ヤフー ニュース 個人。 Yahoo! BB顧客情報漏洩事件

ヤフーニュースに取り上げてもらう方法

ヤフー ニュース 個人

12月1日、ヤフーは有識者や専門家が書き手となっている「Yahoo!ニュース 個人」事業を強化すると発表した。 2009年8月撮影(2014年 ロイター) [東京 1日 ロイター] - ヤフー は1日、有識者や専門家が書き手(オーサー)となっている「Yahoo!ニュース 個人」事業を強化すると発表した。 オーサーを支援するために、報酬面の制度を手厚くするほか、社会的に注目度の高いテーマについて、編集部が記事執筆をオーサーに提案、専用ページに集約して紹介することで、記事がより読まれるようにする。 ヤフーの宮坂学社長はオーサーを集めた会合で「日本で一番ニュースの書き手をサポートする会社になりたい。 いつかピュリツァー賞など国際的に権威のある賞を受賞できるようなニュースがヤフーニュース個人から生まれる日を夢見て頑張っていきたい」と語った。 報酬面では、記事のページビューに対する報酬率を現在の30%から50%に引き上げ、さらに今後は投稿頻度に応じてオーサーに報酬が支払われる仕組みも導入する。 また「Yahoo!ニュース」に配信される記事にオーサー専用のコメント枠を設けることで、オーサーの知名度向上も後押しする。 「Yahoo!ニュース 個人」は2012年9月に開始。 現在のオーサーは465人にのぼる。 「Yahoo!ニュース」は月間100億ページビューを超える日本最大級のニュース配信サイト。

次の

Yahoo! BB顧客情報漏洩事件

ヤフー ニュース 個人

ヤフーニュースとは 月間50億PVと言われているヤフーニュース。 ここの「主要」欄に取り上げられたニュースは、ヤフーのトップにもそのまま載るので、日々PCに向かって仕事をしている方は、1日に1回は見るのではないでしょうか。 広告が"効かなくなった"と叫ばれる昨今ですが、会社や自社商材がヤフーニュースに取り上げられれば、企業の認知度も高まり、売上にも繋がります。 そのヤフーニュースはどのように作られているのでしょう。 ヤフーニュースの作られ方 ヤフーニュースでは独自に記事を作ることはしていません。 ) 提携している各メディア(ヤフーニュース提供社)から記事を収集し、それを自動的にサイトへ掲載しています。 その中でも、特に面白いニュースや社会性の高い記事には、13. 5文字(「! 」などの半角分が0. 5文字)のタイトルを独自に付けトップページで紹介しています。 これがいわゆるヤフートピックスと呼ばれるところで、一日約50記事程紹介されています。 この記事のもととなっているのが、「ヤフーニュース提供社」と呼ばれる各メディア。 こうしたメディアは168サイト確認できます。 (2013年11月4日時点) これらサイトに「記事」として取り上げてもらうことで、ほぼ自動的にヤフーニュースに掲載となるのです。 提供社によっては、一部提携していないニュースカテゴリーもありますので確認の上アプローチしてください。 最近ではこうしたヤフー個人の記事が、トピックスへ派生するケースも増えてきました。 直接アプローチすることは難しいかもしれませんが、関連分野であれば情報提供してみるのも悪くないかと思います。 しかしトピックスで紹介したいほど面白いネタがあったとしても、提携元168メディアがどこも扱わなければ、仕組み上ヤフーニュースでは紹介できませんでした。 これを解決するために、ヤフーは新会社を設立し、編集機能を持たせたというニュースサイトを作りました。 このニュースサイトができたことで、編集機能を持たなかったヤフーニュースが(子会社を通して)実質編集機能を持った、ということになります。 このPAGEは編集機能を持った一つのメディアですから、プレスリリースを送るなど、直接アプローチしてみてみるのも一つの方法です。 記事露出タイミングを狙って攻める ヤフーニュースの作られ方に関しては、下記2冊にも詳しく解説されています。 これでも触れられているのが、ニュースの種別を下記の8種類に偏りなく振り分けているということです。 「国内」「国際」「経済」「エンタメ」「スポーツ」「IT」「科学」「地域」 多くの企業は「経済」枠、あるいは芸能人イベントができる予算のある企業は「エンタメ」枠を狙うことになると思います。 記者もヤフートップを狙っている 最近では新聞記者も、ヤフートップで自らの記事が紹介されることを狙うケースが増えてきているようです。 (自社媒体だけで載るよりもヤフーで紹介されたほうが、より多くの読者に読んでもらえるため。 ) そのため、ワンワードでキャッチーなタイトルの記事が増えてきている感がします。 多くの企業が、広告の費用対効果が悪くなってきたので安いPRだ、と考えますが、企業メリットだけを考える一人よがりの広報戦略は、上手く行っても一時的なもので、長期的な成功はしないケースが多いと思います。 中には下記のようにヤフーに確実に載るといって、法外な金額を請求してくるPR会社もいるようなのでお気をつけください。 以上、ヤフーニュースの提供元は日々変わっていますので、臨機応変に対応していかなくてはなりません。 当社では企業の商品・サービスをヤフーニュース他へ掲載させるためのご相談も承っています。 お気軽にお問い合わせください。

