プラモ ニッパー。 プラモのこういうパーツの真ん中をニッパーでカットすると左右別々に可動するよ...

色々なニッパー使ってみた

プラモ ニッパー

ガンプラ初心者の道具 はじめの一歩はニッパーから 子供が急にガンプラが欲しいと言われた場合、「何から始める?」などのことをまとめていきます。 プラモデル全盛期だった頃の親御さんたちは、大体が車、戦車、飛行機などが主だったと思います。 私も、ほとんどの製作が、車やバイクでした。 当時使っていた道具は、パーツの切り離しには爪切りが定番で、デカールの切り取りにはハサミと、どこの家庭にでもあるものを使い製作していました。 塗装に関しては、筆塗りで頑張っていました。 一台を仕上げるのに、スプレー缶はとても高価な品物で、当時小学生だった私には買えるものではありませんでした。 しかし、今のガンプラは、パーツごとに色分けされているため、塗装をしなくてもアニメそのものの出来に仕上がるようにできています。 それ以上に関心なのが、接着剤を使わないはめ込みタイプのため、有害なものを排除していることです。 切ってはめ込むだけなので、グレードによって子供でも作れる設定になっています。 組み立てのレベルが上がってくれば、ガンプラもレベルを上げていき、よりリアルなガンプラが楽しめます。 プラモデル全盛期に製作をしていた時代から時間が止まっているお父さんなどは、きっとガンプラの箱を開けた瞬間ビックリすると思います。 箱を開け、目に飛び込んでくるのが、カラフルなパーツの数々、それとパーツの多さです。 昔の車などのプラモデルは、ボディ色とパーツの色とクリアーパーツなど、よくて3色でした。 それから比べれば、ガンプラは非常に作りやすいです。 プラモデル製作と言うより、立体組み立てパズルといった感じです。 しかし、パーツの多さと、小さく細かい部品もあるため、パーツの切り取りに爪切りでは対応しきれなくなってきています。 子供と一緒に製作を始めるのに失敗はしたくありません。 しかし、ほんのちょっとの知識さえあれば、子供とコミュニケーションを取りながら一緒に製作を楽しむことができます。 そこで、最初に必要になる知識が、 ニッパーという存在です。 スポンサーリンク ガンプラ ニッパーのおすすめ ニッパーなら「家にもあるよ」と言っても、電工ニッパーでは狭い部分に刃先が入り込まないため使いづらいです。 狭い部分のパーツを切り離したいので、プラモデル専用の刃の薄いニッパーが必要になってきます。 ニッパーの刃先も両刃 重なる刃先が両方研がれている と、片刃 片方のみ研がれていて片方は押さえるタイプ のものがあります。 両刃のものは、鋭い刃同士で挟むため断面がきれいに中央でカットされます。 片刃のものは片方のみでカットするため断面が一直線にカットされ断面の白化現象が抑えられます。 ニッパーにもそれぞれ特徴があり、両刃ニッパーは右利き左利き問わず使いやすく出来ています。 ニッパーにも種類や値段がいろいろあるので、価格の安いものから人気のものまで数点をまとめてみました。 ミネシマ ベビーニッパー D-1 低価格でサイズも小さく使いやすいです。 サイズが小さいために、太い部分や硬い部分には少し力がいります。 ガンプラを始める第一歩として人気があります。 ガンプラの道具 ニッパーのまとめ ガンプラの製作でとりあえず試しにという場合と、これからも楽しみたい場合でニッパーの選択が変わってきますが、最初は安いものから始め、その後、良質ニッパーを買い足してもゲートカット用とランナーカット用 太い部分用 に使い分ければ、無駄になることはなく、後から買った良質ニッパーも長持ちします。 ガンプラ製作のレベルが上がり、更に難しいガンプラに挑戦していくにつれてパーツは細かくなっていき、子供からは「このパーツの切り離しがムズい」と言われ頼られた時に、自分専用があるとすぐに対応できます。 親子でそれぞれの機体の出来を競い合うのもコミュニケーションのひとつになり、更に上達していくこと間違いなしです。 極めようと思うとキリがないですが、自分なりに楽しみながらの製作が長く続けられる趣味のひとつになります。 悪戦苦闘するとは思いますが、楽しいガンプラライフを楽しみましょう。

次の

【プラモ初心者必見】プロモデラーがおすすめする便利なツールを大紹介!GWはガンプラなどのプラモ作りに挑戦!

