扁桃腺 手術 デメリット 大人。 扁桃腺が大きいとどんなリスクがある?

喉の手術をした話~口蓋扁桃腺摘出手術~③後編|榊原 瑠花|note

扁桃腺 手術 デメリット 大人

カテゴリー : 09月05日 親として子供に 扁桃腺の切除をさせることは、全身麻酔をかける手術ということもあって大きな決断が必要かと思います。 また手術の決断前は、術後の生活に弊害がないかも心配になるところです。 今回は扁桃腺の仕組みや必要性、 手術によるデメリットなどを紹介してみたいと思います。 扁桃腺の役割 普段私たちが「扁桃腺」と呼んでいるものは、厳密に言うと扁桃腺ではなく 「扁桃」と言い、一番有名な口をあけて左右に見える扁桃を 「口蓋扁桃」と言います。 扁桃とはリンパ組織で、主に免疫のない乳児期から幼児期にかけて、鼻や口から侵入するウイルスや細菌から体を守るために働いている器官となります。 扁桃は口蓋扁桃1つだけではなく、鼻の奥・喉の上にある「アデノイド」と呼ばれる咽頭扁桃や、耳管扁桃、舌の付け根にある舌扁桃があります。 幼児期まで必要なこの扁桃ですが、体が成長し激しい運動ができるくらい体がしっかりしてくると、これまでに感染した様々な病気から免疫を獲得することができているので、扁桃に依存して体を守る必要がなくなってきます。 大体 4歳~5歳になれば、扁桃は必要不可欠なものではなくなると言われています。 このように年齢を追うごとに扁桃の役割がなくなっていくことから、扁桃自体は大人になれば徐々に小さくなると言われていました。 そう思っている方は病院関係者でも多いと思います。 しかし最近の研究では、 実際に扁桃が縮小する割合はごくわずかで、生まれつき扁桃が大きかった場合は、大人になってからも扁桃肥大と指摘されるケースが多いことがわかっています。 よって、既に扁桃肥大によるリスクを抱えている場合は、自然治癒(縮小)する可能性は低いと考えた方が良いかもしれません。 上記でも述べたように、口蓋扁桃は切除しても問題の無い器官であり扁桃自体は他にもあることから、小さい子供であっても切除をして根治されることをお勧め致します。 扁桃肥大によるリスクは、睡眠時無呼吸症候群、扁桃周囲膿瘍、慢性扁桃炎などが考えられます。 詳しくはこちらのでご紹介しています。 切除手術によるメリット・デメリット まず扁桃腺切除のメリットとしては、物理的に 気道が広がることで、いびきの改善、食べ物が飲み込みやすくなる、また喉に感染する溶連菌など病気の発症リスクを抑えることができます。 また、上記にも記載しました睡眠時無呼吸症候群、扁桃周囲膿瘍、慢性扁桃炎の心配はなくなります。 一昔前までは、扁桃腺を切除して無くなることで 「風邪がひきやすくなる」とか「喉の痛みが出やすくなる」ということも言われたりしていたようですが、現在の研究では、他のリンパがあるので 「風邪をひきやすくなることは無い」と結論付けられているそうです。 風邪をひかないということではありませんので、誤解はしないでくださいね。 そして、扁桃腺の切除手術にリスクやデメリットがあるとすれば、手術に関することに限定され、切除をしたからと言って術後の生活に影響を与えることはほとんど無いと思います。 手術に関するリスクとは、全身麻酔や出血に関するリスクとなります。 ただしっかりとした病院であれば、万が一事態が急変しても対応できる準備ができているはずですし、全身麻酔を受ける際には、事前に採血や心電図などで麻酔に耐えられる体かどうかの検査も行われます。 ですから、手術によるリスクは極めて小さいものと考えて良いと思います。 最後にリスクと言えるかどうかわかりませんが、扁桃を切除することにより 声が高くなる場合があります。 声の仕組みとして、気道の太さや喉の共鳴・振動する部分に変化が起きるわけなので、今までと声が変わる可能性があり、またほとんど変わらない人もいます。 私の子供の場合は、結果的に声が少し高くなったかな?という程度でした。 実際の切除手術の経過については、でご紹介していますので、手術を検討される方は参考にされてみてください。 こんな記事も読まれています• 扁桃腺が大きいと言われたことがある人は、意外と多くの方がいるのではないでしょうか? ただ扁桃腺が大きいというの […]• 風邪や鼻水、咳などで耳鼻科に受診する子供は多いと思います。 親からすると、総合的に鼻から喉、耳を見てもらってい […]• 人よりも扁桃腺が大きいかどうかは、素人が見ただけでは分かりません。 自分で鏡で見たり同じ年齢の人間と比較しても […]• 私の子供がはじめて扁桃腺肥大・アデノイド肥大と診断されたのは、4歳の時、熱性痙攣で救急搬送された時でした。 娘 […]• 大なり小なり全身麻酔を使うような手術を受ける場合には、必ず手術前検査というものがあります。 これは大人でも子供 […]• 「アデノイド」あまり聞き慣れない言葉かもしれません。 口の中にあるいくつかの扁桃の1つで、鼻の一番奥、喉の上の […].

