ホログラム ステッカー 作り方。 画像のようなホログラムステッカーの画像の作り方を教えてください...

世界で一つのオリジナルグッズをつくろう!〜シール・ステッカー編〜

ホログラム ステッカー 作り方

作り方は様々ありますが、「イラストレーター」のような「ドローイングソフト」を使うのが手っ取り早いです。 フリーソフトでは「Inkscape」といったソフトがあります。 簡単なのは「図形演算」といった処理を使う方法で、アプリケーションソフトにより呼称は異なります。 図形Aと図形Bを足したり 合成 、引いたり 型抜き 、といった図形同士での演算処理をする機能です。 お絵かきソフト系となる「ペイント系ソフト」では、高機能なソフトで図形演算が使えるかもしれませんが、基本的に「ドローイングソフト」を使います。 ドローイングソフトでは、基本的に用意したひとつひとつのイラストイメージにレイヤー 前面、背面 が存在します。 ペイント系のラスターイメージはドローイングソフトの「トレース機能」を利用して、ラスターデータからドローイングデータに変換して使います。 一例 各種図形を用意します。 各図形を拡縮しながら、配置の確認やバランスを取ります。 矢がテキストの背面ですので、先に処理をしま す。 ・・・単純に合成。 当方の矢はハートの前にある事を強調してみました。 テキストの周囲に空白部分を取り、デザインと同一化しないように処理されています。 ・・・テキストの周囲にオフセット ソフトで呼称は異なります。 といった囲い枠を作成し、ハートと矢の形状から削り取ります。 ・・・テキストをはめ込みます。 羽はハートに重ねただけでは、透過部分で見難くなります。 ・・・羽をトレースして、ハートから抜く型枠を作り、型抜きをして羽をはめ込み合成します。 周囲に、各種パーツを散りばめて仕上げます。

