宛名印刷 フリーソフト。 おすすめ 宛名書き・宛名印刷ソフト一覧 :フリーソフト PIATA

無料はがき作成・宛名印刷ソフト一覧

宛名印刷 フリーソフト

宛名ラベルや表示ラベルなどの作成に便利なラベル用紙。 A4サイズのシートに、面付が施されたラベル用紙をお使いではありませんか。 当社では「楽貼ラベル」というラベル用紙を、15アイテムラインナップしています。 「普段使っているエクセル(Excel)から宛名ラベルを印刷できませんか」というお問い合わせは、よくあるお問い合わせの1つです。 Excel 2007、2010をお使いなら、ラベル印刷ウィザードという機能を使って、簡単に宛名ラベルを作成できます。 このページでは、このラベル印刷ウィザードの使い方を、Excel 2010の操作手順に基づいて、ご説明します。 Excel 2007、2010以外では、このラベル印刷ウィザードは使えませんので、ご注意ください。 それ以外のバージョンをお使いの場合、以下にリンクでご案内しておりますので、ご参照ください。 Excel 2013では、ラベル印刷ウィザードという機能がなくなっていますので、Excelで一覧データを整理し、Wordの差込機能を使用して、作成することになります。 また、Excel 2007、2010では、ラベルテンプレートを印刷の度に、作成する必要がありますが、それが面倒という方もいらっしゃると思います(詳しくは後述します)。 そのようなケースもExcelとWordを併用して、作成することで、ラベルレイアウトを繰り返し利用できます。 この方法は、P. Y通信の中で、「」としてご紹介していますので、ぜひ、ご参考にしてください。 さらに、最新版のOffice2016、Word2016、Excel2016を活用した差込機能を使った宛名ラベルの作成方法を、以下のページでご紹介していますので、参考にしてください。 また、宛名ラベルではなく、表示ラベルや商品ラベルを作成するなら以下のページが参考になると思います。 ソフトとして、Officeをお使いの方が大変多いと思います。 お使いのWordとExcelのバージョンを確認し、上手に使い分けてください。 話しを戻して、Excel 2007、2010のラベル印刷ウィザードを使うと、Excelだけで完結し、非常に簡単な操作で、ラベルを印刷できます。 それでは、操作方法をご説明して行きます。 Excelデータの先頭行 1行目 が項目名になります。 住所を建物名などで区切り、 「住所1」、「住所2」などに分割しておきます。 使用するラベルの幅と文字の大きさによって、適宜、調整します。 宛名ラベルですから、敬称が必要なことが多いと思います。 「様」以外に「先生」や「御中」など複数の敬称が必要な場合は、それぞれ作成してください。 以下の様な、宛名データが用意できているとして、話を進めます。 ラベル印刷ウィザードで使用し易くするために、データを少し、加工しましょう。 使用する列をわかりやすい様に、先頭行を青く色付けしました。 列を挿入して、郵便番号の前に、「〒」マークをつけました。 住所1、2はそのまま使います。 氏名+敬称の列を追加しました。 名前の後に半角スペースと敬称を入れました。 この4データを宛名ラベルとして、印刷します。 ラベル印刷ウィザードを表示させる まず、ラベル印刷ウィザードが表示されているかどうかを確認します。 「ファイル」から「印刷」、下部に「ラベル印刷ウィザード」が表示されているかどうかを確認します。 下図では表示されていません。 この場合は、「オプション」をクリックします。 「ラベル印刷ウィザード」が表示されている場合は、次項の「ラベル印刷ウィザードで用紙を設定する。 」へ進んでください。 「アドイン」をクリックします。 管理でExcelアドインを選択し、「設定」をクリックします。 「ラベル印刷ウィザード」をチェックし、「OK」をクリックします。 先ほどまでは、表示されていなかったラベル印刷ウィザードが表示されるようになりました。 ラベルレイアウトを設定する。 印刷する宛名データを選択します。 この時、見出しを付けた先頭行を含めて選択します。 「ファイル」から「印刷」、「ラベル印刷ウィザード」をクリックします。 「先頭行を見出しとして使用する」をチェックし、「次へ」をクリックします。 以下の画面が表示されます。 今回使用するラベルは、「楽貼ラベル」12面四辺余白付・角丸、UPRL12Bを使用することとします。 レイアウトは左の通りです。 サイズの単位は、mmです。 