柴犬 性格。 【甲斐犬は凶暴な性格?】危険すぎるその理由を解説

柴犬の飼い方・性格・毛色・しつけ・散歩・寿命・価格

柴犬 性格

日本犬といえば柴犬、日本でもっとも多く飼われている日本犬です。 雑交配が進んだ明治大正の時代、この頃にも土着犬を残そうと努力したいわゆるブリーダーの存在があり、今日まで柴犬を立派に存続させています。 標準サイズは約10kg程度で、被毛の毛食の特徴としては、赤系、黒、ゴマや白系も、他には斑の柴犬もいます。 また雌は雄よりも小さいのも特徴です。 毛は意外にも短そうで二重構造になっています。 つまり綿のような手触りのインナーと外側は鹿のようなタイプです。 耳が立っていて雄雄しい感じもよくイメージされますし、尻尾もくるりと巻かれた余裕のあるところが印象的です。 性格としては、飼い主に対してとても従順であり、他の人間に媚を売るように近づいたりするタイプはほとんどいません。 また雄のほうは愛想がよいタイプ、雌は番犬タイプとも言えます。 雌は飼い主さんが容認する訪問者からたとえ食べ物をもらっても、近づかないような用心深さがよく表れています。 古い時代から日本の住環境に馴染んできた柴犬はもちろん日本人にとってとても飼育しやすく、家族に対する忠実さや冷静な部分、判断力等、性格的にも日本人っぽさがよく現れています。 また最近はアメリカで柴犬の人気が高まっているようです。 無駄吠えもなく、トイレのケアも簡単で、室内でも飼育がしやすいことから、馴れ馴れしい犬のタイプに飽きてしまった柴犬愛好家の方も多いようです。 もちろん海外ブリーダーも増えています。 東洋の犬、とてもしっかりした犬としてを訪ねる愛犬家も増えているそうです。 また、柴犬は運動量にも独特のものがあります。 活動的なためかなりの運動が必要です。 またどんなに走り回ったり嗅ぎまわったりしても疲れを見せませんが、栄養面の管理はやはり大切です。 ドッグフードは総合栄養食が適しています。 厳しい日本の風土でも病気の心配も少なく、安心して飼うことができるのが柴犬です。

