小倉競輪 バス。 小倉競輪③電車・無料バス・タクシーで行く方法: ボートレースをもっと楽しむ!ひねもすキャビテーション

香春口のバス時刻表とバス停地図|西鉄バス北九州|路線バス情報

小倉競輪 バス

小倉競輪場の特徴・バンクデータ 小倉競輪場(こくらけいりんじょう)は、 福岡県北九州市小倉北区三萩野にある競輪場です。 屋根付き自転車走路で400mバンクとしては世界最大規模の競輪場になっています。 また、日本でも有数の高速バンクとして有名な場所です。 それと合わせて、小倉競輪場は、日本で最初に出来た競輪場として知られています。 小倉競輪場(北九州メディアドーム)のバンクは、「走りやすさ」をテーマに設計されました。 したがって、設計速度は選手の脚力の向上を考えてできるだけ速いこと、緩和曲線(コーナーから直線に移るつなぎ部分)が長くてスムーズなこと、直線部分の勾配は外側へのふくれをおさえるため、出来るだけ大きくすること等がレースを白熱化させ、選手にとっても好まれるバンクと言われています。 以上の要素は相反する内容となっており、400mの中でどのように組み合わせてバランス良く設計するかがポイントです。 小倉競輪場のバンクは全国50箇所の既設競輪場のデータから最も良い組み合わせで設計されました。 今回はそんな小倉競輪場の予想のコツやバンク特性を紹介します。 小倉競輪場のバンクの特徴 開設時は500m走路であったが、その後1周400mに改装され、ドームへの移行時にも周長は維持されました。 前橋競輪場 グリーンドーム前橋 に次ぐ2番目のドームバンクで、設計の際は全国の競輪場のデータを参考にし、最高速度向上など走りやすさを前面に出したコンセプトで設計されました。 ドームの為風がない事も手伝って、2013年9月8日に名古屋でパーキンスに更新されるまで、400mバンクとしては当時最速の上がりタイムを記録していたレコードホルダーはこちらも外国人選手でエスクレド選手です。 2006年7月6日記録) 結構豪快な捲りを決めやすい節があるものの、少し踏み遅れるだけで後方に置いてけぼりになる自力選手もいるので一概に逃げ不利では無いでしょう。 統計上は自力 逃げ・捲くり 、番手 差し ともにほぼ互角であるが、上位選手が揃う競輪祭では番手がやや優位となっています。 大画面映像装置はバックストレッチ側壁面上部に設置されている。 下記にバックデータを紹介します。 0m 小倉競輪場の決まり手 決まり手については統計上どの脚質も互角となっているが、S級になると4~5番手のまくりが決まりやすく、逃げや7番手まくりなどは決まりづらくなっています。 そのため2着の決まり手もマークが非常に多いことがわかります。 下記に決まり手のデータを紹介します。 小倉競輪場での開催レース 全国的なナイター競走の場外発売体制が整っていなかったこともあり、競輪祭に限り昼間開催となっていたが、2018年の第60回大会よりナイター開催に移行することが決まり、今後は通年でナイター開催となります。 小倉競輪場の大きな開催レースは下記になります。 従って現存の競輪場で唯一、開設記念競輪が開催されていません。 小倉競輪場は1948年(昭和23年)11月20日に開設された、日本で最初に出来た競輪場であり、競輪発祥の地であり、毎年GIの競輪祭を開催しています。 また吉岡稔真のホームバンクであったことから、その功績を称え2007年より『吉岡稔真カップ』が創設されました。 なお、2004年(平成16年)9月からはA級ツイントーナメントで前半戦「ナーディーカップ」・後半戦「プラーナカップ」を実施していたが、2005年(平成17年)5月15日をもって終了した。 小倉競輪場の地元選手 「小倉競輪場」での有名な地元選手は下記の選手です。 大坪 功一 選手(S級1班・81期) 園田 匠 選手(S級1班・87期) 小川 勇介 選手(S級1班・90期) 太田 美穂 選手(S級1班・90期) 柳詰 正宏 選手(S級1班・97期) 小倉競輪場の予想のコツ 小倉競輪場は逃げよりも捲りが非常に有利な競輪場です。 