シュー ホーン 装具。 装具について教えてください

プラスチック製短下肢装具の特徴と適応

シュー ホーン 装具

下肢装具 下肢(骨盤から足底へかけて)各部位に装着する装具です。 ここにご紹介する他にも、疾患や生活スタイルなどに応じてさまざまなタイプをご用意しています。 1.股関節外転装具 オーダーメイドの股関節外転装具です。 股関節脱臼防止・術後の固定などに用いられます。 骨盤から大腿部にかけて装着し、股関節部分のロックをはずすとフリーになり座ることができます。 また、専用の部品を用いることで股関節の運動を制限することができます。 2.長下肢装具 大腿部から足底までの構造をもち、膝関節と足関節のコントロールが必要な方向けの装具です。 脳血管障害による片麻痺から既製の製品には適合しにくい重度の変形性関節症まで幅広い疾患に用いられます。 疾患や生活スタイルにあわせて各部位の材質を変更するなど、カスタマイズすることが可能です。 また、将来的な機能の回復後にもお使いいただけるよう簡単に短下肢装具にできるタイプもご用意しています。 3.PTB免荷装具(二重ソケット式) 膝蓋靭帯(膝のお皿の下にある靭帯)で体重を支え、下腿や足部を免荷する装具です。 下腿骨骨折・踵骨骨折・足部の外傷などに広く用いられます。 上下のスライド調節が可能なので、治療経過に応じて免荷率を徐々に下げることができます。 また、これに対応して健側の足部も徐々に高さを変えることができるので、安定した歩行が可能です。 さらに、インナーソケットはファンクショナル機能を有するので、夜間はインナーソケットのみで使用することができます。 4.膝装具 大腿部から膝関節をはさんで下腿部へかけて装着し、膝関節のコントロールが必要な方向けの装具です。 変形性膝関節症・術後の固定・反張膝・膝関節拘縮や不安定などに広く用いられます。 膝関節の固定・可動域(動く範囲)の制限などの機能をもち、使用する部品によっては角度を調節することもできます。 また、本体の材質をプラスチックに変更して軽量化するなど、疾患や身体状況にあわせてカスタマイズすることが可能です。 5.プラスチック短下肢装具 シューホーンブレース プラスチックで製作し、足関節を背屈位(つま先を持ちあげるように)保持します。 軽量で装着も比較的簡単です。 プラスチックの種類・厚み・装具の形状によって異なりますが、下垂足・腓骨神経麻痺・中程度の痙性麻痺などに用いられます。 また体重や症状により、装具の高さ・踵のくり抜き・足先の長さなど、設定することができます。 シューホーンブレース(ショートタイプ) シューホーンブレースを短くして、踵を抜いてオープンにしたタイプです。 おもに下垂足に用いられ、軽量で靴が履きやすいのが特徴です。 TIRR(テキサス) シューホーンブレースの下腿部と踵に抜きを施したタイプです。 シューホーンブレースよと比べて軽量で、足関節がたわみやすいのが特徴です。 継手つきプラスチック短下肢装具 シューホーンブレースに足継手をつけたもので、背屈(つま先を持ちあげる)はフリーで底屈(つま先を下げる)をストップさせる機能をもちます。 足継手にはさまざまな種類があり、多くの麻痺性疾患に対して用いられます。 6.金属支柱付短下肢装具 装具のおもな構成要素に金属支柱を用いた短下肢装具です。 足関節部分はいくつかのパーツを選択することができ、足関節の可動域(動く範囲)や動作時の補助を設定することが可能です。 またストラップ等を用いることにより、内外反(足関節の内外方向の変形)にも対応が可能です。 7.足底装具(インソール) 足部の変形の矯正、スポーツ時のインソール、痛みの除去(魚の目・タコなど)、変形性膝関節症、関節リウマチ、糖尿病足病変など幅広い疾患に用いられます。 また、ユーザー様の生活スタイルにあわせてさまざまなタイプをご提案します。 (1)アーチサポート 土踏まずに代表される足部の生理的なアーチを支持するための装具です。 扁平足、開張足、外反母趾、関節リウマチなど幅広く用いられます。 同時に足底に魚の目・タコなどで痛みのある方には、その部分を除圧(体重がかかりにくいように)して症状を和らげる工夫もしています。 また最近ではスポーツ時に装着される目的で製作される方も増えています。 さらに、おもに室内でお過ごしの方には室内用タイプもご用意しています。 (2)補高 脚長差(左右の脚の長さが異なる)のある方に用いられる装具です。 必要な高さを補正してスムーズに歩行できるようサポートします。 おもに室内でお過ごしの方には室内用タイプもご用意しています。 (3)外側楔(ラテラルウェッジ) 足底で装具の外側を高くしたもので、変形性膝関節症の方におもに用いられています。 おもに室内でお過ごしの方には室内用タイプもご用意しています。 (4)糖尿病足病変用 糖尿病による足部の潰瘍などは早期発見・早期対処が重要です。 たとえ小さなタコの状態でもその部分を圧迫しないことが大切になります。 まず、正確な採型をもとに足底全体で体重を支持できるようアーチサポートを製作し、さらに問題になっている部分を除圧します。 あらたな症状をおこさないためにも早期に製作することが大切です。 (5)外反母趾用 外反母趾に用いる装具としてアーチサポートがありますが、直接的な母趾へのアプローチとして母趾を牽引して矯正する方法があります。 外反母趾の手術後の安静保持にも用いられます。 8.短下肢装具(足袋式) 下腿部から足部を包み込むように装着する装具です。 足関節の不安定や関節リウマチなどに用いられます。 プラスチックによる良好なフィッティングと、皮革による肌触りの良さを兼ね備えています。 ベルト装着動作のむずかしい方にはループをつけるなどの工夫もしています。

