にゃんこ大戦争レアキャラ。 最強キャラランキング28選

【にゃんこ大戦争】超ネコ祭!残り一日!超激レアキャラ大当たり幻のネコの確率アップ!

にゃんこ大戦争レアキャラ

480の長い射程から白い敵に超ダメージを与え、さらに動きを止める特性も持っています。 動きを止める特性の効果時間は短めですが、一瞬でも止めることができれば壁役への負担も減らすことができます。 白い敵に対しての妨害能力が高く、登場するステージでは妨害要員として活躍できるでしょう。 しかし白無垢のミタマの方が全ての敵(白い敵など一部を除く)が対象なので、使い勝手がいいですね。 特に他の属性が多く登場するステージでは、黒無垢のミタマは使いにくいかと思いますね。 コストも安めなので量産型の壁役で使える!・・・と思いきや(苦笑) 真価を発揮するのは、 に進化からになりそうですね。 進化前の幼獣ガオは量産型のアタッカーとして使え、 は射程が長く、幼獣ガオでは射程が足りないときに使える主力として活躍できます。 進化前後共に『全ての敵にめっぽう強い特性』があるので、汎用性が抜群! 進化後限定ですが波動無効&クリティカル攻撃も持っているので、隙きがないほぼ完璧はキャラと言っていいでしょうね。 しかし!感知射程の短さから、風の精霊エアルでは使えない場面が多いですね。 に進化させると、特性発動率が100%上がります! またエイリアンに打たれ強い、ワープ無効、バリアブレイクの特性も追加されるので、進化後のホイが安定して起用できます。 特性発動率は50%ですが、3連続攻撃を持っているので、思ったよりも特性が入りやすい感じ。 気をつけたいのが特性:3連続攻撃を持っているので、ふっとばす特性&KBで敵をふっとばしすぎること。 ステータスは同じなので、必要なければ第3形態はしばらく見送ってもいいでしょう。 生産速度もコスト帯の割りに早いので、ステージによってはためる戦法もイケそうな感じです。 ふっとばし無効の特性もあるので、真っ先に壁役を思い浮かべますが、実はDPSも高め! ただし射程が非常に短いので、ダメージを稼いでくれたらもうけくらいに考えておきましょう。 射程が短いせいで、せっかくの1度だけ生き残る特性も腐りやすいのが欠点です。 第三形態のなると特性発動率が100%にアップ! しかしコストが高いこと&移動速度の遅さから、他のキャラ使いにくいと思われます。 頭の上にノッているにゃんこが、アレに見えてくるのは僕だけじゃないと思う。 コイツデス! 攻撃力低下無効も地味に役に立つ場面があるので、対赤い敵に対して相当強いキャラですね。 第三形態進化前だと射程が心もとないので、使えるステージが限定されてきます。 真価を発揮できるのが第三形態からになるので、早い段階で進化させてあげよう! ももたろうと比較されることがありますが、僕ならももたろうの方が使いやすいと答えるでしょう。 良い言い方をすれば器用なのですが、悪い言い方をするなら中途半端。 ステータスが低めで、特に射程がちょっと短いのが気になりますね。 感知射程も長いので、射程負けする心配もあまりないのがいいですね。 これは余談になってしまいますが、攻撃後のおじぎがめちゃくちゃかわいいのです。 『ギガントゼウスガチャ』の超激レアの中では、1番の当たりを言ってしまってもいいでしょう。 全ての敵の動きを止める特性は非常に使えますね! ただし!効果時間が2~3秒弱なので、過信が禁物です。 進化前のトゲルガ、トゲランパサランはほぼ使えませんが、第三形態のデイダラトゲランに進化すると、非常に使えるようになります! 攻撃速度が遅いので、メインのアタッカーとして使うのは難しいですね。 他の主力キャラと合わせて使った方がいいでしょう。 性能は悪くないものの、攻撃速度が遅いのが気になりますね。 どうしてもアフロディーテと比べてしまう、ハズレあつかいされることも(苦笑) 残り体力80%で攻撃力が50%上がる特性どう活かすか?が課題ですね。 残り体力によって攻撃力も上がるので、火力も期待できます! あつかいは難しいのですが、再生産が68. 20秒とそこそこコンスタントに生産できるのが強みですね。 幅広いステージで活躍はできますが、超ダメージ持ちよりは火力が低め。 その代わりKBが5もあることもあり、超ダメージ持ちより場持ちはいいですね。 攻撃頻度が17. 97秒と攻撃速度が遅いのも気になるところ。 しかし体力が低いので、壁役には向きません。 DPSが高いので、対天使&黒い敵のサブアタッカー的なポジションで使うといいかも。 