ドームのバンクなので、逃げ選手が有利と思われがちなのですが、その分逃げ選手が人気してて回収率が低くなっています。 なので、逃げ選手の番手から買うか捲り選手から買った方が車券的には回収率が高めになっています。 イン待ちや競りも外が粘れる上に、なかなか飛びつきにくいので不利で、あまり車券になりにくくなっています。 結構豪快な捲りを決めやすい節があるものの、少し踏み遅れるだけで後方に置いてけぼりになる自力選手もいるので一概に逃げ不利では無いでしょう。 統計上は自力 逃げ・捲くり 、番手 差し ともにほぼ互角であるが、上位選手が揃う競輪祭では番手がやや優位となっている傾向にあるので、競輪祭は番手の選手をしっかり意識してチェックしましょう。 小倉競輪場の歴史や施設などの基本情報の紹介 ここまでは、小倉競輪場の予想に関するコツやバンクの特性などを紹介しました。 ここからは、日本で最初に出来た小倉競輪場の歴史や施設の紹介をしたいと思います。 ぜひ、競輪が好きで、一度は行ってみたい方はオススメですので参考にしてみてください。 小倉競輪場の概要&歴史 「小倉競輪場」は1948年(昭和23年)11月20日に開設されました。 小倉競輪場は競輪発祥の地で、日本で最初に出来た競輪場です。 毎年GIの競輪祭を開催している事は有名です。 競輪では、GIII以上の「記念・特別競輪」は原則年間1節まで(グランプリなど一部例外あり)という規定が存在するため、開設記念競輪は開催されていません。 今は北九州メディアドームと同じ施設になっています。 有識者によるトークショーや解説会はもちろん、アーティストのライブや、映画の上映など、「北九州メディアドーム」の豊富な施設を活かしたイベントが日々行われています。 毎年11月下旬に行われる「朝日新聞社杯 競輪祭G1」では、各種キャンペーンやファンサービスなどのイベントが数多く開催され、特に盛り上がります。 小倉競輪場の入場料 <一般入場料> 入場料 100円 <指定席料金> スーパーロイヤル席:2,000円(本場開催のみ) ロイヤル席:1,500円(場外開催のみ) ラウンジ席:1,000円(本場開催のみ) 小倉競輪場の施設 続いて、小倉競輪場の施設を紹介します。 「北九州メディアドーム」の中という事もあって、施設は充実しています。 中には、下記の施設が揃っていました。 公式Twitterでは基本、語尾に「りん」や「り〜ん」を付けて語っているのが可愛いです。 なお、実際の小倉競輪場の打鐘も、「かねりん」仕様のカラーストライプが施されました。 過去には、シンボルマークは長らくヘルメットをかぶった競輪選手の顔の上半分に、競輪発祥の地を表す「ORIGIN KOKURA」と書かれたものが使われていたが、2代目として北九州市出身の漫画家松本零士がデザインした、宇宙の競輪選手をイメージしたマークが使われ、2004年1月には「スペース騎士(ナイト)」と命名されたキャラクターも存在しました。 小倉競輪場のアクセス 小倉競輪場のアクセス方法は下記の通りになっています。 【電車・バスのご案内】 ・鹿児島本線・小倉駅下車、南口8番乗り場から無料バスで約15分 ・下関、門司港、門司、戸畑、黒崎、折尾、行橋の各駅前からも無料バス運行 ・モノレール香春口三萩野からは徒歩7分 【車でのご案内】 ・九州都市高速道路足立ランプから車で約2分 まとめ 今回は、日本で最初に出来た小倉競輪場の予想のコツやバンクの特徴を紹介させて頂きました。 ドーム型の400mバンクなので、季節問わずに風などの影響を受けない為、非常に速いスピードの競輪をする事が有名です。 差し、捲りが若干多く決まりますが、比較的均等なデータが出ている競輪場です。 予想の際は、選手の競走得点なども参考にしましょう。 小倉競輪場は日本最古の競輪場で「北九州メディアドーム」を含めた複合施設です。 そのアリーナでは、運動会やスポーツ大会だけでなく、アーティストのライブやコンサートも開催されてる場所になっています。 競輪場の周りには、小倉場、皿倉山、門司港レトロ、九州鉄道記念館とかの観光スポットもあるから、そこに行ってみるのも楽しいと思います。

