マウス。 マウスとは

【価格.com】マウス

マウス

6型 46,800 円 税別 〜 C1 シリーズ [11. 6型 59,800 円 税別 〜 F5 シリーズ [15. 6型フルHD]• 3型 ハイエンド 99,800 円 税別 〜 K シリーズ 第9世代CPU [15. 3型フルHD]• タブレット 39,800 円 税別 〜 【タブレット】MT-WN1004-V2 【タブレット】 MT-WN1004-V2-Pro 【スタディパソコン】 mouse E10• 拡張性・可搬性に優れるデスクトップPCから、 高い色域の液晶パネルを採用したノートPCまで、クリエイターのためのPCを豊富にラインアップ。 3型 4K-UHD ノングレア• CREATOR• マウスのおすすめカスタマイズ マウスコンピューターのBTOパソコンは、お好みに合わせてカスタマイズが可能な「BTOパソコン」です。 使用する用途に合わせてストレージやグラフィック機能、周辺機器などをカスタマイズください。 綺麗な画面でゲームを遊びたい… より高性能なグラフィックスを 搭載したゲーミングPCに!• Blu-rayを再生したい… 光学ドライブを変更して Blu-rayに対応!• Officeが入った パソコンが欲しい… Officeソフトを追加!• 最高にサクサク動く パソコンが欲しい… メモリを増量!• ビジネス用の Windows 10を使いたい… OSをWindows 10 Proに 変更! マウスコンピューターは、お客様のご利用目的・ご予算に沿って、自由にカスタマイズしたパソコンをご提供する、BTOパソコンメーカーです。 デスクトップパソコン・ノートパソコン・タブレット・スマートフォンなどの多彩なラインナップを展開しています。 またメインブランドの「mouse」をはじめ、ビジネスPC「MousePro」、ゲーミングPC「G-Tune」、クリエイターPC「DAIV」と、あらゆる用途に対応するブランドをご提案しております。 CPU、メモリ、ハードディスク、SSD、グラフィック、液晶ディスプレイなど豊富な選択項目から、お客様のご希望に合わせたカスタマイズが行えます。 またパーツのみでなく、サポート期間の延長や、より充実したサポート項目がついた「安心サポート」など、サービス・サポートのカスタマイズも承っております。 ご注文をいただいたパソコンは、長野県・飯山工場でスタッフの手によって一台一台丁寧に組み立てられます。 組み立て後も品質チェックや負荷試験などを行い、厳しい検査をクリアしたものだけを出荷しています。 休日や深夜でも、マウスコンピューターのユーザーの皆様をサポートいたします。 サポートWEBサイトでも、製品についてのお問い合わせやご不明な点をFAQ形式にて回答しております。

次の

マウス (コンピュータ)

マウス

1ボタン型・ボール式マウス(初期の G4付属品) 本体を手に持って机などの平面上を移動させ、接触式ないしは非接触式ので移動を検知し、2次元の縦横それぞれの移動をへ伝える(により3次元の移動を感知する 3Dマウスといったようなものや、絶対座標を指示するタイプのものもあるが、一般的ではない)。 マウスという呼称は、形状がに似ていたことから名付けられた。 現在のものはもっぱら指先側に電線(コード)が付いているが、以前 [ ]は手首の側に付いているものも多く、そのようなマウスの左右のを耳に、電線を尾に見立てたものである。 近年 [ ]は無線による コードレスマウス( ワイヤレスマウス、 無線マウス)も普及している。 の複数形は生物のネズミと同じ miceとすることが多いが mousesとすることもある。 マウスの移動の単位は ミッキーで表される。 をはじめ、1980-90年代以降はのグラフィック性能も強化され、GUIが一般的になると、GUIにおける標準のとして普及した。 