Y通信の「」では、楽貼ラベル15アイテムのレイアウト図を確認できるとともに、• テストプリント用紙(PDFデータ)• Microsoft Word用テンプレート• Adobe Illustrator用テンプレート を無料でダウンロードできますので、是非、有効活用してください。 「ラベルの種類」をクリックしながら、今回使用する「楽貼ラベル」12面四辺余白付・角丸、UPRL12Bに近いレイアウトを探して行きます。 「楽貼ラベル」は業界標準とも言えるラベルレイアウトを採用していますので、よく探していくと同じレイアウトがみつかる場合があります。 なお、小数点は第二位で四捨五入されて表示されています。 ここでは、新規ラベルのレイアウト作成の方法をご紹介する目的から、このレイアウトを使って、調整して行きましょう。 「新規ラベル」をクリックします。 先ほどのレイアウトサイズに変更して行きます。 単位はcmです。 最後にラベル名を英数文字で付け(この場合は「UPRL12B」)、「OK」をクリックします。 (ユーザー定義フォーム)に、「UPRL12B」という名前で、レイアウト情報が登録されました。 なお、小数点は第2位で四捨五入されて表示されます。 この「UPRL12B」のレイアウトを今後も使用する場合、(ユーザー定義フォーム)から呼び出して使用できます。 「次へ」をクリックします。 「UPRL12B」という名前で、レイアウトを作成できました。 次に、ラベルテンプレートをデザインします。 宛名で使用する列をわかりやすい様に、先頭行を青く色付けしましたが、使用するのは、• 住所1• 住所2• それぞれ選んで、「>」をクリックします。 4データがラベルテンプレートに配置されました。 デザインを進めます。 マウスの矢印が、十字の矢印になりましたら、列のデータを動かすことができます。 マウスの左ボタンを押しながら移動させます。 マウスの左ボタンをクリックしたまま、右に動かして、データの入る大きさをラベル幅いっぱいまで、拡げて行きます。 列のデータを選んだ状態で、文字の大きさを変えたりするなどデザインを調整していきます。 文字種を変えたり、線や図形、文字なども加えることが可能です。 宛名ラベルですから、簡潔なデザインで、文字の大きさや文字の入る幅、位置などを調整しました。 ここでの注意点は、文字の大きさや文字の入る幅が、用意したエクセル情報の最大文字数が入る大きさに設定できているかどうかです。 文字の入る幅が狭いと、文字が途中で切れてしまうことがあります。 「プレビュー」をクリックして、確認しましょう。 プレビュー画面です。 1ページ目、2ページ目を重ねて表示しています。 「閉じる」で戻ります。 用意したエクセル情報の最大文字数の個所が、プレビューで、文字が切れずに表示されているかが、チェックポイントです。 もし、文字が切れている場合には、文字の入る幅を広くしたり、文字を小さくしたりして、文字が切れないように調整します。 文字が切れないように調整できましたら、「印刷」をクリックし、プリントします。 冒頭で、前述しましたが、ここで調整したラベルテンプレートの文字の大きさや位置、幅などが保存できず、ラベルを印刷する度にラベルテンプレートを調整する必要があることが留意点です。 宛名ラベルはそれほど複雑なデータではありませんので、印刷の度に調整することも、慣れてしまえば、気にならないという方も多いと思います。 それでも、それが面倒という方は、ExcelとWordを併用して、作成することで、ラベルテンプレート(レイアウト)は、繰り返し利用できます。 「」をご参照ください。 最新版のOffice2016、Word2016、Excel2016をお使いの方は以下を参考にしてください。 なお、ラベル印刷ウィザードでは、プリンターの設定ができません。 手差しトレイから印刷したい場合などは、プリンターのデフォルト設定を手差しトレイに設定する必要があります。 ウィンドウズのスタートからデバイスとプリンター、お使いになるプリンターを選んで、右クリック、プリンターのプロパティから基本設定で給紙方法を設定してください。 ラベルのプリント後、給紙方法を元に戻すこともお忘れなく、設定してください。 ご説明しようとすると、たくさんのプリントスクリーンで、結構な文字数になってしまいますが、それほど、込み入ったことが必要な訳ではありません。 慣れてしまえば、普段から使い慣れているExcelだけで完結し、素早く、宛名ラベルを印刷していただけると思いますので、是非、ご活用ください。 はがしやすく、楽に貼れる「楽貼ラベル」 前述しましたが、当社では独自の「楽貼加工」を施したOAラベル用紙15アイテムを「楽貼ラベル」のブランドでラインナップしています。 ラベルサイズや面付、無料のテンプレートなどについては、「」から。