次の

小倉競輪場

小倉競輪 バス

小倉競輪場 (北九州メディアドーム) 基本情報 所在地 北九州市小倉北区三萩野3-1-1 座標 : 電話投票 81 開設 (23年) 移転 民間委託 ・共同企業体 施行者 北九州市 走路 400m 重勝式投票 (グループG) 公式サイト 実況 担当 大村篤史 ナイター 橋本悠督(競輪祭・ミッドナイト競輪) ナイター競走 愛称 スペースナイトレース ミッドナイト競輪in小倉 開催期間 通年 記念競輪 名称 小倉濱田翁カップ 開催月 2月または3月 特別競輪 競技名 開催月 11月下旬頃 小倉競輪場(こくらけいりんじょう)は、 にあるである。 主催者は北九州市。 競技実施は西日本地区本部九州支部。 における競輪場コードは81。 現在は (施設所有は北九州市)と同一施設となっている。 概要 [ ] 小倉競輪場は(23年)に開設された、で最初に出来た競輪場であり、 発祥の地であり、毎年GIのを開催している(11月下旬)。 1948年に福岡県で開催されるのために造る競技場(当時の名称は 三萩野競輪場 )を、そのまま競輪に振り向けるというアイデアがきっかけで小倉競輪場が誕生した。 なお、この時の「第1回小倉競輪」で発売された車券は・のみで、を最初に発売したのは同年のである。 かつては競輪を開催するためのみの施設であったが、(10年)に北九州メディアドームの誕生により移転する形で一体施設となり、それに伴い旧小倉競輪場は1998年(平成10年)をもって閉鎖し、その後解体された。 メディアドーム西側にある芝生の公園(画像前側・三萩野公園芝生広場)が、かつて旧小倉競輪場のあった場所である。 冠杯として、かつてのホームバンクであったことからその功績を称え、より『吉岡稔真カップ』が創設された。 なお(平成16年)からはで前半戦「ナーディーカップ」・後半戦「プラーナカップ」を実施していたが、(平成17年)をもって終了した。 (平成18年)の開催より民間委託を実施 、これに平行して運営設備のリニューアルを実施し在席投票システム()を西日本地区としては初めて導入し、をからに更新した。 2013年3月で契約期限を迎え、再び委託事業者の募集が行われた が、入札の結果、引き続き同事業者が請け負うこととなった。 さらにには敷地内に「ミニボートピア北九州メディアドーム 」が開設され、施設においてのを発売する全国初のケースとなった。 なおからは内にサテライト若松が開設されている。 ちなみに若松競艇場も北九州市主催ではあるが、トータリゼータは日本トーターを継続採用している。 9月 - 11月、「3場所連続S級決勝同着優勝」が発生した。 現在は投票締め切り前の音楽はオリジナルの音楽が流れるが、かつてはが流されていた。 これは旧小倉競輪場、またかつてのも同じだった。 また選手紹介の際、最終日の最終レースのみをアレンジした音楽が流れる。 夜間開催と中継 [ ] からは「スペースナイトレース」を実施している。 なお、はGIIであるため、先述した規定により小倉での開催予定はない。 朝日新聞社杯競輪祭においてはまでは唯一の日中開催であったが、よりナイター開催を実施している。 からは、ナイター競走の開催時間を夜9時から11時過ぎまでとする『』が開催されている。 ただしこの開催はで行なわれ、一般客が場内で観戦することはできず、車券の購入も・インターネット投票を通じてのみ行われる。 また通常とは異なる番組編成となっている(基本的に全レース7車立て、1日7レース限定、車券発売種類限定など)。 実況はで、担当アナウンサーはだったがに逝去し、以降は同社所属のアナウンサーが交代で務めていたが、4月より大村篤史が担当。 なおミッドナイト競輪についてはが日本写真判定と契約して担当している。 また、2012年までの競輪祭ではファン投票によって実況アナウンサーが決められていたが、からは橋本悠督が実況を担当している。 ナイター開催のCS放送・インターネット中継のキャスターは、藤元リサ と解説ののコンビが務めている。 ミッドナイト開催のCS放送・インターネット中継のキャスターは橋本悠督(実況と兼務)と解説の武田圭二のコンビが務めている。 マスコット [ ] シンボルマークは長らくヘルメットをかぶった競輪選手の顔の上半分に、競輪発祥の地を表す「ORIGIN KOKURA」と書かれたものが使われていたが、2代目として北九州市出身のがデザインした、の競輪選手をイメージしたマークが使われ、1月には「スペース騎士(ナイト)」と命名された。 