一路 真輝。 一路真輝 Ichiro Live 2020 |MAKI ICHIRO

山口祐一郎、一路真輝、井上芳雄、山崎育三郎らが熱唱 ミュージカル・コンサート『M.クンツェ&S.リーヴァイの世界』のTV放送が決定

一路 真輝

89年(24歳)舞台「ベルサイユのバラ」主演。 97年(32歳)大河ドラマ「毛利元就」出演。 引退後は貸衣装屋を経営。 ・4人きょうだいの長女。 兄、妹、弟がいる。 ・おじいちゃん子だった。 ・習いごと…日舞。 ・子供の頃はしっかり者だった。 ・ピンクレディーが好きだった。 振り付きで踊っていた。 ・初めて宝塚を観た中1の時に「私はここに入る」と決意した。 観劇後に宝塚ホテルのロビーで麻実れいを発見してツーショット写真を撮らせて貰った。 ・先天性股関節脱臼でダンスにハンデがあったが宝塚への憧れでレッスンを続けた。 ・両親は芸能界入りには反対だった(宝塚は賛成してくれた)。 カレーライス(大好物)。 しゃこ、鳥貝(交互にエンドレスで食べる)。 くずきり。 シフォンケーキ。 チョコレート。 甘いもの。 ・嫌いな食べ物…ポン酢。 ・酒は飲めない。 ・ほとんど料理はしない。 たまに作る手料理の腕前は自称「男の手料理」。 得意料理はド ライカレー。 ・肩凝り性。 電気のお灸を愛用。 ・健康法…にんじんジュース(北海道富良野市から取り寄せる、多い時は月に60本飲む)。 ピラティス。 接骨院。 ・過労が原因で左肺の自然気胸を患って半年間療養(=87年)。 ・超低血圧。 朝はまっすぐ歩けない。 朝は必ず入浴する。 ねぼけて洗顔クリームと間違えて歯磨き粉で顔を洗ってしまった事がある。 ・仕事がない時はいくらでも寝られる。 丸1日完全に寝て気がついたら翌々日だった事がある。 よく夢を見る(一晩に5本の夢を見る事もある)。 ・自分の布団でないと眠れないので1ヵ月以上の旅公演の時は寝具一式をホテルに送る。 寝具以外に吸入器なども送るのでかなりの荷物になる。 ・普段から不規則な生活をしているので海外に行っても時差ボケしない。 ・台詞や歌詞を紙に書いてお風呂場の壁に貼って入浴中に覚える。 ・照明を消してろうそくの明かりだけで入浴する。 好きなミュージシャンはダイアナ・ロス、ホイットニー・ヒューストン。 ・ストレス解消法…パンダの赤ちゃんのビデオを見る。 ・自らの設計で家具屋に発注して天井まであるCDラックを作った。 ・阪神大震災で集めていた食器が全部割れてしまった.。 ・地図を見るのが好き。 ・好きな花…こちょう蘭。 野の花。 ・トランクが好き。 たくさん持っている。 ・いきつけ… 香港料理「ル・パルク」(恵比寿=15. 12現在)。 12現在)。 「越後鮨」(中央区築地、10年以上通っている、 ご主人と女将さんを「東京のお父さんお母さん」と呼んでいる)。 スーパー「ポロロッカ」(虎ノ門)。 ・芝公園(港区)によく行く。 ・愛車はメルセデスベンツC230(=99. 05現在)。 ・ひとりで音楽を聞きながらドライブするのがストレス解消法。 ・温泉が好き。 ・好きな町…オーストリアのウィーン。 ・私生活より仕事を優先するタイプ。 ・カラオケが大好き。 ・「天然系」とよく言われる。 ・22歳の頃に両親が離婚。 ・兄は自営業。 弟は医学療法士。 ・妹は一路の現場マネージャー(=15. 08現在)。 ・妹、甥、姪ととととても仲が良い。 甥と姪から「ちゃーちゃん」と呼ばれる。 仕事の時に長女の面倒を見て貰う。 ・結婚前に内野と「お互いに結婚に向いてないよね」と言いあっていた。 宝塚在籍中からの仲。 ・天海祐希…友人。 よく一緒にファミレスに行った。 一緒に温泉に行って男風呂に入った。 ・斉藤由貴、水野真紀…友人。 ・高嶋政宏…舞台「王様と私」で共演。 酔いつぶれた高嶋を介抱してタクシーに乗せた事がある。 ・香田晋…ドラマで共演してキスシーン。 ・石井ふく子…舞台「娘よ」の演出家。 ・あさなぎりん(朝凪鈴)…宝塚の同期生。 ・明石家さんま…好きなタレント。 ・イチロー…友人。 宝塚を一緒に観た事がある。 交際を噂された(=96年)。 ・内野聖陽…06. 07入籍、11. 18離婚。 できちゃった結婚。 4歳年下。 舞台「エリザべート」で共演(=00年)。 離婚後も友人として交際、子育ての事を相談する。 ・子供: 長女…06年誕生。 ・芸名の由来は「真実一路」。 ・宝塚音楽学校の厳しい規則: 下級生は廊下を曲がる時は直角に曲がる(上級生にぶつからないように)。 先輩に対しては必ずお辞儀。 先輩に話しかける時は「お願いします、失礼します」と切り出す。 毎日2時間掃除、窓ガラスは鳩がぶつかってくる程まで綺麗に掃除。 先輩御用達の店には入店禁止。 男生と一緒に歩いてはいけない。 阪急電鉄(親会社)の電車におじぎをしないといけない。 阪急電車に乗る時は下級生は上級生より後ろの車両に乗らなくてはいけない。 ・新人公演「ブルー・ジャスミン」で研2生で主役に抜てきされた。 ・10代の頃から低音がよく出た。 ・82年から87年まで6年間で休みは計1ヵ月だけだった。 ・87年に気胸を患った後、自己管理の限界を感じて演出家に股関節の状態を告白、 ダンスの負担の軽い役にして貰って仲間のフォローで主役を張り続けた。 ・股関節の痛みがひどい時は整体師に24時間いつでも治療できるよう待機して貰っていた。 公演中に夜中にかけつけた事があった。 ・「天国と地獄」で雪組トップスターになる(=93年)。 ・音域は3オクターブ。 ロンドンで発声を一からやり直して自然な高音が出るようになった。 ・舞台の前に入念にストレッチをかかさない。 ・身長164㎝は男役にしては小さかった。 女役もやった。 ・宝塚を辞めてから男役の意識が抜けるまでに2年かかった。 ・ドラマに出始めた当初、舞台の表情・発声・動きの癖が抜けず、 「眼力が強すぎる」「普通にやって」とよく言われた。 ・第22回菊田一夫演劇賞を受賞(=96年)。 ・ドラマ「番茶も出花」の主題歌「雨上がりの星空」をリリース(=97年)。 ・舞台「キス・ミー,ケイト」「イーストウイックの魔女たち」でコメディエンヌを好演。 ・第12回読売演劇大賞優秀女優賞を受賞(=04年)。 ・舞台「娘よ」で初めてミュージカル以外の舞台に出演(=05年)。 ・長女誕生後数年間芸能活動を休養。 ・「宝塚100周年夢の祭典」に出演(=14年)。

