正月 飾り 捨て 方。 お正月飾りの取り外しをする日はいつ?来年も使えるの?正しい捨て方と、燃えるゴミに出す場合の注意点

お正月飾りの種類について 飾る意味や飾り方など詳しく紹介!

正月 飾り 捨て 方

スポンサーリンク 正月飾りを捨て忘れた場合 うっかりしていて正月飾りを捨て忘れてしまった場合、15日を過ぎてすでにお焚き上げの日が終わってしまった場合、どうしたら良いのでしょうか? 全部の神社がそうとは限りませんが、1月中ぐらいは初詣の参拝者も来られることもあり、古札納所が設置されていますので、15日を過ぎてからでも神社に持っていくと良いですね。 もし古札納所がない場合は、社務所で事情をお伝えすれば預かってくれる神社もあると聞きますので、尋ねてみましょう。 ですが、最近は神社も燃やしたりするのは環境の観点や、いろいろと大変みたいで、我が家が毎年参拝している神社も、分類して燃えるものしか出せなかったりと、細かい所もあります。 そういう神社だと、お正月飾りまでは預かってくれない恐れがありますね。 そういった場合は、仕方がありませんので、自宅で廃棄するしかありません。 スポンサーリンク しめ縄の処分の方法 自宅で廃棄する場合 自宅でしめ縄や正月飾りを処分する場合は、地域によってゴミ捨てのルールがあると思いますので、それに従います。 白い紙に丁寧に包みます。 その時にお塩を振って、神様に感謝の気持ちを伝えてから包んで家庭ごみで処分します。 なんとなく、神様の依代になった正月飾りをゴミとして捨てるのは気が引けますね。 そういった場合はどうすれば良いでしょうか? しめ縄の処分 神社に翌年持っていく 本当は古いものを家の中に置いておくのはあまりよくないのですが、我が家は一年間しめ縄を家で保管しています。 松が開けたら玄関に飾っているしめ縄は外し、紙に包んで保管しておきます。 そして翌年の初詣の時に、お守りたちと一緒に神社にお返しするようにしています。 これは正しい方法ではないと思いますが、我が家の場合、門松も出していませんし、鏡餅もプラスチックで中に小餅が入っているタイプだし・・・で、全然しきたり通りにやっていません。 ですので、結局気持ちの問題な所が大きいです。 白い紙に包んでも、どうしても縁起物のしめ縄をゴミと一緒にすることが忍びないので、こういう形にしています。 おわりに 本当は、7日に正月飾りを外し、15日のどんと焼きにお焚き上げして神様に帰ってもらうのが一番良いのでしょうが、15日は平日だということもあり、年によってはなかなかその日までに持っていくことも難しいですよね。 12月ってクリスマスとお正月を迎える準備が重なって毎年パニックです。 とりあえずクリスマスが先にあるのでクリスマスの準備はそこそこできてもクリスマスが終わると同時にすぐに年末年始の準備でバタバタです。 特に玄関飾りが我が家は結構いいかげんになってしまっています。 12月に入った頃にはクリスマスリースをかけるのですが、25日を過ぎた途端にお正月モードに気持ちを切り替えなければ行けなくていつも年末ギリギリまで大掃除に時間がかかり31日ギリギリにお正月飾りを飾っていました。 今年こそはもう少ししっかり、きっちりした正月を迎えたいなと思い、お正月飾りを本来はいつからいつまで飾るのかを調べてみました。

次の

しめ縄・しめ飾りの飾り方と外す日 ~種類・向き・飾る場所・処分~ [暮らしの歳時記] All About

正月 飾り 捨て 方

楽天で購入 こちらは、お餅を食べても プラスチックの鏡餅が残ります。 こういった 鏡餅の箱や、台などの飾りの処分はどうしたらいいのか悩みますね。 たとえ偽物鏡餅だったとしても、縁起物です。 台座などはまだ使えそうなので、とっておいて来年も使っていいのかな?なんて思ったりもしますが、 使いまわしや再利用はやめましょう。 縁起物は毎年新しいもので、新しい年を迎えるのがよいとされます。 処分の方法は? お正月飾りなどを炊き上げる行事に「どんど焼き」というものがあります。 近くであれば、そちらに持って行って焼いてもらう事もできます。 ただ、 「どんど焼き」は紙などの燃えるゴミしか焼けませんので、プラスチックは持って行ってはいけません。 神社でもお札などをお炊き上げするところもありますが、そこでも基本的には御守りやお札などを焼きますので、プラスチックの餅は止めた方がよいでしょう。 合わせて読みたい 燃えるゴミで出していい 鏡餅の入れ物や飾りなどは、燃えるものならば 燃えるゴミに出してかまいません。 (ゴミの分別方法は各自治体などの決まりに従ってください) 気になる場合は、 半紙などの白い紙に包んで、塩でお清めをしてから捨てましょう。 半紙などの白い紙はお清めの意味がありますので、いろいろな場面で使われています。 まとめ 鏡餅の箱や飾りは縁起物なので、使い回しなどはせず、毎年新しい物を用意しましょう。 処分するときは縁起物なので、どんど焼きなどで焼いたり、それが無理な場合は、白い紙に包んでお清めをして燃えるゴミに出しましょう。

