私の少年 最新話。 ドメスティックな彼女ネタバレ232話(最新話)!考察や感想も!【繋いでいくこと】

さよなら私のクラマーの最新話『39話』のネタバレと感想、考察まとめ!月刊少年マガジン9月号

私の少年 最新話

漫画咲-Saki-の最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 ちなみに218話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はまずこちらから。 これから咲-Saki-【第219話】のネタバレを含む内容を紹介します もし文章のネタバレではなく絵付きで咲-Saki-【第219話】が読みたい!ということであれば U-NEXTで今すぐにヤングガンガン2020年11 号が無料で読めますよ。 咲-Saki-【第219話】のネタバレ 前回のあらすじ 宮永照の9連続和了を防ごうと奮闘する片岡優希、辻垣内智葉、松実玄。 3人が何とかテンパイするが、一歩遅く照のツモ番が来てしまう。 誰もが悔やむ中、玄が赤五索を送り込み照のツモを流すと、その隙に智葉が自摸和了して先鋒戦が終わるのだった。 【僅差で照を止めた辻垣内智葉】 激闘の先鋒戦に決着が着く中、司会者が絶対的な強さで勝利した照の名を叫ぶ。 ゲームが終わると智葉が照へ引き負けるかと思ったと語りかける。 だが、照は智葉の方が好調だったと言いつつ、 オーラスで倍満で和了った理由を問う。 問われた智葉は、あくまでツイていたからと答えつつ、 内心では三倍満を目指していたら負けていたと思う。 その後、控え室に戻った智葉を出迎える 臨海女子の生徒たちは、 -5300ではあれど2位で耐えた智葉を上出来と褒めたたえた。 【奮起する松実宥と染谷まこ】 智葉に続いて控え室に戻った玄は、 姉の松実宥を見て思わず涙が溢れる。 必死に涙を流すまいと堪える玄を優しくだきしめる宥は、 -25500で3位へと転落したことを責めることなく、姉である自分が頑張ると告げた。 一方で優希は控え室の前で涙を拭うといつも通りの様子で部屋へと入る。 出迎える仲間たちから奮闘だったと言われるが、 -33500で最下位という結果に悔しさを見せる。 そんな優希を十分な成果だと称賛する部長、竹井久。 感極まった優希が号泣する中、次鋒戦に出場する染谷まこが立ち上がる。 同時刻、照を取材していた西田記者が急遽、東京へと戻ることに。 電話越しに早く戻ってこいと告げる編集長は、 記事の内容次第ではクビにすると言うのだった。 漫画咲-Saki-の最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 U-NEXTでは31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに無料で読めます! ヤングガンガンで咲-Saki-の最新話を読みたいのであればオススメです! これを機会にチェックしてみてください。 その事実こそが、如何に宮永照が規格外か如実に表しています。 でしょうか。 そんな怪物相手に玄と優希の2人はかなりの点差をつけられましたが、清澄高校と阿知賀女子学院は巻き返せるでしょうか。 西田記者へ不穏な連絡が入る中、決勝戦がどうなるのか、次回も楽しみです! 次回の咲-Saki【第220話】掲載のヤングガンガン2020年15号発売日は7月17日になります! まとめ 以上、咲-Saki-【第219話】のネタバレ・感想を紹介しました。 漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。 無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!.

次の

ブンゴ(BUNGO)【最新234話】のネタバレと感想!|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