次の

封筒の宛名印刷の仕方|エクセル/ワード/ソフト/プリンター

宛名印刷 フリーソフト

宛名ラベルや表示ラベルなどの作成に便利なラベル用紙。 A4サイズのシートに、面付が施されたラベル用紙をお使いではありませんか。 当社では「楽貼ラベル」というラベル用紙を、15アイテムラインナップしています。 「普段使っているエクセル(Excel)から宛名ラベルを印刷できませんか」というお問い合わせは、よくあるお問い合わせの1つです。 Excel 2007、2010をお使いなら、ラベル印刷ウィザードという機能を使って、簡単に宛名ラベルを作成できます。 このページでは、このラベル印刷ウィザードの使い方を、Excel 2010の操作手順に基づいて、ご説明します。 Excel 2007、2010以外では、このラベル印刷ウィザードは使えませんので、ご注意ください。 それ以外のバージョンをお使いの場合、以下にリンクでご案内しておりますので、ご参照ください。 Excel 2013では、ラベル印刷ウィザードという機能がなくなっていますので、Excelで一覧データを整理し、Wordの差込機能を使用して、作成することになります。 また、Excel 2007、2010では、ラベルテンプレートを印刷の度に、作成する必要がありますが、それが面倒という方もいらっしゃると思います(詳しくは後述します)。 そのようなケースもExcelとWordを併用して、作成することで、ラベルレイアウトを繰り返し利用できます。 この方法は、P. Y通信の中で、「」としてご紹介していますので、ぜひ、ご参考にしてください。 さらに、最新版のOffice2016、Word2016、Excel2016を活用した差込機能を使った宛名ラベルの作成方法を、以下のページでご紹介していますので、参考にしてください。 また、宛名ラベルではなく、表示ラベルや商品ラベルを作成するなら以下のページが参考になると思います。 ソフトとして、Officeをお使いの方が大変多いと思います。 お使いのWordとExcelのバージョンを確認し、上手に使い分けてください。 話しを戻して、Excel 2007、2010のラベル印刷ウィザードを使うと、Excelだけで完結し、非常に簡単な操作で、ラベルを印刷できます。 それでは、操作方法をご説明して行きます。 Excelデータの先頭行 1行目 が項目名になります。 住所を建物名などで区切り、 「住所1」、「住所2」などに分割しておきます。 使用するラベルの幅と文字の大きさによって、適宜、調整します。 宛名ラベルですから、敬称が必要なことが多いと思います。 「様」以外に「先生」や「御中」など複数の敬称が必要な場合は、それぞれ作成してください。 以下の様な、宛名データが用意できているとして、話を進めます。 ラベル印刷ウィザードで使用し易くするために、データを少し、加工しましょう。 使用する列をわかりやすい様に、先頭行を青く色付けしました。 列を挿入して、郵便番号の前に、「〒」マークをつけました。 住所1、2はそのまま使います。 氏名+敬称の列を追加しました。 名前の後に半角スペースと敬称を入れました。 この4データを宛名ラベルとして、印刷します。 ラベル印刷ウィザードを表示させる まず、ラベル印刷ウィザードが表示されているかどうかを確認します。 「ファイル」から「印刷」、下部に「ラベル印刷ウィザード」が表示されているかどうかを確認します。 下図では表示されていません。 この場合は、「オプション」をクリックします。 「ラベル印刷ウィザード」が表示されている場合は、次項の「ラベル印刷ウィザードで用紙を設定する。 」へ進んでください。 「アドイン」をクリックします。 管理でExcelアドインを選択し、「設定」をクリックします。 「ラベル印刷ウィザード」をチェックし、「OK」をクリックします。 先ほどまでは、表示されていなかったラベル印刷ウィザードが表示されるようになりました。 ラベルレイアウトを設定する。 印刷する宛名データを選択します。 この時、見出しを付けた先頭行を含めて選択します。 「ファイル」から「印刷」、「ラベル印刷ウィザード」をクリックします。 「先頭行を見出しとして使用する」をチェックし、「次へ」をクリックします。 以下の画面が表示されます。 今回使用するラベルは、「楽貼ラベル」12面四辺余白付・角丸、UPRL12Bを使用することとします。 レイアウトは左の通りです。 サイズの単位は、mmです。 Y通信の「」では、楽貼ラベル15アイテムのレイアウト図を確認できるとともに、• テストプリント用紙(PDFデータ)• Microsoft Word用テンプレート• Adobe Illustrator用テンプレート を無料でダウンロードできますので、是非、有効活用してください。 