沖田 臥竜 ビジネス ジャーナル。 「エアガン煽り運転」佐藤容疑者は、地元では有名な「大人になれない問題児」だった【沖田臥竜コラム】

他人の金で】沖田臥竜part.11【親孝行やでな

沖田 臥竜 ビジネス ジャーナル

稲川会本部を後にする髙山若頭 5月30日に岡山県内で、 神戸山口組池田組若頭が 六代目山口組大同会の若頭代行に発砲され、重傷を負った事件が発生してから1週間以上が経過したが、今のところ六代目山口組サイドによるさらなる攻撃や、神戸山口組サイドによる報復とおぼしき事件は起きていない。 ただ、銃撃事件後しばらくしてSNSで拡散された発砲の状況を収めた動画については、業界関係者の間でも、さながら映画のワンシーンのようだったとする声が囁かれ、大きな話題となっている 「拡散された動画は、池田組の本部事務所に備えつけられていた防犯カメラによる映像でした。 池田組本部から少し離れた駐車場に車を停めた大同会の若頭代行が歩いてきたところから始まり、別の駐車場で雑談していた池田組若頭に近づいて、拳銃を構えます。 するととっさに池田組若頭は、大同会若頭代行に立ち向かっていくのです。 そこで腹部に発砲され転倒するのですが、それでもすぐに立ち上がって、逃げる大同会若頭代を追いかけようとするのです。 その後、カメラは切り替わり、大同会若頭代行を別の池田組組員らが追いかけ、駐車していた車の運転席に若頭代行が乗り込むと、さらに別の池田組組員が強引に助手席に乗り込み、そのまま車は発進。 結局、助手席の池田組組員は池田組本部前で車から突き落とされるのですが、その一部始終が映っている動画でした。 あそこまで攻防の一部始終が映っている動画を目にできるとは、いくらSNSで拡散されやすい状況になったとはいえ珍しいのではないでしょうか」(長年、ヤクザ取材を続ける記者) 確かに、事務所や関係者施設、その周辺などで発砲事件が発生すると、その直後から防犯カメラに残された映像が出回ることは、昨今の特徴ともいえるかもしれない。 だが、そうした事情を考えたとしても、今回の岡山県内での発砲事件の模様はあまりにも鮮明に残されており、貴重な動画といえるだろう。 取り締まり強化も六代目山口組上層部は「通常運営」 前述の通り、この事件に端を発したさらなる攻撃や報復はないものの、すかさず動きを見せたところもあった。 分裂抗争の抑止力となるべき警察当局だ。 事件から6日目となる6月5日に、両組織の衝突が一般市民に被害を与える可能性があるとして、岡山県岡山市の池田組本部や鳥取県米子市にある大同会事務所など関連施設3個所に暴力団対策法に基づき使用制限をかけたのである。 「分裂抗争にかかわる事件が起きれば、こうして事務所や関連施設をすぐに使用できなくさせる措置を、今後も当局ではとっていくだろう。 それでも事件が起きる時には起きるし、それが組織運営にまで影響を及ぼして組員の動きを封じ込めているかといえば、そうではない。 使用できなくなった主要施設外で活動するので、逆に組織内部の動きをわかりにくくさせている面だってある。 また、あまり大きな声では言えないが、事務所内での当番などが免除されるので、内心ホッとしている組員がいるのも実情だ。 これは、事務所の使用制限をだけを受けてのものではない。 コロナ問題が勃発し、密集を防ぐために泊まり込みの当番などを一時的に取りやめた事務所だってある。 正味な話、その間は身体の自由がきくようになるため、喜んでいる現場の組員もいるのは確かだ。 なにしろ分裂問題にしてもコロナ問題にしても現在は非常事態で、これが永続的に続くというものでもない。 岡山県と鳥取県で新たな事務所使用制限がかけられた日、六代目山口組の事実上の最高指揮官、髙山清司若頭らは、稲川会総裁の誕生日を祝うために、東京・六本木にある稲川会本部を何事もなかったかのように訪れ、待ち構えていた報道陣の前に堂々と姿を見せているのだ。 同日にはほかにも、六代目山口組の中核組織、三代目弘道会の若頭である野内組野内正博組長が、川崎市に拠点を構える稲川会山川一家を尋ねているし、福岡県に本拠地を置く独立組織・福博会の代替わりには、同組の後見を務める髙山清司若頭の名代として、六代目山口組若頭補佐である三代目弘道会・竹内照明会長が出席しているである。 このように、六代目山口組の上層部では、最近は日常的な組織運営が行われていることがうかがえるのだ。 岡山での事件後、今日までの静寂ぶりを見ると、六代目山口組と神戸山口組の対立は、警察当局の動向を考慮しつつ、今後しばらくは再び膠着状態に突入すると見る向きもある。 だが、抗争事件が起きる時はなんの前触れもなく発生してきているのも事実。 時としてマシンガンが使用されるような事件すら突如起きてきたのだ。 それらを踏まえると、明日何が起きても決しておかしくはない状況が続いているという考えを捨てるべきではないのだろう。 日本最大組織、六代目山口組が分裂状態にあるというのは、それくらい尋常ではないことなのだから。 以降、テレビ、雑誌などで、山口組関連や反社会的勢力が関係したニュースなどのコメンテーターとして解説することも多い。 著書に『』(共にサイゾー)など。 最新小説『』が発売中。

