シチュエーション ボイス 女性 向け。 【すぐわかる】[女性向けボイス][ケンカ]虫刺されをキスマークと勘違いして嫉妬する彼氏[シチュエーション]

女性向けシチュエーションボイス用フリー台本『ツンデレ幼馴染×ホワイトデー』

シチュエーション ボイス 女性 向け

お前の好きなミルクティ」 ・ありがとう、と言って受け取る女の子 ツンデレ、ペットボトルの蓋を開けて炭酸飲料を飲む ツンデレ「ごく、ごく……ぷはぁ」 ・ここに来るの久しぶりだね ツンデレ「ん……? ああ、そうだな。 子供のころは、親に連れられてよく来てたよな、ここ」 ・観覧車が、なんだか小さく見えるよ ツンデレ「はぁ? 観覧車が小さくなった気がする!? お前、どんだけ成長したんだよ。 てか、そんなに背、伸びてねぇじゃねーか」 ・ええ、そんなことないよ! ツンデレ「そんなことある! ほら、見てみろ」 ・ツンデレ、近づいて自分との身重差をアピールし ツンデレ「俺より、20㎝も小さいじゃねーか」 ・ツンデレ君がでかくなりすぎたんだよ! ツンデレ「ああ……まぁ、そうかもな。 結構背ぇ伸びたよな、俺。 てか、子供の頃はお前とあんまり変わんなかったから、心配だったんだよな……」 ・心配? なんで? ツンデレ「なんでって……。 (小声でぼそっと)こうして並んで歩いた時、なんとなくカッコつかねぇだろ」 ・ごめん、よく聞こえなかった ツンデレ「は? 聞こえなかった? お前、耳遠すぎだろ。 ばばあかよ」 ・ば、ばばあ!? ツンデレ「ははっ、悪口はよく聞こえるんだな」 ・ちょっと! 謝ってよ! ツンデレ「はいはい、悪かったよ。 謝るから、そんなにほっぺた膨らませんなって。 ちょっとした冗談だろ?」 ・ところで、今日はこんな所に呼び出してなんの用? ツンデレ「ん? ああ……お前を呼び出した理由か。 なんとなく、察しはついてるんだろ?」 ・いや、まったく ツンデレ「嘘つけ! どんだけ鈍感なんだよ! 今日は3月14日、ホワイトデーだろ!」 ・そうだね。 お返しをくれるなら早くちょうだい? ツンデレ「(呆れて)あのなぁ……。 せっかく雰囲気のいいとこ選んでやってるのに、お返しがあるならさっさと渡せって……」 ・あれ? くれないの? ツンデレ「っ……」 ・ツンデレ、カバンからラッピングされた箱を取り出して渡して ツンデレ「ほらよ。 もしサイズが合わなかったら、ペンダントトップにでもしてくれ」 ・ペンダントトップ? なんだろ ツンデレ「いいから開けてみろよ」 ・わかった、と言って包みを開ける女の子 ツンデレ「お前はもう覚えてねぇかもしれねーけど……。 子供の頃、遊園地のお土産売り場で、ずっとこの指輪を見てただろ。 大きくなって彼氏が出来たら、絶対買ってもらうの!って」 ・え、まさか…… ツンデレ「俺はずっと、その言葉が頭から離れなかった。 どうしても、忘れられなかったんだ。 何年後になるかはわかんねーけど、大人になったお前の彼氏になるヤツが、俺以外の誰かだったらどうしようって」 ツンデレ「(苦笑して)俺達は子供の頃から一緒で、一番近くにいたのにな。 いざとなると、照れくさくて、恥ずかしくて……何も言えなかった。 それに、もし断られたら、この関係が終わっちまうんじゃねーかって、 怖かったんだ」 ・ツンデレくん…… ツンデレ「だから、お前がずっと俺にくれてたチョコが本命だったって知って、本当に嬉しかった」 ・あのね、私、この指輪のことちゃんと覚えてるよ ツンデレ「え? 覚えてる?」 ・ツンデレ君にいつか買って欲しいって意味で言ったの ツンデレ「なっ……。 そう、だったのか。 大きくなった俺に、買って欲しいって……意味だったのか」 ・ツンデレ、感激してちょっと涙ぐんで ツンデレ「っ……お前、いつもかわいくねぇことばっかするから、そういうつもりで言ってくれてたなんて、全然、想像もできなかった」 ・ありがとう、ツンデレ君。 私の夢をかなえてくれて ツンデレ「ばーか。 お礼を言うのは俺の方だ。 ずっと待っててくれてありがとな。 