ハイキュー 375話 ジャンプ何号。 ハイキュー!!本誌386話 自由【感想・ネタバレ・予想】

ハイキュー最新話352話ネタバレ確定「烏野の同時多発位置差攻撃が成功」

ハイキュー 375話 ジャンプ何号

ブラジル修行編の2年の集大成か? ブラジル編の過去回想が終了したから。 ほんまこれ。 ニンジャとして、ビーチバレーの助っ人をしているところから、ブラジル編の再開。 なんだかんだで、助っ人の試合で優勝するでしょう。 助っ人ダンス(関係ない)。 ブラジルでプロにならないか?という話が当然出てくるけど、そろそろ、修行の終了の時期がやってくる。 日本に帰国する。 修行を終えた後の処遇ってのは、相談されてたんでしょう。 おそらく、影山のいるチーム。 Vリーグに加入じゃないか?と。 あえて影山とは別のチームに入ったら、超展開だと思う。

次の

【ネタバレ注意】ハイキュー 375話「磨く」【ジャンプ1号2ch感想まとめ】

ハイキュー 375話 ジャンプ何号

Contents• コピーはこんな感じ。 「獣たちよ爪を研いで待て」 かっこええっすな。 表紙のイラストの初見、日向がなんか日向っぽくないなーとおもったら、 瞳が真ん中じゃない日向って珍しいのかもねーとか思ったり。 そして、続いて、 1ページ目もカラー! 続いて 見開き扉絵もカラー!! 影山と日向が王冠かぶってる! 背景の赤が超カッケェ! あれやねん。 ジャンプ買う理由の半分をな、カラーページやねん。 カラーページはな、コミックでは再現されへんのや。。。 悲しいことにな。。。。 私は配色のセンス無いから、少しでも好きなもので参考になるものは集めたい人間なのです。 基本的に、カラーページは全部切り取って保管してます。 こんな感じ。 普通に10話目ぐらいのころからハイキューは描きまくってたように思う。 ちょうどバレーできひん時期に出会った漫画なので、思い入れが深すぎる。 胸熱すぎるやろ。 なんというか、コンセプトが初めから1話からブレてないのが好き。 独りじゃないから信じて飛べ!! 日向のキャラデザは特になんですが、 初期より最近の絵柄の方が好きです。 模写したい病を頑張って抑え込む日々。 あの中学時代の2人が今こうしていると思うと「あーすげー」って思うわ。 209話内容 「日向 例の1年の強化合宿に乗り込んだらしいです」 「で今 白鳥沢にいるって・・・」 日向、、、お前もう最高やわ。 【烏養さんの反応】 「てめぇふざけんじゃねぇぞ日向ゴルァ!!!」 【武田先生の反応】 「…日向くん」 「一生懸命と無鉄砲は」 「別物ですよ??」 武田先生!!!武田先生の先生っぽいところすごく好き! ときどきこの人教職目指して本当によかったよね!!って思うことある!! 日向もマジにビビって思いっきり謝るも、、、、 「…烏野よりこっちの練習が大事って思ってるわけじゃないです」 「でも 強い奴が集まる合宿 おれも入りたいです」 「強い奴が試合以外で どんななのか どうして強いのか」 「知りたいです」 ひなたああああああああ わかる。 わかるで。 あんたならそう思うんやろうなぁ、、、、 そんな日向に対して、鷲匠監督が放った一言。。。 「ボール拾いが独り増えるくらいかまぁねえよ」 それならと、日向をそのまま鷲匠監督に任せることにした 武田先生と烏養コーチ。。。 けど、鷲匠監督は高さとパワーを愛する人。。。 いつも強い選手を集めるアンテナを張ってるような人。。。 その鷲匠監督が日向に言いました。 「先に言っとく」 「影山というセッターのいないお前に」 「俺は価値を感じない」 ひなたあああああああああああああああ この一言を聞いた時の日向の顔が描かれてないねんよな。 後ろ姿だけ描かれてるんよな。 これあれやろ。 日向がどんな顔してたか考えるだけで胸痛いやつやん。 で、鷲匠監督も追い打ちやん。 「ボール拾いが嫌ならいつでも帰っていいぞ」 そこから2ページの間、全部ひなたの後ろ姿が続くねんな。 でや、でやで。 「烏野高校一年 日向翔陽!!」 「164cm」 「ポジション・ボール拾い!!! 」 「よろしくお願いシァス!!! 」 あれやん。 泣くやん。 こんなん泣くやん。 ちょっと最近仕事死にそうやったけど、死んでる場合ちゃうやん。 なんというか、こういう魅せ方がすごく好き。 古舘先生こういうのうまいよね。 鷲匠監督も身長コンプレックスやったわけやけど、これからの展開がめっちゃ気になるね。 影山は無事に到着できたのか??? 今回の冒頭で、武田先生が渡した目的地へのメモにフリガナが振られていないことで、 はたして 目的地にたどりつけるのか懸念されていた影山ですが、 無事に東京都北区にある「味の素ナショナルトレーニングセンター」に到着できたようです。 あれよな、実業団が使ってる体育館って緊張するよな!!! 小学校のとき地元の企業の体育館行ったとき超びびった。 (全国3本指のスパイかーの中で唯一の2年生) (間近で見れる) (ヤベェ ワクワクしてきた) 影山も日向も、それぞれ戦ってる!! またもや次回が楽しみですね!! っていうか、今まで打ったことないキャラの名前を打つのが、、、 超苦しい!!『いたちやま』変換超むずい!!登録する!! スガさん!誕生日おめでとう! 6月13日生まれですね。 今日のジャンプに登場せんかったらどうしよーと思いつつも、 驚きの顔がアップであったので模写チョイスしました^^ 模写はまったくもって雑ですが、 やっぱり模写ってるときは幸せです。 これからもトスにスパイクに頑張ってる菅原くんを応援したいです。 以上!.

