ウ ん こ 出 したい。 zoomによるウェビナーを成功させる7つのポイント

「プロデュース101」シーズン2の最年少練習生イ・ウジン“次にオーディション番組に出たらファイナルまで行きたい”

ウ ん こ 出 したい

オクトパストラベラー(Steam版)絶賛プレイ中です! 以前の記事を挙げてから一ヶ月が経過、8人中5人の2章をクリアしました。 進捗が遅いように見えますが、それは英語でプレイしているせいです。 数日プレイして、一度も街の外に出ないことはざらです。 ゲームとしてのテンポは最悪ですが、それでもオクトパストラベラーは面白いです! というのも、ただの村人にさえバックグラウンドが用意されていて、• 多額の借金を背負って、本当の自分を偽りながらお金を稼ぐ踊り子• 貧民あがりで、貴族出身の同僚に対抗意識を抱く兵士• 悪そうな人を見つけては、雪玉を投げつける女の子 などなど、色々な人がいます。 単に話しかけるだけでは「ここは始まりの町です」レベルのことしか言わない人でも、深く探ると「宿屋の経営に行き詰っているため、夫にリフォームするように訴えている女性」ということが判明します。 村人にもそれぞれの人生があるんやなぁ、と干渉にひたりながらプレイしています。 さて、上記のプレイスタイルにあって、面倒に感じていることがあります。 英文の意味を調べるには、ブラウザ上で英文を打つ必要があるということです。 現状の作業 ゲーム画面を見ながら、英文を打ち、ブラウザに張り付ける これを、• 変更後の作業 キーを押したら、英文がブラウザに張り付けられる という風に変更できたら、多少は楽になります。 そこで、以下のようなシステムを考えてみました。 青色の箱はプロセスを、橙色の箱はファイルを表します。 システムの説明をデータの流れる順に行います。 SteamでF12キーを押すと、を保存します(標準機能)。 は、の保存を確認すると、Tesseractを呼び出します。 Tesseractは、を行うためのツールで、内に含まれる文字情報を取り出します。 は、Tesseractから文字情報を受け取り、整形した後、形式で保存します。 Webサーバはファイルを読み取り、Webページを動的生成します。 ・・・といっても、どんなシステムかわかりにくいですよね。 システムの入力と出力だけでも具体的に紹介します。 入力はSteam画面のです。 , LTD. All Rights Reserved. 出力はブラウザ上の文字になります。 やりたいことは、Steam上のセリフをブラウザ上で表示するだけです。 後はコピペすれば、にかけられるでしょ? このシステムで肝になるのが と呼ばれる技術です。 とは、Optical character recognitionの略で、日本語ではと訳されます。 活字の文書をイメージスキャナで画像化し、パソコン上で画像から文字情報を抽出する、といった使い方が起源のようです。 の場合、もはや光学要素はないのですが、を応用することは 可能です。 を実現するためのツールとして、僕はTesseractを採用しました。 が開発元で、ソフトウエア( License 2. 0)です。 正直、についても、Tesseractについても、僕は全く詳しくないですw 今回はを試すことができればよいので、今後必要になれば勉強することにします。 プロトタイプ1の開発 プロトタイプ1と銘打って、とりあえずシステム全体として動くものを作ります。 Steamの設定 の保存方法を変更します。 具体的な手順は、以下ページをご参考に。 Tesseractのセットアップ インストール&から呼び出せるようにします。 僕の環境はなので、以下ページを参考にインストールしました。 僕は 64bit、v5. インストール完了後、システムを編集し、tesseract. exeにパスを通します。 コードの作成 ネット上に落ちているコードを集めて、適当に組み合わせます。 なにせも詳しくはないので、とりあえず動けばOKで作ります。 簡単にコードの紹介をすると、• watchdogクラスを使って、フォルダの監視を行います。 つまり、が保存されたことを検出し、を行うハンドラを呼び出します。 subprocessクラスを使って、Tesseractを実行します。 Tesseractの文字情報の出力先はstdoutとし、さらにstdoutをsubprocessの返り値にリダイレクトしています。 この仕組みにより、内でTesseractによる結果をバイナリデータ列として扱えます。 collectionsクラスおよびクラスを使って、文字情報を形式で保存します。 の保存先は、実行場所と同一階層にあるというフォルダにしています。 という感じでしょうか。 コード全体は以下のようになります。 import sys import os import time import subprocess import json import collections from watchdog. observers import Observer from watchdog. json' self. start try: while True: time. sleep 1 except KeyboardInterrupt: obs. stop obs. join print "Finish OCR" 出力するは以下のようになります。 これも素人なのでクオリティはお察し、動けばいいやで作ります。 ちなみにWebサーバはApatche2を使っています。 まずはhtmlから。 まず、ターミナルソフトでを実行します。 exeとなっているのは、. exeを実行すると、純正ののダウンロードを勧められるため。 僕はAnacondaのにを張って使っています)。 ゲームをプレイします。 人々との会話を楽しむさなか、英語の意味がわからないタイミングで、F12を押します。 , LTD. All Rights Reserved. の保存を検出すると、自動的にを実行し、ファイルを生成します。 ターミナル上では、その旨を簡潔に表示します。 適当に4人ほどに試した後、先ほど作成したWebページを開きます。 人々のセリフを正しく取得できてい・・・ないですね。 やっぱ適当に作るとこうなるよなーーーー 今回はとりあえず動いたということで、改善は次回以降にします! 以上。 yukirunrun.

