栄光の男 歌詞。 【エンタがビタミン♪】サザン話題のCM曲『栄光の男』が生まれたワケ。桑田佳祐が見た“長嶋茂雄の引退”。

栄光の男

栄光の男 歌詞

サザンオールスターズが歌う三井住友銀行のCMソング『栄光の男』には、長嶋茂雄選手が巨人軍を引退するシーンも映る。 同曲は、長嶋茂雄終身名誉監督と松井秀喜氏への国民栄誉賞授与式の光景を見たことをきっかけに書かれたという。 だがその背景には、サザンを結成する前の桑田佳祐の苦い思い出があったのだ。 8月9日に『』(NHK総合テレビ)が放送された。 その中のインタビューで、新曲『栄光の男』について語り始めたのはドラムスの松田弘だった。 宮崎出身の彼は、子どもの頃から読売ジャイアンツのキャンプを見に行ってはサインをもらっていたという。 今年の5月5日に行われた長嶋茂雄終身名誉監督と松井秀喜氏のを見た彼の気持ちを汲み取ったのが、桑田佳祐である。 そして、その桑田にも長嶋選手が巨人軍を引退した時の思い出があった。 青山学院大学に入学した桑田は、彼女を作って楽しいキャンパスライフを送る気満々だったという。 ところが「モテるだろうと期待したけど、あまりモテなかった」、「夏が過ぎて秋が来てもモテる気配が無い」と彼は当時を振り返る。 モヤモヤとした気持ちでぶらついていた桑田は、ふと喫茶店に入った。 その時、店のテレビに映ったのが長嶋茂雄選手の巨人軍引退試合だったのだ。 引退セレモニーのスピーチ、「我が巨人軍は永久に不滅です!」はあまりにも有名だ。 その場面を見ていると、桑田の中に溜まっていたものがこみあげてきた。 「こんなはずじゃあ無かった」、「俺の人生なんなんだろう」、「夢のような世界が広がるはずが、本当に冷たい風が吹くばかり」といろいろなことを考えていると、「涙がこぼれて、人目をはばからずに泣いていた」という。 はそう明かすと、「それで、改めてスイッチが入った時代だった」、「そこから音楽に行ったし、サザンのメンバーとも出会った」と語った。 (TechinsightJapan編集部 真紀和泉).

