東京 避難 勧告。 港区公式ホームページ/災害が発生するおそれがある場合に避難情報を発令します

避難情報・避難行動について 江戸川区ホームページ

東京 避難 勧告

「避難勧告等に関するガイドライン」(内閣府(防災担当))が平成31年3月に改定され、住民は「 自らの命は自らが守る」意識を持ち、 自らの判断で避難行動をとるとの方針が示され、この方針に沿って自治体や気象庁等から発表される防災情報を用いて住民がとるべき行動を直感的に理解しやすくなるよう、5段階の警戒レベルを明記して防災情報が提供されることとなりました。 自治体から避難勧告(警戒レベル4)や避難準備・高齢者等避難開始(警戒レベル3)等が発令された際には速やかに避難行動をとってください。 一方で、多くの場合、防災気象情報は自治体が発令する避難勧告等よりも先に発表されます。 このため、避難が必要とされる警戒レベル4や高齢者等の避難が必要とされる警戒レベル3に相当する防災気象情報が発表された際には、避難勧告等が発令されていなくても危険度分布や河川の水位情報等を用いて 自ら避難の判断をしてください。 避難にあたっては、あらかじめ指定された避難場所へ向かうことにこだわらず、川や崖から少しでも離れた、近くの頑丈な建物の上層階に避難するなど、 自らの判断でその時点で最善の安全確保行動をとることが重要です。 防災気象情報をもとにとるべき行動と、相当する警戒レベルについて 情報 とるべき行動 警戒レベル• 災害がすでに発生していることを示す警戒レベル5に相当します。 何らかの災害がすでに発生している可能性が極めて高い状況となっています。 命を守るための最善の行動をとってください。 警戒レベル5相当• 「非常に危険」(うす紫)• 避難が必要とされる警戒レベル4に相当します。 災害が想定されている区域等では、 自治体からの避難勧告の発令に留意するとともに、 避難勧告が発令されていなくても危険度分布や河川の水位情報等を用いて自ら避難の判断をしてください。 警戒レベル4相当• 「警戒」(赤)• (警報に切り替える可能性が高い旨に言及されているもの) 地元の自治体が避難準備・高齢者等避難開始を発令する目安となる情報です。 高齢者等の避難が必要とされる警戒レベル3に相当します。 災害が想定されている区域等では、 自治体からの避難準備・高齢者等避難開始の発令に留意するとともに、 危険度分布や河川の水位情報等を用いて高齢者等の方は自ら避難の判断をしてください。 警戒レベル3相当• 「注意」(黄)• 避難行動の確認が必要とされる警戒レベル2に相当します。 ハザードマップ等により、災害が想定されている区域や避難先、避難経路を確認してください。 警戒レベル2相当• (警報に切り替える可能性に言及されていないもの) 避難行動の確認が必要とされる警戒レベル2です。 ハザードマップ等により、災害が想定されている区域や避難先、避難経路を確認してください。 警戒レベル2• 注:大雨に関して、明日までの期間に[高]又は[中]が予想されている場合 災害への心構えを高める必要があることを示す警戒レベル1です。 最新の防災気象情報等に留意するなど、災害への心構えを高めてください。