次の

お正月飾りの期間、処分方法とは?

正月 飾り 捨て 方

依代とは、神霊を招くための対象物のことを指し、年神様がこの世に迷わずに降臨できるようにするための目印となるものです! しめ飾り しめ飾りとは、 新しい藁 ワラ のしめ縄に縁起物といわれるゆずり葉やシダ植物のウラジロ、橙 だいだい などを組み合わせて飾り付けたものを指します。 新しいワラには、古い年の汚れを取り払う意味があり、ウラジロは長寿を意味しゆずり葉は子孫の繁栄、橙は家系の繁栄を願っているものとされています。 ちなみに、しめ縄は神様を祀るのにふさわしい神聖な場所を示していて、神様とこの世の境界をつくる結界の役割があります。 また、しめ飾りは玄関に飾ることで、災いが外から侵入してくる事を防ぐといわれています。 SPONSOR LINK 鏡餅 鏡餅とは、 お餅を神様や仏様に供える正月飾りのことで、 穀物の神様である年神様への供え物とされています。 お正月を迎えるために飾るものというイメージのある鏡餅ですが、本来の意味としては年神様を迎えるために供えるものです。 鏡餅が丸い形をしているのは円満を表し、2つ重ねているのにはかさねがさねを表し、円満に年を重ねるという意味です。 昔からお餅は神様にお供えする食べ物の一つで、かつての日本のお正月には、毎年表面が広い平らな丸いお餅をお供えしていたと言われています。 また、お供えしていた鏡餅を鏡開きの日に食べることで、お餅に宿ったエネルギーをもらうと共に一年間の健康を願うものとされています。 各地域によって違いはあり、1月15日 小正月 や1月20日 二十日正月 まで飾っておくところもあります! 関西地方を中心に、この小正月まで門松を飾っておく背景には、もともと松の内が1月15日までの期間だったことや、どんど焼きの行事が小正月に行われる機会が多いことからきています。 また京阪地方や岐阜県、石川県や群馬県の一部などの風習では、二十日正月まで門松を飾っておくのは、1月20日を正月が終わる節目の日とされているためです。 しめ飾りを飾る期間 しめ飾りを飾っておく期間は、 門松と同じで一般的には12月28日~1月7日くらいまでとされています。 地域によって異なりますが、小正月の風習が残っている地域では1月15日まで飾っておき、二十日正月の風習が残っている地域では1月20日まで飾っておきます。 どんど焼きとは、正月飾りで使ったものを集めて火にかける行事のことで、神社で行っている場合や地域の行事として行われている場合もあります! さらに、 どんど焼きの火に当たると、その年一年が健康的な身体で過ごせるという意味もあるため、飾った正月飾りはどんど焼きにて処分するのがオススメです。 しかしながら、どんど焼きの行事に参加できない場合は、正月飾りを紙などで丁寧に包み込み、それぞれお住いの地域の自治体が定めているゴミの捨て方に従って処分をするようにしましょう。 とは言え、神聖なものとして扱われている正月飾りを一般ゴミとして処分することに抵抗がある人は、やはりどんど焼きの行事に都合を合わせて処分するほうが気持ち的にも違いますよね。 正月飾りを一般ゴミで出す時のポイント!• 正月飾りを新聞紙や半紙などの大きめの紙の上に置く• 新聞紙や半紙などで包み込み普段の一般ゴミとは別の袋に入れる• 年神様への感謝の気持ちと今年の繁栄を祈願してゴミに出す どんど焼きなどに参加できず、正月飾りの処分に毎年困っている人は、気持ち的にも違うと思うので試してみてはいかがでしょうか。 鏡餅の処分方法 鏡餅の処分の仕方は、 鏡開きの日にお餅を一口サイズにしてお雑煮やおしるこなどにして食べます。

次の