次の

柴犬って飼いやすいの?性格・外見の特徴や、色の違い、豆柴との違い。

柴犬 性格

甘えない• 表情が乏しい• 飼い主に従順• 飼い主にもベタベタはせず一定の距離を保つ• 協調性が低い• 家族以外とは距離を取る• テリトリー内では家族以外には攻撃的 番犬向き• 神経質• 留守番も平気• 室内トイレが苦手• 初めて飼うには不向き 上記は 全ての柴犬に該当する訳ではありませんが、あくまで傾向として覚えておいてください。 「扱いにくい」と言いたい訳ではなく、柴犬の個性です。 知らない人からすると「あれ?」と思うことも、知っている人から見れば「柴犬らしさ」になり、その子の可愛らしさになります。 柴犬は警戒心が強い? 柴犬は従順過ぎて、飼い主に近づく犬に牙をむいて吠えることも。 それでも洋犬のように飼い主にベタベタする訳ではなく、一定の距離感を持っています。 家族以外がテリトリーに入ると激しく吠えるので番犬向きな犬種と言えます。 優秀な番犬としての素質をもっていますが、マンションや住宅地で飼う場合、吠え癖のしつけが必要となります。 なので、初めて犬を飼う人は「柴犬の飼い方」についての本などを読んで柴犬のしつけ方法などを予習しておくことをおすすめします。 柴犬は恐れ知らずの性格? 柴犬は元々、狩猟犬として人間と一緒に暮らしてきました。 猟師とともに山に入れば、自分よりも体の大きなイノシシであろうと立ち向かい、飼い主を守ってくれました。 山里で番犬として飼われている子は 熊をも吠えて追い払ったりする勇敢な犬種です。 柴犬は愛嬌がある?飼い主にはとことん誠実! 最近では写真集を出すような愛嬌のある柴犬もいます。 ただ、洋犬と比べると誰に対しても愛想良く接することはできません。 尻尾を振りながら感情を表現してくれるのは、飼い主や幼い頃から可愛がってくれた一部の人に限られます。 柴犬好きの人は、この誠実さに惹かれる人が少なくありません。 洋犬のようにベタベタしてくる訳ではありませんが、 自分にだけ特別な表情を見せてくれるなんて可愛い過ぎますよね。 柴犬は鋭敏かつ賢い!?自信満々な点にも注意 柴犬はとても賢く、飼い主に従順な犬種です。 一般的な犬種の中でもしつけをし易いです。 ただ、自信満々で頑固な部分もあるので、普段と違うことをさせようとすると反抗する場面があるかもしれません。 なので しつけやコマンドを覚えさせるのであれば、幼い内から始めましょう。 飼い主との立場が逆転 柴犬が上 してしまうとしつけどころか、飼育も難しくなります。 柴犬は協調性が苦手 協調性が低く、ドッグランなど社交的な場を苦手とします。 小さい内から慣らしていけば、ある程度は順応できますが、そもそも苦手とします。 そういった場に連れていきたいなら、別の犬種を考えた方が良いでしょう。 「黒・赤・胡麻・白」柴犬は毛色で性格が変わる? 柴犬の毛色によって性格の違いを気にする方がいるようですが、結論として 柴犬の性格は毛色による違いがありません。 体格も毛色では変わりません。 もちろん個体差はありますが、特別「黒毛の柴犬は性格がきつい」といったことはありません。 ただ、毛色によって見た目の印象が変わります。 例えば胡麻はかなりレアカラーなので、飼い主は特別感があるでしょうし、見た人は物珍しさがあります。 その辺の受け取り方で印象が少し変わることはあるかもしれませんね。 「オス・メス」性別による柴犬の性格の違い オス柴の性格 メス柴の性格• 攻撃的• ケンカっ早い• 縄張り・警戒心が強い• 好奇心旺盛• やんちゃ• 飼い主への忠誠心が高い• 友好的で愛想が良い• 自立心が高い• 無駄吠えが少ない• 穏やかで優しい 「メス柴の方が飼い主に従順なので番犬向き」とする説もありますが、 縄張り意識が強いオス柴の方が番犬向きと言えます。 