次の

切断バグ&晒しについての個人的意見

ウ ん こ 出 したい

ウェビナー(Webinar)は、ウェブ Web とセミナー Seminar を組み合わせた造語であり、Webセミナーやオンラインセミナーとも呼ばれる。 インターネット上で行なわれるセミナーそのもの、もしくはインターネット上でのセミナーを実施するためのツールを指す。 出典:wikipedia 要は、 webで行うセミナーです。 昨今の働き方改革の波や、新型コロナウィルス対策として在宅勤務が浸透しつつある今、webでセミナーを行うことが一般的になっています。 zoomによるウェビナーを成功させる7つのポイント それでは、普段私が注意している、「ウェビナーを成功させる7つのポイント」を紹介します。 ポイント1:ウェビナー用の設備を準備 いきなり設備投資の話になります笑 ウェビナーを行う際は、しっかりとウェビナー用の機器を準備するようにしましょう。 カメラ付きPC一台で行けるんじゃない? と考えている人はダメです! 今すぐ考え方を改めましょう! 極論、ウェビナーで伝達できる情報は「映像」「音声」この2つのみですが、この2つの品質を上げるだけで受け手の印象は全然違います。 特に私が気にしている機器は以下。 マイクスピーカー これは言うまでもないですね。 PCに付属のマイクは音質が良くない場合が多いので、専用のマイクスピーカーを必ず準備しましょう。 詳細については以下の記事をご参照ください。 背景 お互いの顔が分からない状態で行うウェビナー。 少なくとも、開催者(講演者)の顔を映すのは必須です。 が、不特定多数の方に自宅の汚い部屋を映すというのも考えもの。 そこでzoomの仮想背景機能を活用するわけですが、この機能、 背景が同一色でないとうまく有効になりません。 例えば• 壁は白• ドアは茶色• カーテンはベージュ というような部屋では、うまく仮想背景が機能しないのです。 対応策は3点。 zoomの設定を変える ハイスペックPCの場合、zoomの設定を変えることで対応可能です。 ポイント2:Snap Cameraで「お化粧」 不特定多数への配信時に、講演する自分の印象を残してもらうためには、ある程度の「お化粧」は必要です。 自分の肌色が綺麗に映るようなエフェクトを掛けましょう。 具体的な方法は以下の記事に記載しています。 ポイント3:1時間前後に収める 既に常識となりつつありますが念のため。 ウェビナーのスケジュールは、 最大でも1時間前後に収めましょう。 実際にやってみると分かります。 我々日本人はまだまだweb会議に慣れていないようで、1時間もやると疲れて、集中力が切れてしまうのです。 更に、1時間以上のウェビナーとなると、参加する側もだいぶ構える必要があります。 私が好きなアジェンダは以下のような感じ。 講演者のブラウザやweb会議アプリケーション• 講演者のPC、マイク、カメラ• 講演者のネット回線 など 理由は全く分かりませんが、参加者が多ければ多いほど、何かしらの障害が起きるのがウェビナーの怖いところ。 そのため、講演側は進行役1名、スピーカー1名の最低2名体制にし、 スピーカーに問題が発生したらすぐにバトンタッチできるようにしておきましょう。 また、スピーカーの声が聞こえないなど、スピーカー自身が気づかない障害が発生した際も、同僚が視聴側にいればすぐに気づくことができます。 合いの手を打つことでテンポが良くなる 障害時のバックアップを気にしなければ、スピーカー1人でウェビナーを実施することは可能です。 ですが、スピーカー1人だけで行うと、どうしてもワンパターンで、一方的に話すだけ、という空気になりがち。 進行役を1人つけるだけで、ウェビナー全体のテンポが良くなります。 私が好きな役割分担は以下です。 冒頭あいさつ、会社案内:進行役• セミナー本編:スピーカー• ポイント5:開始前はBGMを流す ある程度余裕をもってウェビナーを開始しましょう。 例えば13:00開始の場合、12:45頃からはアクセスできる状態にしておきます。 その際「〇〇〇のご紹介」といったウェビナーの表題を表示させることはもちろんのこと、併せてBGMも流しておきましょう。 BGMが無いまま「〇〇〇のご紹介」だけを画面に表示していると、殺伐とした変な空気になってしまいます。 詳細は以下の記事に記載していますので、こちらもどうぞ。 ポイント6:自己紹介は視覚に訴える 顔の見えないウェビナーだからこそ、自己紹介にはこだわりたいもの。 私は「講演資料は自己紹介が全て」というくらい、自己紹介にはこだわっています。 具体的な自己紹介スライドの作り方は以下。 普段よく講演をする方であれば、 自分の名前で画像検索をした結果などを表示させるのも、視覚的インパクトばっちりです! ポイント7:説明は、ゆっくり明るくはっきりと ウェビナーでの説明は、 「ゆっくり明るくはっきりと」が基本。 本編の説明自体は、大きめの会場での講演と似ています。 相手の反応を把握しずらい• こちらから一方的に喋るのみ 大勢に対して喋るコツは、とにかく練習して場数を積むのみ。 練習のコツは以下記事にまとめてあります。 この際にも、 開始前と同様にBGMを流しましょう。 場面が変わったことを印象付けられる• 雰囲気を柔らかくし、質問しやすい空気を作る• 寝てしまった人を起こす(笑) というような効果があります。 こちらも、以下の記事に記載していますのでご参照下さい。