次の

ハイキュー43巻を無料で読むには?収録話は何話までで発売日がいつでネタバレあらすじを紹介|ワンピースネタバレ漫画考察

ハイキュー 375話 ジャンプ何号

2019年12月2日(月)週刊少年ジャンプ1号 発売 375話のネタバレ ここはブラジルリオの海岸。 誰とでも組む日向はサンタナとペアを結成してビーチで勝利を掴んでいく。 その友達とは音駒高校でセッターを務めた狐爪研磨で、現在は大学生の傍らトレーダーにしてYoutuver、そしてプログラマー。 ついには株式会社の代表取締役だ。 一方、次の試合で勝利したらニースにプロポーズすると宣言したサンタナの言葉を聞きバレーに生活がかかっていることを感じる日向だが、前祝いの誘いをトレーニングがあるからと断ってしまう。 日向にとっては、バレーのために爪を研いだり、日誌を書いたりすることは既に生活の一部だとして、サンタナの苦痛ではないかという質問に答えるのだった。 買い出しをする日向を見ながらブラジルの生活になじんでいると感じるルシオは、かつて自分が白鳥沢高校時代に体験した冬を思い出す。 ソルカードカップの最終日。 日向の活躍をこっそりと観戦しに来たルームメイトのペドロ。 そしてニーナ。 日向はこの試合に勝ってサンタナの結婚式を見届けてから日本に帰国すると宣言。 風下に立つサンタナ・日向ペア。 相手は背の低い日向にスパイクを打たせようとするが、砂の上をきちんと飛ぶことを覚えた日向は戦える一撃を相手コートに決めるのだった。 「ハイキュー!! 」375話の感想(ネタバレ含む) 「ハイキュー!! 」375話を読んだ感想(ネタバレ含む)1 最初にさらっと牛島選手と影山選手のサインを…と書かれていて、しかもちびっ子や女性ファンが並んでいて人気も十分、もう立派に主戦場で戦っている二人。 一方日向のブラジルでの武者修行という対比が面白い。 そして相変わらず孤爪研磨の曲者っぷり。 音駒のセッターをやっていた時から究極の頭脳派でしたが、大学生で株式トレーダー、代表取締役社長というまさに今の時代を生きる頭の切れる奴。 バレーはやめてしまっているみたいですが、昔から日向に対しては「面白い翔陽でいてね」と自分の想像を超えていく日向に対して興味しかないといった様子なので「つまんなくなったら」スポンサーをやめるといったのは研磨の性格からして妥当かと。 そして日向は永遠と成長しなければならないという構図。 日向の武器ははやさだったがビーチで修業するようになってからジャンプも磨きがかかり、一段階も二段階も上に行っている様子!そんな日向がもうすぐ日本に帰ってくる! 漫画「ハイキュー!! 」375話を無料で読む方法 「ハイキュー!! 」375話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。 ですが「ハイキュー!! 」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

次の