テアトル アカデミー 特待 生。 テアトルアカデミーの成年部門、費用はどれくらい掛かるか調べてみた!【ユース部門】

特待生選出!新人発掘育成オーディション|ワタナベエデュケーショングループ

テアトル アカデミー 特待 生

子役モデルになるために、テアトルアカデミーに所属するには? テアトルアカデミーは新宿区にあるので、 そちらまで出向き、 まずはオーディションに参加する必要があります。 そして、狭き門をかいくぐり、 見事合格した子供だけが 登録し、所属する事が可能となります。 誰でも所属できる訳でもないし、 実は子供本人だけでなく、 一緒に来た親も審査されていることが多いそうなので、 保護者も「審査される」と 心づもりをして行かないとだめですね! 何故審査されるのかと言うと、 その子供が大きくなった時、 どういう風に成長するかを見たいから、とのこと。 確かに理にかなってますね。 まず、子供が赤ちゃんモデルになる場合は 入学金が 18万9千円と27万の2コースがあります。 何故、2パターンあるのかと言うと、 27万円の方は、 在籍維持費の月2,100円と、 3歳以上が所属する 幼稚部への進級費用の80,000円が 免除になるからだそうです。 なので、 本当に赤ちゃんの時だけ所属したいのか、 幼稚園児になっても所属したいのかによって コースが分かれているのです。 更に、3歳以上の幼稚部に上がると お月謝が必要になります。 その値段は、 1か月16200円ですので、 もし子供が4歳で所属しようと思うと、 初期費用として50万円は必要になります。 その後は、 年間少なくとも23万円はかかるということなので、 元を取ろうとするよりかは、 本当に自分の子供が子役やキッズモデルとして 活躍するチャンスに投資していると思うのが 良いでしょうね。 スポンサードリンク 月謝や入学金を免除になるには?特待生とは? 子供を子役やキッズモデルにはしたいけど、 そんなに 払えない! という人は、 初期費用を数万円払い、 残りは分割で払うことも可能です。 でも、 免除になる方法はないのか? と調べましたら、 特待生になる という方法があるようです! この特待生になると、 入学金が免除になる そうです。 なので、3歳以上の場合は お月謝はかかりますが、 赤ちゃんなら無料、 3歳以上ならば、毎月16200円さえ用意できれば 入学が可能となります。 特待生になる方法ですが、 もちろんオーディションで 「この子は絶対人気者になる!」 「ウチに入学させたい!」 と面接官が熱望する人材であることですね。 赤ちゃんであれば、 誰に抱っこされても泣かない 笑顔や表情が魅力的である などの点で秀でていることでしょうね。 3歳以上ならば、 やはりプロが見て 伸びしろがあると思える才能があることでしょう。 例えば、 記憶力が良い=台詞が覚えられる 落ち着いている=大人の中でも堂々と演技が出来る などでしょうか? まとめ 自分の子供に 「子役やキッズモデルになる才能があるのか」 こればかりは、 素人判断はできませんが、 自分の子供は天才な気がする! と思われた場合は、 オーディションを受けるのは無料ですから まずは受けてみると良いですよね。 もしかしたら、 未来の人気者は あなたの子供かもしれませんよ^^ スポンサードリンク.

