お引き受け くださ り。 「お引き受けいただく vs くださる」意味と敬語・使い分け

「お引き受け」の例文・類語・敬語・ビジネスでの使い方|いただき

お引き受け くださ り

社会人として生活していると、さまざまな年代や立場の人と話す機会があります。 一般的に、社会人は敬語で話すことがマナーと言われており、特に目上の人に対しての言葉や話し方には、細心の注意を払う必要があります。 ビジネスシーンでは誤った敬語を使うと、相手に悪い印象を与えたり、信頼関係にヒビが入ったりする危険性もあります。 ですから、言葉の使い方や意味は、正確に理解した上で使う必要があるのです。 さまざまな言葉の意味や使い方を正しく理解し、美しい敬語で話すことができれば、社会人としても胸を張って行動することができるでしょう。 今回は、ビジネスシーンで頻繁に使われる、「引き受ける」という言葉をピックアップして、正しい意味や使い方などをご紹介していきます。 「引き受ける」の意味 早速、今回のテーマである「引き受ける」という言葉について、意味をご紹介していきます。 「引き受ける」という言葉は、ビジネスシーンだけでなく、日常的にも頻繁に使う言葉ですが、正しい意味や使い方について改めて考えてみると、「よく分からない」と感じる方もいらっしゃると予想できます。 また、「引き受けるの意味・使い方を説明するように」と言われた場合、上手く言葉にすることができないという方も、いらっしゃるでしょう。 ですからまずは、「引き受ける」という言葉の意味について、確認していきましょう。 「引き受ける」の言葉としての意味 「引き受ける」という言葉について、「weblio辞書」で意味を確認した所、「責任をもって仕事などを受け持つ。 担当する。 あとを受け継ぐ。 保証人になる。 応対する。 上記の内容から、「引き受ける」という言葉には、上記のような4つの意味やニュアンスが含まれていることになりますが、いずれも日常会話やビジネスシーンで使用されることが多いと言えます。 意味やニュアンスを誤って受け取ってしまうと、会話ややり取りが噛み合わない可能性もある為、会話の際はどのような意味・ニュアンスで使われているのか、読み取ることが大切です。 「引き受ける」の一般的な意味 上記では、単語や言葉としての「引き受ける」の意味をご紹介しましたが、一般的な会話などにおいては、どのような意味やニュアンスで使用されるのか、考察していきます。 一般的に、「引き受ける」は、自分・他人どちらにも使うことができる言葉です。 自分が使う場合は、「私が引き受けます」などのよう、自ら物事を担当する場合に使われることが多いと言えるでしょう。 反対に、他人に対して使う場合は、「あの人に引き受けてもらう」などのように、物事などを人に任せる際に使われたり、依頼の意味合いを含んでいたりすることが多いと予想することができます。 また、上記の意味合いの他に、後を継いだり後任となったりした場合にも、「引き受ける」という言葉は会話などで頻繁に使用されます。 「引き受ける」の敬語・謙譲語表現 上記では、単語としての「引き受ける」の意味や、一般的な会話で使われる際のニュアンスについて考察しました。 続いては、「引き受ける」を敬語や謙譲語に言い換える場合、どのように表現すれば良いのか、考察していきます。 