移動速度を活かしてふところにもぐりこみ、一気に攻撃を叩き込むことも可能です。 高速攻略もできそうなので、覚醒のネコムートと併用してもよさそうですね! 非常に使える超激レアの内の1体です。 攻撃力もが高めなので、汎用性あ高いですね! しかしふっとばす確率が40%と低めで、攻撃力も超ダメージやめっぽう強いキャラよりは劣ります。 しかし射程180と非常に短いので、使えるステージがかなり限定されるようです。 動きを止める時間も長く、黒い敵に非常に有効な特性なのですが、射程負ける敵にはもちろん機能しません。 クロサワ監督などの敵には、移動速度も速くないし厳しいかな?と思いますね。 しかし射程に難があり、使えるステージは限られてくるかな?という感じです。 僕的にはねこナースの方を好んで使うので、そんなに使っていなかったりしますね。 射程と攻撃速度のせいで、赤い敵の動きを遅くできる特性もお飾り程度となってしまっているかわいそうな性能となってしまっています。 早い段階で第三形態に進化させて、低コストアタッカーとして運用したいところ。 早期に入手していると、土日ステージやゲリラ経験値ステージなどで使える可能性がありますね。 一方で射程が220しかないので、ちょっと前線を突破されるだけでダメージをもらう可能性があります。 ダメだぞ?ネコボンバーがいれば、土日ステージとかは無課金編成でも勝てるとか言っちゃ。 攻撃力が高く、敵を倒したらお金が2倍になる特性も持っています。 もねこと発動するにゃんコンボ『アイドル志望』が、ニャンピューターでの自動をジャマしにくいので、にゃんコンボ要員として使えます。 アイテムのスニャイパーのキャラ版といった感じです。 再生産時間の長さと単体攻撃など悪い部分をどうカバーしていくか?が課題。 コストが非常に高いので、赤い敵が多く登場するステージ以外ではなかなか使い所がなかったりします。 ねこたつのようにコストが低ければもっと使いやすかったのにね。 いくら射程があっても狙った敵に攻撃できなけば意味はありません。 早い段階で範囲攻撃で敵に攻撃を当てやすい、ネコハッカーにした方がいいでしょうね。 攻撃頻度が少なく、大きいダメージも『1ダメージ』にしてしまうので、使えるステージではマジで使えます! ただし体力が非常に少ないので、攻撃頻度が多い敵には弱いので、起用は控えましょう。 しかし!実は貴重な低コストキャラであり、序盤に来てくれたら非常にありがたい存在となります。 経験値はにゃんこ大戦争において、パワーアップするために必要。 ジャナイ! しかしコストが1,440円と高いので、ちょっと使いにくい。 射程も340と非常に使いやすいのですが、攻撃力が低いのが悩みの種。 倒した敵が落とすお金が2倍になる特性を持ち、攻撃力も高いので、自身で敵を倒すことも難しくはないです。 しかし射程が絶望的に短いので、一方的に攻撃される可能性もあります。 ねこ泥棒はステータスが低いので、敵を倒すだけでも難しいと考えられます。 なので全く使えないキャラと言っても過言ではないでしょう。 ステータス的には壁役に向いていますが、コスパが非常に悪いので、余程壁役に困らない限りは使わないですね。 第三形態で多少の使い道があるかも?というレベルのキャラです。 メタルな敵の動きを遅くできますが、現在では使えるステージがない模様。 使えそうなステージが見つかるまで、にゃんコンボ要員になる予感。 移動速度もそこそこ速いのですが、敵の射程敵に活躍するのは難しい状況。 なので射程勝ちできていれば使える!キャラになりますね。 しかし動きを遅くするキャラは超激レアに多くいるので、まず出番がないw コストも645円と高く、そうそうデッキにお呼びはかからないかな?と思われます。 ねこファイターとよく比較されますが、ネコファイターはより攻撃に特化したキャラとなっております。 しかし射程が残念なことになっているので、敵の動きを止める特性と一緒に使ってあげましょう! もしくは使うのをやめましょう。 逆に射程が短い場合、敵に近づいて攻撃をもらってくれるので、優秀な壁役になります。 射程が270と物足りないのですが、赤い敵は射程が短い敵が多いので、使えると言った感じでしょう。 ただしふっとばしている最中はコチラの攻撃も当たらないので、ふっとばしすぎ注意報です。 サイキックネコの評価が高い理由は『長い射程』にあります。 しかも意外と攻撃速度も速く、ダメージも期待できる良キャラです。 再生産時間• 範囲攻撃• しかし実用度は非常に低いため。 