アイビー カラー 歌詞。 【アイビーカラー】を初めて知った方におすすめしたい入門曲3選!

アイビーカラー【夏の終わり】歌詞の意味を解釈!強気になれた理由って?夏の空気から感じとれるものとは

アイビー カラー 歌詞

『夏の終わり』はアイビーカラーの2枚目のミニ『弾けた恋、解けた魔法』に収録されています。 歌詞のテーマは ひと夏の切ない恋心。 夏休みの終わりころに花火大会に出かけた若いカップルが登場人物です。 2人は大学生でしょうか。 夏休みには花火大会をの場にするカップルは多いですね。 歌詞の冒頭の3回繰り返すフレーズが印象的です。 花火大会がフェードアウトしていくさまが浮かぶようで、 夏の終わりを感じさせます。 そして2行目の部分も、 もどかしい彼の気持ちがそのまま表れていますね。 花火大会も終わりに差し掛かったのにまだ彼女の手をそっと触れることしか出来ません。 花火が打ちあがっている間は2人の距離も近くなっていきます。 そんな情景を表しているのが3行目から4行目の部分です。 2人で 感動を共有できるとき、 お互いの距離が近く感じることは多々あるでしょう。 まさにそんな状況であることを綴っています。 浴衣の彼女に魅かれる彼 むせるくらいの草の匂いとか柔らかな夜の風といった表現には、 夏の夜の情景が描かれています。 花火大会の会場といえば隅田川とかお台場海浜公園などの川や海のそばを連想するでしょう。 しかし地方に行くと川べりや大きな沼が花火大会の会場になることがあります。 その周辺には草場がありローカルな雰囲気が感じられます。 柔らかな風という表現も夏らしいですね。 どちらかというと、この歌詞ではそんな ローカルな花火大会をイメージしているのではないでしょうか。 浴衣姿であろう彼女が無邪気に楽しんでいる様子を 彼は甘酸っぱい気持ちで見つめています。 1番の歌詞ではまだ彼の気持ちも彼女の気持ちもはっきりとは描かれていません。 情景は、あくまでも彼女を思う彼の気持ちが、 夜空に広がる花火とオーバーラップするかのようです。

次の

【アイビーカラー】を初めて知った方におすすめしたい入門曲3選!

アイビー カラー 歌詞

『夏の終わり』はアイビーカラーの2枚目のミニ『弾けた恋、解けた魔法』に収録されています。 歌詞のテーマは ひと夏の切ない恋心。 夏休みの終わりころに花火大会に出かけた若いカップルが登場人物です。 2人は大学生でしょうか。 夏休みには花火大会をの場にするカップルは多いですね。 歌詞の冒頭の3回繰り返すフレーズが印象的です。 花火大会がフェードアウトしていくさまが浮かぶようで、 夏の終わりを感じさせます。 そして2行目の部分も、 もどかしい彼の気持ちがそのまま表れていますね。 花火大会も終わりに差し掛かったのにまだ彼女の手をそっと触れることしか出来ません。 花火が打ちあがっている間は2人の距離も近くなっていきます。 そんな情景を表しているのが3行目から4行目の部分です。 2人で 感動を共有できるとき、 お互いの距離が近く感じることは多々あるでしょう。 まさにそんな状況であることを綴っています。 浴衣の彼女に魅かれる彼 むせるくらいの草の匂いとか柔らかな夜の風といった表現には、 夏の夜の情景が描かれています。 花火大会の会場といえば隅田川とかお台場海浜公園などの川や海のそばを連想するでしょう。 しかし地方に行くと川べりや大きな沼が花火大会の会場になることがあります。 その周辺には草場がありローカルな雰囲気が感じられます。 柔らかな風という表現も夏らしいですね。 どちらかというと、この歌詞ではそんな ローカルな花火大会をイメージしているのではないでしょうか。 浴衣姿であろう彼女が無邪気に楽しんでいる様子を 彼は甘酸っぱい気持ちで見つめています。 1番の歌詞ではまだ彼の気持ちも彼女の気持ちもはっきりとは描かれていません。 情景は、あくまでも彼女を思う彼の気持ちが、 夜空に広がる花火とオーバーラップするかのようです。