家庭用ゲーム機では、などにも存在し、近年はインターフェースにより市販品を使用可能だが、商品の性質上や周辺機器での操作しか想定されていないこともあり、対応ゲームはそう多くなく、マウスを必須とするようなゲームは家庭用ゲーム機にはほとんどない。 マウスポインタ [ ] 製のゲーミングマウスの例 上面中央と側面にボタンが2個づつ追加されている。 マウスのボタンは、では1つまたは4つ、では2つから5つ、マシンでは3つのボタンがついていることが多い。 このボタンを押すことを、ボタンを押しっぱなしにすることを、またプレスしながらマウスを動かすことをという。 そうしてドラッグしたものからボタンを離すことをという。 Windows向けの場合、Windowsの標準では左ボタンはクリック(項目選択・決定)やドラッグ、右ボタンはの表示に主に使われる。 1999年に発売されたマイクロソフトのIntelliMouse Explorerにはサイドボタンと呼ばれる2つのボタンが側面に搭載され 、それ以降は1つまたは2つのサイドボタンを備える高機能なマウスも普及している。 サイドボタンは通常・等の「戻る」「進む」機能に割り当てられるが、マウスのベンダーから提供されるドライバユーティリティを使用すれば好みの機能にカスタマイズできる場合がある。 向けの高級機種として、より多くのボタンを備えた製品もある。 ボタンだけでは充分な快適性が得られないとして、ホイール(車輪)やが表面に付いているものもある(後に詳述)。 また、特定の上のみで使用可能なマウス型デバイスといったものも存在する(製など)。 方式 [ ] ボール式(第1世代) [ ] 1960年代にが作ったマウスはXとYの直交した2個の円板がある方式だったが、1970年代には、内蔵したボールの一部が底面に露出しているボール式が開発され主流となった。 ボール式では、マウスの内部でボールに小さな縦方向と横方向の円板ないし円筒が接しており、その回転で縦横の移動を検出する。 ボールのころがり(モーメント)による独特の操作感があるが、機械的な構造上ある程度の滑りは避けられず、定期的な分解清掃といったメンテナンスが必要なため、メンテナンスフリーの光学式(次節)が発表されてからはそちらが主流となった。 光学式(第2世代) [ ] などの光源と光学センサーにより、移動を検出するマウス。 1980年代から存在する方式であるが、当初は専用のマウスパッドを必要とした上に高額であったため、ワークステーションやCADといった業務用途での使用が主であった。 マウスパッドが不要なタイプが普及したのは、1999年にがIntelliMouse Explorerを発売して以降である。 通常は、赤色でを底面に照射し、カメラセンサーでその動きを検出することで動作する。 カメラセンサーの搭載によりマウスパッドが不要となったが、透明なガラス板や光沢面などの上では全く動作が検出できなかったり、不安定だったりする場合がある。 ゲーム等で安定性や応答速度を求める層向けに、光学式マウスと相性の良いマウスパッドが市販されている。 IR(赤外線)LED式 [ ] 光学式マウスの一種であるが、赤色の代わりに、波長の長いを使用している。 発光を目で確認することはできないが、赤外線対応のカメラを使うと発光しているのがわかる。 動作検出精度は赤色LEDの光学式とほぼ同等であるが、発光せず消費電力も少ないため赤色LED式からの置き換えが進んでいる。 レーザー式(第3世代) [ ] 2004年9月、ロジテック()がを使用したマウス(レーザーマウス)を発表した。 精度が高く、光学式マウスが苦手としていた光沢面でも動作検出が可能となっている。 数年後には比較的安価に販売されるようになったが、リフトオフディスタンス(持ち上げた際のポインタの移動)が大きく、光学式の性能が大幅に向上したため、あまり普及しなかった。 2020年現在では一部の高級機に使われるにとどまっている。 