上記はあくまで柴犬のオスとメスの性格に見られる傾向を比べた内容です。 例えば、「縄張り意識や警戒心はオス柴の方が強い」だけで、他の犬種と比べればメス柴も縄張り意識や警戒心は強いです。 オス柴と比べればマシなだけで、メス柴もフレンドリーな性格をしている訳ではありません。 なので メス柴だからといってドッグランなど社交的な場が得意な訳ではありません。 ドッグランやドッグカフェで「メス柴の性格が悪い」といった口コミを聞いたりしますが、この辺りは飼い主の配慮が足りないのが原因です。 しつければ大人しくしていられる子にもなりますが、わざわざ柴犬を連れていくのは少し可哀そうな気がします。 柴犬はキツネ顔・タヌキ顔で性格が変わる? 柴犬は顔の見た目でシュッ見える「キツネ顔」とコロコロした「タヌキ顔」があります。 ただ、顔の見た目だけで 性格は変わりません。 基本的には子犬期はタヌキ顔、成長期はキツネ顔、成犬期はタヌキ顔になります。 まれに子犬でもキツネ顔の子がいますが、あくまで見た目だけで性格的には変わりません。 兄弟でも1頭ずつ性格は違いますし、飼育環境でも変わります。 見た目で選んで問題ありません。 参考までに柴犬はどの子も、太ればだいたいタヌキ顔に寄りますし、痩せればキツネ顔に寄ります。 柴犬と豆柴で性格は変わるの? JKC・日本犬保存会ともに「柴犬」は一種類です。 「豆柴」や「小柴」・「ミニ柴」などと書かれた柴犬が売られていますが、 性格に違いはありません。 正式な犬種名でもありません。 あくまで、大きさが基準以下のものを上記のように呼んでいるだけです。 まっとうに小さな柴犬を普及させようとしている団体もありますが、中には 成長期に餌を与えず、成長不良の子を豆柴として市場に流す悪質ブリーダーも存在しています。 日本は「小さい=希少・可愛い」という傾向が強いです。 テレビ番組も芸能人を使って、そういった情報発信をしています。 極端にスタンダードから外れた子は、虚弱だったり骨に異常を抱えている子もいます。 結果として高額な医療費を払えずに手放すといったケースもあります。 「小さい=可愛い」という感性を否定するつもりはありません。 ですが、上記のようなことも理解した上で、柴犬を迎え入れて欲しいと思います。 初めてでも飼いやすい柴犬の色・性別は? 柴犬に限った話ではありませんが、オスの方が体も大きく、力も強いです。 見た目もカッコイイです。 でも、散歩の距離も増やさなければいけません。 これらを考えると メス柴の方が飼いやすいと言えます。 ただ、メスはヒート 生理 があって、この期間は散歩中にオス犬が寄ってきてマウンティングされたりします。 オスは攻撃的で片足をあげておしっこをするので、室内で飼う場合はしつけが必要です。 このようにどちらにもメリット・デメリットがあります。 一般的にオス犬・メス犬の飼いやすさや、特徴などを参考にあなたのライフスタイルにあった方を選ぶと良いでしょう。 まとめ ここでは柴犬の性格についてご紹介しました。 人の手によって作出された犬種とは違い、毛色で性格が変わることも無く、安定しています。 ここでは少し扱いにくいような印象を与えてしまったかもしれません。 ですが、柴犬としての傾向よりも、飼い方や飼い主との関係性、しつけなどの方が性格に与える影響は大きいです。 柴犬は日本の風土に合っていて、丈夫でトリミングなどにお金がおかからず、飼いやすいといった理由からも人気の犬種です。 洋犬と比べると少し取っつきにくいと感じる部分もありますが、そういった部分を個性として見れるととても可愛い犬種ですよ。

