文

もくじ• 6月上旬で使う漢語調の時候の挨拶 漢語調の時候の挨拶を使うことで、礼儀正しくかしこまった挨拶になります。 手紙を送る相手が年配の方やビジネスの場面などで使いやすい言葉です。 6月上旬の暦は小満や芒種の時期 向暑の候、麦秋の候、初夏の候、万緑の候 小満(5月21日頃):5月21日頃~6月6日頃の前日まで 薄暑の候、入梅の候、芒種の候、長雨の候、紫陽花の候 芒種(6月6日頃):6月6日頃~6月21日頃の前日まで *「~のみぎり」「~の折」という表現を用いることも可能 6月上旬には小満、芒種といった時期が重なりますが、沖縄ではこの季節を「小満芒種(すーまんぼうしゅ)」と言い、小満~芒種までの間に訪れる梅雨のことを意味しています。 本州でも梅雨の時期が始まるころですが、天候は不安定でうっとおしい日々が続きますね。 拝啓 向暑の候、皆様にはお健やかにお過ごしのことと存じます。 いつもお心遣いをいただき心より御礼申し上げます。 <本文> 天候不順の日が続きますが、お体には十分お気をつけ下さい。 敬具 「拝啓ー敬具」といった「頭語と結語の組合せ」について、個人間のやり取りやビジネス、女性特有の言い回しなど、シーンに合った使い方やマナーがあります。 詳しくはこちらの 頭語と結語の関係についてまとめた記事を用意してますので、ぜひ参考にしてください。 6月上旬で使う和文調の時候の挨拶 和文調の時候の挨拶では、気軽な感じでお手紙を出す相手に使われることも多いです。 ですので、改まった手紙と親しい相手への手紙で書き出しや結びの言葉にも違いがあるので、手紙の種類によってアレンジしてください。 時候の挨拶6月上旬の書き出しの言葉• 道行く人の服装も軽やかで、初夏を感じる今日この頃です。 庭の紫陽花が色鮮やかに咲くのを心待ちにしていますが、貴家の皆様はいかがお過ごしでしょうか。 梅雨に入りうっとおしい日が続きますが、皆様には晴れやかにお過ごしのことと存じます。 梅雨入りを控え気の重い毎日ですが、お元気でお過ごしでしょうか。 こちらは協まさに梅雨入りですが、御地はいかがですか。 報道によれば入梅も間近のようです。 お変わりございませんか。 長雨が続きますが、ご壮健でお過ごしのことと存じます。 梅雨入りを控え衣替えの準備を済ませたところです。 梅雨入りを前に初夏の汗ばむ陽気ですが、ますますご壮健でご活躍のことと拝察申し上げます。 雨の似合うアジサイの花が咲き始めるころ、梅雨入りを感じます。 田植えの時期を迎え、お忙しい事と存じます。 初夏の風が爽やかな季節となりました。 街で学生の真っ白な夏服を見かけ、初夏の始まりを感じました。 華やかな結婚式が行われていました。 ジューンブライドの言葉通り結婚シーズンのようです。 梅雨入りの報道が気にかかる季節ですが、お変わりございませんか。 衣替えで冬物の整理はもうお済みになりましたか。 スポンサードリンク 時候の挨拶6月上旬の結びの言葉• 梅雨入り前ではありますが、気温は夏の模様です。 くれぐれも体調管理にはお気遣いくださいませ。 暦の上ではすでに夏ですので、雨に負けず夏の楽しい予定でも立てておきたいですね。 うっとおしい日々が続きますが、くれぐれもご自愛ください。 天候不順が続く毎日ですが、ご健康には十分ご留意くださいませ。 食中毒が流行っているようですので、十分にご注意してください。 軽やかになった服装に合わせて、気分もリフレッシュと行きたいですね。 梅雨入りのニュースが気になり所ですが、これからしっかりと準備していかないといけませんね。 時候の挨拶6月上旬の例文「和文調」 スポンサードリンク 6月の風物詩 6月の動植物などの様子や風物詩を冒頭や結び、本文中に盛り込むことで季節感が生まれます。 衣替え、夏服、クールビズ、田植え、麦狩り、早乙女、カサ、長靴、カッパ、てるてる坊主、すだれ、鮎解禁、父の日、結婚式、ジューンブライド、ボーナス、そら豆、サクランボ、梅雨、入梅、梅雨空、空梅雨、長雨、蒸し暑さ、湿気、かび、食中毒、カタツムリ、アメンボ、ホトトギス、しゃこ、梅干し、さくらんぼ、あんず、ざくろ、びわ、カワセミ、カエル、蛍、さつき、あやめ、かきつばた、栗の花、紫陽花、芍薬、くちなし、アマリリス これらの言葉を使って、6月の季節が現れるような手紙を作ってみましょう! 時候の挨拶を含めた手紙の作り方については、こちらを参考にしてください。

次の