青色LED式(第4世代) [ ] 2008年9月、が青色を使ったBlueTrackマウスを発表した。 青色光は赤色光と比べて波長が短く拡散率が高いため、わずかなホコリや凹凸を検出することができる。 動作検出精度が高く、かつリフトオフディスタンス(マウスを持ち上げても反応する距離)が短い。 詳細についてはを参照。 暗視野顕微鏡レーザー式(第5世代) [ ] 2009年8月、ロジテック()がの技術を応用した「Darkfieldレーザーセンサー」を搭載したマウスを発表した。 動作検出精度は非常に高く、従来の方式では動作しなかった透明なガラス板などの上でも動作が可能になっている。 が2011年12月に発表したマウスに搭載された「Track on Glass(ULTIMATE)レーザーセンサー」も同様の技術。 ホイール [ ] 2ボタン型・ホイールマウス マウスにおける ホイールは、ポインタ移動とクリック・ドラッグによる操作だけでは煩雑な処理を補助するために設けられた機構である。 標準的な2ボタンマウスの場合は、通例左ボタンと右ボタンの間に保持され、人さし指、または中指による前後方向の回転移動を行う。 1996年にマイクロソフトが発売したIntelliMouseで初めて多くの消費者に認知され( ()(Geniusブランド)の「EasyScroll」が先行製品である)同社がやなどを対応させ普及に弾みをつけた。 原理と動作 [ ] ホイールは一次元縦方向の回転量を検出し、それを何らかの操作の移動量と結びつける。 マウスのポインタ移動と異なり、マウス自体は移動しない。 また原理上、動作はいくらでも続けられる。 ホイールを下に押して、クリック操作ができるものも多い。 多くの場合、それはホイール状態をロックしてポインタ移動と同期するか、または回転のから状態のトグルを表す操作に対応する。 いずれにせよ、ホイールは比較的クリックしにくい構造であり、通常は頻繁に利用する動作が割り当てられることはない。 では、ホイールマウス誕生以前から3ボタンマウスが一般的であったが、ホイールマウスがワークステーションやPC-Unixでも使われるようになった後は、ホイールのクリックに、従来の中ボタンの操作を当てるようになった。 このためPC用でも、元がワークステーション用だったりするようなCAD等のソフトでは、元々のワークステーション用の中ボタンの機能をホイール押下に割り当てていることがある。 ペースト操作用として多用される場合があるが、ホイールの押下の検出には多用されない前提のスイッチが使われていることがあり、劣化が早いことがある。 一般のユーザーにおいては、ブラウザやワープロなどのソフトにおいて画面に入りきらない情報をウインドウ内でスクロールするために用いることが圧倒的に多く、そのためホイール操作は画面スクロールと同期される場合がほとんどである。 これはあるいはの設定により挙動を変更できる。 中クリックあるいはホイールクリックへのアサインは、が普及してからは新しいタブを開く・タブを閉じるなどの挙動が定着した。 など一部のアプリケーションでは、を押しながら回すと履歴の戻る・進むの機能が行われる。 ホイールボタンの定着の弊害として、ホイールマウスで代用が可能であることから、従来のワークステーション用マウスと同様の3ボタンマウスの流通が減少し、ホイールマウスを「3ボタンマウス」と称すようになったため、入手などの際に従来型3ボタンマウスを指名することが難しくなった、ということが挙げられる。 あくまでも「代用」であって、ドラッグ操作のしづらさや、前述のようにスイッチの耐久性の問題がある。 ホイールの種類 [ ] マイクロソフト製マウスのチルトホイール 回転型ホイール 文字通り車輪が埋め込まれており、回転量に応じた移動量が検出される。 シフト移動型 前後方向へのシフト移動を行うホイールでは、中心からのオフセット量に応じて回転速度をする。 