タイトル通り購入は後回しで問題ありません。 後に回したところで、買ってもらえるか?は謎ですが。 なのでにゃんコンボ要員で使うのが1番いいんじゃないか?と思いますね。 移動速度もそこそこ速く、使いやすいのですが・・・ 特性発動率20%と低め。 しかし戦力が揃ってくると段々使われなくなってくるんですよね。 どうしても射程が短いので、すぐやられてしまうのが欠点になります。 にゃんこ大戦争序盤では貴重な低コストの壁役となるため、早い段階でに入手をおすすめしております。 イベント限定キャラで低コストのキャラがいない場合は必須キャラとなります• ネコ阿波踊り• キリンネコ• 芸者ねこ これらのキャラがこれにあたります。 しかしにゃんコンボが使えるので、使う場面になったら取得しよう! Mr. と一緒に取得すると幸せになれる?らしい(笑) Mr. ネコゾンビと一緒に取得するとにゃんコンボが発動するので、欲しいときに取得しましょう! それまでにネコカンをためておきたいところです。 移動速度を上げる効果なので、必要な場面でデッキに入るかも? 生産はしないでしょうけどね。 『アイラブジャパン』などが優秀ですね! 盾向きのキャラと解説がありますが、コストが高く、タンクネコやネコの方が使い勝手はいいです。 ただし!第三形態で壁役として使える性能になります。 その代わり多彩なにゃんコンボ要員なので、必要なにゃんコンボがあるなら、購入を検討してみるものいいでしょう。 ただし!ネコカン150個消費は痛いので、無課金プレイヤーは序盤での購入は控えましょう。 必要になったら買う感じにした方がいいと思いますね。 にゃんコンボも多いので、にゃんコンボ要員でも使うことができます。 筆者は購入しなくても、未来編は攻略していけたので、急いで購入することはないでしょう。 使い時になって始めて購入を検討しても遅くはありませんね。 にゃんコンボ『アイラブジャパン』が優秀なので、その発動要員となるでしょう。 アイラブジャパンが発動できない状態で購入するのはおすすめできませんね(苦笑) ねこ寿司を引いた状態で、アイラブジャパンが必要になったら、発動要員をまとめて購入するといいでしょう。 第三形態まで使ってみましたが、使える場面が見つかりませんでした。 購入はしない方がいいでしょう。 にゃんコンボ要員になりますが、冥界のカリファor玉座のミイラ姫レイカのどちらかを引いていないと発動できません。 なのでこの2体を引くまで購入する必要はありませんね。 第三形態でバリアブレイク要員になるので、その場合は購入してもOKです。 にゃんコンボ『薄着コーデ』が一考の余地がアリ! しかしにゃんコンボ要員である玉座のミイラ姫レイカを入手していないと発動できません。 性能は今となっては時代遅れ感があり、購入しなくても日本編は攻略できます。 にゃんコンボ要員としては使えますので、先行投資で購入していいかも? 個人的には、にゃんコンボ要員で必要になってから購入しても、遅くはないと思っています。 低コストと生産力を活かして、前線の壁となり、散っていくにゃんこ。 移動速度は狂乱のネコに敵いませんが、プラス値を上げていくとドンドン強くなります。 ネコよりもコストは高いですが、体力が高く壁役に向いています。 移動速度はネコよりも遅いのですが、どのステージでもレギュラークラスで使える壁役になるキャラですね! 個人的にはネコよりもプラス値を上げていきたいキャラです。 低コストの狂乱キャラが加わるとめっきりと出番が減り、赤い敵用の壁キャラとなります。 前に壁役を置いて、後ろから生産して攻撃していくスタイルで使っていきます。 体力が少なく、射程も短いので、使えるステージは限られてきます。 しかし日本編や未来編ではなかなか出番がありません。 しかしネコドラゴンの方が優秀なため、本格的に使えるようになるのは、第三形態のネコジャラミになってから。 攻撃力は低いものの、クリティカルの発生率は100%! 対メタル用キャラとして期待されましたが・・・ 管理人はネコハリケーンで良かった模様。 天使と黒い敵相手には最強クラスの壁役ですね! DPSも高いので、火力も期待できる優等生ですが、唯一(ゆいいつ)移動速度がカメ並なのが残念。 ふっとばす特性• 動きを止める特性• 射程650 こんな感じで色々とおヤバイ性能のキャラ。 攻撃力を下げる特性の効果時間は6~7秒もありますが、動きを止める特性は3秒強ほどと短め。 使い所は多少あるので、本能でカスタムしつつ起用したいですね。 ステータスのアップするのですが、範囲攻撃取得は非常に大きい! 