それと……」 ・ツンデレ、女の子に顔を近づけてささやいて ツンデレ「もう一度、ちゃんと言わせてくれ。 俺は、お前が好きだ。 俺と……付き合って欲しい」 ・うん、ツンデレ君の彼女にして欲しい! ツンデレ「(クスッと笑って)よーし、それじゃあこのまま初デートと行くか!まずは、観覧車からだな!」 ・ツンデレと女の子、手を繋いでかけ出す END 所:聞き手の女の子の部屋 時間:夜 ・ベッドで隣り合わせに寝ているあなたと彼女 彼氏 「(寝ている)すー……すー……。 (寝返りを打って)ん……?」 ・彼氏、彼女が起きているのに気づいて 彼氏 「(寝起きな声で)あ……悪い、起こした?」 ・ううん、眠れなくて 彼氏 「え? 眠れない……? まさかあの後、ずっと起きてた?」 ・うん 彼氏 「(近づいて顔を見つめて)不安そうな顔……だな。 はぁ……もっと早く起きればよかった」 ・ううん、明日仕事だし、寝て? 彼氏 「ばーか。 お前がそんな顔してるのに、のんきに寝てられるか」 ・彼氏、彼女を抱き寄せて SE:衣擦れの音(こちらで入れます) 彼氏 「明日の仕事より、お前の方が大事」 ・彼氏、彼女の頬に軽くキスする(難しければ効果音をこちらで入れます) 彼氏 「気づけなくて、ごめん。 今日……なんかあった?」 ・ううん、ホントに大丈夫だから 彼氏 「そんな顔して、どこが大丈夫なんだよ。 話せばすっきりすることもあるし……」 ・彼氏、彼女に優しく微笑んで 彼氏 「たまには素直に甘えろよ」 ・ありがとう、実は、仕事のことでちょっと 彼氏 「やっぱり仕事のことか……。 お前、俺が聞き出すまで全然愚痴とか言わないから、心配してたんだ」 ・え、そうだったの? 彼氏 「何年付き合ってると思ってるんだよ。 お前は、心配事があるとすぐ顔に出る」 ・うわ、はずかしい 彼氏 「なんだよ、恥ずかしいって。 今更……だろ?(優しく聞き出して)それで、仕事で何があったんだ?」 ・提出した物が先方の都合でやりなおしになった 彼氏 「提出した物が、あっちの都合でやりなおし……? うわ……それ、一番腹立つやつだ」 ・でしょ? 彼氏 「そんなことされたら、辛いよな。 だってお前は……すごく頑張ったんだろ?」 ・うん、すごく頑張ったの、と涙ぐむ彼女 彼氏 「よしよし……。 いいぞ、泣いても。 悔しかったんだな。 お前の頑張りが、なかったことにされたのが」 ・うん、悔しいよ、と泣く彼女 彼氏 「他の誰も理解できなくても、誰も見てなくても……。 俺だけは、ずっとお前のことを見てるから。 お前がすごく頑張ってるのも、真面目なのも……全部知ってる」 ・そんな風に言われたら涙が止らなくなるよ 彼氏 「(くすっと笑って)お前を泣かせようと思って言ってるんだよ。 泣くのって、結構ストレス解消になるんだぞ?」 ・うん、そうかもしれない 彼氏 「だろ? 1人で泣くのは寂しいけど、俺がついてるんだからさ。 いっぱい泣いて……いっぱい弱音を吐いて、甘えてくれ」 ・うん、そうだよね 彼氏、彼女をもう一度優しく抱きしめて SE:衣擦れの音 彼氏 「ようやく笑ったな。 少しは……落ち着いたか?」 ・うん、もっと早くに愚痴ればよかった 彼氏 「それだよ。 なんでもすぐ抱え込もうとするからなぁ……。 でも、お前があんな顔してるって……眠れずにいるって、気づけてよかった」 彼氏 「お前が辛いとき、支えてやれないんじゃ……なんで付き合ってるんだよって話になるからな」 ・彼氏くんは、優しいね 彼氏 「ばーか。 優しいんじゃない。 お前が……好きだから、だよ」 ・彼氏、彼女の頬に軽くキス(難しければ効果音をこちらで) 彼氏 「今日はこのまま、朝まで抱いててやる」 ・ありがとう、こうしてるとなんだか癒やされる 彼氏 「こうしてると癒やされる? かわいいこと言うなよ、まったく。 寝かせたくなくなるだろ?」 ・ええ!?と赤くなる彼女 彼氏 「(くすっと笑って)冗談だよ。 それじゃあ……おやすみ」 ・うん、おやすみ END.