横方向へのスクロールへの対応 [ ]• 縦方向と横方向のスクロールを別々のホイールで行うもの• ()のマウスでは、縦スクロールと横スクロールのために二つのホイールが付いているものがある。 チルトホイール• マイクロソフトは2003年に従来の縦方向の回転に加えて横方向の角度によって操作できるチルトホイールを搭載したマウスを開発 、発売した。 これは横スクロールが使用できる。 現在ではをはじめ、他社からもチルトホイールを搭載したマウスが発売されている。 トラックボール型• のでは、スクロールボールと呼ばれる状のボールで45度単位の方向検出を行う。 トラックボールによる完全な2次元の方向検出を行えるものもある。 マウス本体の移動と合わせれば、4軸の自由度をもつデバイスと言うことが出来る。 ホイールを持たずに同等の機能を持つもの [ ] トラックパッドなどでは、ホイールの機構を待たずそのままではスクロール操作ができずに不便になってしまう。 そこで、ホイールを持たずに同等の機能を提供するデバイスもある。 アップルの, Magic Mouse 2では二つの指で操作する事で360度スクロールが可能になっている。 現在は販売終了している初代スクロールポイントマウスでは、ホイール位置にが搭載されており、上下左右へのスクロールを可能としていた。 かつて(2000年前後まで? )は、他社からもボタンやレバーによってホイールの機能を代替したマウスが販売されていた。 そのボタンを前または後ろに押し続ける、もしくはレバーを前後に倒すと、ホイールを前または後ろに回転させたのと同じ操作とみなされる。 タッチセンサーによりホイールを代替し、より高度な操作ができる製品が存在する。 有線接続はコードの扱いがわずらわしいが、接続の確実性や、紛失や充電などの問題が無いという利点もあり広く使われている。 無線接続の場合はレシーバーをUSB端子に接続し、レシーバーとマウスを電波で通信するタイプが安価で主流である。 接続の製品も、特にUSB端子の数やスペースの都合上や向けに徐々に普及しつつある。 無線マウスは電源としてを必要とするか、を内蔵する。 歴史 [ ] 詳細は「」を参照 2010年前後に急速な普及を始めたや等では、により画面を直接タッチ操作するのが事実上の標準となった。 タッチパネルはマウスに相当する操作を概ね代替でき、マウスより直感性に優れた操作も可能である。 タッチ対応ディスプレイを備えたパソコンでは、タッチとマウスのどちらでも操作が可能である。 Windowsは次第にタッチ操作への対応を進め、特にではタッチ操作に最適化したを搭載するなど更に強化されている。 マウスにタッチパネルライクな操作性を融合する試みもある。 アップルのや、それに類似したマイクロソフトのTOUCH MOUSE 、ロジクールのタッチマウス M600 などの製品では、ボタンやホイールを排除して表面にタッチセンサーを搭載し、クリックなどのボタンの操作をエミュレートするだけでなく、スワイプなどのタッチ操作独特のジェスチャーも利用可能である。 脚注 [ ] []• 1999年4月20日. 2012年7月20日閲覧。 PC Watch. 2004年9月2日. 2012年7月20日閲覧。 PC Watch. 2008年9月10日. 2012年7月20日閲覧。 Japan. 2009年8月20日. 2012年7月20日閲覧。 2011年12月22日. PC Watch. 1996年7月23日. 2012年7月20日閲覧。 PC Watch. 2003年8月25日. 2012年7月20日閲覧。 PC Watch. 2011年8月2日. 2012年7月20日閲覧。 CNET Japan. 2012年4月10日. 2012年7月20日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 マウスに関連する および があります。 (英語)• (英語).