次の

扁桃腺、アデノイド手術のメリット、デメリットについて

扁桃腺 手術 デメリット 大人

扁桃摘出手術の適応(手術した方が良い人) 慢性扁桃炎などの方が向いてます 以下の方は、扁桃摘出手術の相談を耳鼻科医に!• 慢性扁桃炎の方• 扁桃肥大の方(特に「睡眠時無呼吸症候群」の方)• 扁桃周囲膿瘍の経験者 「慢性扁桃炎」は、主に3種類に分類されます。 私はコレです。 腺組織ではないことが近代医学で分かったからです。 対象年齢は? 扁桃は、免疫臓器 体を守る免疫を作り出す臓器と感染臓器 病気の原因になる臓器という二面性を持つ特異な臓器です。 幼児は免疫面で摘出のデメリットが結構あります。 5歳以上ならそのデメリットがかなり少なくなり、年齢によるハードルが下がります。 更に、成人以上なら免疫臓器としての重要性はほぼ無く、摘出してしまっても全く問題ないというのが通説です。 私も内科医からは「小さいし取らなくてもいいのでは?」と言われましたが、年を取ってから悪化するようになり、 耳鼻科専門医に相談すると 摘出を勧められ、結果大成功でした。 医者にも色々な信念の人 (透析患者に透析を止めさせる人とか・・・)がいますので、 セカンドオピニオンを求めて若手から中堅くらいの耳鼻科専門医に相談に行ってみることをお勧めします。 病院・医者選び(大人は特に重要!) 口蓋扁桃摘出術は、耳鼻咽喉科の医師が初期に習う手術です。 そのため、 病院・医師の選定をしないと、経験の浅い新人の練習台にされる懸念があります。 子供であれば簡単に摘出できるため、医師の腕の差は小さく、専門医資格を持った医師であれば大丈夫でしょう。 子供の場合はむしろ麻酔の難易度の方が高いため、しっかりとした麻酔科が備わっているところが安心だと思います。 一方、 大人の場合、扁桃が周囲組織と癒着していることが多く、 手術時間・難易度が跳ね上がります。 信頼できる耳鼻科の先生に、大人の扁桃摘出手術の腕の良い先生を紹介してもらうと良いと思います。 簡単な手術のため専門医なら誰であろうと命の危険はまずありませんが、 執刀医や病院設備により、術後の出血・痛みの差に違いがあります。 また、未熟な執刀医の場合、 扁桃を一部取り残してしまい、手術目的が果たせないリスクが高まる懸念もあります。 もし心当たりなければ、関東なら 「神尾記念病院」をおススメします!日本最大級の耳鼻科専門病院で腕の良い医師が揃っています。 大学病院では、「慈恵医科大学付属病院」が耳鼻咽喉科のパイオニアで信頼できます。 意識無い分、止血が丁寧にできることが大きいです。 一方、局所麻酔は昔のやり方でリスクが高く採用している病院は選ばない方がいいと思います。 実際、他の病気で診察を受けた高名な外科医師に扁桃摘出手術を受ける予定があると話したところ「全身麻酔のところで受けた方がいいよ」とだけアドバイスを貰いました。 家から近いことも結構重要です。 退院後に出血することがあるからです。 術前検査 手術が決まったら、手術日と術前検査日を決めます。 私の場合は、1ヶ月後の手術となり、術前検査は手術2週間前でした。 術前検査の内容は、採血・採尿・心電図・レントゲン・呼吸でした。 3割負担で5000円くらいだったと思います。 検査で何か異常指摘を受けてしまうと、民間保険に入れなくなったり、保険料が上がったり(2倍以上になることも)することもあるので、 現在加入している保険で十分か事前確認することをお勧めします。 術前の扁桃炎の予防 手術前に扁桃炎が腫れると出血等のリスクが高まるそうです。 また、 手術当日に扁桃炎や熱があると手術が延期になることがあります。 なので、 術前の健康管理は重要です。 私は、ツムラの「小柴胡湯加桔梗石膏(ショウサイコトウカキキョウセッコウ)」という漢方薬を処方して貰い、手術日まで毎日服用しました。 それでも少し腫れて焦りましたが、この漢方薬が効いて万全の状態で手術に望めました。 不安な方は、先生に相談しておくと良いと思います。 入院日数・費用・還付金について 入院日数 病院により異なりますが、「 手術前日に入院し、順調なら7-10日で退院」というクリニカルパス(標準入院プラン)を採用している病院が多いです。 術後、一週間後くらいに瘡蓋(カサブタ)が取れて大出血するリスクがあるため、不安な方はクリニカルパスが長めの病院を希望すると少し安心です。 「扁桃摘出 クリニカルパス」で検索すると、色んな病院のクリニカルパスが確認できます。 逆に言えば、若くて健康ならば極めて安全ということです。 悩んでいる方は早く受けた方がいいです。 