ザノンフィクション美奈子。 『ザ・ノンフィクション』美奈子に批判の声も…自身の結婚のため長男に進学希望“断念”

ザ・ノンフィクション 美奈子と義人の2019夏 後半 最悪のシオンと義人

ザノンフィクション美奈子

同番組では今年2月の放送で密着したばかりだが、いきなり大家族の父親になった元プロレスラーの佐々木義人さんと、思春期の長男&長女、さらに子育てをめぐって対立する美奈子との間に不穏な空気が漂い、あす18日に放送される「後編」では、その感情がついに爆発する。 しかし、『痛快! ビッグダディ』から一家を見てきた、演出・撮影の東信幸氏 ゼロクリエイト は、そんな家族を「正直うらやましいなって思うんです」と語る。 前回は長男の星音 しおん が義人さんとの確執もあり、家を再び飛び出してしまい「家族と縁を切る」と言い放ったところで撮影が終わっていたので…。 その後の星音のこと、そして7女出産後の家族の様子がどうしても気になり、放送後すぐにカメラを持って佐々木家に顔を出すことにしたんです。 そしたら相変わらず家族の中に長男・長女の姿がなく…。 どこか寂しい空気を感じる中で、いろいろなことが起き始めたという感じですね。 やはり、星音と、長女の乃愛琉 のえる に関しては母・美奈子さんの心配は絶えず、会話の中で美奈子さんから「実はもう一度、星音を家に連れ戻してあげたいんだよね」というキーワードが出てきたので、これはまた佐々木家に大きな転換期が訪れると感じ、撮影を再開することに決めました。 実は我々も前回まで、星音が家を飛び出して知人の家を転々としている理由に関して深く掘り下げることができなかったんです。 というのも、本人が19歳を迎え、大人になって行く中で、当然話したいことと話したくないことがあるのも分かっていましたし…。 まずは、星音の生き様を掘り下げる前に、物語の主役である父・義人さんの生き様を掘り下げることが優先であると考えたからです。 しかし、今回の撮影で星音により深く取材をする中で、確かに彼にも同情できる部分はありましたが、一方で彼にも悪いところや甘えてる部分がたくさんあることに気付きました。 それは思春期ならではの感覚とは少し違っていて、星音の中に潜む、闇の部分が深く影響しているのでは? と感じたんです。 そうですね。 と思っています。 私も中学のとき、親が離婚して母子家庭に育っているので、なんとなく星音の複雑な気持ちが理解できるんですよ。 離婚したら当然、生活も質素にならざるを得ませんし、私も母に頼る訳にいかず、高校時代からバイトに明け暮れて、その後も新聞配達をしながら大学の学費を稼いでいました。 だから、星音が義人さんに「お金がなかったから働いて通信制の高校に通うしかなかった。 本当は普通科の高校に行きたかった…」と泣きながら告白したときに、星音には夢を諦めずにもっと前向きに生きてほしいと、心から思いました。 そして、これまで内向的な性格で自分の意見を言えなかった星音が本音をさらけ出してくれたことが、うれしくもありました。 今回の撮影では、そんな星音の成長に注目して見ていただきたいですね。 「やりたいことが分からない…」というのは、思春期の若者が共通に抱えている問題だと私は思います。 私も星音と同じ年頃には将来の目標なんて何もありませんでしたし、やりたいことが見つかっている10代の方が稀 まれ だとは思います。 高校を中退したいと考えて行動することのほうが、逆に勇気がいることだと思いますね。 星音はやりたいことが見つかっていたのですが、それを貫くことができませんでした。 それは彼自身の甘さであり、これから直さなければいけない課題ですし、一方で乃愛琉は、次回の放送をご覧いただければ分かりますが、やりたいことこそ見つかりませんでしたが、週5日のフルタイムで働いていて、やりたいことを叶えるために一生懸命お金を貯めています。 2人とも高校を中退してしまいましたが、やはり女性の方が現実主義なんでしょうね。 今では年下の乃愛琉のほうがたくましく成長しています。 ブログでは「夫婦喧嘩の最中はヒートアップしていて 自分の気持ち優先にしてしまっていたけど 子供達の気持ち表情にでていて 改めてテレビで見て申し訳なかったな」と反省していましたが…。 義人さんと結婚されてから、いろいろな意味で日々マインドが変わってきている部分もあって、一概には言えませんが…客観的に番組を見て、美奈子さんなりに衝撃を受けたようです。 ネットでの書き込みや記事を見て、やっぱり自分はこういう性格だったんだとか、こういうところが足りなかったんだとか、本人もたくさんのことを学び、足りないところに気づいたみたいです。 特に、子どもの育て方に関して、多くの方から意見を頂き、励みになる部分もあれば、かなり落ち込んだ部分もあったようで…。 放送後には私宛に毎回「私の子育ては間違っているのかな? 」って不安げに連絡してくるので、本人も悩んでいる様子でした。 義人さんはこれまでプロレスラーとして活躍していましたし、人前に出ることは苦手ではないのですが、テレビでこれだけ長期間撮影するのは、この番組が初めてでした。 最初はカメラを意識して、撮影が終わるとスタッフに「さっきのインタビュー大丈夫でした? 」なんてスタッフに気をつかっていましたが、一度美奈子さんと大ゲンカをしてからは、ありのままの姿を撮影させてくれるようになりました。 その分、衝撃的なシーンも多く、ヤラセだろと思われがちですが、実際にあのままの性格なんですよ! 感情的になりがちな熱い性格の人ですので、カッとなったらすぐに「バカ野郎! 」「てめぇ! 」ってなっちゃって、子育てに関しても決して信念を曲げない人なので、「俺は誰に言われてもこのスタイルを変えませんよ」って… 笑 でも、そこが義人さんの良いところでもあると私は思うんです。 子供たちは「血のつながってない親なのに、なんでそこまで言われなきゃいけないんだ…」って思うだろうけど、結局ふたを開けてみたら正論を言われて、自分たちが間違っていたことに気づいたことも多くありますし。 ただ、それが正論過ぎて言い返せないから、子供たちが反抗してしまう部分もあるんですけどね。 予めご了承ください。