次の

ハツカネズミ

マウス

1ボタン型・ボール式マウス(初期の G4付属品) 本体を手に持って机などの平面上を移動させ、接触式ないしは非接触式ので移動を検知し、2次元の縦横それぞれの移動をへ伝える(により3次元の移動を感知する 3Dマウスといったようなものや、絶対座標を指示するタイプのものもあるが、一般的ではない)。 マウスという呼称は、形状がに似ていたことから名付けられた。 現在のものはもっぱら指先側に電線(コード)が付いているが、以前 [ ]は手首の側に付いているものも多く、そのようなマウスの左右のを耳に、電線を尾に見立てたものである。 近年 [ ]は無線による コードレスマウス( ワイヤレスマウス、 無線マウス)も普及している。 の複数形は生物のネズミと同じ miceとすることが多いが mousesとすることもある。 マウスの移動の単位は ミッキーで表される。 をはじめ、1980-90年代以降はのグラフィック性能も強化され、GUIが一般的になると、GUIにおける標準のとして普及した。 家庭用ゲーム機では、などにも存在し、近年はインターフェースにより市販品を使用可能だが、商品の性質上や周辺機器での操作しか想定されていないこともあり、対応ゲームはそう多くなく、マウスを必須とするようなゲームは家庭用ゲーム機にはほとんどない。 マウスポインタ [ ] 製のゲーミングマウスの例 上面中央と側面にボタンが2個づつ追加されている。 マウスのボタンは、では1つまたは4つ、では2つから5つ、マシンでは3つのボタンがついていることが多い。 このボタンを押すことを、ボタンを押しっぱなしにすることを、またプレスしながらマウスを動かすことをという。 そうしてドラッグしたものからボタンを離すことをという。 Windows向けの場合、Windowsの標準では左ボタンはクリック(項目選択・決定)やドラッグ、右ボタンはの表示に主に使われる。 1999年に発売されたマイクロソフトのIntelliMouse Explorerにはサイドボタンと呼ばれる2つのボタンが側面に搭載され 、それ以降は1つまたは2つのサイドボタンを備える高機能なマウスも普及している。 サイドボタンは通常・等の「戻る」「進む」機能に割り当てられるが、マウスのベンダーから提供されるドライバユーティリティを使用すれば好みの機能にカスタマイズできる場合がある。 向けの高級機種として、より多くのボタンを備えた製品もある。 ボタンだけでは充分な快適性が得られないとして、ホイール(車輪)やが表面に付いているものもある(後に詳述)。 また、特定の上のみで使用可能なマウス型デバイスといったものも存在する(製など)。 方式 [ ] ボール式(第1世代) [ ] 1960年代にが作ったマウスはXとYの直交した2個の円板がある方式だったが、1970年代には、内蔵したボールの一部が底面に露出しているボール式が開発され主流となった。 ボール式では、マウスの内部でボールに小さな縦方向と横方向の円板ないし円筒が接しており、その回転で縦横の移動を検出する。 ボールのころがり(モーメント)による独特の操作感があるが、機械的な構造上ある程度の滑りは避けられず、定期的な分解清掃といったメンテナンスが必要なため、メンテナンスフリーの光学式(次節)が発表されてからはそちらが主流となった。 光学式(第2世代) [ ] などの光源と光学センサーにより、移動を検出するマウス。 1980年代から存在する方式であるが、当初は専用のマウスパッドを必要とした上に高額であったため、ワークステーションやCADといった業務用途での使用が主であった。 マウスパッドが不要なタイプが普及したのは、1999年にがIntelliMouse Explorerを発売して以降である。 通常は、赤色でを底面に照射し、カメラセンサーでその動きを検出することで動作する。 カメラセンサーの搭載によりマウスパッドが不要となったが、透明なガラス板や光沢面などの上では全く動作が検出できなかったり、不安定だったりする場合がある。 ゲーム等で安定性や応答速度を求める層向けに、光学式マウスと相性の良いマウスパッドが市販されている。 IR(赤外線)LED式 [ ] 光学式マウスの一種であるが、赤色の代わりに、波長の長いを使用している。 