射程が短いのは相変わらずですが、高い攻撃力で敵を倒して、お金を2倍GETしましょう! 再生産時間が短いので、フィッシュ・ド・ノエルを複数生産することも可能です。 射程が390にアップし、移動速度16になってきて帰ってきた! しかしステータスが低いことから、浮いている敵に超ダメージを与えても、そこまでのダメージが期待できない模様。 ただし!他の赤い敵対策のキャラが強いので、無理に使う必要もないという程度。 壁役にも使い分けが必要なんですね。 攻撃速度も相変わらず速く、ダメージも期待できます。 攻撃が当たれば黒い敵を必ず止めるようになり、範囲攻撃取得でヤバイキャラに! コストも安いので、ピンポイントで黒い敵を止めるときにも使えます。 ただし!第三形態に進化されるまでが、非常に困難なキャラですね。 攻撃力も高いのですが、体力が低く射程が短いのが難点。 移動速度も遅いので、クセがある扱いづらいキャラですね。 しかし移動速度が遅いことから、狂乱の低コストシリーズを押しのけてまで入れるか?と言われると首をかしげるレベル(苦笑) にゃんこ大戦争序盤は低コストの壁役がいなくて困りがちですが、進行していくとあまり必要じゃなくね?と思ってしまうのが現状です。 瞬間的に叩き出すダメージが恐ろしく、スコアが影響する採点ステージでも活躍が見込めます。 進化したもののコストが下がる以外プラスの要素はなし。 スモウネコ時代のにゃんコンボも使えるので、壁役をやりつつ、にゃんコンボ要員でも使えますね。 相変わらずステータスは絶望的で、戦闘には向きません。 性能的にまだ厳しく、出場機会は『一部出撃制限があるところならワンチャンあるか?』というレベル。 ほぼどこでも使っていけるザ・壁役ですね! 悩みは移動速度の遅さ。 プラス値で強化していけますが、移動速度で狂乱キャラにはどうしても勝てない模様です。 これからも使ってみたキャラや何か変更があったキャラについては、追加、修正していく予定です。 orooroKT.

次の

【にゃんこ大戦争のレアキャラ強さランキング】使える最強のおすすめレアキャラ

にゃんこ大戦争レアキャラ

NP変換の注意事項 NP変換は1度してしまうと キャラを消費してしまう為、 戻す事ができません。 その為、この記事に書いてある基準については 自己責任で行ってください。 NPポイント交換について ノーマルガチャ レアガチャ 福引ガチャ でキャラが排出された場合に 対象のキャラを取得せずにNPに 変換する事ができます。 基本キャラ 1 EXキャラ 1 レアキャラ 5 激レアキャラ 15 超激レアキャラ 50 伝説レアキャラ 150 交換したNPについては 本能が解放されたキャラに対して 使用する事が可能です。 このシステムを使う為に キャラをNPに変える目安について 解説していきます!! キャラのNP変換キャラについて この表は現環境に合わせて 随時更新を書けています。 例:地龍皇帝ソドムなど これは本能がまだ実装されていないキャラの場合 後からきた本能解放が良いものの場合 取返しが付かなくなります。 その為、 この記事のキャラは 大体が本能がまだ来ていないキャラを中心に ラインナップしています。 超激レアに関しては 本能が来ていないキャラは原則NPに 変えるのはちょっと待っていて 倉庫に置いておくのもいいと考えます。 因みにレアキャラについては 妨害系キャラでも体力が高く +値が高くなると壁としても 活躍できる奴らが多いです。 現時点では 本能がきていないキャラを含めて +値が重要な奴らばかりなので、 レアキャラは変換は無しです。 激レアキャラに関しては そもそも生産性がそこまで良くない為に 壁利用を考えておらず、 特殊性能のみで成り立つキャラは NPに変えてもいいと考えます。 これらはlevelを上がっていなくても 取りあえず存在しているだけで 何かしらの効果があるキャラだからです。 重ね掛けは必要無くてもあるだけで コンボ要因など多々影響がある為 レア~超激レア全てのキャラに共通ですが、 最初の1体は取得してください。 最後に・・・ NP変換は人それぞれで 捨てキャラが違うので、 考えが異なると思います。 今回コラボ系 季節系の ガチャキャラは省きましたが 色々なリクエストがありましたら 作っていきたいと思います。 皆さんの意見も教えて下さいねー コメントで頂いたご意見で抜粋 の さん 基本的に超ダメ 打たれ強い めっぽう強い 以外のキャラはNP変換しても問題ないかと クニトさん 基本的に+にしてくスタイル同意です。 今のところ限定排出の激レアたちはステータスほぼ関係ないし、多分第3や本能解放したとしても恐らくは妨害性能上がるだけですもんね…バララガとかに至っては攻撃上がったら実質弱体化ですし…でもフェンシングについては、バリブレで攻撃貫通しますし、上げてもいいのかなとは思いました。 後、微妙な本能解放でトドメを刺されたバスタブなんかも。 当サイトは にゃんこ大戦争のキャラの評価や 日本編攻略から未来編攻略までを 徹底的に公開していくサイトとなります。

