赤ちゃん フェイス シールド。 【新型コロナ】赤ちゃんにはマスクではなくフェイスシールドがいい?

1分で製造できる医療用フェイスシールドの作り方をニューヨーク大学が無料公開

赤ちゃん フェイス シールド

Contents• フェイスシールドはなんのためにするの? では、このような見解が示されています。 (2020年6月9日) フェイスシールドは、 相手の方からの咳、くしゃみの飛沫が本人の目に入るのを防ぐために使用する とあります。 つまり、フェイスシールドは 「他人からうつされるリスクが高いときに使用する物」ですので、自分の唾液や痰が相手に飛ぶのを防ぐための物ではありません。 また、そもそもフェイスシールドはあくまでも 医療現場などで感染者と直接接触するリスクの高い場所で、医療用マスクや防護服、手袋などと併用して使われる物です。 こういった理由から、そもそも普段使いとして使用するようなものではありません。 また、学校現場でも例えば体調不調の生徒を教職員が対応するために限定的に着用する物ですので、安心感のために生徒全員に着用させるための物ではないことが指摘されています。 それでは、なぜ学校では「フェイスシールドの着用は、ほぼ必要ない」と考えられているのでしょうか? マスクの効果が期待できる!? でも、このような見解が示されています。 (2020年6月10日) そもそも、 マスクは「自分の唾液や痰が相手に飛ぶのを防ぐための物」ですよね・・・ ただ、マスクではウイルス粒子をブロックすることができません。 ただ、そんなマスクもでは、 「実際に医療現場では、患者・医師の両者がマスクを装着し、診察をしている場面では感染のリスクは極めて低い」という見解が出ています。 つまり、学校内で全員がマスクをしていれば、1m以内の近距離であっても高い確率で感染を予防できることになります。 ちなみに、少なくと日本では そもそも子どもからの感染はとても少ないことが事実として明らかになっています。 呼吸をしているだけの乳幼児からの感染を心配することも非科学的。 子どもが感染しても「無症状」か「軽傷者」が多く、健康な子どもの重症例は少ない。 つまり、 子どもの集団においてフェースシールドを着用させる必要がありません。 それ以上に、むしろフェイスシールドの危険性が示されています。 フェイスシールドの危険性? フェイスシールドを学校の子ども達に強制させることで、様々な問題が指摘されています。 例えば、給食と体育の時間以外は装着させる場合、ほとんどの時間フェイスシールドを着用した状態になりますよね。 熱中症のリスクが高まる(マスクだけでも熱がこもっていく)• 物が歪んで見える・光が反射して授業に集中できない• 転倒すれば、顔面や目を気をつける可能性がある つまり、子どもにとっては「マスク」に続いて「フェイスシールド」も負担になる可能性が高く、「子どものため」というよりは、むしろ大人(特に高齢者)のための対策といえるかもしれません。 最後に 「フェイスシールドは、誰がどんな時に必要なものなのか?」 「どんな使われ方をしてきたのか?」 そういった、最低限の知識は必要ではないでしょうか? また、感染者数だけを追っていると例えば 「学校でコロナ感染のクラスターが発生した!」となりますが、重傷者の報道は基本的にないですよね・・・ さて、フェイスシールドは安心感を得るために装着する物ではありませんし、ましてや夏に強制的に子ども達に装着させる物でもありません。 これは、マスクについても同じです。 「フェイスシールドが必要」というのなら、本来ならリスクの高い「高齢者」や「基礎疾患のある人」が外出時に必要となるのかもしれません。 これまでの研究で、「最も必要がない(リスクが低い)」とされている子ども達に「マスク」や「フェイスシールド」を装着させることは、感染症以外のリスクを高めることになりかねません。 その対策が、「イメージによるもの?」・「根拠に基づいたもの?」どちらなのか、調べて見てはいかがでしょうか? *仮に、将来的に「有効」とされる可能性はありますが、それならそれで、その根拠を1人1人が知っていないと間違った使い方をしてしまうでしょう。

次の

フェイスシールドの代りに【サンバイザー】で気軽に紫外線&感染予防!赤ちゃん用フェイスシールドもある!

赤ちゃん フェイス シールド

NYUのプロジェクトはフェイスマスクを量産するためのさまざまな試みの1つだが、他の多くは3Dプリントを使用している。 3Dプリントは小規模な業者や個人でも製作に貢献できるという利点があるが、1枚作るのに30分から1時間もかかってしまう。 NYUのデザインは一般的な材料だけを使う。 透明で柔軟なプラスチックと伸縮性のあるバンドがあればよく、薄くて平らな製品をつくる設備(穴あけ器、レーザーカッターなど)のある製造施設であればどこででも1分以内で製造することができる。 マスクは臨床医と共同で設計され、すでに100個以上が緊急治療室に配布されている。 NYUのチームは製造能力を上げ、材料が製造パートナーに揃えば最大30万個を作る計画だ。 パートナーにはDaedalus Design and Production、PGR Scenic Technologies、Showman Fabricatorsらがいる。 チームはその作り方をダウンロード可能なツールキットとして一般公開しており、多くの人が同大学のやっていることを真似してより多くのマスクが配布されることを望んでいる。 大量生産に協力してくれるメーカーからの連絡も待っている。 個人防護具不足のさまざまな側面に取り組んでいるプロジェクトでは人工呼吸器を作ったり、1台の人工呼吸器を4人同時に使える器具を作っている。 これは、コミュニティーのために賢明な人々や組織が協力することで何ができるかを示すすばらしい例であり、新型コロナ危機が深まるにつれ、同様の事例がさらに出てくるに違いない。 【関連記事】•

次の

1分で製造できる医療用フェイスシールドの作り方をニューヨーク大学が無料公開

赤ちゃん フェイス シールド

NYUのプロジェクトはフェイスマスクを量産するためのさまざまな試みの1つだが、他の多くは3Dプリントを使用している。 3Dプリントは小規模な業者や個人でも製作に貢献できるという利点があるが、1枚作るのに30分から1時間もかかってしまう。 NYUのデザインは一般的な材料だけを使う。 透明で柔軟なプラスチックと伸縮性のあるバンドがあればよく、薄くて平らな製品をつくる設備(穴あけ器、レーザーカッターなど)のある製造施設であればどこででも1分以内で製造することができる。 マスクは臨床医と共同で設計され、すでに100個以上が緊急治療室に配布されている。 NYUのチームは製造能力を上げ、材料が製造パートナーに揃えば最大30万個を作る計画だ。 パートナーにはDaedalus Design and Production、PGR Scenic Technologies、Showman Fabricatorsらがいる。 チームはその作り方をダウンロード可能なツールキットとして一般公開しており、多くの人が同大学のやっていることを真似してより多くのマスクが配布されることを望んでいる。 大量生産に協力してくれるメーカーからの連絡も待っている。 個人防護具不足のさまざまな側面に取り組んでいるプロジェクトでは人工呼吸器を作ったり、1台の人工呼吸器を4人同時に使える器具を作っている。 これは、コミュニティーのために賢明な人々や組織が協力することで何ができるかを示すすばらしい例であり、新型コロナ危機が深まるにつれ、同様の事例がさらに出てくるに違いない。 【関連記事】•

次の