「ラベルの種類」をクリックしながら、今回使用する「楽貼ラベル」12面四辺余白付・角丸、UPRL12Bに近いレイアウトを探して行きます。 「楽貼ラベル」は業界標準とも言えるラベルレイアウトを採用していますので、よく探していくと同じレイアウトがみつかる場合があります。 なお、小数点は第二位で四捨五入されて表示されています。 ここでは、新規ラベルのレイアウト作成の方法をご紹介する目的から、このレイアウトを使って、調整して行きましょう。 「新規ラベル」をクリックします。 先ほどのレイアウトサイズに変更して行きます。 単位はcmです。 最後にラベル名を英数文字で付け(この場合は「UPRL12B」)、「OK」をクリックします。 (ユーザー定義フォーム)に、「UPRL12B」という名前で、レイアウト情報が登録されました。 なお、小数点は第2位で四捨五入されて表示されます。 この「UPRL12B」のレイアウトを今後も使用する場合、(ユーザー定義フォーム)から呼び出して使用できます。 「次へ」をクリックします。 「UPRL12B」という名前で、レイアウトを作成できました。 次に、ラベルテンプレートをデザインします。 宛名で使用する列をわかりやすい様に、先頭行を青く色付けしましたが、使用するのは、• 住所1• 住所2• それぞれ選んで、「>」をクリックします。 4データがラベルテンプレートに配置されました。 デザインを進めます。 マウスの矢印が、十字の矢印になりましたら、列のデータを動かすことができます。 マウスの左ボタンを押しながら移動させます。 マウスの左ボタンをクリックしたまま、右に動かして、データの入る大きさをラベル幅いっぱいまで、拡げて行きます。 列のデータを選んだ状態で、文字の大きさを変えたりするなどデザインを調整していきます。 文字種を変えたり、線や図形、文字なども加えることが可能です。 宛名ラベルですから、簡潔なデザインで、文字の大きさや文字の入る幅、位置などを調整しました。 ここでの注意点は、文字の大きさや文字の入る幅が、用意したエクセル情報の最大文字数が入る大きさに設定できているかどうかです。 文字の入る幅が狭いと、文字が途中で切れてしまうことがあります。 「プレビュー」をクリックして、確認しましょう。 プレビュー画面です。 1ページ目、2ページ目を重ねて表示しています。 「閉じる」で戻ります。 用意したエクセル情報の最大文字数の個所が、プレビューで、文字が切れずに表示されているかが、チェックポイントです。 もし、文字が切れている場合には、文字の入る幅を広くしたり、文字を小さくしたりして、文字が切れないように調整します。 文字が切れないように調整できましたら、「印刷」をクリックし、プリントします。 冒頭で、前述しましたが、ここで調整したラベルテンプレートの文字の大きさや位置、幅などが保存できず、ラベルを印刷する度にラベルテンプレートを調整する必要があることが留意点です。 宛名ラベルはそれほど複雑なデータではありませんので、印刷の度に調整することも、慣れてしまえば、気にならないという方も多いと思います。 それでも、それが面倒という方は、ExcelとWordを併用して、作成することで、ラベルテンプレート(レイアウト)は、繰り返し利用できます。 「」をご参照ください。 最新版のOffice2016、Word2016、Excel2016をお使いの方は以下を参考にしてください。 なお、ラベル印刷ウィザードでは、プリンターの設定ができません。 手差しトレイから印刷したい場合などは、プリンターのデフォルト設定を手差しトレイに設定する必要があります。 ウィンドウズのスタートからデバイスとプリンター、お使いになるプリンターを選んで、右クリック、プリンターのプロパティから基本設定で給紙方法を設定してください。 ラベルのプリント後、給紙方法を元に戻すこともお忘れなく、設定してください。 ご説明しようとすると、たくさんのプリントスクリーンで、結構な文字数になってしまいますが、それほど、込み入ったことが必要な訳ではありません。 慣れてしまえば、普段から使い慣れているExcelだけで完結し、素早く、宛名ラベルを印刷していただけると思いますので、是非、ご活用ください。 はがしやすく、楽に貼れる「楽貼ラベル」 前述しましたが、当社では独自の「楽貼加工」を施したOAラベル用紙15アイテムを「楽貼ラベル」のブランドでラインナップしています。 ラベルサイズや面付、無料のテンプレートなどについては、「」から。