次の

ステッカー・シール印刷 ホログラムPP加工

ホログラム ステッカー 作り方

イラストを描くことが好きな人や、デザインを学んでいる人であれば、オリジナルグッズづくりに興味のある人は多いのではないでしょうか。 プリンターも最大出力サイズA4まででしたら、かなり低価格で購入できます。 大量に印刷するのでなければ低コストで作ることができます。 しかし自分でシールをカットする手間があるので、印刷量に比例してその分の時間が掛かります。 ですが、趣味で楽しむ分には十分きれいに印刷できます。 印刷クオリティはプリンタと紙の相性にかなり左右されるので、色々試してみることをおすすめします。 また、特殊な加工はできないのでその点でも印刷所には少し劣ります。 まずはデータ作りです。 Illustrator、Photoshop、その他イラストソフトどれでもOKです。 用紙の選び方 ステッカー ステッカー用紙と明記してあり、ラミネート 透明保護フィルム がセットになっているものを選びましょう。 ステッカー用紙は質感などにあまり種類はありません。 最後にラミネートするのでだいたいがツルツルした触り心地になります。 メーカーによって多少違いはありますが、好きな物を選べば大丈夫です。 シール シール、フィルム、ラベルといずれかが明記してあるものを選びましょう。 和紙のような質感のものやマットな質感のものなど様々ありますので、自分の作りたいイメージに合った用紙を探してみてください。 透明タイプ・ホワイトタイプ ステッカー用紙にも、シール用紙にも、透明タイプとホワイトタイプの二種類があります。 透明タイプは台紙自体が透明になっており、色の乗ったところも半透明になります。 通常のプリンタでは白は印刷できませんので、白い部分は透明に処理されます。 ホワイトタイプは台紙が白で、透けません。 紙に印刷するのと同じだと思ってもらえれば大丈夫です。 印刷・ラミネート・カット 印刷 今回はシール用に ELECOM 透明光沢フィルムラベル A4サイズ 5枚入り ステッカー用には ELECOM 手作りステッカー 強力粘着タイプ A4サイズ 3枚入り の二種類の用紙を使用します。 使う用紙にプリンタ機種と用紙設定の詳細が大体書いてありますので確認して、パソコンの設定を合わせて印刷スタートです! * * * 無事に印刷できました! ラミネート ステッカー台紙として売っているものには通常ラミネート用紙がセットになっています。 表面がつるつるのシールがラミネート用紙です。 これを……印刷済みのステッカー用紙の上に貼ります! このとき気泡が入らないように、気をつけてゆっくり貼ってください。 表面がつるつるにラミネートされました。 形が複雑なものはハサミまたはカッターで切り取ります。 ハサミでフレークシールを切り取りました。 円形のものは円形カッターで切り取ります。 今回使用したのはOLFA OLCCS コンパスカッターです。 このタイプはそのまま使うと中心に穴が開いてしまうので付属の穴あき防止プレートを使ったり、穴があかないタイプの円形カッターを使うなどの工夫してください。 きれいな丸に切り取れました! オマケ. おすすめの使い方 今回作った透明タイプのシールは、台紙から剥がすとこんな風に色の透けた風合いになります。 また、最低枚数が決まっているところが多いので場合によっては必要以上印刷することになるかもしれません。 時間はかかりますが、カットの作業などがありませんので労力はほぼかかりません。 また、特殊な加工もできるので商品のような仕上がりになります。 データの作り方 過去に自分が注文したものを例に紹介していきます。 データ上では黒ですが、特色のホワイトインクを使うので色は白になります。 特色に関するデータの作り方も印刷所によって変わってきます。 入稿 印刷所になると用紙の選択肢もぐっと増えます。 サンプルなどを請求して使いたいものを選びましょう。 データは完全データ ミスのない状態 にするように気をつけてください。 受け取り シールが綺麗にカットされた状態で届きます。 お店で売っているもののような仕上がりが嬉しいですね! 印刷所で印刷する場合はそこの 指示に従ってデータ作りから入稿までをすることが大切です。 今回のものはほんの一例で、ほかにも蛍光色などの鮮やかなインク、きらきらしたホログラムの加工、箔押しなど、そのほか様々な加工を使うことができるので、面白いシール・ステッカー作りにぜひチャレンジしてみてください。 シール印刷のオススメ印刷所 デジタ シール・ステッカー印刷に特化した印刷所です。 紙の種類がとても多く加工も充実しています。 サンプルを請求して自分の使ってみたい紙、加工を考えるのが楽しいですよ! my mt factory ちょっと変わり種ですが、マスキングテープで有名なmtブランドを有するカモ井加工紙工業の印刷所です。 マスキングテープの印刷のみですが、自分だけのmtを作りたい!という方に是非オススメしたいです。 さらにシール用のパッケージを作ったり、誰かへのプレゼントにしたり、アートイベントなどでオリジナルグッズとして売り出したり、このほかにも楽しみかたはいろいろあると思います。 ぜひ、自分だけのシール・ステッカー作りを楽しんでくださいね!.

次の

イラレのエンベロープを使ったホログラム風デザインの作り方

ホログラム ステッカー 作り方

作り方は様々ありますが、「イラストレーター」のような「ドローイングソフト」を使うのが手っ取り早いです。 フリーソフトでは「Inkscape」といったソフトがあります。 簡単なのは「図形演算」といった処理を使う方法で、アプリケーションソフトにより呼称は異なります。 図形Aと図形Bを足したり 合成 、引いたり 型抜き 、といった図形同士での演算処理をする機能です。 お絵かきソフト系となる「ペイント系ソフト」では、高機能なソフトで図形演算が使えるかもしれませんが、基本的に「ドローイングソフト」を使います。 ドローイングソフトでは、基本的に用意したひとつひとつのイラストイメージにレイヤー 前面、背面 が存在します。 ペイント系のラスターイメージはドローイングソフトの「トレース機能」を利用して、ラスターデータからドローイングデータに変換して使います。 一例 各種図形を用意します。 各図形を拡縮しながら、配置の確認やバランスを取ります。 矢がテキストの背面ですので、先に処理をしま す。 ・・・単純に合成。 当方の矢はハートの前にある事を強調してみました。 テキストの周囲に空白部分を取り、デザインと同一化しないように処理されています。 ・・・テキストの周囲にオフセット ソフトで呼称は異なります。 といった囲い枠を作成し、ハートと矢の形状から削り取ります。 ・・・テキストをはめ込みます。 羽はハートに重ねただけでは、透過部分で見難くなります。 ・・・羽をトレースして、ハートから抜く型枠を作り、型抜きをして羽をはめ込み合成します。 周囲に、各種パーツを散りばめて仕上げます。

次の