次の

(2ページ目)リアルニュースサイトRーZONEが一年の充電期間を得て、本日よりいよいよ再始動!|トレンド、アングラ、ビジネス、カルチャー R

沖田 臥竜 ビジネス ジャーナル

著者の沖田臥竜氏。 沖田『いや、それは違います。 前回は愛すべき男、文政を主人公にした生野区にスポットを当てたので、次は私の地元、尼崎に舞台を移そうと思っただけです』 ー「尼崎の一番星たち」の見どころをお聞きしても宜しいでしょうかー 沖田『やはり強烈的なキャラクター文政、それにバッテツ、光合成姉妹のひかとみどの暗躍(笑)ですかね。 第1章は私のヤクザ人生の後年をシリアスなタッチで描いています。 2章からクスッと笑える場面あり、塀の中あり、で読了後、おもろいやんって言ってもらえたらなと思っています』 ーそれは是非、期待しています。 今後、RーZONEの執筆では、生野が生んだスーパースターの続編なども始めて下さりますよね。 アサヒ芸能や夕刊フジ、そして頻繁に寄稿されているビジネスジャーナルのように山口組関連の情報も提供して下さるのでしょうかー 沖田『いや、ヤクザ関連の話題は勘弁して下さい(笑) 他で十分やってますんで、編集部の人たちでお願いします(笑) まあ、でも書きますよ。 話題のニュースや文政の続編というか尼崎の一番星たちの続編ですね。 あと、小説の新作もやりたいと思っています』 ー楽しみにしております。 最後に今後の抱負をお聞かせくださいー 沖田『本を世に出したい、という思いから筆を握り、今年は共著を合わせると4冊出版させて頂きました。 そろそろ爆発的に売りたいな、と思っています。 これからまた、RーZONEでも色々書かせて頂きますので、どうぞよろしくお願い致します。 ありがとうございました』 作家の風格が出てきた沖田臥竜氏の新作「尼崎の一番星たち」は、現在Amazonで予約受付中である。 本サイトの活躍を願いつつ、要チェックして頂きたい。 沖田臥竜氏の他、様々な書き手が今後、当サイトで執筆予定である。 「生野が生んだスーパースター男、文政」と並んでRーZONEで人気を誇った「菱のカーテンの向こう側」もリニューアルし再開予定だ。 これからのRーZONEに注目あれ! RーZONE編集部一同.