次の

『トンネル』ヨン・ウジン「チョン・ユミとメロドラマ共演したい」

ウ ん こ 出 したい

だって……俺は人間ではない。 人間のフリをしている…… 人形神だ……。 はじめて聞いた?そっか…… 簡単に言うと日本妖怪? 詳細は言えないけど……俺が手に触れた生き物は全て……人形になる。 俺は今、らっだぁ運営というメンバーに入っている。 ん?人間といても大丈夫かだって? ちゃんと配慮してるかは大丈夫! 四季関係なく分厚い手袋をしてるから人形にならないよ! まー今でもバレてないのは不思議なぐらいだけどね……。 」 コン「一応 近海さん呼んでくる」 レウ「コンちゃん?! いいから……」 鯖「呼びましたか?」 近海さんが扉からひょこっと顔を出した。 不意に可愛いと思ってしまった……。 人形にしたい……。 レウ「なんでもないy……」 ら「レウさんが変なところで笑ってるのだよ?! おかしいわけないよ!!」 緑「ラダオクン、ウルサイ」 ら「ひどい?! 」 きょ「いや?うるさいぞ」 コン「らっだぁを先に治した方が……」 ら「ひどい!!近海さんは味方だよね……」 鯖「らっだぁさん!医務室に行きますか?」 ら「味方がいない!!」 人形したい…… やばい……この感情……どうしよう………… 俺は考えた末に部屋に戻ることにした。 レウ「話してる途中にごめん……ちょっと部屋に戻るね……」 気づいたららっだぁときょーさんで取っ組み合いしていて、コンちゃんが必死にとめて、どりみーと近海さんは呆然としている。 近海さんとどりみーが勘づいたのか俺に近づいてきた。 緑「レウサン?ダイジョウブ? 」 鯖「顔青白いけど?やっぱり見るべきだよ……」 ら「やっぱりレウさんおかしいよ?」 きよ「なんかあったんか?」 ねー……だめ… …でも……押し殺さないと レウ「大丈夫だよ!ちょっと寝不足気味なだけだから……部屋で寝るね」 鯖「ほんと?無理してない?」 近海さんはどんどん近寄ってくる。 俺は感情を押し殺し笑顔で…… レウ「大丈夫だよ!それじゃ……おやすみ」 俺は無理やりみんなのいる部屋から出ていった。 急いで自室に入った。 部屋に入ると膝から崩れ落ちた。 レウ「……はぁ……はぁ…………やばい…………もう……おされられない……」 俺は少し前から【人形にしたい】という感情がおさえられない。 どれだけ頑張っても…… レウ「どうすればいいのだよ……」 みんなから離れたらいいのに……一緒に過ごしたいという気持ちもある。 レウ「自分の寿命の何十分の一なのに……厄介な感情だな。 」 もう寝よう……忘れたい…………。 「その感情通りにすればいいのに!」 俺が寝ようと思いベッドに入った時に子供? のの声が聞こえた。 周りを見渡しても誰もいない…… 気のせいだと思い、無視しようとしたらまた聞こえた。 「無視なんてひどいな〜姿は見せられないんだ!ごめんね」 レウ「……あなたは誰?」 