ビンゴ5 当選番号速報。 Bingo5(ビンゴ5)通信

ビンゴ5 攻略ポイント 過去の当選番号・色分け予想・対角で攻略せよ!

ビンゴ5 当選番号速報

「1~5」のマス目の中から1個、「6~10」のマス目の中から1個、「11~15」のマス目の中から1個、 「16~20」のマス目の中から1個、「21~25」のマス目の中から1個、「26~30」のマス目の中から1個、 「31~35」のマス目の中から1個、「36~40」のマス目の中から1個の数字、合計8個の数字を選びその 数字をマークします。 「1~5」から1個 「6~10」から1個 「11~15」から1個 「16~20」から1個 FREE 「21~25」から1個 「26~30」から1個 「31~35」から1個 「36~40」から1個 ビンゴ5の抽選方法と当選条件 ビンゴ5申込みカードのマス目の中に5個の数字「1から40」までが記入されています。 各マス目の5個数字の中から1個の数字を抽出して当選数字を決定します。 「ビンゴ5」の申込カードに各マス目より選んだ数字を記入して購入します。 記入(選択)した数字と抽選された数字が一致したマスと、 中央(FREE/フリー)のマスによって縦・横・ななめの計8ラインのうち1ライン以上がそろえば当せんとなります。 そろったラインの数で1等から7等までの当せんが決まります。 当選成立ラインは縦・横・斜めの8ライン ビンゴ5の当選例 ビンゴみたいな宝くじ!当選は縦・横・斜めの8ライン 揃ったラインの数で1等から7等までの当選等級が決まります。 抽選は毎週水曜日、午後6時45分より原則、東京宝くじドリーム館で行われます。 ビンゴ5当選番号速報では抽選後、スピード更新中です。 ビンゴ5当選番号速報(過去のデータ一覧)• 当選番号速報!掲載データ数字については万全を期していますがデータに誤りがあればご報告をお願いします。 最終確認はみずほ銀行ホームページまたは、宝くじ売り場でご確認下さい。

次の

当選回数の多い数字・少ない数字

ビンゴ5 当選番号速報

ビンゴ5宝くじも第3回を終え、徐々にこの全く新しいタイプの数字選択式宝くじが浸透しています。 アンケートを取ると7割りの男性はビンゴ5(BINGO5)にやや否定的…。 男性はストロングタイプの「ロトくじ」がお好きな傾向がより強いです。 以前に記しましたが、このビンゴ5(BINGO5)は抽せん会場の内装などを見てもお分かりの通り若年層、特に女性層を多くターゲットにしています。 ピンク色とは色彩心理学的に「男子禁制」を意味しています。 東京「宝くじドリーム館」に来館される女性の何割りがサクラなのかは存じ上げませんが(笑)、メガバンクの資本力をもってすればサクラ動員などいとも容易いことでしょう。 1抽せん回辺りの販売実績額も3億8千万円前後に徐々に落ち着いていますが、今後は多少の多寡はあるでしょう。 「ミニロト」の販売実績額に1億円余り足りない計算ですが、「みずほ銀行」は単純に売り上げだけを見ているだけはありません。 以前の記事にも記しましたし報道にもありましたが、「グリーンジャンボ」が「バレンタインジャンボ」。 「オータムジャンボ」が「ハロウィンジャンボ」に名称変更されます。 無論申し上げるまでもなく、この名称変更は若年層を意識しています。 「バレンタイン」は女性。 それに惹きつけられる男性。 「ハロウィン」は日本にも浸透しつつある若年層全体がターゲット。 「浸透しつつある」と申しましたが、浸透させているのは言うまでもなく「国」。 すべては国(政策)の推進次第です。 自然発生ではありません。 当たり前過ぎますが。 長きに渡り「宝くじ」は中年・年配層、特に中年・年配男性層が購買層の主でした。 それは現在も変わっていません。 ただ2014年(平成26年)を境に、明らかに「宝くじ」の売り上げが減収し、「ジャンボ宝くじ」に至っては前年比85~90%が当たり前になってきました。 これを続けていれば「前年比90%」、「前年比90%」…やがて「宝くじ」の売り上げは年間5000億円を下回ってしまいます。 そこにテコ入れをしたのが、「ジャンボ宝くじ」の1等賞金の増額、「3種併売宝くじ」の発売、「バレンタインジャンボ」と「ハロウィンジャンボ」の名称変更、「ロト7」、「ロト6」の1等賞金の増額。 そして今回の若年層をターゲットとした「ビンゴ5」の発売です。 若年層、それはつまりは「SNS拡散」などの共創コンテンツを今後は行っていきます。 「グリーンジャンボ」までは平成28年度でしたが、平成29年度の宝くじは変わります。 単純に「ミニロトより販売実績額が少ない」という表面上の思惑ではなく、 この「ビンゴ5」を入り口にこれまであまりターゲットととしてこなかった若年層へ購買してもらう「仕組み作り」を「みずほ銀行」はしています。 この「ビンゴ5」の商標が平成28年なのも、かなり以前から全国自治宝くじ事務協議会との連携で仕組み作りをしている証しです。 実はこの「ビンゴ5」の前に…という、ここでは記せない事実もあるのですが、誰が見ているか分からないインターネットの記事。 この辺りにしておきます。 単純な販売実績額ではなく、そうした仕組み作りの果てには「ミニロト」は廃止されるのではないでしょうか。 年配男性層も一部を除いて、皆さんお金がありません。 「宝くじ」に購買してくれる層を、今後はもっともっと広げていっていければ幸いです。