次の

六代目山口組の最新動向…岡山銃撃事件で規制強化も髙山若頭は稲川会本部に登場

沖田 臥竜 ビジネス ジャーナル

大阪・生野のコリアンタウン 大阪市生野区。 この街には、裏社会のスターダムへと駆け上がった有名人が多く存在している。 その代表格といえば、先日お伝えした通り、山口組分裂騒動の最中、神戸山口組系から六代目山口組系へと「今年最大級の大型移籍」を果たして注目を浴びる、「ゴン太会長」こと平野権太・権太会会長だろう【参照記事「」】。 その下の世代になると、「生野が生んだスーパースター」と自他共に認める、「文政」となっていく。 一貫して、ヤクザ組織に属することなく、それでも裏社会では一目置かれている文政氏の詳細については、手前味噌になるが拙著『生野が生んだスーパースター 文政』や、その続編『尼崎の一番星たち』(いずれもサイゾー)を読んでほしい。 そんな彼は現在、ある事件の捜査方針をめぐり、警察当局と対立を深めているという。 「ワシがキップ(逮捕状)出せ言うたら、返事は『わかりました』でええんじゃ」。 当局にも物言う。 日常会話のすべてが絵になる男である。 さらにその下の世代には「生野のヒサシ」、そして全国の旧車会を束ねあげた「ちしお」という有名人が存在している。 腕力で無敵といわれたヒサシ氏は、有名組長の実子であった。 去年8月、富田林署から脱走した容疑者に一般企業が懸賞金300万円を懸け、一躍、話題をさらったことがあった。 その企業の社長こそが、ヒサシ氏なのである。 「とにかく、ヒサシくんにケンカで勝てる人間なんて見たことがない。 それどころか、ヒサシくんに面と向かって口をきける同年代など、大阪にはいない」(地元関係者) その下の世代となるのが、ちしお氏である。 「若者たちの間ではカリスマ的存在で、これまで多くの旧車会のイベントを手がけてこられたことでも知られています」 フリーライター 生野を中心に関西のアウトローの間に名を轟かせるこの4人のビッグネーム、世代が違えど共通している点は多い。 それは地元住民から恐れながらも、同時に多くの人々から愛されているということだ。 アウトローの世界において、人々から恐れられることは必要不可欠である。 同時に、愛されることもまた必要不可欠なのだ。 ビッグネームになりたければ、恐れられながらも、人気がなければならない。 だからこそ4人の周りには、いつも数多くの男たちが自然と集まっている。 そして、その絆は何より固く結ばれているのだ。 生野コリアタウンと呼ばれる商店街には、多くの在日韓国人、朝鮮人が商いをしており、日本語に混ざってハングル語が飛び交っている。 現在では、韓流ブームの影響から観光地としても知られているのだが、地元民の結束は強い。 そんな生野区には、ほかにも多くの有名人が誕生している。 筆者は『生野が生んだスーパースター、文政』で、この生野を舞台にそうした有名人を登場させ、さまざまな人間模様を描いたが、そのために幾度となくこの街を訪ね、酒を飲み、韓国料理に舌鼓を打った。 そして、同書刊行後は、本の営業のために、生野区にある書店をすべて回ったことがある。 筆者にとっては処女作ゆえ、書店営業の経験も当然初めてということになる。 大阪市内のできるだけ多くの書店を回り、本を店頭に置いてもらうよう頼んだが、愛想の悪い店やはっきりと断ってくる店も少なくなかった。 しかし生野区の書店だけは、どこも温かく迎えてくれた。 「お兄ちゃんが『文政』を書いたんか。 売れてるで〜」 書店のおっちゃん、おばちゃんたちは、わざわざ作者が生野区まで来てくれたのかと、全員が全員、喜んでくれたのだ。 筆者を温かく迎えてくれる場所。 そんな生野にまた通いたくなったので、『生野が生んだスーパースター 文政』の第3弾への出版意欲が高まっている。 現在、執筆中で年内には出版したい考えだ。 2014年、所属していた組織の組長の引退に合わせて、ヤクザ社会から足を洗う。 以来、物書きとして活動を始め、『山口組分裂「六神抗」』365日の全内幕』(宝島社)などに寄稿。 著書に『生野が生んだスーパースター 文政』『2年目の再分裂 「任侠団体山口組」の野望』(共にサイゾー)など。 最新刊は、元山口組顧問弁護士・山之内幸夫氏との共著『山口組の「光と影」』。

次の