次の

封筒の宛名印刷の仕方|エクセル/ワード/ソフト/プリンター

宛名印刷 フリーソフト

年賀状作成・宛名印刷ソフトの選び方 年賀状作成・宛名印刷ソフトを選ぶ際にみていただきたいポイントは5つ。 使いやすさ 操作性• 何をしたいか 機能性• シーンに合わせてデザインが選べるか デザイン性• 住所録などのデータをすぐに使えるか 互換性• コスパは良いか 価格 では詳しく紹介します。 使いやすさ 操作性 僕が年賀状作成・宛名印刷で1番重要と思うこと。 それが使いやすさ 操作性 です。 使いやすさ 操作性 が良くないとやりたいことをする際に、いちいちマニュアルを読まなければなりません。 普段使うものであれば良いですが、 年に数回使うだけだと操作方法を忘れてしまいます。 つまり、直感的に操作できる使いやすさ 操作性 が大切です。 何をしたいか 機能性 ほとんどの年賀状作成・宛名印刷ソフトは年賀状作成、宛名印刷はもちろんできます。 最近の年賀状作成・宛名印刷ソフトは他の機能も優れており• 暑中見舞いからポストカードまで作成できる• 封筒印刷や名刺印刷も可能• 住所録を自動でクラウド保存• 1度の購入で5台のPCで使える などソフトによって様々な機能が搭載されています。 シーンに合わせてデザインが選べるか デザイン性 年賀状を含め、送りたい人に合わせたデザインを豊富なデザインの中から選ぶことができます。 書体も変更できるものもあるため、お世話になっている人や関係性に合わせて送りたいデザインで作成できます。 住所録などのデータをすぐに使えるか 互換性 以前、別のソフトなどで年賀状を作成していた方は住所録を簡単に移せるかも大切なポイントです。 住所録の移行の手間をかけたくない方は、必ず互換性があるか確認をされてくださいね。 コスパは良いか 価格 最終的に大切なポイントは価格です。 有料ソフトの場合はほとんど同じくらいの価格なため、他の選び方を重視されてください。 無料 フリーソフト と有料ソフトどっちが良い? 年賀状作成・宛名印刷ソフトで気になるポイントが 「有料ソフト、無料ソフト フリーソフト どっちが良いのか?」 だと思います。 筆まめは 年賀状作成・宛名印刷ソフトをあまり使ったことがない方からビジネスシーンまで使える多機能なソフトです! 筆まめは販売台数シェアNo. 1で、誰にでも使いやすいソフト。 『年賀状ソフト初めての方』や『高齢の方』も使いやすいよう『はじめてモード』という機能があり• シンプル• 大きなボタンなどで見やすい• マニュアル、動画マニュアル、電話サポートもあり という特徴があります。 といっても年賀状作成・宛名印刷がビジネスシーンでも使いやすいよう、 『暑中見舞い』や『封筒印刷』、顧客管理などもでき、セキュリティもバッチリです。 多機能という点から他のソフトに比べて、5,980円と他のソフトより高めです。 筆まめをおすすめしたい人• 出来るだけ簡単に操作したい人• ビジネスシーンでも利用したい 顧客管理も可能• マニュアルやサポートを受けたい人• 家族で利用したい人 5台分のパソコンで利用可能• とにかく1番機能が優れているもの \多機能で使いやすさNo. 1/ 年賀状作成・宛名印刷ソフト【比較表】年賀状作成・宛名印刷ソフトを徹底比較 年賀状作成・宛名印刷ソフトについてランキングで紹介したものの、より詳しく機能について知りたい方は比較表をご覧ください。 今回、比較対象するソフトは• 筆まめ• 宛名職人• 筆ぐるめ• はがきデザインキット の5点です。 5万点 不明 不明 年賀状以外の素材 誕生日 残暑見舞い 暑中見舞い 寒中見舞い 誕生日 ハロウィン クリスマス 結婚 出産 引っ越し など なし ハロウィン クリスマス 結婚 出産 引っ越し なし — その他デザイン・印刷 ラベル印刷 カレンダー 名刺 封筒 往復はがき CD・DVDラベル 賞状 のし チケット ネームラベル 広告 など カレンダー 名刺 封筒 往復はがき CD・DVDラベル 賞状 のし ラベル メニュー表 便箋 など カレンダー 名刺 封筒 往復はがき CD・DVDラベル 賞状 のし なし なし その他機能 ネットプリント スタンプ 顧客コード発行 セキュリティ コンタクト履歴 コンタクト履歴 まるで手書き for 筆王 ペタットラベル印刷2 QRコード作成も可能 — — — 備考 ビジネスシーンでも活躍 残暑見舞いなどの素材がない 有料サービスが多いため注意 コスパがあまり良くない 作成中にデータが飛んだことが数回あり 公式サイト 比較すると商品特徴がとてもわかりやすいかと思います。

次の