次の

【にゃんこ大戦争】伝説レアの当たりランキング

にゃんこ大戦争レアキャラ

このページの目次 CLOSE• コストパーフォーマンス最強で+値さえつけていけば、どんどん体力は上昇し、LV50の時点で3万越え目前まで迫ります。 天使に打たれ強い能力があり、対天使であれば、イノエンジェル以外には押されることはほぼないぐらいの鉄壁を誇り、敵の進軍を抑えることができます。 また、量産性に優れており、DPSも高く、前線におけるダメージの削り役としても有効です。 あらゆる面からみて、申し分ないキャラであり、前半〜後半まで幅広く活躍します。 文句なし一位の優良キャラです。 ねこラーメン道 LV50のステータス Ver5. 9追加 体力 28,350 攻撃力 1,620 射程 120 単体攻撃 DPS 4,860 速度 8 KB 1 攻撃頻度F 10 0. 33秒 攻撃発生F 5 0. 17秒 再生産F 126 4. 20秒 コスト 315 【特性】• 第三形態となっても不遇の続いていたキャラですが、本能解放が実装されたことにより一気に評価が上がりました。 レアキャラでありながら、射程390あり、本能解放でゾンビに超ダメージを与え、ゾンビキラーの能力も付与することができます。 +値さえ増やしておけば、超激レアのさるかに合戦よりも高いダメージを与えることができ、真レジェンドステージまでいくと、ネコいて座の方が活躍するのではと思えるほどに重宝します。 ゾンビのクマンケン対策もばっちりで、射程外から攻撃することができます。 唯一無二のゾンビ対策キャラとして絶妙なポジションを得ることに成功しました。 優先して強化したいレアキャラの一体です。 ネコいて座 LV50のステータス Ver5. 2追加 体力 9,720 攻撃力 3,970 射程 390 単体 DPS 1,654 速度 16 KB 3 攻撃頻度F 72 2. 40秒 攻撃発生F 43 1. 43秒 再生産F 346 11. 53秒 コスト 1,230 【特性】• 浮いている敵に対してめっぽう強い能力を持ち、高い生産性と、数がまとまった時のアタック力は高く、ぶんぶん先生相手でも量産で対応できるほどの強さを秘めています。 対ツバメンズに対しても有効で、低コストでありながら、浮いている敵を安定して処理することができるネコカメラマンは、金欠になりやすいステージにおいても存分に強さを発揮します。 本能を解放することで更に強化することもできるキャラです。 後半においても十分亜活躍します。 ネコカメラマンLV50のステータス Ver5. 5追加 体力 15,390 攻撃力 8,910 射程 250 範囲 DPS 2,546 速度 6 KB 4 攻撃頻度F 105 3. 50秒 攻撃発生F 26 0. 87秒 再生産F 126 4. 20秒 コスト 540 【特性】• 対 浮いてる敵 めっぽう強い(与ダメ x1. 5〜1. レアキャラとして貴重なクリティカル要因で、+値を増やしていけば、後半には、メタルゴマさまや超メタルカバちゃん相手でも十分撃破していくことが可能なぐらい強化していくことができます。 また、本能解放でクリティカルの発動率を上げることができ、最大で12%まで上げることができます。 レジェンドストーリーの星四ステージにおいては、このキャラぐらいしか、有効なクリティカル持ちのアタッカーがいないため、貴重で頼りになる存在。 ねこジュラザウルス LV50のステータス Ver5. 1追加 体力 26,190 攻撃力 2,915 射程 180 単体 DPS 2,821 速度 12 KB 3 攻撃頻度F 31 1. 03秒 攻撃発生F 16 0. 53秒 再生産F 226 7. 53秒 コスト 525 【特性】• 赤い敵にめっぽう強い能力を持ち、再生産生も高く、後退力のため、対赤い敵戦問わず、殴り合いステージ等において活躍します。 バトルコアラッキョ戦においても、波動受けながらも粘ることができ、撃破していくことが可能。 