東方ロストワード 評価。 【東方ロストワード】素材集めの周回おすすめ場所|巻物・指南書・華片・絵札【東方LW】

東方ロストワード(東方LW)|評価 感想 レビューまとめ

東方ロストワード 評価

スキル2で敵単体の回避と陰防を下げつつ、こちらはスキル1と3で陰攻と命中を上昇させられるのでダメージを稼ぎやすいのが特徴です。 その上特性でも陰防デバフをかけたり、陰攻バフをかけたり出来るので上振れた際のダメージ量も高くなることが期待出来ます。 当然ショットの性能も陰気寄りの物が3種、陰陽均衡 陰気、陽気の弾幕数が同じ のスペカが1枚という陰攻バフを最大限に活かせるものになっているので安心です。 ブースト時の追加弾幕がバリエーション豊か レミリアがブーストした際に追加される弾幕はかなりバリエーションがあり、ブーストするショットを上手く使い分けると器用な働きが出来ます。 ショットの場合 拡散ショット「サーヴァントフライヤー」は 命中すると体力を回復する弾幕がブーストレベル3で追加されます。 その為体力が減った際は優先的にサーヴァントフライヤーに霊力を割くと場持ちが良くなり、後半戦に結界を持ち込みやすくなるでしょう。 対して集中ショット「ナイトダンス」はブーストレベル2以降から 人間特攻弾が追加され、弾幕数も一気に増加します。 人間の特性を持つ敵はやなど限られますが、概ねボス格なので覚えておくと大ダメージを出しやすくなるでしょう。 スペルカードの場合 紅符「不夜城レッド」も人間特攻の弾幕を使用出来ますが、これはブーストレベル3まで上昇させる事で一気に弾幕数が増えるタイプのスペルカードなので、 出来るならレベル3まで上げられるとベストです。 しかしブーストレベル1の段階でも一つは人間特攻がついてきます。 覚えておくといざという時に無用な霊力を使わずにWAVEを抜けられるかもしれません。 神槍「スピア・ザ・グングニル」も同じくブーストレベル3で弾幕が大きく増えるタイプのスペルカードですが、こちらは火属性の弾幕がブーストレベル1でも出るので、 ブーストレベル1で2連発して2ターンで結界を4枚割る様なプランが考えられます。 このプランを狙う場合は絵札はなどを装備したい所です。 またブーストレベル2、3では妹的存在特攻という特殊な弾幕も追加されます。 多くの場面では気にしなくて良いですが、などの妹系キャラがボスで登場した際は覚えておくと大ダメージを狙えるでしょう。 もちろん霊力を溜めて ブーストレベル3で使用する方が瞬間的な火力としては高いので、状況や敵によって上手く使い分けていきましょう。 スペカのバフも活用しよう スペルカードにもそれぞれ攻撃前にバフ、デバフが発生するので、これも把握してスペルカードを使っていくとさらに強力に立ち回れます。 紅符「不夜城レッド」は敵全体の陰攻、陰防を1段階ダウン出来るので、最初に使用しておくと次ターンまで味方全体のダメージ量を増やすことが出来ます。 神槍「スピア・ザ・グングニル」は命中と陰攻バフを3ターンに渡って自身に付与出来るので、かなり安定してダメージを与えられる様になります。 これらのバフを最優先で使う為にブーストせずにスペルカードを切ってしまう事も充分考えられるでしょう。 オススメ絵札 陰攻を大きく上げるスペカとして安定の選択肢であるはレミリアにも問題なく噛み合います。 おまけの月属性のダメージを減らせる効果も、レミリアは月属性に対して耐性を持っているのでダメージをさらに抑える働きが出来る事を期待できます。 爆発力を足したいのであればを装備してCRI攻撃力を上昇させるのも良いでしょう。 この場合は次ターンに使用したいスペカになどのCRI命中を上昇させる絵札を装備させて、2ターンがかりで大火力を狙いに行く事も考えられます。 火属性のスペカの威力を上げたい場合、スペカ火属性の威力を上げられる絵札は現状しか存在していません。 神槍「スピア・ザ・グングニル」をブーストレベル1で使用する場合は火属性の弾幕しか存在していないので、もしが余っておらず、他の火力重視の絵札も無いようであればこれを限凸して使用するのも考慮に値します。 キャラクターマテリアル 基本情報.