手術・入院費用 3割負担で10-15万円程度です。 個室などの特別室を希望すると、これに差額ベット代(保険適用外)が上乗せされます。 私は9日間入院で17万円(内、差額ベット代が3. 6万円)でした。 クレカで払える病院は多く、 ポイントも溜まりますのでクレカ払いがおススメです。 例えば、 年収が約770万円以下であれば、 3割負担の上限が8万円ちょいに限定され、 年収が約370万円以下なら 57600円が上限になります。 若手の方も安心して手術が受けられます。 詳しくは、術前検査時などに案内されると思います。 でも、 クレカ枠に余裕があるなら、 限度額認定証を使わず、クレカで一括払いした方が、ポイントが多く溜まってお得だと思いますよ。 なお、高額療養費の還付時期は、会社毎に異なると思いますが、私の会社は3か月ほどでした。 公務員の共済組合にもあるはずです。 例えば、私の会社の健康保険組合では、月2. 5万円以上の自己負担分は、健康保険組合が負担してくれて事後還付されます。 つまり、 「付加給付」があれば「2. 5万円+差額ベット代」しかかからないということです。 また、「関東ITソフトウェア健康保険組合」は業界特性上まだ高齢者が少なく儲かっており、 月2万円以上の自己負担分は、健康保険組合が負担してくれるという大盤振る舞いです。 貴方の会社がこの組合に入っていれば、転職前に手術した方がお得ですよ! 高齢化に伴い、健康保険組合は半分近くが赤字です。 そのため、解散する所が増えています。 解散すると協会健保へ加入となりますが、協会健保には付加給付がありません。 幸運にも付加給付のある健康保険組合に加入している方は、加入している内に病院に積極的にかかって治しておきましょう。 詳しい制度はググって調べてみてください。 この3日は有給でも算定されます。 私はまだ請求していませんし、しないかもしれません。 民間医療保険について 手術給付金と入院給付金 その名のとおり、「手術給付金」は手術を受けた際に下りる保険金で、「入院給付金」は入院した際に入院日数に応じて下りる保険金です。 一般に、扁桃摘出手術は、 手術給付金の対象外ですが、 入院給付金の対象です。 民間医療保険と付加給付のおかげで、私は 10万円以上黒字でした。 手術給付金が下りる保険と下りない保険 手術給付金は、概ね5-20万円程度下りるものが多いため、手術給付金が下りるか否かは結構大きいです。 昔の保険は手術給付金対象外がほとんどですが、 この6-7年くらいの最近の保険であれば、手術給付金対象の可能性が十分あります。 これは 「公的保険連動」という「公的健康保険の対象となる手術は基本的に手術給付金の対象とする支払基準」を採用している医療保険が近年増加しているからです。 ただ、 「公的保険連動」を採用しながら「口蓋扁桃摘出術」を特別に対象外にすると 約款で定めている保険もあります・・・ 保険ショップ・FP 上記のとおり、医療保険は内容が各社バラバラで難しいので、 複数の保険会社の商品を取り扱っている保険ショップやFPに相談するのがベストだと思います。 医療保険やガン保険は競争が過熱しており、昔の保険よりも最近の保険の方が有利なことが多いです。 なお、 一社のみ取扱う専属保険代理店は商品選択の余地がなく避けた方がいいです。 自分の場合 私の保険(外資と4大生保)は、両方共に手術給付金対象外でした・・・ もし後継保険が出たときに見直しておけば、手術給付金も下りたのに・・・ 更に、20年前に加入した某4大生保の医療保険(医療特約)の方は、 入院給付金も最初の4日の入院日数は切り捨てで勿体無い感じでした。 12年前に加入した某外資の入院給付金は入院1日目から支払われました。 最近の医療保険は、一日目から入院給付金が下りるのが普通で、1日しか入院しなくても5-10日分の入院給付金が出る保険もあります。 差額ベット代を保障する保険も 最近は差額ベット代を保障してくれる保険もあります。 私は大部屋で全然大丈夫でしたが、個室希望の方は、そういう保険にも入っておくといざというときに安心です。 私の病院の個室代は、一日1. 5万円~2. 5万円でした。 大部屋でもグレードがあって差額ベット代が発生する部屋もありました。 差額ベット代には社会保険が利かず10割負担です。 長期入院すると痛い費用項目です。 私は、 差額ベット代が発生する大部屋を使いました。 決め手は、冷蔵庫の有無でした。 一日4000円でした。 ヨーグルトやプリンなどを手元で保存できるのは大きいです。