次の

プレゼントにぴったり!おすすめのシューホーン・靴べら17選

シュー ホーン 装具

適応は、主に膝関節の動揺(膝折れ・反張膝)、内反尖足を抑制したいケースです。 メリットは ・金属支柱付きAFOと比較して軽いこと ・可撓性(しなり)があること ・製作時にプラスチックの厚みを変更して強度を変更できること 等があります。 デメリットは ・一度、足関節周囲等をトリミングしてしまうと、取り返しがつかないこと ・金属支柱付きAFOより強度が劣ること ・装具の回旋変形しやすく、ラテラルソラスト等の前額面アライメントが気になる症例は止めきれない 等があります。 下肢装具を選定する際には、二番手・三番手の候補となる他の装具と比較する必要があります。 比較しないと、何を理由として一番手となるかわからないですよね。 例えば、SHBを第一候補と考える際に他の装具と比較するポイントは、 ・素材、重さ(金属支柱付きAFO、カーボン素材(RAPS)等) ・長さ(KAFO、ショートタイプのAFO(オルトップ)等) ・継手(底屈・背屈遊動、底屈のみ制動、クレンザック、ゲイトソリューション(底屈制動・背屈遊動)等) 等があります。 素材が強固で、長さがある方が固定力は強いですが、その分重くなりますよね。 足継手を必要とする理由に「回復期リハの改善する時期が適応」とよく書かれていますが、常に足継手あったほうが良いです。 それは生活期の対象者さんも改善した際に、変更できるためです。 壊れやすい、継手が緩むことがある理由以外で、継手があると困る例があればどなたか教えてください。 そう考えると、回復期リハの入院初期からSHBになることはほぼ無さそうですね!.