プラモ ニッパー

Amazonの情報を掲載しています そこでコチラの商品。 「ニッパーメンテナンス油セット」です。 アルティメットニッパーで有名なゴッドハンドさんが販売している商品ですね。 「ニパ子汁」なんて言われてたりします。 この商品には、ニッパーをサビから守る「防錆油」と、ニッパーの動きを良くする「潤滑油」の2種類の油がセットになっています。 マニキュアのような可愛い容器に入っています。 今回はこれを使用してメンテナンスを進めていきましょう。 メンテナンス油を使用する【錆止め】 油を塗る前に、まずは汚れを落とします。 メンテナンス油のセットの中に「歯ブラシ」が入ってると思うので、それを使ってニッパーの周りにまとわりついた細かい削りカスを綺麗に取り除きます。 汚れが取れたら、「防錆油」を塗っていきます。 サラサラな油なので少ない量でも薄く塗り拡げることが出来ます。 刃先も忘れずに塗ります。 刃先が錆びてしまったら、切れ味が落ちてしまう原因にもなりますので。 防錆油を塗り込んだら、数分乾かします。 そして、表面の防錆油が揮発して馴染んだら、キッチンペーパーなどのホコリの出にくいウエスで軽く拭き取ってやります。 これで「ニッパーの錆止め」は完了です。 メンテナンス油を使用する【潤滑油】 防錆が終わったら、次に可動部に「潤滑油」を流し込んでいきます。 流し込むポイントはここの2箇所。 表と裏から潤滑油を塗り込んで、板の間に流していきましょう。 この可動部の「隙間」に流しこむイメージです。 潤滑油を流し込んだら、ニッパーを「ぐにぐに」と何回か握ってやって潤滑油を可動部になじませてください。 ある程度までニッパーをにぎにぎして潤滑油をなじませたら、最後にはみ出た潤滑油をキッチンペーパーで拭き取ります。 これで潤滑油の作業も終了です。 最後は「刃先保護キャップ」をハメ込んで保管しておきましょう。 できるだけ外気に触れさせないというのも、サビ防止の1つだと思います。 スポンサーリンク ここからが本番。 ニッパーを徹底的にメンテナンスする。 さて、ここまでのメンテナンスなら「俺もそれくらいやっとるわ!」の一言で終わっちゃいそうなんです。 なので今回は「徹底的なメンテナンスの方法」も一緒に紹介しようかと思います。 ここで紹介するメンテナンスの種類は2つです。 薬品を使用してニッパーのサビを落とす。 ニッパー調整台を使用して可動軸の「ガタ」をとる それではやっていきましょう。 ニッパーのサビをとる 「メンテナンス油塗ろうにも、もう自分のニッパーはサビだらけなので意味がない!」と思っているそこのアナタ。 じゃあサビを落とせばいいじゃない。 というわけで、紹介する商品がコチラ。 Amazonの情報を掲載しています つや消しのシルバーっぽい仕上がりになりましたが、最初と比べるとかなりマシになりました。 ついでにニッパー調整台のサビ取りもしてみた ついでに、これから使う予定の「ニッパー調整台」もサビサビだったので、サビとるんに漬け込んでみました。 おお!こっちはサビも綺麗になくなって綺麗な金属感が戻ってきました。 ただし、金属を腐食させていたサビがなくなった表面はなんだかボツボツしてて汚いままです。 サビとるんは「サビをもとの金属に戻す」というよりは「サビを溶かして除去する」という商品のようです。 なのでサビた工具を入れてサビがなくなったとしても、「つや消し」のような表面に仕上がりがちです。 それが気になるかたは、最後に金属磨きで磨いてやって光沢感を出してやりましょう。 スポンサーリンク ニッパーのカシメを調整する。 長いこと使い続けているニッパーって、カシメの部分がガタガタになってたりしませんか? この カシメ部分に「ガタ」が発生していると、パーツが上手く切れなかったりする原因にもなります。 あと不安定な工具は使ってて気持ちいいものでも無いですしね。 というわけで、ゴッドハンドが販売している「ニッパー調整台」を使用してカシメ部分の調整をしてみます。 使うのはコチラ。 ニッパー調整台です。 ゴッドハンド公式通販のみの販売となっているみたいです。 しかも現在は品切れ中。 ワンフェスなどの模型イベントでもたまに売られてたりしてますよね。 私はそこでトライアル版を購入しました。 用意するのは、• 硬い床・大きな音を出してもいい場所• ニッパー調整台• ハンマー• 調整したいニッパー です。 「硬い床・大きな音を出してもいい場所」はなかなか難しいと思うので、近くに住宅の少ない「大きめの公園」に行って作業するのがオススメです。 作業する床は、コンクリートなどの固くて割れないところを選びましょう。 ニッパー調整台とハンマーは、商品を購入するとセットで付いてきます。 それから、はじめてこの調整作業をする時は「練習用ニッパー」を使って練習しましょう。 本番で愛用しているニッパーがダメになったら嫌ですしね。 カシメ部分の構造を知ろう カシメ部分のガタを調整をする前に「どうしてハンマーで叩いて調整するの?」という理屈を説明しておきます。 この一般的なプラモデル用ニッパーですが、「可動軸がどのように作られているか」を意外と皆さん知らないのではないでしょうか。 説明するより見てもらうほうが早いと思いましたので、グラインダーで可動部をサクッと切ってみました。 断面を見てみましょう。 はい、こんな感じになっています。 下側の板に可動軸が圧入されて固定されていて、上側の板は可動軸がテーパー状に広がることによって押さえられています。 この上側にある「テーパー状に広がっている可動軸のピン」をハンマーで叩き込んで、カシメ部分を締め込んで調整していくという理屈です。 ニッパーのカシメ部分を締め込む 切断してないニッパーで見てみるとこの部分です。 刃の裏側の「穴の空いている軸」の側です。 ニッパーのカシメを締め込む時は、ニッパー調整台は穴の空いていない「平面」を使いましょう。 可動軸の円周を丁寧に叩き込んでいきます。 ある程度叩いたら、ガタを確認しましょう。 ニッパーのグリップを両手で持って、ねじってみます。 そしたら「カタカタ」と可動部がブレるような動きを感じれると思います。 それが「ガタ」です。 この「カタカタ」が無くなるまで、カシメ部分を叩いて締め込んでいきます。 強い力で一気に叩いてしまうと「締め込みすぎ」で、ニッパーがスムーズに開かなくなるので様子を見ながら丁寧に叩きましょう。 ニッパーのカシメ部分を緩める 調整作業を丁寧にやっていれば、ニッパーのカシメ部分を緩めるという作業はほぼ発生しないとは思いますが、万が一「締めすぎて動かなくなった!」という場合の救済方法です。 カシメ部分を緩める時は、ニッパー調整台の「穴の空いている側」を使用します。 この穴の上に、可動軸の中心が来るようにニッパーを置いてください。 緩める時に叩くのは、刃が奥に向いている「ニッパーの表側」です。 そして可動軸が圧入して固定されている、上下の2点を中心に叩きます。 そうすると、可動部に隙間ができ「カシメ部分を緩める」ことができます。 この「カシメ部分を締め込む」と「カシメ部分を緩める」をマスターすればニッパーだって一生モノの工具になること間違いなしです! 動画も用意してみました。 写真だけだと作業が分かりにくいと思いましたので、動画も用意してみました。  こんなかんじでニッパーのカシメ部分を調整します。 まとめ いかがでしたでしょうか。 プラモデルを製作するためには「ニッパー」は必要不可欠なアイテムの1つです。 この記事を参考に、きちんとした方法でメンテナンスをしてやり大事に使い続けてやりましょう。 それでは。

