口臭 うんち の 臭い。 体がうんちのような臭いがする!「体臭はビフィズス菌で解決」加齢臭や疲労臭は腸の短鎖脂肪酸で消える

体がうんちのような臭いがする!「体臭はビフィズス菌で解決」加齢臭や疲労臭は腸の短鎖脂肪酸で消える

口臭 うんち の 臭い

病気には特有の臭いがある? 米オンライン科学誌『プロスワン』(3月11日付)に発表された「線虫によるがん識別」の研究は、多方面で大きく取り上げられた。 九州大などの研究チームによると、体長1mmの線虫は犬と同程度の約1200種の嗅覚受容体をもつため、非常に"鼻がいい"。 この線虫に、がん患者とそうでない人の尿を"嗅がせる"と、そうでない人の尿を避け、がん患者の尿全てに反応を示したという。 嗅覚神経を破壊した線虫にはこの反応がないことから、がんの有無を臭いとして判別し、しかもその臭いを好む性質があるという結論だ。 残念ながら今回の発表では、臭いの原因特定には至っていない。 果たして、がんは"臭う"のか? 体内の変化からがん特有の臭いが…… 病気に罹った人というのは、病気による体内の変化から、特有の臭いを発することがある。 臭いによる病気診断は「臭診」と呼ばれ、体臭や口臭が甘酸っぱければ「糖尿病」、カビ臭ければ「慢性肝炎」という具合だ。 がんの場合、がん細胞の壊死による腐敗臭などが現れることがあり、「口臭治療ガイドライン」では"腐った卵の臭い"がする口臭は胃がんの可能性があるとしている。 実際にがんの臭いに着目した研究がある。 2011年、名古屋大大学院の研究チームは、英学術誌『ネイチャー・レビュー』で、大腸がん患者のおならから極端に多い量のメタンチオールが検出されたと発表した。 メタンチオールは"腐ったタマネギの臭い"のする無色の気体で、元々おならの悪臭成分のひとつだ。 だが、大腸がん患者のおならからは、健常者の10倍以上の高さの値が認められたという。 また2009年、東大生物化学研究室の発表では、乳がんおよび頭頸部がんから採取した臭いの原因物質のひとつとしてジメチルトリスルフィドを特定した。 ジメチルトリスルフィドは「たくあん臭」「強いタマネギ臭」とも表現され、キャベツやブロッコリーにも存在するものだ。 いずれの研究もがん自体の臭いだという確証はない。 だが、がんと臭いを巡る研究は他にも多く、早期発見・早期治療の期待が寄せられている。 臭いを手掛かりにしてがんを発見する? この"臭い"に注目して、がんの早期発見を目指す動きはある。 線虫が匹敵するといわれた犬を使って「がん探知犬」の研究を続けているのは、日本医科大学のチームだ。 探知犬「マリーン」は、がん患者の尿を嗅ぎ、子宮がん、卵巣がん、乳がん、胃がんなどの識別をするという。 一方、2015年3月7日の「第97回米国内分泌学会」では、においの訓練を積んだ犬は尿から甲状腺がんをかぎ分けられることを米・アーカンソー医科大学が報告した。 ジャーマンシェパードのミックス犬「フランキー」が、34の尿サンプルから30の甲状腺がんを正しく診断できたという。 臭いに反応するのは、犬だけではない。 2014年1月、ドイツ・コンスタンツ大学からはキイロショウジョウバエががん特有の臭いを嗅ぎ分ける能力をもつと発表された。 現在、日本の死亡原因の第1位は悪性新生物(がん)。 早期発見・早期治療ができれば完治の可能性は飛躍的に高まる。 がん検診や人間ドックなどの大仰な検査をせずにがんを見つけられる方法があるのなら、犬であれ虫であれ、活用していくべきだろう。 (文=編集部).

次の

口臭がうんち臭い、ドブ臭い原因を追究!対策や改善はできる?