に3代目となる、をモチーフにしたの「かねりん」が誕生した。 公式Twitterでは基本、語尾に「りん」や「り〜ん」を付けて語っている。 なお、実際の小倉競輪場の打鐘も、「かねりん」仕様のカラーストライプが施された。 その他 [ ] スペースエンジェルズ(旧・SUN FLOWERS )というキャンペーンガールが2008年頃 結成された。 チャリロト [ ] より重勝式投票「」の発売が開始されており、(平成23年)開催のレースで、後半7レースの1着を連続して当てる7重勝単勝式の「」(1口200円)で1口が的中し、4億29万1940円の配当を記録した。 これは公営競技(競輪、競馬、競艇、オートレース)では、2010年10月にのチャリロトで出た国内史上最高額9億598万7400円に次ぐ2番目の高額配当。 千葉県の男性が的中させたとされる。 小倉競輪ではに販売を開始して以来、的中がなくキャリーオーバー(繰り越し)が続いていた。 なおグループ開催への移行により、それまでのキャリーオーバーによる発売はを最終日として一旦終了することになり、最終日は特例として各賭式でキャリーオーバーがあった場合は一つ外した目でも的中の扱いとしていたが、的中者のいなかったチャリロトの5188万3050円が北九州市の収益となった。 からの開催よりキャリーオーバーを共有する『グループG』としての発売となり、・・・と共有している。 なおキャリーオーバーの対象外であるチャリロト3は小倉単独で発売される。 バンクの特徴 [ ] 開設時は500m走路であったが、その後1周400に改装され、ドームへの移行時にも周長は維持された。 に次ぐ2番目ので、設計の際は全国の競輪場のデータを参考にし、最高速度向上など走りやすさを前面に出したコンセプトで設計された。 ドームの為風がない事も手伝って、2013年9月8日にでに更新されるまで、400mバンクとしては当時最速の上がりタイムを記録していた(レコードホルダーはこちらもで 2006年7月6日記録 )。 結構豪快な捲りを決めやすい節があるものの、少し踏み遅れるだけで後方に置いてけぼりになる自力選手もいるので一概に逃げ不利では無い。 統計上は自力 逃げ・捲くり 、番手 差し ともにほぼ互角であるが、上位選手が揃う競輪祭では番手がやや優位となっている。 大画面映像装置はバックストレッチ側壁面上部に設置されている。 電光掲示板 グレード開催 [ ] 朝日新聞社杯競輪祭 [ ] 毎年下旬に、競走である「」が恒久的に開催されている。 全国的なナイター競走の場外発売体制が整っていなかったこともあり、競輪祭に限り昼間開催となっていたが、のよりナイター開催に移行することが決まり 、今後は通年でナイター開催となる。 小倉濱田翁カップ [ ] 2017年度まで、本場では競輪祭を定期開催している関係で、現存する競輪場で唯一(GIII)が開催されていなかった(過去には も記念競輪を実施しなかった)。 2019年、競輪発祥70周年を記念して、開設当時の長であり競輪の開催に尽力した濱田良祐の功績を称え、他場の開設記念競輪に相当する「小倉濱田翁カップ」(GIII)が新設された。 第1回は2019年3月29日~31日に昼間開催で行われ 、2020年2月14日~16日に第2回が開催された。 年 優勝者 登録地 2019 2020 アクセス [ ]• 徒歩7分• JR北口から車で約7分。 小倉駅・()・()・行橋()・黒崎バスセンター()の各方面からあり。 場外車券売場 [ ]• ハイビジョンシアター門司(旧・門司競輪場)• サテライト若松(若松競艇場内) 脚注 [ ] []• 毎日jp• 例外なく全ての日程をナイター開催とした場は、3月より実施のが最初。 keirin. jp 2017年10月10日. 2017年10月11日閲覧。 2008年5月までは藤田志乃が担当した。 - Perfecta Navi• - 弥彦競輪場• - KAFS 小倉アスリートファンサイト• - KAFS 小倉アスリートファンサイト• - KAFS 小倉アスリートファンサイト• 日本経済新聞(共同)2011年1月28日付• 一番下にある「無風の高速バンクなので先行が圧倒的に有利」の文章参照• - 平成10年10月~平成25年11月開催• を恒常的に実施• 2017年度までは、一般競走の「濱田杯争奪戦」が行われていた。 外部リンク [ ]• keirinkokura -•

