町田 コロナ ウイルス。 新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応について 更新5/10

新型コロナウイルスの感染防止で、町田市内の病院でも「面会禁止」の措置広がる | 変わりゆく町田の街並み<地域情報サイト>

町田 コロナ ウイルス

京都サンガ戦は「予定通り開催」 町田は発表で「晴山選手は昨日8月1日(土)、千葉県内で行われたU-19日本代表のトレーニングキャンプに合流した際、集合時に参加者全員に対して行われたSmartAmp法およびPCR検査の結果、陽性反応が認められました」と、合宿合流時に行ったPCR検査で陽性反応が出たことを明らかにした。 現時点での病状については「37. 2度の発熱があり、病院で療養しております」としている。 他の選手・スタッフは「体調不良などの症状も確認されておりません」としている。 7月31日に全選手・スタッフに実施したJリーグ公式PCR検査の結果が8月2日に分かり、ここでも「晴山選手を除いて全員陰性であることが確認されました」という。 毎日の検温でも、1~2日には37. 5度以上の計測者は晴山以外いなかった。 町田は2日、J2第9節・京都サンガ戦をアウェーで予定しているが、「所管の保健所による確認の結果、遠征メンバー・帯同スタッフともに濃厚接触者は『無し』との判断が下されましたので、Jリーグおよび京都サンガF. と協議の結果、予定通り開催することとなりました」。 今後も「保健所・専門家・Jリーグの提言を受けながら情報の公表を速やかに行ってまいります」としている。 8月1~5日に予定していた合宿は中止に 26人の参加で1~5日に予定していたU-19日本代表候補合宿は1日、集合時の検査で選手1人が新型コロナ陽性反応を示したとして、日本サッカー協会(JFA)が中止を発表していた。 この時点では選手名は公表されていなかった。 「当該者以外の(集合時の)検査結果は全員陰性で、これまでのところ、他の参加者等から体調不良等の報告はありません。 なお保健所により、参加者には濃厚接触者はいないことが確認されています」と状況を説明していた。 町田は大友健寿社長のコメントも発表。 「この度は当クラブ所属の晴山岬選手感染に関しまして、京都サンガF. 様をはじめ、関係各所の皆様に多大なるご心配とご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません。 心よりお詫び申し上げます」とし、「所管の保健所に判断を仰いだ結果、遠征メンバーに濃厚接触者はおりませんでしたので、試合の方は開催できることになりました。 今後も関係各所と連絡を取り合い、また、保健所・専門家の指示を仰ぎながら最善の対応ができるように努めてまいります」と説明した。 そのうえで「クラブとしましては、これまでも感染予防対策は行っておりましたが、あらためて感染リスクはどこにでも潜んでいると強く実感しています。 引き続き新型コロナウイルス感染症対策を実施し、選手・スタッフ、関係者全員に予防策の徹底をはかってまいります」と改めて対策を徹底する考えを示した。

次の

J2町田ゼルビア、晴山岬の新型コロナ陽性発表 前日のU

町田 コロナ ウイルス

世界保健機関(WHO)は30日(日本時間31日)、世界で感染が急拡大している新型コロナウイルスによる肺炎を暫定的に「2019年新型コロナウイルス急性呼吸器病」と名付けたと発表した。 正式名称は後日、決定されるという。 WHOは同日、緊急事態宣言を出し、早期終息を目指し各国に取り組みを促した。 中国湖北省は1日、新型コロナウイルスの感染者が1347人増加したことを発表。 中国国内の感染者数は1万1000人を突破した。 死者は45人増加の258人となった。 日本で武漢からのチャーター機第3便が31日午前に到着。 帰国した人のうち25人が入院した。 日本国内で見つかった新型肺炎の患者は13人。 無症状を含め感染者は17人となった。 事態が深刻化していく中、新型コロナウイルスに関係するかもしれないUFOを撮影したのは、画家で俳優、さらにはUFOコンタクティーとして活動する庄司哲郎(53)だ。 かつて同じ事務所所属で、フジテレビ系「とくダネ!」のメインMC・小倉智昭から絵の才能を買われたことで知られる。 近年は、UFOと交信して召喚するコンタクティーとして活動。 幾度となく撮影にも成功している。 今回、目撃し撮影に成功したのは年明け早々の1月4日夜だ。 車を運転していた庄司は突然、目の前が暗くなり、意識が遠のきそうになった。 自宅近くの駐車場で慌てて車を降りると、上空で怪しげに浮遊している物体を発見。 体調が急変した原因は「このUFOだったか…」と直感した。 「そのUFOは少しずつ自分に迫ってきた。 最初は四角い形状をしていたが、やがて丸くなり、丸は3つに増えた。 その後、王冠形に姿を変え、しまいにはミスタードーナツのポン・デ・リング状になった。 UFOの窓も見えた」と話す。 ボタンを連射しまくってかろうじてとらえた姿が、掲載した写真だ。 翌5日にスマホの発信ができなくなる。 ただ、着信は受けられた。 キャリアであるauに確認しても「原因が分かりません」と不思議がられた。 「こんなこと、30年間、ケータイを使っていて初めてだった」 他にも異変が発生した。 「カーナビの画面が突如フリーズした。 スマホアプリで自分の位置情報を確認すると、都内から町田へわずか4分で移動している記録があった。 体調も崩した。 「たんが絡むせきが止まらない。 頭から足の指先までがバキバキに痛む。 熱は37・5度。 6日に病院で診察を受けたが、インフルエンザ検査で陰性だった。 原因不明だったから薬は処方されなかった」 安静にしていると次第に回復した。 ただ、今回の飛行体は「敵なのか、味方なのか分からない」と首をかしげる。 襲来の背景をめぐり、仮説を2つ立てた。 1つは、東京五輪の開催前後に、自然災害などが突発的に起きるアクシデントを伝えに来た説。 後味の悪い大会になるように感じて。 昨年末から中国では原因不明の肺炎が指摘されるようになり、庄司が飛行体の撮影に成功して3日後の1月7日、原因が新型コロナウイルスと特定された。 「UFOは、新型コロナウイルスが日本でも広がることを予告しにきたのかもしれない」 庄司が陥った体調不良の症状も、新型肺炎の症状と似ている。

次の

J2町田ゼルビア、晴山岬の新型コロナ陽性発表 前日のU

町田 コロナ ウイルス

リンク先 1. ・補助額:50万円を上限 ・締切:第3回 10月2日(金) 当日消印有効 第4回も予定されています。 ・ホームページ: 2. この依頼に応じて、休業等の対象となる施設を運営されている方で、休業等に全面的に協力いただける都内中小企業及び個人事業主の皆様に対して、「東京都感染拡大防止協力金」を支給いたします。 50万円(2事業所以上で休業等に取り組む事業者は100万円) リンク先 ・詳細、申請はよりご覧ください。 そこで、業界団体が作成した感染拡大予防ガイドラインの普及啓発から、ガイドライン等に沿った都内中小企業の具体的な取り組みまでを支援する「新しい生活様式に対応したビジネス展開支援事業」を実施します。 本事業では、上記事業の一環として、ガイドライン等に基づく取り組みを行う中小企業等を支援するため、その経費の一部を助成します。 リンク先 詳細は掲載の募集要項をご覧ください。 そこで、業界団体が作成した感染拡大予防ガイドラインの普及啓発から、ガイドライン等に沿った都内中小企業の具体的な取り組みまでを支援する「新しい生活様式に対応したビジネス展開支援事業」を実施します。 非対面型サービスの導入に取り組む中小企業を支援するため、その経費の一部を助成します。 リンク先 詳細・申請は掲載の募集要項をご覧ください。

次の