次の

【扁桃腺切除手術体験談】やってみたらこんな感じでした①~経緯から手術前まで~|トントン拍子

扁桃腺 手術 デメリット 大人

メリットがデメリットを上回るかが大切。 いびき、無呼吸などの症状がある娘の手術がきまりました。 しかし、あれほど手術を希望していたのに、いざ決定してしまうと、 本当に手術を受けさせていいのだろうか? という不安な気持ちがわいてきました。 手術には多少なりとも危険が伴います。 全身麻酔もなんだか怖いです。 そこで、手術することで得られるメリットとデメリットについてよく考え、 メリットがデメリットを上回った場合、手術を受けさせようということに決めました。 メリット まずはメリットについて考えていきます。 いびきが、無呼吸が治り、睡眠の質が上がる(多分) わが家の場合、これが一番のメリットだと思いました。 大きなアデノイドと扁桃腺を切除すれば、呼吸がしやすくなり、すやすや眠れるようになるかもしれません。 ただし、主治医に言われたように、 いびき、無呼吸の原因が扁桃腺、アデノイド肥大であると確定したわけではないので、絶対に治るとは言えません。 しかし、娘の扁桃腺は、のどちんこにくっつくくらいのサイズなので、きっとこれを取れば多少なりとも改善するのではないかと思いました。 また、娘が安眠できると、私も安眠できます。 娘は、いびきが始まった三才のころからずっと鼻声です。 でも、鼻をかませても何も出てきません。 鼻の奥にあるアデノイドが小さくなれば、鼻の通りがよくなるのではないかと思いました。 鼻の通りがよくないからか、風邪をひいても鼻がうまくかめず、鼻水が喉のほうに落ちていってしまう。 それが喉に絡んで咳が止まらなくなることも多いのですが、アデノイド手術をすることで風邪の悪化が防げるかもしれません。 寝る前に吸ってから布団に入ると、夜中に咳で嘔吐する回数が減りました。 風邪を引くたびに鼻をかませるのに苦労している方にはおすすめです!鼻水吸い機についての詳しい記事は。 食べ物が喉を通りやすくなる。 娘は食事に長い時間がかかります。 少量口に入れてもずっともぐもぐしていますし、 お肉をなかなか飲み込めません。 娘の扁桃腺はのどちんこに接するくらい大きいので、これがなくなればスムーズに食べ物が飲み込めるのではないかと思います。 5歳という年齢的にも、ひき肉以外のお肉を食べさせてあげたいです。 また、扁桃腺が原因とはいえ、毎食毎食あまりにも時間がかかるので、私もイライラしてしまうことがありました。 食事時間が少しでも短くなるといいな、と思いました。 今手術をすれば、大人になってから手術するより痛みが少ない。 今回娘の手術を検討していることを、知り合いに相談をしてみると、手術経験者や、家族が手術経験者だという人が意外と多くいました。 そして、その人たちが共通して言っていたことは、 「子どものときにしておいたほうがいいよ!」 「大人になってから取ると激痛で大変だよ!」 ということでした。 特に、扁桃腺が原因で 高熱を繰り返した人ほど、癒着が進み、切除するのが大変だそうです。 まあ、幼児とはいえ痛いことには変わりないそうですが、術後の回復は子どものほうがずっと早いといいます。 口臭が消える。 娘の扁桃腺をみると、白っぽいような、緑っぽいような、黒っぽいような・・・何かがへばりついています。 そして、大人顔負けの口臭が・・・ 扁桃腺に白い膿のようなもの(通称においだま)ができることは、私もたまにあります。 