「そんな警戒心を強めないでよ!そうだな……神様!とでも言っておくね」 レウ「神様?俺になんの用?」 「え?妖怪界で君有名だよ〜そこまで感情おさえるの初めてみた!」 レウ「……」 「黙りなの?その感情を我慢するのがしんどいなら僕が手伝ってあげるよ!」 そうすると小さい男の子が姿を現し、俺に近づいてきた。 レウ「くるな……」 逃げようと思い足に力を入れたが、上手く動けない。 よく見ると俺の体に鎖みたいなのがまとっていた。 「逃がさないよ?ほら!僕に任せたらその苦しいのなくなるよ?」 その子になにかの呪文? みたいなのを聞かされて…… 意識を手放した。 やだ……逃げて……みんな………… 次目が覚めると男の子はいなかった。 でも今までモヤモヤしていた気持ちがなくなって楽しい感情になっていた。 レウ「何に悩んでいたのだろう?」 手を見るといつもつけている手袋がなかった。 でも……その時の俺は何も感じなかった。 そしてとうとう言ってしまった……言いたくない言葉を……。 レウ「……みんなを人形にしたい。 」 俺は気づいていなかった。 その言葉を発する前にどりみーが入ってきたことを…… 緑「……レウサン?」 どりみーは顔を真っ青にしていた。 それに震えていた。 なんで震えているのだろう? レウ「どりみー?何震えてるの?」 緑「レウサン……オカシイヨ」 それだけを言い残し俺の部屋を勢いよく飛び出した。 レウ「ねぇ?どりみー待ってよ。 」 俺は走って追いかけた。 もちろん!どりみーはあんまり外に出ないので、すぐに体力がきれる。 緑「ハァ……ハァ…」 ほら!もう息切れしてきてる! そうこうしていたらどりみーにおいついた。 緑「ハァ……ハァ……レ、レウサン……ヤメテ……」 レウ「どりみー……おびえる必要はないよ…… こっちにおいで……一生大切にするよ!」 どりみーに手を近づけようとすると……誰かに邪魔された。 目を向けるときょーさんがいた。 きょ「お前だれや!!レウさんじゃないやろ!」 レウ「何言ってるの?俺はレウクラウドだよ?」 ら「きょーさん!!!どうしたの?」 そしたら奥からみんなが走ってきた。 やった!探す手間が省けた。 緑「ラダオクン、レウサンガオカシイ……」 ら「え?レウさん?」 レウ「ん?俺は俺だよ?」 コン「やっぱり医務室に……」 鯖「そうだね……」 「あー……遅い!!!暇になってきたじゃん!むー……」 会話に神様が乱入してきた。 レウ「神様?何しに来たの?……邪魔」 「おー……怖い怖い……僕は要らなさそうだね!じゃあたいさーん!」 レウ「邪魔……ほんとに……」 コン「レ、レウさん?」 鯖「ほんとにどうしたのですか?」 みんなの方に振り向くと慌てていたよね。 あー……早く……人形にしたい……ずっと傍に置くよ……。 レウ「ほら!おびえないでよ……」 ら「レウさん……」 レウ「一生近くにおくよ?」 そのあとは本気を出して5人を一気に……。

次の