次の

にしてつバスっちゃ!北九州

小倉競輪 バス

小倉競輪場の特徴・バンクデータ 小倉競輪場(こくらけいりんじょう)は、 福岡県北九州市小倉北区三萩野にある競輪場です。 屋根付き自転車走路で400mバンクとしては世界最大規模の競輪場になっています。 また、日本でも有数の高速バンクとして有名な場所です。 それと合わせて、小倉競輪場は、日本で最初に出来た競輪場として知られています。 小倉競輪場(北九州メディアドーム)のバンクは、「走りやすさ」をテーマに設計されました。 したがって、設計速度は選手の脚力の向上を考えてできるだけ速いこと、緩和曲線(コーナーから直線に移るつなぎ部分)が長くてスムーズなこと、直線部分の勾配は外側へのふくれをおさえるため、出来るだけ大きくすること等がレースを白熱化させ、選手にとっても好まれるバンクと言われています。 以上の要素は相反する内容となっており、400mの中でどのように組み合わせてバランス良く設計するかがポイントです。 小倉競輪場のバンクは全国50箇所の既設競輪場のデータから最も良い組み合わせで設計されました。 今回はそんな小倉競輪場の予想のコツやバンク特性を紹介します。 小倉競輪場のバンクの特徴 開設時は500m走路であったが、その後1周400mに改装され、ドームへの移行時にも周長は維持されました。 前橋競輪場 グリーンドーム前橋 に次ぐ2番目のドームバンクで、設計の際は全国の競輪場のデータを参考にし、最高速度向上など走りやすさを前面に出したコンセプトで設計されました。 ドームの為風がない事も手伝って、2013年9月8日に名古屋でパーキンスに更新されるまで、400mバンクとしては当時最速の上がりタイムを記録していたレコードホルダーはこちらも外国人選手でエスクレド選手です。 2006年7月6日記録) 結構豪快な捲りを決めやすい節があるものの、少し踏み遅れるだけで後方に置いてけぼりになる自力選手もいるので一概に逃げ不利では無いでしょう。 統計上は自力 逃げ・捲くり 、番手 差し ともにほぼ互角であるが、上位選手が揃う競輪祭では番手がやや優位となっています。 大画面映像装置はバックストレッチ側壁面上部に設置されている。 下記にバックデータを紹介します。 0m 小倉競輪場の決まり手 決まり手については統計上どの脚質も互角となっているが、S級になると4~5番手のまくりが決まりやすく、逃げや7番手まくりなどは決まりづらくなっています。 そのため2着の決まり手もマークが非常に多いことがわかります。 下記に決まり手のデータを紹介します。 小倉競輪場での開催レース 全国的なナイター競走の場外発売体制が整っていなかったこともあり、競輪祭に限り昼間開催となっていたが、2018年の第60回大会よりナイター開催に移行することが決まり、今後は通年でナイター開催となります。 小倉競輪場の大きな開催レースは下記になります。 従って現存の競輪場で唯一、開設記念競輪が開催されていません。 小倉競輪場は1948年(昭和23年)11月20日に開設された、日本で最初に出来た競輪場であり、競輪発祥の地であり、毎年GIの競輪祭を開催しています。 また吉岡稔真のホームバンクであったことから、その功績を称え2007年より『吉岡稔真カップ』が創設されました。 なお、2004年(平成16年)9月からはA級ツイントーナメントで前半戦「ナーディーカップ」・後半戦「プラーナカップ」を実施していたが、2005年(平成17年)5月15日をもって終了した。 小倉競輪場の地元選手 「小倉競輪場」での有名な地元選手は下記の選手です。 大坪 功一 選手(S級1班・81期) 園田 匠 選手(S級1班・87期) 小川 勇介 選手(S級1班・90期) 太田 美穂 選手(S級1班・90期) 柳詰 正宏 選手(S級1班・97期) 小倉競輪場の予想のコツ 小倉競輪場は逃げよりも捲りが非常に有利な競輪場です。 ドームのバンクなので、逃げ選手が有利と思われがちなのですが、その分逃げ選手が人気してて回収率が低くなっています。 