風邪っぽかったりして、体調が悪い時に多いですが、そういう時にやはり私も口臭がひどくなっていると自覚します。 娘は、365日ずっと口臭が気になる感じだったので、扁桃腺を取ってしまうとすっきりするだろうな、という期待がありました。 口呼吸が治る。 アデノイドが原因だろうと思うのですが、娘は口呼吸です。 いつもぽかんと口をあけていると、印象もあまりよくないですし、 口呼吸の人特有の顔つき、 アデノイド顔貌になったら可哀想だと思いました。 子どもなので、よく走り回って遊びますが、そんな時にも、鼻づまり、口呼吸の娘はなんだか苦しそう・・・ 呼吸がしやすくなったらどんなにいいだろう、と思っていました。 デメリット 続いて、デメリットについてです。 全身麻酔の危険性 病院から「麻酔説明書」をいただきました。 そこには、 スポンサーリンク• 麻酔薬により、強制的に意識を失わせるため、薬の影響で呼吸が弱くなる。 人工呼吸を行って、肺へ酸素を送り込む。 口から気管へ挿管する。 歯・くちびるの損傷、声のかすれ、吐き気・嘔吐、意識障害などの合併症は比較的よくある。 稀に、アラフィラキシー、肺炎、エコノミークラス症候群、神経損傷、脳障害、視覚障害、心不全、心停止などの合併症がある。 といった内容が書かれてありました。 稀とはいえ、「心停止」という文字を見ると、ゾクッとしてしまいます。 人工呼吸に切り替えるというのも、恐ろしい・・・ 術後の吐き気はよくあるらしいのですが、娘は吐くと大泣きすることが多いです。 扁桃腺、アデノイドの手術は縫いません。 傷が自然にかさぶたになって治るのを待ちます。 そんな状態で大泣きされたらまた出血してしまい、再手術になるのでは・・・という不安がありました。 術後の痛み 扁桃腺は、口を開けてみえている部分だけでなく、中に埋まっているので、 くり抜くような手術だそうです。 アデノイドは、大きく盛り上がった部分を 削り取る手術です。 そして、 縫わずに終了。 考えるだけでも痛そうです。 術後の痛みは相当なものだと予想されます。 お腹がすいても食べられないっていうのも、子どもにとっては試練です。 いびき、無呼吸は治らないかも。 いびき、無呼吸の原因が扁桃腺、アデノイド肥大ではない場合もあります。 痛くて怖い思いをさせてしまっても、寝苦しい夜は変わらなかもしれない、と思うと迷います。 一番一緒にいる大人が判断! こうしてみると、 メリットのほうが圧倒的に多いです。 しかし、 デメリットには、命に係わる問題があります。 手術を迷っている時、祖父母など、ほかの家族にも相談しましたが、 私ほど手術に前向きな意見をもった家族はいませんでした。 他の家族は、全身麻酔の危険が伴うこと、術後の痛みが可哀想なことを思うと手術しなくてもいいのでは?と考えたようです。 娘の症状についても、大したことないんじゃない?といわれました。 口呼吸も、鼻声も、全然気にならないし、夜も苦しそうでも眠れているんだから。 といった意見。 しまいには、祖父母には、孫が手術だなんて考えるだけでつらいからもうその件に関しては、 相談しないで欲しい。 夫婦で決めなさい。 と言われてしまいました(汗) 確かにその通りでしょうね・・・ うちは夫が単身赴任で平日は私一人で育てていたので、娘と一緒にいる時間が長いのは私。 寝ている時に苦しそうな姿も、私以外の人は見ていません。 