発光を目で確認することはできないが、赤外線対応のカメラを使うと発光しているのがわかる。 動作検出精度は赤色LEDの光学式とほぼ同等であるが、発光せず消費電力も少ないため赤色LED式からの置き換えが進んでいる。 レーザー式(第3世代) [ ] 2004年9月、ロジテック()がを使用したマウス(レーザーマウス)を発表した。 精度が高く、光学式マウスが苦手としていた光沢面でも動作検出が可能となっている。 数年後には比較的安価に販売されるようになったが、リフトオフディスタンス(持ち上げた際のポインタの移動)が大きく、光学式の性能が大幅に向上したため、あまり普及しなかった。 2020年現在では一部の高級機に使われるにとどまっている。 青色LED式(第4世代) [ ] 2008年9月、が青色を使ったBlueTrackマウスを発表した。 青色光は赤色光と比べて波長が短く拡散率が高いため、わずかなホコリや凹凸を検出することができる。 動作検出精度が高く、かつリフトオフディスタンス(マウスを持ち上げても反応する距離)が短い。 詳細についてはを参照。 暗視野顕微鏡レーザー式(第5世代) [ ] 2009年8月、ロジテック()がの技術を応用した「Darkfieldレーザーセンサー」を搭載したマウスを発表した。 動作検出精度は非常に高く、従来の方式では動作しなかった透明なガラス板などの上でも動作が可能になっている。 が2011年12月に発表したマウスに搭載された「Track on Glass(ULTIMATE)レーザーセンサー」も同様の技術。 ホイール [ ] 2ボタン型・ホイールマウス マウスにおける ホイールは、ポインタ移動とクリック・ドラッグによる操作だけでは煩雑な処理を補助するために設けられた機構である。 標準的な2ボタンマウスの場合は、通例左ボタンと右ボタンの間に保持され、人さし指、または中指による前後方向の回転移動を行う。 1996年にマイクロソフトが発売したIntelliMouseで初めて多くの消費者に認知され( ()(Geniusブランド)の「EasyScroll」が先行製品である)同社がやなどを対応させ普及に弾みをつけた。 原理と動作 [ ] ホイールは一次元縦方向の回転量を検出し、それを何らかの操作の移動量と結びつける。 マウスのポインタ移動と異なり、マウス自体は移動しない。 また原理上、動作はいくらでも続けられる。 ホイールを下に押して、クリック操作ができるものも多い。 多くの場合、それはホイール状態をロックしてポインタ移動と同期するか、または回転のから状態のトグルを表す操作に対応する。 いずれにせよ、ホイールは比較的クリックしにくい構造であり、通常は頻繁に利用する動作が割り当てられることはない。 では、ホイールマウス誕生以前から3ボタンマウスが一般的であったが、ホイールマウスがワークステーションやPC-Unixでも使われるようになった後は、ホイールのクリックに、従来の中ボタンの操作を当てるようになった。 このためPC用でも、元がワークステーション用だったりするようなCAD等のソフトでは、元々のワークステーション用の中ボタンの機能をホイール押下に割り当てていることがある。 ペースト操作用として多用される場合があるが、ホイールの押下の検出には多用されない前提のスイッチが使われていることがあり、劣化が早いことがある。 一般のユーザーにおいては、ブラウザやワープロなどのソフトにおいて画面に入りきらない情報をウインドウ内でスクロールするために用いることが圧倒的に多く、そのためホイール操作は画面スクロールと同期される場合がほとんどである。 これはあるいはの設定により挙動を変更できる。 中クリックあるいはホイールクリックへのアサインは、が普及してからは新しいタブを開く・タブを閉じるなどの挙動が定着した。 など一部のアプリケーションでは、を押しながら回すと履歴の戻る・進むの機能が行われる。 ホイールボタンの定着の弊害として、ホイールマウスで代用が可能であることから、従来のワークステーション用マウスと同様の3ボタンマウスの流通が減少し、ホイールマウスを「3ボタンマウス」と称すようになったため、入手などの際に従来型3ボタンマウスを指名することが難しくなった、ということが挙げられる。 あくまでも「代用」であって、ドラッグ操作のしづらさや、前述のようにスイッチの耐久性の問題がある。 