次の

ヤフー・LINE統合で個人情報は 奥村倫弘氏が語るユーザー影響

ヤフー ニュース 個人

「Yahoo! ニュース 個人」 「Yahoo! ニュース 個人」は、各分野において豊富な知見を持つ個人のオーサー(書き手)の記事を掲載するサービス。 投稿された記事は、「Yahoo! ニュース 個人」のトップページや各オーサーの専用ページから閲覧できるが、同社ではオーサーの記事を「Yahoo! トピックス」内で識者の意見・考察として紹介することで、読者が1つの記事に対して多角的に、より深く理解する一助になることを期待しているという。 ヤフー メディアサービスカンパニー メディアユニットの中瀬竜太郎氏は、「これまで個人の方は、FacebookやTwitterを除くとブログなどでしか情報を発信できなかった。 また、そもそもITリテラシーが高い方でなければ、情報発信自体ができないという状況があった。 ヤフーとしてそういった方の問題を解決できる形で、きちんと情報発信をして、多くの人に届いて、それに対する反応が得られる場を作っていく必要があると考えた」と、サービス提供にいたった経緯を語る。 サービス開始当初は「政治」「経済」「IT・科学」「スポーツ」などの分野を中心に55名のオーサーが参加する。 たとえば、IT・科学の分野では、佐々木俊尚氏や小川浩氏、斉藤徹氏などが記事を執筆する。 オーサーにはページビュー(PV)に応じて広告収益が分配されるという。 「ユーザーはこれまで、ヤフーでストレートニュースを見た後に、外部のサイトで詳細を調べていたが、今後はなるべくYahoo! ニュースの中で完結できるようにしたい。 もう一方で、個人が活動する中でブログでマネタイズするというのは簡単ではないと思う。 そこを多くのユーザーを抱えるYahoo! ニュースとマッチさせることで、オーサーへの収益貢献もできればと思っている」(ヤフー メディアサービスカンパニー メディアユニット ユニットマネージャーの片岡裕氏) ヤフー メディアサービスカンパニー メディアユニット ユニットマネージャーの片岡裕氏(右)と同メディアユニットの中瀬竜太郎氏(左) オーサーは、Yahoo! トピックス編集部が日頃から定期的に巡回している数百サイトをリスト化し、特に積極的に情報発信をしている個人に対して、ヤフーから声をかけて追加しているという。 同社では、3年後にはオーサーの数を1000人以上に拡大していきたいとしている。 中瀬氏は、「Yahoo! ニュース 個人」はあくまでも個人の情報発信の方法の1つと語り、今後はキュレーションやディスカッションといった、個人の知見や能力を生かせる場も提供していきたいと話す。 また既存のカテゴリに加えて、「文化」や「ライフスタイル」、「エンターテインメント」などのカテゴリも追加していく予定だ。 The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc. , San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News. com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright c CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News. com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.

次の