それに、男の人って子どもが苦しんでいてもぜーんぜん起きなくないですか?? 娘のことを一番わかっているのは、私。 娘のことを一番想っているのも私。 私が決断するしかないんだ。 と心に決め、手術してもらうことにしました。 でも、ここまでの道のりは本当に長かったです。 手術しようか本気で悩んでいる時に、寝具をすのこベッド&アレルギー用のシーツに変えたら、いびきが改善した気もして、よけいに迷ったりもしました。 (すのこベッドはアレルギー持ちには本当におすすめです!詳しい記事は) 悩みすぎて私の身体に異変までおきました(笑)詳しくは あと、 手術するかどうか、 子どもに聞いても無駄です。 痛いのは嫌だっていうに決まっています。 子どもにとっては、鼻づまり&いびき無呼吸の人生がデフォルトなんで、それが特別つらいことと思っていません。 大人がしっかり考えて決めてあげましょう。 追記 2018年2月現在、娘が滲出性中耳炎だということが判明。 治療を開始しました。 痛みがないので気付かないけど、小さい音が聞こえなくなってしまうことがある病気です。 ひょっとしたらアデノイド肥大のあったこのころからずっと滲出性中耳炎だったのかもしれません。 アデノイド肥大、扁桃腺肥大のあるお子さんは、耳鼻科で耳も調べてもらうといいと思います。 早期治療が大切だそうです!滲出性中耳炎についての記事は 関連記事はこちら 関連記事はこちら• マイコプラズマ肺炎という言葉をご存知ですか? 大変流行した年にニュースになったこともあるので、聞いたことがある方もいると思います。 肺炎と聞くと大変な病気であるように思いますが、実際どうなのでしょうか?情報収集してまとめ […]... わが家には6歳と4歳の子どもがいます。 二人とも風邪をひきやすい体質なので、流行りものは全てといっていいほどもらってきてしまいます。 上の子が3歳の時からそんな生活を続けていますので、一通りの子どもがかかる病気については自 […]... 先生ブログの方で忙しく、こちらのブログの更新が久々になってしまいました。 調べてみると、子どもの病気関係でサイト訪問してくださる方が多いので、今後は更に子どもの病気、身体について書いていこうと思います。 今日は、今更感が […]... だいぶ前に、長女が就学時検診の聴力検査で引っかかったという話をしました。 子どもは通常いびきはかかないものだということをご存知ですか? 風邪をひいているわけでもないのに、お子さんが毎日いびきをかくという場合、それは疲れているからではなく、身体に原因があるのかも!!? 目次1 子どものいびきの原 […]... 娘が扁桃腺、アデノイドの手術をしました。 その時に色々なものを病院に持ち込みました。 役立ったものについてまとめました。 目次1 病院での手続きに必要なもの1. 1 診察券、保険証、子ども医療受給書1. 2 現金・クレジット […]... 年明けの1月4日から入院ということで、今年の年末年始はずっと手術のことが気になり、 全く正月気分が味わえませんでした・・・ 目次1 前日入院1. 1 入院受付1. 2 病室に移動1. 3 麻酔科医の先生と打ち合わ […]... 6歳の娘はダニ、ハウスダスト、カビ、花粉アレルギーもちです。 花粉だけならともかく、他のアレルゲンは年中そこらにあるので、取り除いてもきりがありません。 私自身、娘の咳に悩み続けていましたが、半年ほど前、娘の咳がピタッと […]...

次の