ホイールの種類 [ ] マイクロソフト製マウスのチルトホイール 回転型ホイール 文字通り車輪が埋め込まれており、回転量に応じた移動量が検出される。 シフト移動型 前後方向へのシフト移動を行うホイールでは、中心からのオフセット量に応じて回転速度をする。 横方向へのスクロールへの対応 [ ]• 縦方向と横方向のスクロールを別々のホイールで行うもの• ()のマウスでは、縦スクロールと横スクロールのために二つのホイールが付いているものがある。 チルトホイール• マイクロソフトは2003年に従来の縦方向の回転に加えて横方向の角度によって操作できるチルトホイールを搭載したマウスを開発 、発売した。 これは横スクロールが使用できる。 現在ではをはじめ、他社からもチルトホイールを搭載したマウスが発売されている。 トラックボール型• のでは、スクロールボールと呼ばれる状のボールで45度単位の方向検出を行う。 トラックボールによる完全な2次元の方向検出を行えるものもある。 マウス本体の移動と合わせれば、4軸の自由度をもつデバイスと言うことが出来る。 ホイールを持たずに同等の機能を持つもの [ ] トラックパッドなどでは、ホイールの機構を待たずそのままではスクロール操作ができずに不便になってしまう。 そこで、ホイールを持たずに同等の機能を提供するデバイスもある。 アップルの, Magic Mouse 2では二つの指で操作する事で360度スクロールが可能になっている。 現在は販売終了している初代スクロールポイントマウスでは、ホイール位置にが搭載されており、上下左右へのスクロールを可能としていた。 かつて(2000年前後まで? )は、他社からもボタンやレバーによってホイールの機能を代替したマウスが販売されていた。 そのボタンを前または後ろに押し続ける、もしくはレバーを前後に倒すと、ホイールを前または後ろに回転させたのと同じ操作とみなされる。 タッチセンサーによりホイールを代替し、より高度な操作ができる製品が存在する。 有線接続はコードの扱いがわずらわしいが、接続の確実性や、紛失や充電などの問題が無いという利点もあり広く使われている。 無線接続の場合はレシーバーをUSB端子に接続し、レシーバーとマウスを電波で通信するタイプが安価で主流である。 接続の製品も、特にUSB端子の数やスペースの都合上や向けに徐々に普及しつつある。 無線マウスは電源としてを必要とするか、を内蔵する。 歴史 [ ] 詳細は「」を参照 2010年前後に急速な普及を始めたや等では、により画面を直接タッチ操作するのが事実上の標準となった。 タッチパネルはマウスに相当する操作を概ね代替でき、マウスより直感性に優れた操作も可能である。 タッチ対応ディスプレイを備えたパソコンでは、タッチとマウスのどちらでも操作が可能である。 Windowsは次第にタッチ操作への対応を進め、特にではタッチ操作に最適化したを搭載するなど更に強化されている。 マウスにタッチパネルライクな操作性を融合する試みもある。 アップルのや、それに類似したマイクロソフトのTOUCH MOUSE 、ロジクールのタッチマウス M600 などの製品では、ボタンやホイールを排除して表面にタッチセンサーを搭載し、クリックなどのボタンの操作をエミュレートするだけでなく、スワイプなどのタッチ操作独特のジェスチャーも利用可能である。 脚注 [ ] []• 1999年4月20日. 2012年7月20日閲覧。 PC Watch. 2004年9月2日. 2012年7月20日閲覧。 PC Watch. 2008年9月10日. 2012年7月20日閲覧。 Japan. 2009年8月20日. 2012年7月20日閲覧。 2011年12月22日. PC Watch. 1996年7月23日. 2012年7月20日閲覧。 PC Watch. 2003年8月25日. 2012年7月20日閲覧。 PC Watch. 2011年8月2日. 2012年7月20日閲覧。 CNET Japan. 2012年4月10日. 2012年7月20日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 マウスに関連する および があります。 (英語)• (英語).

次の