マキシマムファイター LV50のステータス Ver5. 0追加 体力 41,310 攻撃力 2,430 射程 140 範囲 DPS 2,916 速度 11 KB 3 攻撃頻度F 25 0. 83秒 攻撃発生F 16 0. 53秒 再生産F 126 4. 20秒 コスト 525 【特性】• 対 赤い敵 めっぽう強い(与ダメ x1. 5〜1. もともと評価が高く、にゃんこ大戦争の初期においては、ネコジェンヌ最強説が流れるほどでしたが、レジェンドストーリーが後半に進むにつれて火力不足が目立つようになり、徐々に評価を落としていきました。 そんな中で、レジェンドストーリーの星四が開始されたことで、再度評価は高まり始め、星四ステージにおいては、貴重なアタッカー役との存在を改めて確立することができました。 その復活の意味も込めて、六位として掲載させて頂きま ネコパーフェクトLV50のステータス Ver6. 9追加 体力 15,660 攻撃力 8,640 射程 350 範囲 DPS 2,057 速度 10 KB 3 攻撃頻度F 126 4. 20秒 攻撃発生F 7 0. 23秒 再生産F 76 2. 53秒 コスト 900 【特性】• 100%の確率で攻撃力を下げる妨害能力を持つ(単体攻撃)。 その存在感は、レジェンドストーリーの星4ステージで発揮し、イノシャシやイノエンジェル、イノヴァルカンなどに対して、攻撃力を半減させることで、こちらの壁役で抑えられる水準まで突破力を弱めることができる。 詰んでしまったステージでなんとなく使ってみると進むこともあり、はまるステージにおいては、大変貴重な妨害を果たしてくれる有り難いキャラである。 ねこ大魔王 LV50のステータス Ver6. 2追加 体力 14,310 攻撃力 1,242 射程 310 単体 DPS 284 速度 8 KB 3 攻撃頻度F 131 4. 37秒 攻撃発生F 93 3. 10秒 再生産F 366 12. 20秒 コスト 510 【特性】• 妨害の発動確率も高く、量産しやすいため、相手の足止め役として十分機能する。 スペースサイクロン相手でも、デビルサイキックネコがいれば、量産して、進撃を抑えることが可能。 デビルサイキックネコ LV50のステータス Ver6. 5追加 体力 15,120 攻撃力 1,620 射程 365 単体 DPS 685 速度 12 KB 3 攻撃頻度F 71 2. 37秒 攻撃発生F 42 1. 40秒 再生産F 246 8. 20秒 コスト 525 【特性】• 黒い敵の動きを遅くする妨害を持つキャラだが、本能解放により古代種をターゲットに追加することできるようになり、評価アップ。 これまで足止めすることがむずかしかったコライノくんを妨害することに成功。 レアキャラとしての地位をアップさせた。 ねこロデオ LV50のステータス Ver7. 0追加 体力 12,420 攻撃力 2,862 射程 320 単体 DPS 1,034 速度 9 KB 3 攻撃頻度F 83 2. 77秒 攻撃発生F 4 0. 13秒 再生産F 206 6. 87秒 コスト 645 【特性】• 量産型壁キャラで、100%生き残る能力を持ちます。 若干コストが割高ではありますが、ネコキョンシーを壁役の中に加えて出し続けることで、今までは押されていたのに、途端に押されなくなるといったこともあり、安定感が増します。 コスト面さえ除けば優秀なキャラクター。 ネコキョンシー LV50のステータス Ver5. 2追加 体力 10,800 攻撃力 2,835 射程 150 単体 DPS 1,736 速度 10 KB 3 攻撃頻度F 49 1. 63秒 攻撃発生F 16 0. 53秒 再生産F 60 2. 00秒 コスト 240 【特性】• エイリアンに対してめっぽう強い能力を持ち、ワープ無効の能力も付与されています。 この一体だけで、スターエイリアンを抑えることは難しいですが、キラリと活躍するステージもあり、11位にランクインしました。 ネコサテライト LV50のステータス Ver8. 0追加 体力 21,600 攻撃力 8,775 射程 120 単体 DPS 2,893 速度 12 KB 1 攻撃頻度F 91 3. 03秒 攻撃発生F 20 0. 67秒 生産F 126 4. 20秒 コスト 270 【特性】• 対 エイリアン めっぽう強い(与ダメ x1. 5〜1. 引き続き、対エイリアンキャラがランクイン。 