次の

【ハッピーエンドを待ってる】爽やか of 爽やかな愛の発信者、アイビーカラー

アイビー カラー 歌詞

切なさを一層際立たせ、聞き手の耳を奪う 清流のような力強いピアノと、サウンドに奥行きを生む クラシカルなストリングス• バンドの武器であるピアノ、心をキュッと摘むような 切なさを帯びる優しいボーカルを軽やかに包む ギターの優しい音色• 同じ景色を見て過ごしてきた彼女が新たな地に旅立つ日に、様々な思いを抱えながら送り出そうとする男子の心情を綴った、 心に沁みる切なすぎる歌詞 【アイビーカラー】の特徴 ピアノ主体の浸透度の高い繊細なロックサウンド メロディー次第で曲のイメージを左右するリードギターの役割を担い、全曲にわたって メインに据えられた流麗でクラシカルなピアノを最大限活かした、心の隙間をそっと埋めてくれるような、 切なさと温かさが共存する浸透度の高い繊細なロックサウンドが特徴。 優しさに溢れた柔らかいアンサンブル そっと包み込むようなマイルドなギター、しっとり滑らかなベースライン、小気味のいい4つ打ちビートが、 バンドの武器であるピアノに調和よく混ざり合い、ポップソングから切ないバラードまでを多彩に描き出す、 優しさに溢れた柔らかいアンサンブルも魅力。 耳に優しい甘く柔らかな歌声と聴き心地のいいコーラス 柔らかなサウンドと流麗なピアノの音色にジャストフィットした、 ほんのり切なさを纏うボーカル佐竹の耳に優しい甘く柔らかな歌声も人気が高く、そのボーカルに 淡く添えられた透き通るような女声コーラスも抜群の聴き心地の良さを誇る。 あらゆる"愛"を綴ったピュアでエモーショナルな歌詞 「永遠の愛」という花言葉を持つ "アイビー"、 「発信者」を意味する "caller カラー "というバンド名の通り、恋人との幸せな日々や最愛の人と別れた未練など、文学小説的なワードセンスで あらゆる"愛"のカタチを切り取り、切なく繊細な感情を発信していく、 ピュアでエモーショナルな歌詞。 音楽的なバックボーンは 僕もバンドを殆ど聴いてこなくて、お父さんが持っていた90年代の名曲集みたいなCDでケミストリーや初期のEXILEやHYを聴いてカラオケで歌っていました。 バンドを聴くようになったのは高校で軽音楽部に入ってからですね。 出典: 川口彩恵 かわぐち さえ キーボード担当。 音楽的なバックボーンは 私はクラシックがきっかけでピアノを始めたのでバンドは殆ど聴いたことがありませんでした。 このバンドに入ることが決まってから勉強しなきゃと思ってピアノが入っているバンドの音楽を聴くようになりました。 出典: 碩奈緒 せき なお ベース&コーラス担当。 音楽的なバックボーンは 私はメロディックとか海外のポップパンクが好きでした。 あと高校の頃はGO! 7188のコピーバンドをベースヴォーカルでやっていましたね。 出典: 酒田吉博 さかた よしひろ ドラムス担当。 メンバー最年少。 脱退した前ドラマーの後を受け、2018年11月のワンマンライブを持って正式加入。 バンド名の由来 アイビーは花言葉で「永遠の愛」という意味なんですけど、カラーは「COLOR」ではなく「CALLER」なんですよ。 色ではなく発信者っていう意味がある言葉なんです。 つまり「永遠の愛の発信者」という意味がこのバンド名にはあります。 あと「I be CALLER」と書くことで「発信者になる」というWミーニングもあるんですよ。 意外とちゃんとしてます(笑)。 出典: 【アイビーカラー】のこれまで ボーカル佐竹、前ドラマー西川が在籍した前身バンド「シグナルデイズ」の解散後、キーボードの川口、ベースの碩を迎え、2016年2月に大阪にて結成。 同月、初ライブとなった自主企画で入場困難となる200人を動員。 2016年夏、日本最大の夏フェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」への出演権をかけたオーディション 「RO69JACK 2016 」で入賞を果たす。 2016年10月、FM802が主催する日本最大のライブショーケースフェス 「MINAMI WHEEl」に初出演。 また、関西最大の音楽コンテスト 「eo Music Try 2016」にて、メインアワードの60組にノミネートされる。 2017年に入ると、名古屋の大型サーキット 「でらロックフェス」や 「GOLD RUSH」、大阪アメ村の 「見放題」や東京エリアの大型ライブサーキット 「TOKYO CALLING」など、多数の人気イベントに出演。 2017年7月、自身初の全国流通盤となる 1stミニアルバム『君が思い出になる頃』をリリースし、約4ヶ月にわたる全国ツアーを開催。 2018年8月、 2ndミニアルバム『弾けた恋、溶けた魔法』をリリース。 2019年8月には、前出の reGretGirlに加えて、 ココロオークション、 the shes goneを迎え、初の自主企画イベント 「夏色音楽祭2019」を開催。 2019年9月、滋賀県下最大のロックフェス 「イナズマロックフェス」に初出演。 そして2019年10月には、 3rdミニアルバム『boyhood』をリリースし、11月より東阪2都市でのワンマンを含む全国ツアーを予定するなど、美しくも繊細なピアノ・ロックを武器に2020年シーンで大きく羽ばたく可能性を秘めた業界大注目の4ピースバンド。

次の