テレワーク 英語。 英語でテレワーク、リモートワーク、在宅勤務の違いと本当の意味

テレワークって英語でなんて言うの?

テレワーク 英語

テレワーク(Telework)とは? 「テレ」というと、思い浮かぶのは、まずテレフォン(電話)じゃないでしょうか。 なのでテレ-ワークは電話を使って働くこと。 この時代だから、テレと言ったら、テレフォン(電話)に限らず、インターネットなんかも当然含みますよね。 なので、テレワークというのは、電話とかネットとかの通信技術を使って(自宅で)働くこと、そんなイメージがあるのではないでしょうか。 テレ(Tele)という接頭語の意味は? このイメージはもちろん違わないんですが、テレ(Tele)という、言葉(接頭語)は遠く(Far)といった感覚の言葉なので、「Tele-work」は、遠く-仕事という意味合いですね。 こうなるとどうでしょう。 単にオフィスから離れた場所で働く感覚がTele-workという言葉から感じ取れないでしょうか。 これが在宅勤務=テレワーク(Telework)の意味するところです。 もちろん結果的にテレフォンのような通信技術は使います。 テレワーク(Telework)の語源は? テレワーク(Telework)という単語は、1970年代にアメリカのNASAに勤務していた、ジャックニルス( )によって造られた言葉(造語)という説があります。 実際、ジャックは当時、テレワーク(Telework)や同義語のテレコミュート(Telecommute)に関する著書を多く出版しています。 著書では、将来主流となるテレワーク(Telework)をどう管理していくかが記されているわけですが、テレワーク(Telework)はこう定義されています。 Telework, or telecommuting, a term coined originally by Nilles, means basically moving the work to the worker instead of the other way around. テレワーク(Telework)とは、基本的に、業務の方が労働者の居る方へ動く仕組み(その逆の(今までの)やり方に代わって)。 敢えて単語の直訳を残しつつ、本意を表現したかった訳ですけど、イメージいただけるでしょうか。 あなたが会社まで来なくても、仕事の方があなたのいるところへ行きますよ~って感じですね。 テレワークの本当の意味は? テレワークはこんな概念的なものなので、オフィスから離れたところで働いていれば全部テレワークなんですね。 ずっと自宅で働いていてもテレワークですし、午後だけ自宅で働いていてもテレワークです。 自宅だけではありません。 スタバで仕事をしていても図書館で仕事をしていてもテレワークです。 この感覚を時間軸だけにフォーカスすると、オフィス勤務の時間が長い場合が多いので、オフィスメインで在宅勤務をする場合に、テレワークという言葉を使います。 と説明されたりするわけです。 実際は、テレ=遠隔なので、離れて仕事をすれば、オフィスメインであろうがなかろうが、自宅であろうがなかろうが、テレワーク。 それが、テレワークです。 リモートワーク(Remotework)とは? テレワークと同じように使われるのがリモートワークですね。 Remote(リモート)というとよくリモートコントローラー(リモコン)、リモートシステムなどといった言葉から連想される日本語では、「自動的」という意味がありそうですが、英語でRemote(リモート)といった場合は、テレワークのテレと同じく「離れている」という意味にすぎません。 ただしただ単に離れているという意味よりも、何かと何かが離れている感じが含まれます。 リモートワークなら、会社とPC、会社と自分(従業員)といったように、明確ではにけれど何かと何かが離れているようなイメージがあります。 PCや自分(従業員)は自由に動き回れるので、働く場所(例えば自宅)はあまりイメージにありません。 が、結果的に自宅で働くケースが多いため、リモートワークは在宅勤務を表す言葉として使われます。 語源からすると、テレワークは仕事場が会社から離れている、リモートワークはツールが会社から離れているという感覚です。 海外で勤務しているとテレワークよりもリモートワークのほうが使われます。 ワークフロムホーム(Work from home) 在宅勤務を英語で表現する場合、テレワーク、リモートワークよりも、一般的に使われるのが、ワークフロムホーム(Work from home)ではないでしょうか。 WFHと略して表現されます。 テレワークもリモートワークも、会社から離れていれば成立する用語ですが、ワークフロムホームは、自宅での業務、つまり在宅勤務を明確に意識した用語であると言えます。 コロナを意識するような場合は、やっぱりフラフラ出歩かないで自宅にいることをイメージするはずなので、WFH(Work from home、またはWorking from home)が一番しっくりきます。 仕事に関係なく、自宅待機という場合もあるでしょう。 その場合はStay at homeですね。 自宅にいるとあまり働けないのが実際だったりして…そんな時はSray at home、ですね。

次の

テレワークは和製英語?語源を調べてみた

テレワーク 英語

「テレワーク」は英語で「telecommuting」と言います。 「working from home」も言えます。 「working from home」はちょっとリラックスできるイメージであまり仕事のストレスをためないニュアンスです。 「remote work」は「世界どこでも仕事できる」というニュアンスが強いです。 最近テレワークをする企業が多くなってきました。 Recently, many companies have begun telecommuting. お父さんはもう高齢者なので最近テレワークしています。 My father has already become an elderly person, so he's been working from home recently. ヨーロッパにいる友達はニューヨークの会社のテレワークをしています。 My friend in Europe is doing remote work for his company in New York.

次の

【働き方改革】英語で「今日はテレワークします」って言えますか??|外資系IT企業OL・中谷晶子の知ってこなれる英会話

テレワーク 英語

スポンサーリンク の感染拡大を防ぐため、会社に通勤しないで働く「テレワーク」や「在宅勤務」の活用が叫ばれているこの頃。 では「テレワーク」って正しい英語だと思いますか?それとも和製英語なのでしょうか? 今回は「テレワーク」や「在宅勤務」を表すときに、私の周りのネイティブがよく使う英語表現を紹介します! 「テレワーク」は英語なの? 私が初めて「テレワーク」という言葉を知ったのは、わりと最近でした…。 He teleworks just two days a week. これで「彼は週2日だけテレワークしています」を表せるんですね。 スポンサーリンク その代わりに、とってもよく使われるフレーズがあるんです。 「テレワーク」「在宅勤務」は英語で何て言う? ネイティブがよく使う「テレワーク(をする)」「在宅勤務(する)」を表す英語表現とは、 work from home です。 シンプルですよね。 直訳すると「自宅から働く」なので、自宅で働く以外のテレワーク(coworking spaceなど)には使えませんが、自宅で仕事をする「テレワーク」や「在宅勤務する」を表すときに、とてもよく使われるフレーズです。 今日は在宅勤務(テレワーク)をしています• これから2週間、在宅勤務(テレワーク)します• I work from home because I have a 9-month-old. 生後9ヶ月の子供がいるので在宅勤務です• Not everyone can work from home. 誰でも在宅勤務(テレワーク)できるわけではない• Working from home is becoming more common. これは「work=働く」「remotely=遠くから、離れたところから」という意味なので、在宅勤務を表すことが多いものの、自宅以外で働く場合(coworking spaceなど)にも使えます。 今日はテレワーク(リモート勤務)しています• Companies are their employees to work remotely against the coronavirus. コロナウイルスの予防措置として、企業は従業員にテレワークするよう促している•

次の