次の

【2020年版】レッスン料無料も!オーディション&芸能事務所・養成所一覧まとめ【モデル・俳優・劇団】

テアトル アカデミー 特待 生

テアトルアカデミーは子役や赤ちゃんモデルとして活躍するための、登竜門とも言える存在です。 「オーディションに参加してみようか」と思った経験がある方も多いのではないでしょうか。 今回はテアトルアカデミーのオーディションに特待生として合格した場合について、お伝えします。 テアトルアカデミーの特待生制度について知りたい!と思ったときには、ぜひチェックしてみてください。 テアトルアカデミーの特待生制度とは? テアトルアカデミーは、人気俳優や有名子役を数多く輩出している大手総合芸能学院です。 さまざまなメディアで赤ちゃん・子ども向けの無料オーディションを宣伝していることもあり、「一度はその名前を見たことがある!」という方も多いのではないでしょうか。 テア トルアカデミーのオーディションは、誰でも無料で受けられます。 芸能界へのチャンスをつかむため、非常に良いきっかけとなるでしょう。 ただしテアトルアカデミーの場合、オーディションに合格した後、アカデミーに入学するタイミングで数十万円程度の費用が必要となります。 決して少ない金額ではないため、せっかくオーディションで合格しても、費用面での問題から入学を辞退する方も少なくありません。 ここで注目したいのが、テアトルアカデミーが用意している特待生制度です。 テアトルアカデミー側がサイトなどで積極的に告知しているわけではありませんが、実際に存在している制度だと言われています。 特待生になるためには、• ・オーディションで特待生として合格する• ・テアトルアカデミー入学後、活躍する といった方法があり、入学後にかかる費用の免除というメリットが用意されています。 家庭の経済事情から「合格してもどうせ通えないから、オーディションは受けない」という方もいるかと思いますが、特待生制度を使うことができれば、費用面での負担は軽減できます。 「特待生として合格しない場合には、入学を辞退する」と決めてオーディションに参加することもできますから、まずは挑戦してみるのも、おすすめの方法です。 テアトルアカデミーに特待生として合格するために必要なこと テアトルアカデミーの特待生制度については、具体的な割合や人数、条件が明らかにされているわけではありません。 オーディション参加者が多い一方で、特待生に関する情報が非常に少ないことを考慮すると、狭き門であると予想できます。 テアトルアカデミーに限らず、芸能オーディションで審査を担当するのは、これまでに多くの卵を見てきた、その道のプロたち。 特待生は、そのプロから見て「多数の特典を用意してでも所属して欲しい!」と思う存在なわけですから、並大抵のことでなれるものではないでしょう。 特待生になるためには、• ・個性• ・芸能人として幅広く活躍するための資質• ・他の子にはない将来性 こうしたポイントが重要だと言われていますが、どれも確定的な要素というわけではありません。 また芸能のプロが子どものどこを見てどのように価するのかは、プロにしかわからないポイントでもあります。 特待生として合格することにこだわるあまり、子どもにプレッシャーをかけるのはおすすめできません。 それよりも、• ・オーディションという場を思う存分楽しめること• ・自分の魅力を存分に発揮できること• ・イキイキとした笑顔を見せられること• ・ハキハキと受け答えができること このような基本的な項目をクリアできるよう、両親がサポートしてあげられるのが理想です。 特待生という制度が存在していても、そのための条件がはっきりしていない以上、それだけに囚われてしまうのはもったいないことです。 せっかくのオーディションですから、子どもの魅力がしっかりと相手に届くよう、意識してみてはいかがでしょうか。 特待生として合格できるかどうかはわかりませんが、子どもの魅力を最大限伝えた上での結果だとしたら、どちらに転んでも、納得して受け入れられそうですね。 入学後に特待生を目指す方法もアリ! テアトルアカデミーの特待生は、オーディション時にのみ認定されるわけではありません。 つまりオーディション合格時には一般生の扱いであっても、入学後の行動によっては特待生へと近付ける可能性があるということです。 入学後に特待生として認定されるためには、• ・容姿• ・レッスン中の態度• ・出演実績 といったポイントが考慮されると言われています。 子どもの成長は大人が思うよりもずっと早く、またどこで才能を発揮するのかわからないもの。 たとえ特待生としての合格ではなくても、その後の努力の積み重ねによって、特待生を狙ってみるのもおすすめです。 テアトルアカデミー特待生が得られる具体的なメリットと注意点 特待生制度についての基礎知識を学んだところで、より気になるのが「特待生になった場合に得られる、具体的なメリット」についてです。 テアトルアカデミーの特待生になった場合、以下の2つの特典が用意されていると言われています。 レッスン料の免除 テアトルアカデミーに入学してレッスンを受けるためには、入学費用の他に、レッスン料や諸費用を支払う必要があります。 特待生には、このレッスン料の免除という特典が用意されていると言われています。 具体的にどの程度免除されるのかが気になりますが、個人の素質の程度によって変動があるよう。 つまり、メディアでも多数活躍できるような人気子役になれば「全額免除」というケースもあるでしょうし、そこまでのレベルではなくても、「一部免除」という特典をゲットできる可能性もあります。 メディアへの優先的な出演 特待生に対して、もう一つ用意されているのが「メディアへの優先的な出演」という特典です。 特待生として認められたということは、テアトルアカデミー側が積極的に売り出したいと思っている、「金の卵」であるということ。 お仕事の話も、多く回ってくるようになるでしょう。 テアトルアカデミーにとって、自社のタレントやモデルが活躍することが、もっとも効率の良い宣伝となります。 魅力や才能にあふれている人材を使った方が、メリットは大きくなるというわけですね。 メディアに優先的に出演できるようになれば、一般の認知度もアップします。 自身の才能や魅力を、より一層発揮するためのチャンスも増えることでしょう。 過去に多くの人気子役・赤ちゃんモデルを排出してきたテアトルアカデミーだからこそ、そのノウハウで一気に人気子役へと駆け上がることも夢ではないかもしれません。 特待生に用意されたメリットは、人気子役として活躍したい!と夢見る方にとって非常に魅力的な内容だと言えます。 特待生を目指して、頑張ってみてはいかがでしょうか。 テアトルアカデミー、特待生を目指すならまずはオーディションから! 今回は、テアトルアカデミーの特待生制度についての情報をまとめました。 知りたい情報は見つかりましたか? さまざまな特典が用意されている、特待生制度。 せっかくなら特待生を目指したい!と思う方も多いのではないでしょうか。 残念ながら特待生になるための条件などは公表されていませんが、何よりもまず、オーディションを受けてみないことには何も始まりません。 オーディションの場は日常とは違うもので、そうした場所だからこそ気付ける魅力や才能も、多くあるはずです。 オーディション時にテアトルアカデミーの特待生として迎えられる場合、合格発表と同時に特待生発表も行われると言われています。 特待生を目指している場合でも、まずは一般の、無料オーディションに挑戦してみてください。 気軽にオーディションに挑戦したことが、人気子役への第一歩になる!なんてケースも、決して珍しくはありません。 テアトルアカデミーなら、特待生になれてもなれなくても、実際に入学を決めるまでは無料で参加できますから、ぜひオーディションに挑戦してみてはいかがでしょうか。