エイリアンに対して超ダメージを与えることができ、高体力のグレゴリー将軍も、安定して撃破していくことができる。 射程勝ちさえしていれば、十分活躍する。 ネコサテライトは、ワープ無効とめっぽう強いをいかした防御思考が強いキャラだが、ネコクールは、超ダメージを持ち、アタッカーを敵役割を持つキャラで使い分けができる。 ネコクール LV50のステータスVer5. 1追加 体力 21,600 攻撃力 11,340 射程 200 範囲 DPS 5,003 速度 9 KB 2 攻撃頻度F 68 2. 27秒 攻撃発生F 29 0. 97秒 再生産F 146 4. 87秒 コスト 1,050 【特性】• ゾンビをふっとばす能力を持ち、連続攻撃で、虎視眈々とゾンビ属性の後退を狙うことができる。 活躍しやすいのは、アンデッドサイクロン戦など。 他のゾンビ戦では、ふっとばすことはできるが、攻撃力が微々たるもののため、ゾンビキラーを発動させる機会は少ないと捉えてよいだろう。 ネコリベンジ LV50のステータス Ver7. 5追加 体力 25,920 攻撃力 2,672 射程 280 単体 DPS 1,457 速度 9 KB 3 攻撃頻度F 55 1. 83秒 攻撃発生F 2 0. 07秒 再生産F 286 9. 53秒 コスト 540 【特性】• 3連続攻撃 540 135 1,997(2F 8F 16F)• 対 ゾンビ 16%の確率でふっとばす• 浮いている敵の動きを遅くする能力を持つ。 このキャラの特筆すべき点は、本能解放で天使をターゲットに追加できる点。 これまでレジェンドストリー星四ステージにおいて、効果的な対応キャラが存在していなかったイノエンジェルに当てはまり、楽に動きを遅くすることができる。 その他、本能解放で攻撃力をダウンさせることができ、イノエンジェルを抑えられるだけでも、ねこ法師の存在価値は大きい。 ねこ法師 LV50のステータス Ver5. 5追加 体力 17,820 攻撃力 1,540 射程 250 範囲 DPS 1,593 速度 10 KB 3 攻撃頻度F 29 0. 97秒 攻撃発生F 8 0. 27秒 再生産F 126 4. 20秒 コスト 495 【特性】• 元祖ふっとばすの代名詞とも言えるレアキャラで、赤い敵をふっとばすことができる。 攻撃モーションの遅い、ニャンダムをふっとばすことで、攻撃モーションをキャンセルさせたり、バトルコアラッキョなど移動の遅い敵も、ふっとばしながら、波動の驚異から逃れていくことができたりする。 対赤い敵とふっとばすが相性が良く、中盤にかけて使用する機会が多い。 ニャック・スパロウ LV50のステータス Ver5. 0追加 体力 24,300 攻撃力 1,160 射程 300 単体 DPS 773 速度 8 KB 3 攻撃頻度F 45 1. 50秒 攻撃発生F 10 0. 33秒 再生産F 186 6. 20秒 コスト 510 【特性】• 高い攻撃頻度により小刻みな攻撃で、ゾンビのに攻撃し5%の確率で動きを止める妨害を発動させることができる。 有効な使い方はとしては、オオさんとの戦いで、療術士が動きを止めるを発動させている間に、草刈りネコを量産し、動きを止めるといった運用をすることができる。 攻撃力は低いため、ゾンビキラーを発動させる機会はほぼない。 草刈りネコ LV50のステータス Ver7. 4追加 体力 27,000 攻撃力 540 射程 250 単体 DPS 1,800 速度 9 KB 3 攻撃頻度F 9 0. 30秒 攻撃発生F 1 0. 03秒 再生産F 346 11. 53秒 コスト 540 【特性】• 赤い敵に超ダメージを与えることができ、攻撃の発生が早いため、タイミングによっては、赤いブン太郎に一撃を与えることもできる。 本能解放でターゲットに天使を追加可能で、攻略の幅が広がった。 +値を高めることで、破壊力もアップさせることができ、好きなキャラクターではあるが、案外活躍の場は少なく、このキャラでなければ、クリアが難しいというステージが存在するわけではないため、17位とした。 双炎舞ネコ魔剣士 LV50のステータス Ver5. 2追加 体力 27,000 攻撃力 5,400 射程 155 単体 DPS 4,909 速度 11 KB 3 攻撃頻度F 33 1. 10秒 攻撃発生F 8 0. 27秒 再生産F 146 4. 87秒 コスト 630 【特性】• 敵を撃破した際に、お金を2倍もらえる能力を持つ。 