次の

柴犬にありがちな性格傾向。洋犬とは違う接し方4つのポイント

柴犬 性格

そのため 家族と家族以外の人々を明確に区分し、家族に限り全幅の信頼を寄せます。 家族に大変従順で、甘えん坊な様子を見せ、しつけの覚えが早いのもそのためです。 しかし家族以外の人間には一見社交的に接しているように見えていても、一定の距離を無意識に保っていることを理解しておきましょう。 また柴犬には日本犬特有の忍耐強さもあります。 日本の厳しい気候に耐え、屋外で一人生活をすること、野獣からの攻撃に耐え家族を守り切るという使命を担っていたためです。 今ではこのような役割を求められる場面はなかなかありませんが、その忍耐強さは健在です。 小さな子供と接する時、爪切りや苦手なシャンプー、動物病院での診察中など大抵の場面では耐え忍ぶことが出来ます。 しかし自身の限界点を突破してしまった瞬間に、想像もつかないほどに激しく興奮したり、攻撃をしてしまうことがあります。 限界点を突破するまでは、表情一つ変えず、微動だにせず耐えることから、飼い主でされもその兆候を把握できず、突然の出来事に驚くものです。 愛犬が苦手なことに耐えていると気が付いた時は、そのまま見過ごすのではなく、愛犬をその場から遠ざけたり、飼い主がいる事での安心感を与えたり、時にはオヤツなどで気分をそらすという手法も覚えておきましょう。 簡単なお散歩感覚のテストで柴犬の性格をチェック!? 柴犬の性格は社交性の有無が大きく異なる点が特徴です。 社交性の程度によって愛犬との暮らし方、レジャーの楽しみ方などを考えてゆきましょう。 個々の性格は生後60日ほどでほぼ確立されます。 この時期、子犬期のワクチンも完了し、お散歩に連れ出すことの出来る時期です。 また保護犬などすでに成犬になり、性格が確立されている場合も同じ手法で性格を見極めることが出来ます。 相手の犬の様子を見ながらゆっくりと距離を縮めます。 この時、注意すべきは柴犬は一見社交的な態度を示し、お互いの臭いを嗅ぎ挨拶をしていたものの、不意のタイミングで豹変し激しい喧嘩になることがたびたびあります。 たとえ愛犬が自ら進んで行動をしている場合でも決してリードを持つ飼い主の手は油断をしていけません。 もし愛犬が他犬にまるで感心を示さない、あえて目で追わない、隠れたり、逃げたりという態度を示す場合は、日本犬特有の気質が色濃く残っていると理解してあげましょう。 愛犬は飼い主、家族との密な関係性だけを望んでいるのです。 他人や他犬と親密になることはまるで望んでいません。 これは犬種の特性ですから、しつけや飼い主の期待で交流を強制してはいけません。 無理にドッグランへ連れていったり、犬連れの飼い主同士で立ち話をするという事があれば、大きな喧嘩につながることもあるので注意しましょう。 こういう仕草行動する柴犬はこういう性格 散歩中や他犬の前ではとても静か、無関心、他人にも愛想が悪いものの、家族に前ではとにかく甘えん坊というタイプの柴犬は、家族に全愛情を注ぎ暮らしています。 家族の些細な言葉や態度に敏感に反応します。 家族それぞれの感情にも大変深く共感し、気が付けばそばにいてくれるといったかけがえのない存在になっているでしょう。 このようなタイプの柴犬は、家族以外との密な交流は求めていません。 レジャーやアウトドアを一緒に楽しむことはできるものの、あくまでも相手は家族だけです。 これは決して悪いことでなないので、社交性がない、愛想がないと悲観するのではなく、家族と深い絆で結ばれている証だと理解してあげましょう。 また最近は、柴犬の人気や室内飼育の要望を受け、日本犬ならではの気質を持たない社交的な柴犬も増えています。 家族以外へも愛想がよく、他犬との仲良く遊び、過ごすことも出来ます。 攻撃性も少なく、まるで小型洋犬のような雰囲気もあります。 このようなタイプはペットとしての飼いやすさを求められ輩出されています。 犬連れOKな施設やイベントを共に満喫することも出来るでしょう。 柴犬の性格は本来の気質を色濃く残しているか、それとも現代風に改良されているかで大きく異なります。 しかし生後間もない子犬の時点では見極めが難しい上に、その後の生活環境でも変化がみられます。 また子犬の頃は社交的でも成長とともに本来の柴犬らしさが色濃く表れることもあります。 スポンサーリンク ごくまれに、柴犬の中には ・過度な凶暴性 ・絶叫と呼べるほどの激しい拒絶反応 ・飼い主でさえも負傷してしまうほどの攻撃性 をもつタイプもいます。 これらは本来の柴犬の特徴ともペットとしての気質とも異なります。 このような行動を見せる場合、家庭でのしつけだけでは対処は難しく、誤った手法で接することでますます関係性が悪化することもあります。 もし柴犬のしつけに自信がない、問題行動の兆候があると感じた場合は、プロの ドッグトレーナーに相談をして早期に解決へ向けた取り組みを始めてあげましょう。 内向的でシャイな柴犬におすすめなおもちゃ? 内向的でシャイな性格の場合、 遊びの相手はもっぱら飼い主に限られます。 ただ愛犬にとっては飼い主と遊べる時間はこれ以上にないほどに楽しく幸せな時間です。 柴犬は室内で飼われることが多いものの、運動量が多く活発な犬種です。 持久力もあり、運動不足は肥満に直結します。 このようなタイプの柴犬にはボール投げなど繰り替えし遊ぶことが出来、体力の消耗につながる遊びがおすすめです。 十分なスペースが確保できる場合は、遠くまでボールを投げることの出来るアイテムなども活用しましょう。 ただし柴犬にはジャンプ力はあまり期待できないのでフリスビーはお勧めできません。 室内で遊ばせる場合は、ロープなど頑丈で飼い主と引っ張り合い遊ぶことの出来るおもちゃがおすすめです。 柴犬は飼い主に深い愛情を注ぐ性格ですから、一人で遊ぶよりも飼い主に一緒に遊んでもらう事を何より期待しています。 ロープなど引張遊びが出来ればコミュニケーションはもちろん適度な筋肉運動になり、カロリー消費にもつながります。 運動不足の解消が出来、肥満予防にも効果的です。 愛犬がぬいぐるみやおもちゃに感心がないと思った時は、ぜひ飼い主と一緒に遊ぶことの出来るおもちゃを新たに探してあげましょう。 社交的で活発な性格の柴犬におすすめな遊び? 社交的で他犬とも積極的に触れ合いたいという性格の場合は、 ドッグランがおすすめです。 柴犬は厳しい日本の寒さに耐え屋外で暮らすことを期待されていたことから、脂肪がつきやすい体質をしています。 そのため日々の運動不足から生じる肥満のリスクは常に意識しなければなりません。 たとえ毎日散歩に出掛けていても、犬にとってはまだまだ運動が足りていません。 勝気で臆病な性格の柴犬におすすめなお手入れ方法は? 爪切りやシャワーが苦手な柴犬は想像以上に多いものです。 中には飼い主の行動からその気配を察知しただけで逃げ回り、大声で絶叫するほどです。 これは残念ながらしつけでは完全に解消できません。 ただ最近は電動爪やすりや水のいらないシャンプーといった便利なアイテムも様々あるので、愛犬の性格を見極めつつベストな方法で取り組んであげましょう。

次の