次の

美奈子夫妻、家出に離婚危機と波乱の連続! 密着取材者が明かす裏側 (1) 実はお似合いのカップル

ザノンフィクション美奈子

重い問いを視聴者に投げかけている。 毎回、さまざまな人間の生き様を紹介する『ザ・ノンフィクション』だが、5月31日放送回に登場した書道家・西山嘉克さん(39)を中心とするファミリーの特異性は群を抜いていた。 現在、佐賀県で暮らす西山さんは9人家族。 パッと見たところでは「子だくさんのファミリー」のように思われる西山家だが、家にはゆかりさん(38)と裕子さん(43)という2人の女性がいる。 嘉克さんはかつて、ゆかりさんと結婚したものの離婚。 その後、裕子さんと結婚するものの、こちらも離婚。 そして嘉克さん、ゆかりさん、裕子さんの3人は事実婚の状態で暮らしている。 ゆかりさんとの間に2人、裕子さんとの間に3人、さらに裕子さんの連れ子も加え、9人で1つの屋根の下に暮らしているのだ。 雑誌やウェブニュースで働くフリーライターはいう。 「このファミリーはマスコミ業界ではちょっとした有名人で、これまでにも数々のメディアに登場しています。 近年、複数の人と付き合う『ポリアモリー』という恋愛スタイルが提唱されるようになり、その文脈で登場したこともあります。 番組では夜の生活についても尋ねていて、嘉克さんは『営みは自然な流れで、そんな感じになったらって感じ』と話していますが、過去には、『3人で暮らすと決まったときに、私が裕子さんと嘉克さんの初エッチを見届けた』『子どもができる前まではむしろ、3人で営んでましたよ』(『新R25』のインタビューより)と告白しています。 法律的には問題なさそうですが、一般的な道徳観や倫理観に沿うものではないでしょうね」(フリーライター) 誰がどんな生活を送ろうが、それが法に触れないのならば、本人の自由だ。 ただ大人たちは、その影響が子供にまで及ぶないように配慮する必要がある。 教育関係者への取材経験も多いジャーナリストはいう。 今回の場合、番組は『家族のカタチ』というタイトルで家族の形を世に問うていますが、いくら親が認めているからといって、ここまで特殊な家族形態で暮らす家族の子どもの顔と名前をテレビで公開するのは、慎重すぎるほど慎重な姿勢が必要だったはずで、危険すぎると言わざるを得ません。 子どもの露出は控えるべきだったでしょう」(ジャーナリスト) 『テラスハウス』では猛批判を浴びたフジテレビ。 ヌルい番組を作っていては視聴率が取れないのは分かるが、攻めるポイントがズレているのでは?.