口臭 うんち の 臭い

誰でも気になる口のイヤなニオイ。 じつは、口臭のレベルは時間帯によって変化しています。 なかでも一番臭いのが朝の起床時。 なぜかというと、寝ているときに口内細菌が増殖してしまうためです。 日中は、食事をすることで唾液が出るので、口の中の細菌は洗い流されます。 また、歯みがきをすれば、さらに細菌はいなくなります。 その後、細菌は増えていくものの、食事をとったり歯をみがいたりすることで、口臭は少なくなっていきます。 口臭が強くないのに口臭を気にしすぎる人もいますが、一方で、口臭の検査と治療を行う口臭外来を受診する人の60%以上は実際に口臭があります。 口と鼻はつながっているため、鼻は常ににおいにさらされているため、慣れが生じて実際に口臭があるのに自分では気づかない場合もあるのです。 口臭が気になる人は、歯科医に相談することをおすすめします。 口臭の原因は、大きく分けて2つあります。 1つめは、内臓など体に原因がある場合で、消化不良、肝機能低下、糖尿病などが考えられます。 消化不良の場合は、食べたものが胃や腸で停滞し、異常発酵することで腐ったような臭いの口臭が発生するのが特徴です。 肝機能低下では、毒素が分解されないためにアンモニア臭がし、糖尿病では、アセトン臭という甘酸っぱい臭いが特徴的です。 内臓など体に原因がある場合は、歯科医ではなく内科医の受診がおすすめです。 2つめは、口の中に原因がある場合で、 「舌苔(ぜったい)」という舌の汚れや、歯の汚れ(プラーク)、虫歯、歯周病などが考えられます。 「舌苔」とは、舌の表面に溜まった細菌の塊のことで、なかなかとれません。 舌の表面は、舌乳頭という凸凹の組織で覆われていて、ここに口や舌の表面からはがれた古い細胞や食べものが溜まると、それを栄養源とする細菌がどんどん増殖していきます。 そうして細菌が臭いを出しながら、しかもネバネバとした物質を出し、ますますとれにくくなってしまうのです。 口臭の治療は、まず原因を特定することが第一です。 歯周病が原因であれば、歯科医院で治療を受けながら、歯磨きをしっかり行って汚れを除去します。 歯間ブラシやデンタルフロスを使うと、より効果的です。 唾液の減少が原因の場合は、 しっかり噛んで食事をするように心がけましょう。 また、耳やあごの下あたりを優しくなでたり、ガムを噛んだりすることで、唾液の分泌をよくすることができます。 ガムには、一時的に口臭を抑える効果も期待できます。 口の中が乾燥すると口臭が出やすいので、鼻呼吸を心がけることも大切。 また、こまめに水分をとるようにすれば、口の中が潤うため、細菌が繁殖しにくくなります。 舌苔の除去も大切です。 1日1回舌ブラシを使ってケアを行いましょう。 鏡で見ながら、ブラシで汚れをこすり取ります。 舌苔は舌の奥に多くあるので、念入りに奥を掃除します。 このとき息を止めると、吐き気を抑えることができます。 口臭が一番強いのは朝なので、朝食をとる前にケアするのが効果的です。

次の

口がウンコのにおいがするんです・・・。 口臭 の原因について ...

口臭 うんち の 臭い

スポンサーリンク 口臭が便臭になるのは病気? 口臭が便臭(うんち臭い・おなら臭い)になるのは病気だからでしょうか? 病気が原因で起こる口臭はたくさんあります。 口臭の原因としては1割程度です。 口臭のほとんどの原因は口の中にあって口臭がするのです。 主な病気によって起こる口臭について紹介します。 肝臓病、腎臓病 タマネギの腐ったような口臭や生ゴミのような腐敗臭 胃潰瘍、十二指腸潰瘍 卵の腐ったような口臭や酸っぱい口臭 胃の病気 ドブのような臭いの口臭 副鼻腔炎 肉の腐ったような口臭 腎機能低下や尿毒症 アンモニア臭のような口臭 糖尿病 甘酸っぱい臭いやリンゴの腐敗臭のような口臭 ほかにも口の中のがん(舌癌、頬粘膜(きょうねんまく)癌など)により口臭が発生することがあります。 副鼻腔炎(蓄膿症)や咽頭炎、喉頭炎などによって、たんぱく質を含む血液や膿が口の中に出てくることがあります。 これにより口臭が発生することがあります。 病気によって 口臭が便臭(うんち臭い・おなら臭い)になるようなことはあまりありません。 スポンサーリンク 口臭が便臭、うんち臭い原因とは? 口臭が便臭(うんち臭い・おなら臭い)になるのは病気である可能性は低いです。 では、どういったことが原因でなるのでしょうか。 それは 腸にガスや便が溜まっていたり、歯周病になっているからです。 腸内環境が悪化していて悪玉菌が増えたり活発になったりすると、腸内の食べカス(タンパク質)の腐敗が進み、悪臭の元となるガスが発生します。 この臭いの元となる成分は、インドールやスカトールといった物質です。 おしりから体外に排出されればオナラですが、腸管から吸収され肺まで運ばれれば口臭になります。 そうなると口臭が便臭になるのです。 肺に運ばれることはよくあることなのですが、強い臭いが口臭として出てくる事はありません。 しかし腸にガスや便が溜まっていたり、腸内の不調による消化不良が起きていたり、便秘になっていると便臭になります。 便臭の臭いの元となる成分は、インドールやスカトールといった物質だと説明しましたが、これらの物質は歯周病によっても作り出されます。 歯周病になると口の中で毒素を出しながら活動していく細菌があります。 この細菌が口の中の食べカス(タンパク質)の腐敗を進めさせ、悪臭の元となるガスを発生させます。 このガスの成分の中にインドールが含まれています。 歯周病の場合、出血や膿の臭いなども混ざるので、歯周病が進行していくとかなりきつい臭いとなってしまいます。 口臭が便臭、改善するには 口臭が便臭(うんち臭い・おなら臭い)になるのは病気ではなく、腸内環境が悪化していたり、歯周病になっているからです。 口臭が便臭なのを改善するにはこれらを改善していけば良いということになります。 腸内環境が悪化している原因が病気によるものであれば、それを治療することが必要です。 そうでない場合には、食生活の改善と腸内の善玉菌を増やすようにしましょう。 臭いの元となるのはお肉などのタンパク質です。 肉類は控えめにして、野菜や豆類などを積極的に摂取する食生活をしていきましょう。 乳酸菌が生きたまま腸まで届くヨーグルトなどを食べて善玉菌を増やすようにしましょう。 また、便が腸に滞留しないように便秘にならないようにしましょう。

次の