もともとは外れキャラで、使用機会がなかなか見いだせないキャラであったが、本能解放が実装されたことで、評価が二分される存在となり、ランキングアップ。 がっつり育てて、本能も解放すれば、攻撃力上昇時に、DPSは1万越えも可能。 さらに移動速度も高めることができ、量産も可能なため、このキャラを好むプレイヤーであれば、使用する機会は十分に持つことができる。 ネゴエモン LV50のステータスVer5. 4追加 体力 14,580 攻撃力 2,592 射程 200 範囲 DPS 2,592 速度 13 KB 3 攻撃頻度F 30 1. 00秒 攻撃発生F 15 0. 50秒 再生産F 166 5. 53秒 コスト 495 【特性】• 浮いている敵の動きを止める妨害能力を持つ。 第三形態に進化することで射程も伸び扱いやすくなった。 にゃんこ大戦争の前半では、ぶんぶん先生の動きを止めたりと使用する機会があるが、徐々に使用機会はなくなってくる。 ネコオドラマンサー LV50のステータスVer6. 7追加 体力 9,990 攻撃力 2,025 射程 300 単体 DPS 1,125 速度 10 KB 3 攻撃頻度F 54 1. 80秒 攻撃発生F 23 0. 77秒 再生産F 186 6. 20秒 コスト 510 【特性】• 赤い敵の動きを遅くする妨害能力を持つ。 こちらのキャラも第三形態に進化することで射程が伸び使いやすくなった。 こちらも前半では、レッドサイクロンなど使用する機会があるが、ステージが進むにつれて使用す機会がなくなってくる。 本能解放でゾンビをターゲットに追加できるが、射程などの面で、同じような強化が可能な、デビルサイキックネコの方が優秀で、ネコビマージョを使い機会はほぼない。 ネコビマージョ LV50のステータス Ver5. 3追加 体力 17,820 攻撃力 1,270 射程 250 単体 DPS 886 速度 10 KB 3 攻撃頻度F 43 1. 43秒 攻撃発生F 22 0. 73秒 再生産F 126 4. 20秒 コスト 495 【特性】• 浮いている敵をふっとばす妨害を持ち、序盤ではぶんぶん先生やホワイトサイクロン戦で活用することができる。 後半になるに連れて使用する機会は どんどんなくなってくる。 本能解放で古代種をターゲットに追加可能で、コライノくんをふっとばせるようになったことで、少しだけ活躍の場が見えてきた。 ねこ医師 LV50のステータスVer5. 0追加 体力 20,412 攻撃力 1,242 射程 240 単体 DPS 932 速度 9 KB 3 攻撃頻度F 40 1. 33秒 攻撃発生F 11 0. 37秒 再生産F 166 5. 53秒 コスト 510 【特性】• 黒い敵を50%の確率でふっとばす妨害能力を持つ。 射程も345あり中距離ユニットとして使えそうですが、火力が心許なくもう一歩。 現状、このキャラでなければ、クリアが難しいというステージがなく、22位にランクイン。 ネコロボット LV50のステータスVer5. 6追加 体力 24,165 攻撃力 3,700 射程 345 単体 DPS 1,461 速度 10 KB 3 攻撃頻度F 76 2. 53秒 攻撃発生F 25 0. 83秒 再生産F 206 6. 87秒 コスト 510 【特性】• 50%の確率で天使をふっとばす妨害能力を持つが、使えそうな場面がエンジェルサイクロン戦しか思い浮かばないぐらい使い道が見当たらない。 現状では、最下位の23位から抜けだせそうな気配がない。 本能解放に期待。 ねこ雑技団 LV50のステータス Ver6. 8追加 体力 21,492 攻撃力 3,565 射程 310 単体 DPS 1,407 速度 6 KB 3 攻撃頻度F 76 2. 53秒 攻撃発生F 17 0. 57秒 再生産F 266 8. 87秒 コスト 570 【特性】• 対 天使 50%の確率でふっとばす まとめ:にゃんこ大戦争のレアキャラは使い道が重要 いかがでしたでしょうか?ランキングを見ていただくと、下の方のランクのキャラでも、 独自のステージでは個性が光、唯一無二の活躍をする場合は存在しています。 低ステータスのにゃんこがガチャでかぶってしまうと、思わず、NP(にゃんこポイント)に変換してしまいそうになりますが、 にゃんこ大戦争のおもしろいところは、そのようなキャラでも、アップデートにより途端に優位に働く場合があります。 うまく見極めながら、キャラは+値をつけながら、コツコツ育てていきたいものです。 キャラクター検索.

次の