次の

ザ・ノンフィクション「新・漂流家族2019夏 ~美奈子と夫と8人の子供~ 」後編

ザノンフィクション美奈子

大家族番組『痛快! 美奈子さんは2013年4月に林下清志さんと離婚し、6人の子を持つシングルマザーとなりましたが、2015年5月に元プロレスラーで現在バス運転手の佐々木義人さん(ささき・よしひと 37歳)と再婚(4度目の結婚)しました。 美奈子さんと佐々木義人さんは結婚後、埼玉県新座市にある4LDKの家で生活しており、今年2月には『ザ・ノンフィクション』で、初婚で大家族の父親になった佐々木さんに密着した特集が前後編に分けて2週にわたり放送されました。 そして、11日に放送された『ザ・ノンフィクション 新・漂流家族~2019夏~美奈子と夫と8人の子供前編』では、佐々木義人さんと衝突を繰り返してきた長男・星音さんが 「1人の方が気が楽。 面倒くさい。 縁を切りたい」などと言って家出し、料理の腕を磨くために入学した三重県の通信制高校を中退していたことや、友人等の家を転々とし様々な仕事をしながら、その日暮らしの生活をしていたことが明らかにされました。 その後、星音さんは家出から10ヶ月ぶりに帰宅し、しばらくは佐々木義人さんと目を合わせられない様子でしたが、意を決して佐々木さんと直接話し合い、 「俺一人暮らししようと思って、この近くでバイト探そうと思っていて…。 その間、この家に居させてくれない?」と伝えると、佐々木さんも「全然居ていいよ」と答えました。 さらに、星音さんは通信制高校を選んだ理由について、 「最初は友達と同じ普通科高校に行きたくて…。 でも『お金がかかるから』と言われて。 その時は(佐々木義人さんと美奈子さんが)結婚したてで、お金がなかったから…。 自分で稼いでいける学校にしたんだ」と涙を流しながら説明し、そうした理由を聞いた佐々木義人さんは 「それは俺知らなかった。 それは悪かった…。 ごめんね。 お前が家からいなくなった時も凄く寂しかった。 この家に住んで、やりたいことを見つけて生活してみよう」と伝えました。 一方で、学校やバイトを辞めたと明かし、今後は治験モニターのバイトをやりたいなどと話した星音さんに対して佐々木義人さんが、「お前腐ってるな、真面目に仕事して金貯めていくんだよな」などと、怒りをあらわにする場面もありました。 また、星音さんと同様に佐々木義人さんとの関係が上手くいっていない長女・乃愛琉さんは、今年春には高校3年生になるはずでしたが、これといってやりたいこともなく、高校生活を続けることに意義を見出だせなかったことで高校を中退し、今後家を出ていく考えであることも打ち明けていました。 一番の問題は美奈子にあるな。 今までもこれからも。 もう長男を家族ごっこから解放してあげてほしいです。 あの自称父親のパワハラも目を覆いたくなります。 実の親でもうっとしいのに、血もつながってない他人に父親面されて偉そうに言われて、さらに母親は父親側についてるようなら家に居場所がないような感じになってしまうんじゃないかなぁ• 父親がコロコロ変わるし、離婚とか何かあったら都度ニュースになるし、友達にはいじられるし、家族喧嘩中に撮影されるし、テレビ出演料は親に行くし。 そら家出るよな。 あとあの怒り方は愛情に感じないよ。 美奈子の無責任な行動は本当に罪。 長男の普通高校の進路を諦めさせたこと、通信制の高校も中退したこと知人宅を転々と泊めてもらってたことは美奈子の責任だと思うし、それだけ苦しめたことに本当に責任を感じているようには思えない。 長男は次々に変わる父親の愛情よりも母親の愛情を信用できないんだと思う。 母親の行動 男性遍歴 で女性不信になってるかもしれない。 18歳だし法的にも選挙権のある成人だから、早く独立した方が本人のためになりそう…。 子供は親を選べない。 本当に可哀想、特に上の子たちは…• 長男ビクビクしててかわいそうだった。 義父は正論だけどこの子にはちょっと威圧的すぎると思うし、長女までやりたいことがわからないとかいう理由で高校やめて…• 毒親だよね。 お金もないのに次から次へと子供作ってさ、長男が不安定なのは親のせいだよ。 幼少期に不安定な環境で育てられたんだから本当かわいそう• 結婚、離婚を繰り返して、父親の違うきょうだいは、小さくて。 いちばん年上の思春期の長男が、いろいろ考えるのは当然。 犠牲になってるのは子どもたちで、親がいなきゃ生きていけないんだから、思うことを言えてない子たちもいるだろう。 少子化の時代で、これだけの子だくさんはすごいけど、放任で、子どもたちがつらい思いをしているのなら、これ以上増やさないでほしい。 などのコメントが寄せられています。 美奈子さんは高校中退後、15歳の時に中学時代の1年先輩だった男性との間に星音さんをもうけ、合計5人の子供を授かりましたが、最初の夫とは2度目の結婚と離婚をしています。 2度目の離婚から4年後の2011年2月にはビッグダディと出会い、同4月に結婚し、結婚から8ヶ月後には第6子の5女・蓮々ちゃん(れんと 7歳)が誕生したものの、それから1年半足らずで3度目の離婚をしています。 そのため、美奈子さんが佐々木義人さんと4度目の結婚をしたことに対して星音さんは、「1年、2年したら離婚するんだろう、父親という感覚がわからない」と話していました。 美奈子さんがこれまで結婚と離婚を繰り返し、不安定な生活を送ってきたことのシワ寄せが子供たちに向かっており、希望している学校へ行けなかったり、突然現れた男性が父親となり、そこで様々なトラブルが発生し居場所を失うなどしているので、番組を見て改めて子供たちが不憫に感じましたね。 また、佐々木義人さんも子供たちと打ち解けるため、色々と努力をしているようなのですが、大声で怒鳴ったり、力で強引にねじ伏せるなどの行為はどうなのかと思いました。 他人の家庭にとやかく口を出すのはどうかと思いますが、まずは冷静になってしっかりと話し合い、それからコミュニケーションを取る頻度を少しずつでも増やしていき、星音さんや乃愛琉さんとの間に生じているわだかまりを解消していってもらいたいです。

次の