次の

歩行分析~観察すべきポイントと臨床でよくみる異常現象のまとめ~

シュー ホーン 装具

下肢装具 下肢(骨盤から足底へかけて)各部位に装着する装具です。 ここにご紹介する他にも、疾患や生活スタイルなどに応じてさまざまなタイプをご用意しています。 1.股関節外転装具 オーダーメイドの股関節外転装具です。 股関節脱臼防止・術後の固定などに用いられます。 骨盤から大腿部にかけて装着し、股関節部分のロックをはずすとフリーになり座ることができます。 また、専用の部品を用いることで股関節の運動を制限することができます。 2.長下肢装具 大腿部から足底までの構造をもち、膝関節と足関節のコントロールが必要な方向けの装具です。 脳血管障害による片麻痺から既製の製品には適合しにくい重度の変形性関節症まで幅広い疾患に用いられます。 疾患や生活スタイルにあわせて各部位の材質を変更するなど、カスタマイズすることが可能です。 また、将来的な機能の回復後にもお使いいただけるよう簡単に短下肢装具にできるタイプもご用意しています。 3.PTB免荷装具(二重ソケット式) 膝蓋靭帯(膝のお皿の下にある靭帯)で体重を支え、下腿や足部を免荷する装具です。 下腿骨骨折・踵骨骨折・足部の外傷などに広く用いられます。 上下のスライド調節が可能なので、治療経過に応じて免荷率を徐々に下げることができます。 また、これに対応して健側の足部も徐々に高さを変えることができるので、安定した歩行が可能です。 さらに、インナーソケットはファンクショナル機能を有するので、夜間はインナーソケットのみで使用することができます。 4.膝装具 大腿部から膝関節をはさんで下腿部へかけて装着し、膝関節のコントロールが必要な方向けの装具です。 変形性膝関節症・術後の固定・反張膝・膝関節拘縮や不安定などに広く用いられます。 膝関節の固定・可動域(動く範囲)の制限などの機能をもち、使用する部品によっては角度を調節することもできます。 また、本体の材質をプラスチックに変更して軽量化するなど、疾患や身体状況にあわせてカスタマイズすることが可能です。 5.プラスチック短下肢装具 シューホーンブレース プラスチックで製作し、足関節を背屈位(つま先を持ちあげるように)保持します。 軽量で装着も比較的簡単です。 プラスチックの種類・厚み・装具の形状によって異なりますが、下垂足・腓骨神経麻痺・中程度の痙性麻痺などに用いられます。 また体重や症状により、装具の高さ・踵のくり抜き・足先の長さなど、設定することができます。 シューホーンブレース(ショートタイプ) シューホーンブレースを短くして、踵を抜いてオープンにしたタイプです。 おもに下垂足に用いられ、軽量で靴が履きやすいのが特徴です。 TIRR(テキサス) シューホーンブレースの下腿部と踵に抜きを施したタイプです。 シューホーンブレースよと比べて軽量で、足関節がたわみやすいのが特徴です。 継手つきプラスチック短下肢装具 シューホーンブレースに足継手をつけたもので、背屈(つま先を持ちあげる)はフリーで底屈(つま先を下げる)をストップさせる機能をもちます。 足継手にはさまざまな種類があり、多くの麻痺性疾患に対して用いられます。 6.金属支柱付短下肢装具 装具のおもな構成要素に金属支柱を用いた短下肢装具です。 足関節部分はいくつかのパーツを選択することができ、足関節の可動域(動く範囲)や動作時の補助を設定することが可能です。 またストラップ等を用いることにより、内外反(足関節の内外方向の変形)にも対応が可能です。 7.足底装具(インソール) 足部の変形の矯正、スポーツ時のインソール、痛みの除去(魚の目・タコなど)、変形性膝関節症、関節リウマチ、糖尿病足病変など幅広い疾患に用いられます。 また、ユーザー様の生活スタイルにあわせてさまざまなタイプをご提案します。 (1)アーチサポート 土踏まずに代表される足部の生理的なアーチを支持するための装具です。 扁平足、開張足、外反母趾、関節リウマチなど幅広く用いられます。 同時に足底に魚の目・タコなどで痛みのある方には、その部分を除圧(体重がかかりにくいように)して症状を和らげる工夫もしています。 また最近ではスポーツ時に装着される目的で製作される方も増えています。 さらに、おもに室内でお過ごしの方には室内用タイプもご用意しています。 (2)補高 脚長差(左右の脚の長さが異なる)のある方に用いられる装具です。 必要な高さを補正してスムーズに歩行できるようサポートします。 おもに室内でお過ごしの方には室内用タイプもご用意しています。 (3)外側楔(ラテラルウェッジ) 足底で装具の外側を高くしたもので、変形性膝関節症の方におもに用いられています。 おもに室内でお過ごしの方には室内用タイプもご用意しています。 (4)糖尿病足病変用 糖尿病による足部の潰瘍などは早期発見・早期対処が重要です。 たとえ小さなタコの状態でもその部分を圧迫しないことが大切になります。 まず、正確な採型をもとに足底全体で体重を支持できるようアーチサポートを製作し、さらに問題になっている部分を除圧します。 あらたな症状をおこさないためにも早期に製作することが大切です。 (5)外反母趾用 外反母趾に用いる装具としてアーチサポートがありますが、直接的な母趾へのアプローチとして母趾を牽引して矯正する方法があります。 外反母趾の手術後の安静保持にも用いられます。 8.短下肢装具(足袋式) 下腿部から足部を包み込むように装着する装具です。 足関節の不安定や関節リウマチなどに用いられます。 プラスチックによる良好なフィッティングと、皮革による肌触りの良さを兼ね備えています。 ベルト装着動作のむずかしい方にはループをつけるなどの工夫もしています。

次の