次の

一路真輝は宝塚「エリザベート」の初代トート閣下!内藤聖陽と離婚するも娘のおかげで関係修復?!

一路 真輝

一路真輝の今現在は元旦那と再婚?子供(娘)の画像や内野聖陽との離婚理由も調査【徹子の部屋】 スポンサードリンク 元宝塚歌劇団雪組のトップスターとして活躍した 「 一路真輝(いちろ まき)」さんが 12年ぶりに徹子の部屋に出演されます。 前回出演した際には 女優業に励む独身女性の心境を語っていた一路真輝さんですが、 その翌年に内野聖陽(うちの せいよう)さんと電撃結婚を発表! そして結婚のわずか3か月後、41歳で子供(娘)さんを出産されました。 一路真輝さんと内野聖陽さんとの出会いは ミュージカル「エリザベート」で相手役として 共演したことがきっかけだったそうです。 その後、育児に専念するため長期休業すると発表がありましたが 2011年8月に内野聖陽さんとの離婚を発表。 約5年間の結婚生活にピリオドを打ちました。 そんな波瀾万丈な12年間を過ごしてきた一路真輝さんですが 今現在はどのような生活を送られているのでしょうか。 また、元旦那との再婚の噂や離婚原因、 娘さんの画像などについて気になって調べてみました。 一路真輝のプロフィール(1ページ目)• 一路真輝が元旦那の内野聖陽と離婚した理由や再婚は?(2ページ目)• 一路真輝の娘(子供)の名前や画像は?(2ページ目)• 一路真輝の今現在は?(2ページ目) 一路真輝のプロフィール• 名前:一路 真輝(いちろ まき)• 本名:石川 いづみ(いしかわ いづみ)• 生年月日:1965年1月9日• 出身地:愛知県名古屋市• 身長:164cm• 血液型:B型• 所属:東宝芸能 小学校6年生の時に初めて宝塚歌劇団の公演を観劇し いつか自分も宝塚歌劇団に入りたいと心に決めた一路真輝さんは 特に専門的なレッスンを受けていなかったにもかかわらず 1回の受験で合格し、1980年に宝塚音楽学校へ入学。 1982年に宝塚歌劇団へ入団し、男役として雪組へ配属。 音楽学校卒業公演でソロを務めた歌唱力で注目を集めた一路真輝さんは 娘役としても違和感のない容姿だったことから ヒロインに抜擢されたこともある。 主な作品• はばたけ黄金の翼よ• 風と共に去りぬ• 雪之丞変化• エリザベート• 王様と私• キス・ミー・ケイト• アンナ・カレーニナ など多数。 1996年に宝塚歌劇団を退団後は舞台やテレビなどで活躍している。 一路真輝の現在や娘、元旦那との再婚や離婚原因については次のページへ PAGE 1 スポンサードリンク.

次の

一路真輝、元夫・内野聖陽との和解は子供の一言がきっかけだった。

一路 真輝

最終更新: 2020年6月4日 05:27• ニックネーム いっちゃん, 石川いづみ, 一路 万輝, イチロ• 出身地 愛知県名古屋市• 生年月日 1965年01月09日• 年齢 55歳• 星座 やぎ座• 血液型 B型• 略歴 1982年、宝塚歌劇団入団。 1993年、『天国と地獄/TAKE OFF』で男役トップスターに。 「男役の限界を超える」と形容されたダイナミックな歌唱で君臨。 1996年の退団後も、ミュージカルやドラマで活躍。 引退公演では男役トートを演じた『エリザベート』のタイトルロールを当たり役にした。 トリビア 宝塚歌劇団退団後は『エリザベート』ブームを巻き起こし、共演相手の内野聖陽と結婚。 出産、休業を経て、2010年に復帰。 しかし翌年、離婚した。 一路真輝の出演ドラマやテレビ出演情報 2016年 「居酒屋もへじ-母という字-」 川上遥役で出演 2014年 「隣の女」 田向ゆき役で出演 1997年 「NHK大河ドラマ 毛利元就」 雪の方役で出演 1996年 「スチュワーデス刑事」 和泉涼子役で出演 一路真輝の関連ニュース•

次の