私の少年 最新話

『私の少年』前話 36 話のあらすじは・・・ 真修の父に謝罪する機会を貰えないかと椎川に頼む聡子。 そこで聡子が仙台に赴任したのは椎川の推薦だと知る。 ありのままのあなたを見ると言っておきながら椎川に実父を重ねて見ていた聡子が許せなかったのだ…。 聡子は反省して謝罪し、真修の父に機会を取り付けて貰える事になった。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 真修の父に謝罪したと言う聡子 聡子と付き合っていたという椎川の言葉を思い出す真修…。 真修は電車でグループLINEをしていた。 すると菜緒が土曜日でも大丈夫というメッセージを送ってきた。 そう、彼女もいるのだ。 ちなみに真修は今度の土曜日に中学の時のクラスメートの皆で出かけるという約束である。 それから新宿駅に着く。 休憩コーナーで中国語のテキストとコートがある。 どうやら聡子のだったらしく、落ちていたのを拾って聡子に感謝される。 それから以前、聡子がターコイズの色を好きだと言ったという話になる。 ……勉強を続ける。 聡子はふと、真修の父に会って話したと言う。 真修が慌てていつの事か訊き返すので、以前にわだかまりについて謝罪した旨を話す。 真修父は低く出たのだが、それは後ろに椎川がいたからだろう…。 さらにはなんと「真修の勉強を見てやって欲しい」とまで言われる。 真修は自分にも責任があると言う。 父とこれまで何も話してはこなかった。 真実を話すなら自分の口からの方が納得してもらえるだろう。 何か協力して欲しい事があったら聡子に連絡する事に。 今度の日曜日遊びに行こう 他に何か話したか聞かれ、聡子は真修父が「息子は自分の事を恨んでいるのではないか。 自分が二度も聡子と引き離してしまった」と話していた事を思い出す。 ……が、得にはないと返答する。 それから聡子はノイズキャンセリングイヤホンを付ける。 真修は言われたくない事を言わせる方が酷いと思い至った。 と、真修は聡子のノイズキャンセリングイヤホンを外す。 そして勉強の息抜きにどこかに行かないかと言う。 聡子は真修の父に許可を貰わないと…と言い、真修が後で許可を貰うと言う。 というわけで日曜日に一緒に出かける事に(土曜日は友達たちと集まる事になっている)。 菜緒は駅で真修と待ち合わせをしていた。 随分メイクが濃すぎる気がしている…。 大丈夫かと確認しようとした時、真修が背後から「おはよー」と声をかけてきた。 久しぶりの再開なのに、心の準備が…。 と、真修から頬に何か付いていると指摘される。 あわててお手洗いに行く事に。 どうやらマスカラの一部が付いていたらしい。 それから皆で集合し、可愛いカフェに集まる。 そこでスイーツを皆で食べる。 それにしてもこんな夢の空間で………真修だけジャージだ。 酷すぎると男子が突っ込む。 もしこんな格好でデートなんてしたら…。 そういえば真修は一度も服を自分で選んだ事がない。 ……と言うわけで、食べ終わった彼らは服屋に行く。 男子vs女子、真修のコーディネート対決だ。 意外と男子は真剣に選んだらしく、値段も手も込んでいる。 真修はターコイズの色をした服を購入する。 ターコイズというのは、もしかして以前菜緒があげたブレスレットのあれだろうか…。 偶然でも嬉しくなる菜緒。 そのまま店を出て外を歩く真修たち。 すると真修は知り合いがいたから先に行ってて欲しいと言う。 ……そこに、ターコイズのコートを着た聡子が現れる。 聡子は菜緒たちに手を振ってくれるが…。 そう、ターコイズの服を買ったのは聡子のためだったのだ…。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 真修は聡子の事を思っており、まだまだ菜緒の想いが届くには時間がかかりそうですね。 ちなみに聡子は無事に真修の父へ謝罪をする事ができました。 しかも父はあっさりと真修に勉強を教えるのを認めてくれてます。 これならば大丈夫でしょう。 わだかまりなく真修に勉強を教え続けられるはず。 果たして菜緒の想いは伝わるのでしょうか…? 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 をお送りしました。 漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】 まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の

ブンゴ(BUNGO)【最新234話】のネタバレと感想!|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