次の

ビンゴ5宝くじの結果は毎日何時に発表?確認必須!

ビンゴ5 当選番号速報

ビンゴ5宝くじも第3回を終え、徐々にこの全く新しいタイプの数字選択式宝くじが浸透しています。 アンケートを取ると7割りの男性はビンゴ5(BINGO5)にやや否定的…。 男性はストロングタイプの「ロトくじ」がお好きな傾向がより強いです。 以前に記しましたが、このビンゴ5(BINGO5)は抽せん会場の内装などを見てもお分かりの通り若年層、特に女性層を多くターゲットにしています。 ピンク色とは色彩心理学的に「男子禁制」を意味しています。 東京「宝くじドリーム館」に来館される女性の何割りがサクラなのかは存じ上げませんが(笑)、メガバンクの資本力をもってすればサクラ動員などいとも容易いことでしょう。 1抽せん回辺りの販売実績額も3億8千万円前後に徐々に落ち着いていますが、今後は多少の多寡はあるでしょう。 「ミニロト」の販売実績額に1億円余り足りない計算ですが、「みずほ銀行」は単純に売り上げだけを見ているだけはありません。 以前の記事にも記しましたし報道にもありましたが、「グリーンジャンボ」が「バレンタインジャンボ」。 「オータムジャンボ」が「ハロウィンジャンボ」に名称変更されます。 無論申し上げるまでもなく、この名称変更は若年層を意識しています。 「バレンタイン」は女性。 それに惹きつけられる男性。 「ハロウィン」は日本にも浸透しつつある若年層全体がターゲット。 「浸透しつつある」と申しましたが、浸透させているのは言うまでもなく「国」。 すべては国(政策)の推進次第です。 自然発生ではありません。 当たり前過ぎますが。 長きに渡り「宝くじ」は中年・年配層、特に中年・年配男性層が購買層の主でした。 それは現在も変わっていません。 ただ2014年(平成26年)を境に、明らかに「宝くじ」の売り上げが減収し、「ジャンボ宝くじ」に至っては前年比85~90%が当たり前になってきました。 これを続けていれば「前年比90%」、「前年比90%」…やがて「宝くじ」の売り上げは年間5000億円を下回ってしまいます。 そこにテコ入れをしたのが、「ジャンボ宝くじ」の1等賞金の増額、「3種併売宝くじ」の発売、「バレンタインジャンボ」と「ハロウィンジャンボ」の名称変更、「ロト7」、「ロト6」の1等賞金の増額。 そして今回の若年層をターゲットとした「ビンゴ5」の発売です。 若年層、それはつまりは「SNS拡散」などの共創コンテンツを今後は行っていきます。 「グリーンジャンボ」までは平成28年度でしたが、平成29年度の宝くじは変わります。 単純に「ミニロトより販売実績額が少ない」という表面上の思惑ではなく、 この「ビンゴ5」を入り口にこれまであまりターゲットととしてこなかった若年層へ購買してもらう「仕組み作り」を「みずほ銀行」はしています。 この「ビンゴ5」の商標が平成28年なのも、かなり以前から全国自治宝くじ事務協議会との連携で仕組み作りをしている証しです。 実はこの「ビンゴ5」の前に…という、ここでは記せない事実もあるのですが、誰が見ているか分からないインターネットの記事。 この辺りにしておきます。 単純な販売実績額ではなく、そうした仕組み作りの果てには「ミニロト」は廃止されるのではないでしょうか。 年配男性層も一部を除いて、皆さんお金がありません。 「宝くじ」に購買してくれる層を、今後はもっともっと広げていっていければ幸いです。

次の