次の

信じたもののメッキが剥がれる?サザン『栄光の男』歌詞を考察して見えた人生の本質

栄光の男 歌詞

自分は「栄光の男」を最初聴いた時、それほど心には響きませんでした。 何故なら、その歌詞をよく噛み砕けていなかったから。 汗まみれ働いて、やれやれ仕事帰りの車の中で聴いた「栄光の男」。 響きました。 不覚にも泣けました。 最初聴いた時には現れなかった感情がじわじわと沸いてきました。 栄光の男にゃなれない自分のしがない人生だけど、だけど桑田節冴え渡る説得力あるメッセージが「それでいいんだよ」って言ってくれているようで泣けてきました。 この曲は染み渡りますね。 昨今の世知辛い世の中や、それによって寂しさを覚える全ての人に染み渡る名曲です。 もう既に、桑田さんは栄光の男なんです。 だけど、なのに何故か桑田さんの哀愁漂うしゃがれ声が発するメッセージは我々と同じ目線なんです。 だから響くんです。 大病を乗り越え、世間からのプレッシャーも受け止め、思い通りにゃならない人生観が桑田さん、サザンのメンバーからも伝わるんです。 あれだけの地位を手に入れても決して偉ぶる事も無く、上から目線に感じさせない姿勢が心を打ちます。 今のサザンだからこそ作る事が出来た名曲中の名曲です。 むしろ今の桑田さんが作った曲として今までで一番の名曲とすら思った 今まで好きな曲たくさんあるけど 栄光の男は特に歌詞、曲、歌いかたも最高じゃないですか? 世界観、統一感が またPVもいいですよね 出てる人達も、特に最後にボール投げるスーツの人はなんとなく役にぴったりな人と思った・・ すごいなー 原由子が主婦?っぽい人にボール投げるところも好きかな 歌詞はもちろん男性の目線だから、普通なら他人事ながら切なくなるって事になるはずだけど やっぱり内容自体は男女共に普遍的な感情だな・・ とあのシーン見てふと気づいてしまったり・・ あんまり気づきたくはなかった でもやっぱり女性としては共感とか周りの男性を思い出したりするよりは 桑田さんの色気を見てしまうけど せつない、物寂しい、色気のある名曲・・ 蛍はお盆・・ですよね 真摯に歌ったのではないでしょうか 親しい人の初盆だったのでは・・と考えたり 蛍は教科書に載りそうというか載ってほしいような曲と思いました 歌詞もメロディも子供が合唱で歌うのにもよさそうというか歌ってほしくなるようないい歌詞だったな サザンオールスターズライブ復活で大喜びしていた矢先、CMで『栄光の男』を聞き、正にビビっときました。 この曲の歌詞を読み返すと、深い、深すぎる!私達、凡人から見れば成功者と言える桑田氏が、こう言った目線で曲を書ける事自体が凄いとしか言いようがありません。 ただし、、桑田氏は今の自分にまだまだ満足出来てなく、このような歌を書いたのかも。。。 自分もカレコレ20年以上サザンオールスターズファン。 このような、歌詞と曲がマッチした曲はあまり記憶にありません。 信じたものはみなメッキが剥がれてく。。 何を求めて生きている?。。。 叶わない夢を追いかける程野暮じゃない。。。 生まれ変わっても『栄光の男』にゃなれない。。。 老いていく体は愛を知らずに満足かい?。。。 この世は弱いものには冷たいね。。。 満月がこのおっちょこちょいと俺を睨んでる。。。 いくつか心に刺さる言葉がありますね。 今のこんな時代。 昔では想像出来なかったでしょうね。 ライブチケットは恐らく無理だけど、今回のツアーで一番盛り上がると言われている茅ヶ崎ライブを目の前で見て、その意味を体で感じてみたいと思います。

次の

サザンオールスターズ 栄光の男 歌詞

栄光の男 歌詞

サザンオールスターズが歌う三井住友銀行のCMソング『栄光の男』には、長嶋茂雄選手が巨人軍を引退するシーンも映る。 同曲は、長嶋茂雄終身名誉監督と松井秀喜氏への国民栄誉賞授与式の光景を見たことをきっかけに書かれたという。 だがその背景には、サザンを結成する前の桑田佳祐の苦い思い出があったのだ。 8月9日に『』(NHK総合テレビ)が放送された。 その中のインタビューで、新曲『栄光の男』について語り始めたのはドラムスの松田弘だった。 宮崎出身の彼は、子どもの頃から読売ジャイアンツのキャンプを見に行ってはサインをもらっていたという。 今年の5月5日に行われた長嶋茂雄終身名誉監督と松井秀喜氏のを見た彼の気持ちを汲み取ったのが、桑田佳祐である。 そして、その桑田にも長嶋選手が巨人軍を引退した時の思い出があった。 青山学院大学に入学した桑田は、彼女を作って楽しいキャンパスライフを送る気満々だったという。 ところが「モテるだろうと期待したけど、あまりモテなかった」、「夏が過ぎて秋が来てもモテる気配が無い」と彼は当時を振り返る。 モヤモヤとした気持ちでぶらついていた桑田は、ふと喫茶店に入った。 その時、店のテレビに映ったのが長嶋茂雄選手の巨人軍引退試合だったのだ。 引退セレモニーのスピーチ、「我が巨人軍は永久に不滅です!」はあまりにも有名だ。 その場面を見ていると、桑田の中に溜まっていたものがこみあげてきた。 「こんなはずじゃあ無かった」、「俺の人生なんなんだろう」、「夢のような世界が広がるはずが、本当に冷たい風が吹くばかり」といろいろなことを考えていると、「涙がこぼれて、人目をはばからずに泣いていた」という。 はそう明かすと、「それで、改めてスイッチが入った時代だった」、「そこから音楽に行ったし、サザンのメンバーとも出会った」と語った。 (TechinsightJapan編集部 真紀和泉).

次の