次の

[RJ291700] (きりにゃん@シチュエーションボイスYouTuber) きりにゃんの日常 (CV:きりにゃん) の作品情報を紹介

シチュエーション ボイス 女性 向け

60分以上まるまる1つのセックスを繰り広げていく構成になっています。 リアルさと高音質を追求したきりにゃんの集大成となっています。 立体音響録音によりその場にいるかのような錯覚に陥ることでしょう。 KISS 12:22 2. LICK 10:49 3. FOREPLAY 12:48 4. INSERT 1 5:56 5. INSERT 2 10:05 6. INSERT 3 6:27 7. SLEEP 4:23 8.

次の

【男性向けシチュエーションボイス】メス男子のお迎えボイス【Vtuber】

シチュエーション ボイス 女性 向け

姉貴、やっほ。 しー、びっくりしたのは解るけど、静かにして。 母さんたちに気づかれちゃう。 何しに来たのって? 夜這い。 はは、冗談だよ。 久しぶりに姉貴と喋りたくて もう寝てたの解ったけど、来ちゃった。 嫌? ……良かった。 最近姉貴飲み会ばっかで全然喋ってくんねーんだもん。 そんなに楽しい? 飲み会。 ……へー。 いや? 不機嫌じゃねーけど。 別にいいんじゃね? 俺といるより楽しいんでしょ。 姉貴が良いなら良いじゃん。 何も悪いと思わないなら堂々としてればいい。 それとも何? 何か言いづらい事でもあるの? 男でもいるとか。 ……図星? ……仲のいい人が出来た、ねえ。 ふーん、良いんじゃね。 じゃあ俺部屋戻るわ。 ……何? 袖掴んで。 ……はぁ? 俺に嫌われたくない? 別に嫌ってねーよ。 ……そんなに悲しそうな顔すんなら、男なんて作んじゃねーよ。 別に姉貴が誰と乳繰り合ってようと関係ないけど。 人のもんになると思うと気分は良くねーな。 何でって、解るだろ。 もしかして気づいてなかったの? ……はー。 そっか、気づいてなかったんだ。 なら仕方ねーか、推しえなかった俺が悪い。 (押し倒す) 何、その顔。 鳩が豆鉄砲食らったみたい。 はは、本当に気づいてなかったとはね。 俺に押し倒されて初めて気づくなんて、バカだなあ姉貴は。 他の男にももうヤられちゃってんの? そっか、それならよかった。 わかったでしょこれで。 俺は、姉貴の事を一人の女としてみてる。 ずっと前から。 俺は、姉貴がそういう意味で好きだから。 ……目、つむって。 受け入れてくれるなら、俺は姉貴の事、俺の物にする。 嫌なら振りほどいて逃げな。 今なら追いかけないから。 ……逃げないの? そっか……嬉しい。 (キス音) ……本当に、しちゃった。 唇、やわらけーな。 (ささやくように) 好き。 好きだ。 ずっと前から。 姉貴の事しか見えない。 誰にも渡したくない。 大好きだ。 姉貴、俺ら兄弟として生まれちまったけど。 それでも、世界一幸せにするから。 これから先、俺だけ見てて。 今は姉貴の一番じゃなくてもいい。 いつか一番にさせてみせる。 ……愛してる。 (キス音) はぁ、好き。 (キス音) 大好き、好き……好き。 (キス音) あー、ダメだ。 制御効かなくなる。 もう部屋帰るわ。 マジで無理。 引き留めないで。 (キス音) 今日はここまでな。 また来るから。 愛してるよ。 おやすみ。

次の