次の

プラモのこういうパーツの真ん中をニッパーでカットすると左右別々に可動するよ...

プラモ ニッパー

良いニッパーを使うメリット• 切断面が綺麗に仕上がる• 疲れにくい• 製作時間を大幅に短縮できる 切断面が綺麗に仕上がる これは非常に大事です。 切断面が綺麗に仕上がるということは、次の工程でナイフを使ってゲートを綺麗にする作業や、ヤスリがけ作業が大変楽になります。 また 良いニッパーほど切断面が白化しません。 ガンプラの赤いつま先パーツの白化に悩まされた方はいませんか? 良いニッパーなら白化現象が起きにくいんですよ! 疲れにくい 良いニッパーほどカットの際に力を必要としません。 良い包丁がスッと切れるのと同じ原理です。 安いニッパーはカットの際に衝撃が来ますが、良いニッパーはプチンと切れるような感触です。 良いニッパーほど刃物としての特性が優れており、カット作業に力を必要としません。 製作時間を大幅に短縮できる これは時間のない僕らのようなサラリーマンモデラーには大変助かります。 質の低いニッパーだと• いきなり冗談みたいな名前とパッケージのニッパーですし、すごく安いのですがあなどってはいけません。 入門用には十分すぎる性能です。 1000円払ってホームセンターのニッパー買うくらいならこちらをオススメ。 1000円台のニッパーではトップクラスにゲート跡がキレイに仕上がります。 ゴッドハンドは模型工具専門の会社ですので使いやすさは折り紙付き。 さらに初心者向けに耐久性も重視してある点もグッドです。 これからプラモデルを始めたい初心者から、破損を気にせず安心して太いプラ材を切断したい上級者までオススメの一本です。 可愛いパッケージと見た目なので模型に興味があるお子様に持たせる初めての工具としてもベストです! ぜひお子様には本物を味合わせてあげてください! アルティメットニッパーの評価• 切った時の音がこれまでのニッパーが「バチン!」だとすると、アルティメットニッパーは「プチン」という感触です。 病みつきです。 刃面が平なので部品に密着させてカットすれば、ほとんどゲートが残らず、白化も最小限です。 これを使ってからは組み立てでナイフを使うことはなくなりました。 (むしろナイフを使うほうが白化するレベル) 正直かなりお値段はしますが、本記事の最初に書いた時短効果を考えれば費用対効果は抜群。 買って損することはまずないと思います。 (こじったりねじったりする動作はNGです) アルティメットニッパーを使う方はアルティメットニッパーはゲート処理専用にして、改造や加工用のニッパーはある程度耐久性の高いものを持つ 「二刀流」を激しくオススメします。 僕は現在アルティメットニッパーをメインに、ざっくりとした切断、加工用にタミヤの薄刃ニッパーを使用しています。 良い模型ツールは製作を楽しくしてくれます。 以上、予算に合わせた3選でした。 良い模型ツールは製作を楽しく、綺麗に作らせてくれませす。 ツールを揃えるのも模型の醍醐味。 良いツールで楽しく模型を作ってくださいね。 ちなみに本ブログおよび、、でかずが公開している作品はすべてアルティメットニッパーさんの力によって生み出されておりますよ! ではでは!.

次の