なので、逃げ選手の番手から買うか捲り選手から買った方が車券的には回収率が高めになっています。 イン待ちや競りも外が粘れる上に、なかなか飛びつきにくいので不利で、あまり車券になりにくくなっています。 結構豪快な捲りを決めやすい節があるものの、少し踏み遅れるだけで後方に置いてけぼりになる自力選手もいるので一概に逃げ不利では無いでしょう。 統計上は自力 逃げ・捲くり 、番手 差し ともにほぼ互角であるが、上位選手が揃う競輪祭では番手がやや優位となっている傾向にあるので、競輪祭は番手の選手をしっかり意識してチェックしましょう。 小倉競輪場の歴史や施設などの基本情報の紹介 ここまでは、小倉競輪場の予想に関するコツやバンクの特性などを紹介しました。 ここからは、日本で最初に出来た小倉競輪場の歴史や施設の紹介をしたいと思います。 ぜひ、競輪が好きで、一度は行ってみたい方はオススメですので参考にしてみてください。 小倉競輪場の概要&歴史 「小倉競輪場」は1948年(昭和23年)11月20日に開設されました。 小倉競輪場は競輪発祥の地で、日本で最初に出来た競輪場です。 毎年GIの競輪祭を開催している事は有名です。 競輪では、GIII以上の「記念・特別競輪」は原則年間1節まで(グランプリなど一部例外あり)という規定が存在するため、開設記念競輪は開催されていません。 今は北九州メディアドームと同じ施設になっています。 有識者によるトークショーや解説会はもちろん、アーティストのライブや、映画の上映など、「北九州メディアドーム」の豊富な施設を活かしたイベントが日々行われています。 毎年11月下旬に行われる「朝日新聞社杯 競輪祭G1」では、各種キャンペーンやファンサービスなどのイベントが数多く開催され、特に盛り上がります。 小倉競輪場の入場料 <一般入場料> 入場料 100円 <指定席料金> スーパーロイヤル席:2,000円(本場開催のみ) ロイヤル席:1,500円(場外開催のみ) ラウンジ席:1,000円(本場開催のみ) 小倉競輪場の施設 続いて、小倉競輪場の施設を紹介します。 「北九州メディアドーム」の中という事もあって、施設は充実しています。 中には、下記の施設が揃っていました。 公式Twitterでは基本、語尾に「りん」や「り〜ん」を付けて語っているのが可愛いです。 なお、実際の小倉競輪場の打鐘も、「かねりん」仕様のカラーストライプが施されました。 過去には、シンボルマークは長らくヘルメットをかぶった競輪選手の顔の上半分に、競輪発祥の地を表す「ORIGIN KOKURA」と書かれたものが使われていたが、2代目として北九州市出身の漫画家松本零士がデザインした、宇宙の競輪選手をイメージしたマークが使われ、2004年1月には「スペース騎士(ナイト)」と命名されたキャラクターも存在しました。 小倉競輪場のアクセス 小倉競輪場のアクセス方法は下記の通りになっています。 【電車・バスのご案内】 ・鹿児島本線・小倉駅下車、南口8番乗り場から無料バスで約15分 ・下関、門司港、門司、戸畑、黒崎、折尾、行橋の各駅前からも無料バス運行 ・モノレール香春口三萩野からは徒歩7分 【車でのご案内】 ・九州都市高速道路足立ランプから車で約2分 まとめ 今回は、日本で最初に出来た小倉競輪場の予想のコツやバンクの特徴を紹介させて頂きました。 ドーム型の400mバンクなので、季節問わずに風などの影響を受けない為、非常に速いスピードの競輪をする事が有名です。 差し、捲りが若干多く決まりますが、比較的均等なデータが出ている競輪場です。 予想の際は、選手の競走得点なども参考にしましょう。 小倉競輪場は日本最古の競輪場で「北九州メディアドーム」を含めた複合施設です。 そのアリーナでは、運動会やスポーツ大会だけでなく、アーティストのライブやコンサートも開催されてる場所になっています。 競輪場の周りには、小倉場、皿倉山、門司港レトロ、九州鉄道記念館とかの観光スポットもあるから、そこに行ってみるのも楽しいと思います。

次の