次の

避難情報

東京 避難 勧告

1.警戒レベルを用いた防災情報とは? 災害発生の危険度と、とるべき避難行動を、住民が直感的に理解するための情報です。 日本では毎年のように、大雨や台風などによる洪水や土砂災害、高潮などが発生し、多くの被害がでています。 平成30年7月豪雨では200名を超える死者・行方不明者が発生するなど、各地で甚大な被害が発生しました。 気象庁から注意報や警報、市町村から避難勧告や避難指示(緊急)など様々な情報が発信されましたが、受け手である住民に正しく理解されていたかなど、様々な課題がありました。 こうしたことを踏まえ、住民の皆さんが災害発生の危険度を直感的に理解し、的確に避難行動ができるようにするため、避難に関する情報や防災気象情報等の防災情報を5段階の「警戒レベル」を用いて伝えることとしました。 (令和元年6月より) 2.どの警戒レベルが出たら、どう行動すればいいの? 「警戒レベル3」で危険な場所から高齢者等は避難、「警戒レベル4」で危険な場所から全員避難を。 警戒レベルは、災害発生の危険度が高くなるほど数字が大きくなります。 警戒レベルが発表されたとき、それぞれの段階で、住民の方々はどのような行動をとればいいのでしょうか。 最大のポイントは、「警戒レベル3」が発令されたら、高齢の方や障がいのある方など避難に時間のかかる方やその支援者の方は危険な場所から避難し、それ以外の人は避難の準備をすること。 そして、「警戒レベル4」が発令されたら、対象となる地域住民の方々は危険な場所から全員避難することです。 警戒レベル1から順に住民の方々がとるべき行動をみていきましょう。 早期注意情報はのページで確認することができます。 ハザードマップで災害の危険性のある区域や避難場所、避難経路、避難のタイミングの再確認など、避難に備え、自らの避難行動を確認しておきましょう。 大雨注意報や洪水注意報はのページで確認することができます。 避難に時間がかかる高齢の方や障がいのある方、避難を支援する方などは危険な場所から安全な場所へ避難しましょう。 また、土砂災害の危険性がある区域や急激な水位上昇のおそれがある河川沿いにお住まいの方も、準備が整い次第、この段階で避難することが強く望まれます。 また、それ以外の方もいつでも避難できるように準備をしましょう。 避難情報の発令状況は各自治体やのページ等でも確認できます。 対象地域の方は全員速やかに危険な場所から避難してください。 災害が発生するおそれが極めて高い状況等で、指定緊急避難場所への立退き避難はかえって命に危険を及ぼしかねないと判断する場合には、近隣の安全な場所への避難や建物内のより安全な部屋への移動等の緊急避難を行ってください。 また、避難指示(緊急)は必ずしも発令されるものではなく、地域の状況に応じて、緊急的に、または重ねて避難を促す場合に発令されるものですので、避難勧告が発令され次第、危険な場所から避難をしてください。 すでに災害が発生している状況ですので、命を守る最善の行動をとってください。 警戒レベル5になってからでは、安全な避難が難しい場合があります。 地域の皆さんで声を掛け合って、また、空振りをおそれずに、レベル3、レベル4の段階で安全・確実に危険な場所から避難を終えましょう。 緊急放送、緊急放送、警戒レベル4、避難開始。 警戒レベル3、4が発令された場合、その地域にいる方は、周囲に声を掛け合って、安全・確実に危険な場所から避難してください。 なお、警戒レベルは、必ずしも1から5の順番で発表されるとは限りません。 状況が急変することもあります。 市町村から避難情報が発令されていない場合でも、防災気象情報を参考にしながら、適切な避難行動をとりましょう。 いざというとき、安全に避難行動ができるようにするために、ふだんから自分が住む地域にはどのような災害のリスクがあるか、災害が発生したときの避難場所はどこか、安全な避難経路はどこかなどを、ハザードマップで確認しておきましょう。 コラム 警戒レベルと警戒レベル相当情報の違いは? 資料: 災害発生のおそれがある場合、大きく分けて2タイプの情報が発表されます。 市町村等から出される「警戒レベル」と、国や都道府県から出される「警戒レベル相当情報」です。 「警戒レベル」は、市町村が発令する避難情報等に付される数字で、災害発生のおそれの高まりに応じて住民の方々がとるべき行動と当該行動を住民の方々に促す情報とを関連づけるものです。 例えば市町村から警戒レベル4「避難勧告」が発令されたら、対象地区の住民の方々は速やかに危険な場所から避難してください。 一方、「警戒レベル相当情報」は、国土交通省、気象庁、都道府県等が発表する防災気象情報に付されるもので、住民の皆さんが主体的に避難行動等を判断するための参考となる状況情報です。 自治体は防災気象情報のほか、様々な情報を踏まえ避難情報を発令するため、同じレベル相当の防災気象情報と避難情報の出るタイミングが必ずしも同時になるわけではありません。 「自らの命は自らが守る」との意識を持って、防災気象情報も参考にしながら、適切な避難行動をとるよう心がけましょう。 <取材協力:内閣府 文責:政府広報オンライン> Q1. この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか? Q1. この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか? 1 わかりやすかった 2 まあまあわかりやすかった 3 ややわかりにくかった 4 わかりにくかった その他 (50文字以内) Q2. この記事は役に立つ情報だと思いましたか? Q2. この記事は役に立つ情報だと思いましたか? 1 役に立つと思った 2 まあまあ役に立つと思った 3 あまり役に立つと思わなかった 4 役に立つと思わなかった その他 (50文字以内) Q3. この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか? Q3. この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか? 1 深まった 2 やや深まった 3 あまり深まらなかった 4 深まらなかった その他 (50文字以内).