次の

八雲藍の評価【東方ロストワード】

東方ロストワード 評価

フェス限定キャラクター達は『総合つよさ ステータスの合計値 』が6900まで育ちます。 通常ガチャから登場するキャラクター達が6450、6000までしか育ちませんから、『ステータス』の面では明確に優遇されています。 まあ、ステータスだけ高くてもスペルやスキルに恵まれなければ話になりませんが、少なくともステータスに関してだけは普通のキャラより優遇されています。 入手チャンスは1度ではない 今の所、フェス限定キャラは『初回登場時にピックアップ』『次回以降フェスではピックアップ外に収録』という形式で排出されています。 要するに、『 初回のフェスが一番入手しやすい』『 次回のフェスは低確率だけど入手のチャンスはある』という形です。 また、お知らせには『 フェス限キャラは後日、通常ガチャに混ざることがある』という注意書きもあります。 この手のゲームだと、随分時間が経って性能が遅れてしまったフェス限キャラを全てのガチャから排出されるようにする、というパターンも見受けられるので、或いはそういう展開を示唆する一文かもしれません。 ただ、こちらはまだ始まったばかりなので何とも言えません。 仮にそういう意味だったとして、混ざるまでに何か月、或いは何年掛かるかも分かりませんし、現時点では意識し過ぎても仕方無さそうです。 フェス限定キャラクター一覧と評価 キャラクター キャラ名 評価 防御重視のキャラクター…だが、ボス戦でも雑魚戦でも、 今の環境では使い所があまりない… vs単体特化の高火力アタッカー。 ブレイク性能もしっかり所持、パワー連携で雑魚戦でも活躍 始動が遅いので上位のアタッカーよりはちょっと落ちるかも… 超火力アタッカー。 文句無しに強い 紫と同じく、防御主体で現環境に噛み合わず… バレット構成は良いのでそこそこの火力は出せる 超高範囲特攻で超火力を実現。 フルブースト火力は最強クラス 詳しい評価と解説はキャラクター個別ページを参照です。 画像・名前をタップで開きます 現状、このゲームのフェス限定キャラクターはこの5人のみで、後述しますが、おそらく毎月1,2体くらいのペースで追加されて行きそうです。 ただ、『フェス限だから必ずしも強い』とは限らず、幽々子や依姫は強力ですが、紫や聖は現在の環境だとかなり厳しいキャラクターだったりもします。 今後の環境の変化次第では輝くかもしれませんが、今後も一概に『フェス限だから強い』とは言えなさそうです。 フェス限の候補キャラ 現状のフェス限キャラ達は原作でも『Phボス・書籍作品主人公・6ボス・書籍ボス』という感じで、『キャラクターとしての格』みたいなものを持ったキャラクターが選ばれやすいような傾向が見えます。 この手のゲームの『フェス』は大抵の場合月1か月2くらいの開催ペースで、特に『月末』或いは『月頭』に開催されるケースもかなり多いです。 現状、フェスは『いつ来てもおかしくはない』という状況にあると言っても良いでしょう。 前述のように、初回フェス登場時に逃したキャラは『 フェスでピックアップ外から狙うしかない』という形になるので、中々狙い撃ちするのも厳しそうです。 ピックアップされないことには交換Pとの交換 天井機能 も出来ないし…。 そういう意味で、『自分の好きなキャラがフェス限で出そう』という人は、常にある程度まとまった数が引ける封結晶・賽銭を貯蓄しておいた方が良いかもしれません。 まとめ 多くのソシャゲでは『フェスで強いキャラや人気キャラを出して盛り上がる』というのが定番で、フェスが一番の盛り上がり所というゲームも数多いですが、ロストワードの場合、今の所は『フェス限が圧倒的に強い』とかそういう感じではなく、『絶対にここが狙い目』という感じでもありません。 或いは『高難易度イベント』なんかが実装されると話は変わって来るかもしれませんが、今の所は『フェス限だけの特別感』はそこまで感じないのも現実です。 ただ、フェス限キャラは入手機会が限られていますし、好きなキャラの場合は最初のチャンスで入手しないと後々厳しいことにもなるので、月末のフェス開催には要注目です。