次の

特待生選出!新人発掘育成オーディション|ワタナベエデュケーショングループ

テアトル アカデミー 特待 生

レッスン内容 評価 9. 5点 子役事務所には基本「レッスン」があり、このレッスンこそ 最大のポイントだと言えます。 今は大人でもレッスンを受ける時代なので、子役が受けない訳にはいきません。 ハリウッドでは「どの養成所でレッスンを受けていたか」と問われるほど、養成所に通いレッスンを受けることが当たり前の世界となっています。 テアトルアカデミーでは、レッスンを「赤ちゃん部門(0歳~幼児)」「子ども部門(幼児~中学生)」「青年部門(高校生~39歳)」「シニア部門(40歳以上)」に分け、世代ごとの特性に沿ったレッスンを実施しております。 また、子ども部門の中でも更に「幼稚部」「児童部」「中等部」に分かれており、自分に合ったきめ細かいレッスンを受けることが出来ます。 レッスン内容も充実しており、テアトルアカデミーのレッスンの質は かなり高いと言えるでしょう。 費用 評価 8. 5点 子役事務所は、基本「養成所」を兼ねているので 費用がかかります。 「芸能の専門学校に通っている」というイメージをお持ちください。 まずは「赤ちゃん部門」ですが、赤ちゃんモデルのレッスン費用は 無料で行なっています。 ただし、所属する際に 入学金+在籍維持費=25万円(税抜)が必要になります。 また、赤ちゃんモデルに限り、初期費用を抑えた「別プラン」が用意されており、 17万5千円(税抜)で始めることも可能です。 下記が詳しい内容になります。 続いて「子ども部門」「青年部門」「シニア部門」ですが、これはどれも一律で、 入学金25万円(税抜)が必要になります。 しかし、この25万円には「在籍維持費」は含まれておらず、在籍維持費は月々レッスン費と共に支払うことになります。 詳細として、レッスン費1万3千円(税抜)+在籍維持費3千円(税抜)= 1万6千円(税抜)が毎月かかります。 これが高いか安いかは人それぞれですが、現在では習い事を一つ通わせるだけでもこの値段に達しますので、そう考えると妥当な金額だと言えます。 また、テアトルアカデミーのレッスンは、演技力のほか、挨拶や礼儀、マナーなど、人として成長できる部分が多々ありますので、子供にとって人生のプラスになることは間違いありません。 6万円+在籍維持費1年分3. 6万円=44. 2万円(税抜) 19. 将来性 評価 10点 子役事務所には、子役だけをマネジメントしている事務所と、大人まで幅広くマネジメントしている事務所があります。 子役だけの事務所は、成長すれば「行き場」を失ってしまいますが、大人までマネジメントしている事務所は、そのまま活動していくことが可能です。 テアトルアカデミーは、赤ちゃんからシニアまで幅広くマネジメントしているため、行き場を失うことはありません。 年齢を重ねても、その時に適した部門に配置してくれます。 しかし、子役を卒業したら、他にも大手プロダクションは多数存在します。 「本田望結」はオスカープロモーションに、「本仮屋ユイカ」はスターダストプロモーションに移籍しました。 もちろん、そのままテアトルアカデミー(ATプロダクション)に所属し活躍しているタレントもおります。 このように、そのまま在籍するか、実績をつけて移籍するかという 選択肢がテアトルアカデミーにはあるため、将来性は十分に高いと言えるでしょう。

次の