次の

東京都の風水害対策|東京都防災ホームページ

東京 避難 勧告

世田谷区水害・土砂災害に関する避難勧告等の判断基準について 台風や集中豪雨など、大雨により河川氾濫や土砂災害の恐れがある場合、危険が予測される地域の皆さんに対し区から避難勧告等を発令します。 区では、避難勧告等を適切なタイミングで発令するため、災害の種類別に「避難勧告等の判断基準」を定めています。 災害の発生が予測される場合には、安全な場所へいち早く避難することが大切です。 発令時には速やかに避難行動をとれるよう、日頃から備えていただくようお願いいたします。 ((補足)避難勧告等の判断基準の詳細については、ページ下部のPDFファイルを参照してください) また、たとえ避難勧告等の発令がなされていなくても、ご自身の身に危険を感じた場合はただちに避難するなど命を守る行動をとってください。 避難勧告等とは 避難勧告等には、「避難準備・高齢者等避難開始」、「避難勧告」、「避難指示(緊急)」があります。 「避難準備・高齢者等避難開始」が発令されたら 人的被害が発生する可能性が高まった状況です。 気象情報に注意しながら、立ち退き避難が必要か検討しましょう。 立ち退き避難が必要だと判断する場合は、その準備をしましょう。 高齢の方、障害のある方、小さい子どもをお連れの方など、避難に時間がかかる方は、この段階で避難を開始してください。 「 避難勧告」が発令されたら 人的被害の発生する可能性が明らかに高まった状況です。 避難が必要な方は、立ち退き避難を開始してください。 「避難指示(緊急)」が発令されたら 人的被害が発生する危険性が非常に高い状況です。 また、実際に被害が発生している場合もあります。 準備や判断の遅れや、立ち退き避難を躊躇し避難しそびれた方は、立ち退き避難をしてください。 ただし、大雨などにより外に避難するのが危険な場合や、すでに避難する時間がない場合は、近隣のより安全な建物等や、屋内の安全の場所で安全確保をしてください。 (補足)避難情報の名称については、国が平成28年12月に名称を変更し、従来の避難準備情報は「避難準備・高齢者等避難開始」に、避難指示は「避難指示(緊急)」となりました。 (補足)「避難行動」とは? 避難行動には、「立ち退き避難(水平避難)」と「屋内安全確保(垂直避難)」の2種類があります。 立ち退き避難(水平避難) 指定された避難所や、避難所以外の安全な場所、近隣の高い場所等へ移動することです。 屋内安全確保(垂直避難) 建物内の安全な場所(建物の2階以上など)で安全を確保することです。 避難勧告等発令の対象となる災害• 多摩川の氾濫 多摩川の水位が上昇し、氾濫の危険性が高まった場合、危険が及ぶ可能性のある地域(洪水ハザードマップに記載の浸水想定区域等)に対して避難勧告等を発令します。 野川・仙川の氾濫 野川・仙川の水位が上昇し、氾濫の危険性が高まった場合、危険が及ぶ可能性のある地域(野川・仙川周辺の洪水ハザードマップに記載の浸水想定区域等)に対して避難勧告等を発令します。 (補足)野川・仙川の氾濫からの避難は、垂直避難(屋外への避難ではなく、建物の上階などで屋内安全確保する避難)が基本となります。 (注意)野川・仙川は水位の上昇が早く、段階を踏んでの避難勧告等の発令が間に合わない可能性があります。 土砂災害 大雨により土砂災害発生の危険が高まった場合、区内に57か所ある土砂災害危険箇所及び100か所ある土砂災害警戒区域・土砂災害特別警戒区域(100か所のうち79か所が土砂災害特別警戒区域)に対して避難勧告等を発令します。 (補足)土砂災害危険箇所と土砂災害(特別)警戒区域の箇所は、一部重複します。 (注意)上記1~3以外にも、命の危険がある災害が発生すると予測される地域に対し避難勧告等を発令する場合があります。 避難勧告等の伝達方法について 台風が接近している場合や、集中豪雨が予想される場合などは、最新の気象情報に注意してください。 情報の収集については、ページ下部に記載のリンク先を参考にしてください。 また、区からの避難勧告等の情報は、以下の方法等でみなさんにお伝えします。 世田谷区ホームページ• 区Twitter• 世田谷区災害・防犯情報メール配信サービス• 防災無線塔• 区広報車• エフエム世田谷(83. 4MHz)• 緊急速報メール• テレビ、ラジオ等 添付ファイル•

次の