次の

東方ロストワード 感想 評価 評判 レビュー

東方ロストワード 評価

スキル2で敵単体の回避と陰防を下げつつ、こちらはスキル1と3で陰攻と命中を上昇させられるのでダメージを稼ぎやすいのが特徴です。 その上特性でも陰防デバフをかけたり、陰攻バフをかけたり出来るので上振れた際のダメージ量も高くなることが期待出来ます。 当然ショットの性能も陰気寄りの物が3種、陰陽均衡 陰気、陽気の弾幕数が同じ のスペカが1枚という陰攻バフを最大限に活かせるものになっているので安心です。 ブースト時の追加弾幕がバリエーション豊か レミリアがブーストした際に追加される弾幕はかなりバリエーションがあり、ブーストするショットを上手く使い分けると器用な働きが出来ます。 ショットの場合 拡散ショット「サーヴァントフライヤー」は 命中すると体力を回復する弾幕がブーストレベル3で追加されます。 その為体力が減った際は優先的にサーヴァントフライヤーに霊力を割くと場持ちが良くなり、後半戦に結界を持ち込みやすくなるでしょう。 対して集中ショット「ナイトダンス」はブーストレベル2以降から 人間特攻弾が追加され、弾幕数も一気に増加します。 人間の特性を持つ敵はやなど限られますが、概ねボス格なので覚えておくと大ダメージを出しやすくなるでしょう。 スペルカードの場合 紅符「不夜城レッド」も人間特攻の弾幕を使用出来ますが、これはブーストレベル3まで上昇させる事で一気に弾幕数が増えるタイプのスペルカードなので、 出来るならレベル3まで上げられるとベストです。 しかしブーストレベル1の段階でも一つは人間特攻がついてきます。 覚えておくといざという時に無用な霊力を使わずにWAVEを抜けられるかもしれません。 神槍「スピア・ザ・グングニル」も同じくブーストレベル3で弾幕が大きく増えるタイプのスペルカードですが、こちらは火属性の弾幕がブーストレベル1でも出るので、 ブーストレベル1で2連発して2ターンで結界を4枚割る様なプランが考えられます。 このプランを狙う場合は絵札はなどを装備したい所です。 またブーストレベル2、3では妹的存在特攻という特殊な弾幕も追加されます。 多くの場面では気にしなくて良いですが、などの妹系キャラがボスで登場した際は覚えておくと大ダメージを狙えるでしょう。 もちろん霊力を溜めて ブーストレベル3で使用する方が瞬間的な火力としては高いので、状況や敵によって上手く使い分けていきましょう。 スペカのバフも活用しよう スペルカードにもそれぞれ攻撃前にバフ、デバフが発生するので、これも把握してスペルカードを使っていくとさらに強力に立ち回れます。 紅符「不夜城レッド」は敵全体の陰攻、陰防を1段階ダウン出来るので、最初に使用しておくと次ターンまで味方全体のダメージ量を増やすことが出来ます。 神槍「スピア・ザ・グングニル」は命中と陰攻バフを3ターンに渡って自身に付与出来るので、かなり安定してダメージを与えられる様になります。 これらのバフを最優先で使う為にブーストせずにスペルカードを切ってしまう事も充分考えられるでしょう。 オススメ絵札 陰攻を大きく上げるスペカとして安定の選択肢であるはレミリアにも問題なく噛み合います。 おまけの月属性のダメージを減らせる効果も、レミリアは月属性に対して耐性を持っているのでダメージをさらに抑える働きが出来る事を期待できます。 爆発力を足したいのであればを装備してCRI攻撃力を上昇させるのも良いでしょう。 この場合は次ターンに使用したいスペカになどのCRI命中を上昇させる絵札を装備させて、2ターンがかりで大火力を狙いに行く事も考えられます。 火属性のスペカの威力を上げたい場合、スペカ火属性の威力を上げられる絵札は現状しか存在していません。 神槍「スピア・ザ・グングニル」をブーストレベル1で使用する場合は火属性の弾幕しか存在していないので、もしが余っておらず、他の火力重視の絵札も無いようであればこれを限凸して使用するのも考慮に値します。 キャラクターマテリアル 基本情報.

次の