目上の人に対して使う場合は、敬語に言い換える必要がありますし、自分が引き受ける場合は、相手によって謙譲語で表現した方が良いケースもあります。 頻繁に使う「引き受ける」という言葉の敬語・謙譲語表現は、社会人であれば覚えておいて損はない表現だと言えるでしょう。 「引き受ける」の敬語表現 「引き受ける」を敬語で表現する場合、「お」を付けて「お引き受け」と表現します。 上司などに対して、自分が仕事や係を引き受けることを宣言する場合は、「私が引き受けます」と表現すると、少々雑であったり丁寧さに掛ける印象を与えたりしてしまいます。 せっかくの宣言が、丁寧さに欠ける印象を与えたり、失礼なイメージとなったりしてしまっては、勿体無いものです。 このような場合は、「私がお引き受け致します」などと言い換え、丁寧な宣言ができるよう、心掛ける必要があります。 また、相手に何かを引き受けてもらいたい場合も、「お引き受け」を使った方が良いと言われています。 「引き受けてもらえないでしょうか?」という表現では、やはり失礼な印象を与えたり、丁寧さに欠けたイメージを与えたりする危険性があります。 このような場合は、「お引き受け頂けないでしょうか?」などと表現すると、より丁寧な言い回しで物事を依頼することができます。 「引き受ける」の謙譲語表現 上記では、「引き受ける」の敬語表現について考察しましたが、続いては謙譲語での表現について考えていきます。 「引き受ける」の謙譲語表現の1つとして、「承る」が挙げられます。 「コトバンク」では、「承る」は「引き受ける意の謙譲語。 謹んでお引き受けする。 ですから、上司などに自分から物事を引き受けることを伝える際は、「私が承ります」などと表現すると、丁寧な印象を与えられるでしょう。 メールで使える!物事を引き受ける際の例文 「引き受ける」という言葉はメジャーな言い回しですが、頻繁に使用することも多くなりがちです。 その為、ビジネスメールなどでは、「引き受ける」を毎回使用してしまい、同じような文章・文面になってしまうこともあるでしょう。 毎回似たような内容や文章でメールなどのやり取りをすることは、マナー違反というわけではありませんが、お互いにマンネリ化してしまう可能性はあります。 上記のようなマンネリ化を防ぐ為には、同義語などを使って、同じような内容をさまざまな言葉で表現すると良いでしょう。 そこで、続いては「引き受ける」の同義語や、同じような意味の別の表現などをご紹介していきます。 「引き受ける」という言葉は、日常的にもよく使う言葉ですが、意味やニュアンスを複数持っている為、相手がどのような意図で使用しているのか、正確に読み取る必要があります。 その為には、「引き受ける」という言葉に含まれている意味やニュアンスを正しく理解しておく必要があります。 また、「引き受ける」と同じような意味を持つ言い回しは、多数存在します。 ビジネスメールなどにおける文章ややり取りのマンネリ化を回避する為にも、同義語や似たような意味の表現は、頭に入れておくことをおすすめします。 「引き受ける」は、多くの人にとって、身近な言葉だと考えられますが、だからこそ意味や使い方について、この機会に確認してみて下さい。 担当する。 ・代わってする。 あとを受け継ぐ。 ・保証する。 保証人になる。 ・ 相手になる。 応対する。 謹んでお引き受けする。