私の少年 最新話

スポンサーリンク 私の少年29話「うさぎ小屋」のネタバレ 聡子のことば 真修は聡子に 「戻りな」と言われてカラオケルームに戻る。 『もう少し一緒にいたい』気持ちと『みんなに嘘ついてわざわざここまで来たのになんで』という気持ちもあったが、聡子の表情が今までの 『子供に語りかけたりするような』感じではなく… 自分とおなじ目線で話してくれてる気がした、と真修は考える。 だから今日はみんなのところに帰ろうと思ったのだ。 ルームに入ると、真修のついた嘘を本当だと思い心配をしてくれたので少し申し訳ない気持ちになりながら、さっき座ってた場所に腰を下ろす。 他にも友人が、真修がいない間に盛り上がった話をもう一度話してくれる。 他のみんなはその話を聞くのは2回目なのに、うなずいてニコニコして、オチの部分では初めて聞いた話みたいに大笑いした。 冬休みの課題 冬休み初日、真修の祖母は大掃除を始めていた。 真修はあらかたの宿題はもう済んでいた。 残っていたのは総合の課題… 進路のために自己分析をしてみようというものだった。 項目は、 ・趣味、特技 ・長所 5個以上 ・短所 5個以上• 15歳になる今、あの時がんばってよかったなあという今につながるエピソードを思いだしてみよう!というものだった。 しかしどの項目もなかなか埋まらず、真修は頭を抱え悩みに悩んだ末、 聡子に電話で相談をすることになる。 聡子は真修のいいところは、『集中力がある』『何事にも正直』『思いやりがある』などを挙げてくれるが真修自身は、この前のクリスマス会の自分の行動を思い返し全く当てはまらない…とため息をつく。 真修はそんなことを中学の課題で書いたら絶対いじられる…とあまり好感的ではないは聡子は、 「サッカーでもうさぎ当番でも やったことに意味があると思うけどなあ」 そう話し、電話はそこで終了する。 真修はそれから結構真剣に悩んだり、アルバムとかも開いてみたりはしたけど思い返すと聡子とふたりで過ごした世界ばかりが詰まっていたーーーーー…そんなことを考えながら真修は眠りにつく。 うさぎ当番係 夢の中、うさぎの世話をしていた時のことを思い出すーーー…。 真修の育ててるうさぎ小屋で大人のうさぎが産んだばかりの赤ちゃんを噛み殺してしまうということがあった そのため他に世話をしていた子たちは怖がってお世話がかりを放棄し、真修1人でお世話がかりをしていた。 「なんでそんことするの?」 真修はその疑問を自分で調べて、 『母親は子うさぎを他者から守るために嚙み殺すこともある』ということがわかった。 そのようなことがこれから起きないために、うさぎに安心して子育てできる場所だって思ってもらえるように部屋づくりをするのだった。 部屋づくりをしてしばらく経った時、ベットの子… うさぎの赤ちゃんが二匹生まれた。 「においがついたらダメだから!!人間は離れないと!!餌とかもなるべく手で触れないで遠くから」とドキドキしながら本で読んだことを試そうとする。 そんなとき、年下の女の子が「うさぎ触ろー」とやってくるが、真修はそれを止める。 うさぎ小屋 …そういえば…卒業してからうさぎ全然見てないな… 真修はそう考えながら眼を覚ます。 リビングに行くと、祖母からおつかいを頼まれたので弟の遼一と外に出かけるのだった。 真修は遼一と祖母の大掃除の話をする。 遼一は部屋が汚くても綺麗でも自分は何も変わらんし 「いみない」と話す。 真修はうさぎ小屋の夢を見たのもあり、途中小学校による。 中庭を通り過ぎて、給食室のわきを抜けて立入禁止の池の横にーーーーーー… あったはずのうさぎ小屋がなかった。 真修は遼一になんで無いのかと問いかけると、 「全部死んだし」 去年たくさん雪が降ったとき凍死したって噂で聞いたと遼一は話す。 真修は課題のことを思い返す、 サッカーもうさぎも結局今はなくなってしまって、今につながるものは何もなく、意味なんてなかったんだ…と悲しい気持ちになる。 そんな時校長先生が話しかけてき、久し振りに真修を見て「どうしたのいきなりー」と問いかけた。 「うさぎ小屋が気になって」と答える真修に先生は大雪の時にいなくなったことを話し始める… 「うさぎ当番してた6年生の子たちがうさぎのこと心配になってぜーんぶ家に連れて帰っちゃったから」 うさぎはその後も連れ帰った子の家に引き取られたそうで、学校に羽も居なくなったそう。 死んだのではなく…!?と驚く真修。 rうさぎがみーんな元気だったの 真修さんがお世話頑張ってたからだよ ありがとうね」 と校長先生は真修に伝え、その写真のコピーをくれた。 校長先生は学校を出る時、校門まで見送ってくれ 「またいつでも 何かあっても何かなくても顔見せにおいで 先生たちは待ってるからね」と言ってくれるのだった。 『小学校の頃、学校でうさぎを飼っていました。 他に当番をやる人がいなかったので、自分でやり方を調べて、ベットを作ったり、エサをあげたりしていました。 最初は他に誰もいないから、という気持ちでやっていたけれど、うさぎは可愛かったし、自分の姿を見てかは分からないけど、後に引き継いで世話をしてくれる人もいて、 やったことは無駄じゃなかった、意味があったんだと思いました。 』 そう真修は総合の課題に記入するのだった。

次の