次の

「お引き受けいただく vs くださる」意味と敬語・使い分け

お引き受け くださ り

新着情報• 出版物、DVDのご案内 新刊書籍「ピンチをチャンスに変える運命法則(藤谷泰光著)」 闇の人生を大逆転させて、光の人生を歩むための運命法則 天と繋がりピンチをチャンスに変える方法! 以下のようなピンチを持たれている方に本書をお勧めします。 病気で苦しんでいる人• 引きこもり、鬱、パニック障害、DV等で苦しんでいる人• 人間関係で悩んでおられる人a• 素晴らしいご縁が欲しいい人• 生きることが苦しい、辛いという人• お金の問題で悩んでる人• 人生をもっと明るく、ワクワク、イキイキと幸せを感じ生きていきたい人• 自分も周りの人も幸せにしたい人• 自然との調和をとりながら生きてゆきたい人• 平和な世界を築きたい人.

次の

「お引き受けいただく vs くださる」意味と敬語・使い分け

お引き受け くださ り

【要約】 ・日銀・白川総裁は、日銀による直接引き受けに対し否定的見解を繰り返しています。 ・昭和恐慌時のデフレ不況に際してはは日銀による直接引き受けを実施しました。 ・その結果、マイルドインフレ下の好況が訪れました。 は上がるどころか低下していきました。 現在の白川は、日銀による直接引き受けに対し例えば下の報道のように繰り返し否定的な見解を示しています。 そのうえで「が上がり、の発行がうまくいかなくなる」と指摘した。 の氏の質問に答えた。 〔日経QUICKニュース〕 では昭和恐慌後の日銀による直接引き受け前後には何が起こっていたのでしょうか。 に成立した内閣の蔵相は、極端なまでの緊縮財政論者で、当時の列強がに復帰していることなどから、日本もに復帰すべしとして1月に金解禁(復帰)を強行します。 これにより極端なとなり、日本国内の通貨量は正貨 金 量に拘束されるため、極端なデフレとなりました。 すでにに始まっていたの影響もあって、日本経済は昭和恐慌となります。 翌年浜口内閣は倒れ、12月に成立した犬養内閣の蔵相に就任したは、まず金輸出再禁止を実施。 11月には日銀による直接引き受けを実施します。 離脱と日銀という2つの金融緩和策により、デフレは終息、マイルドインフレ下に好景気となったいわゆる「高橋財政」の時代となりました。 色つき部分が高橋財政期 問題は、この高橋財政期の前後でははどう動いたかです。 現代の・白川氏は、「が上がり、の発行がうまくいかなくなる」としています。 実際に日銀の直接引き受けが始まる11月に日本は直近のピーク11. しかし直接引き受けが始まると、白川総裁の指摘とは異なり、は下がっていきます。 景気回復局面になったにも関わらず、です。 この低下傾向はまで続きました。 この年、は、次のように語っています。 「昭和7年度以来毎年相当巨額の公債の発行にも拘らず、今日までの所幸いにその運用は理想的に行われ、いまだ公債に伴う実害を発生して居らぬ。 かえっての低下や景気回復に資せるところが少なくない。 世間の一部にはこの効果に着目し、公債は何ほど発行しても差し支えなきものであるかのごとき、漠然たる楽観説を懐いて居る者もあり、また今日政府の採って居る公債政策ごときはいまだ不十分であって、どしどし公債を増発して国家の経費を大いに膨張せしむべしと説く者もあるようである。 しかしながら公債の過剰発行による財政、経済の破綻に付いては欧州大戦後多数の国家にその実例の存する所であって、公債は何ほど発行しても差し支えなしと論ずるがごときは、この最近の各国の高価なる経験を無視するものである。 」(7月27日付、、東京朝日) の爆殺事件など以来、軍部特には地方などでの軍備拡大に注力するようになりました。 によるデフレ政策からの転換策としては日銀の直接引き受けは大変有効だった訳ですが、景気が好転し、今で言えばデフレギャップがなくなった状態でも軍関係者を中心に、を大量発行し、軍費をまかなって差し支えない、という論者が増えたため、は、上のような演説でその空気に釘をさしたものと思われます。 しかし、らはこれを面白く思わず、翌年2月26日「断行・尊皇討奸」を掲げて高橋蔵相らを殺害しました。 これにより高橋財政期は終焉を迎え、その後任の財政運営では軍部迎合的にを乱発して、急騰を招いたのでした。 こうして昭和の経済史を振り返ってみると、白川の発言には首をひねらざるを得ません。 白川総裁に限らず速水・福井総裁時代にも、経済運営は常に引き締め気味の型でしたので、官僚の無謬主義からすると、直接引き受けでが下がる事実を認めることは自らの金融政策の否定につながるとの認識かもしれません。 また多くの経済学者もどういう訳か、の実施した日銀直接引き受けを、高橋暗殺後の財政規律の緩みや急騰に結びつけて語りたいようですが、これは事実の歪曲に過ぎません。 デフレが日銀による直接引き受けで一気に解消することは白川総裁の杞憂とは関係なく、歴史的にもはっきりしています。

次の